せつ そく。 せつ(おでき)/癰(よう)の症状・原因・治療法|全身に現れた症状からわかる病気一覧

せつとよう

せつ そく

1 みさお。 「 節を曲げない」 2 時間的な経過のくぎりめ、または一時期。 「上京の 節世話になる」「その 節はよろしく」 ㋐1年を春夏秋冬の四つにくぎった1期間。 」〈・春泥〉 ㋑暦でいうのこと。 また、そのうち、など、一つおきの節気で、旧暦で月の前半にくるものをいう。 3 物事のくぎりめ。 また、くぎられた部分。 ㋐歌曲のふし。 ㋑詩歌・文章・楽曲などの一くぎり。 「詩歌の一 節」 ㋒プロ野球などの日程のくぎり。 4 竹・枝・骨などのふし。 5 君命を受けた将軍や使節に交付されるしるしの手形。 6 速さの単位。 のこと。 7 文を構成する部分として一つのまとまりをなすで、その中に・の関係を含むもの。 8 で行われる立ち合いの区分。 「・」 2 ふしのようになった所。 つなぎ目。 また、文章・音楽などのくぎり。 「・・・・・」 3 音楽のメロディー。 「」 4 気候の変わり目。 「・・/」 5 時期。 「・」 6 祝日。 記念日。 「/」 7 度をこえないようにおさえる。 ほどよくする。 「・・・・・/」 8 言動にけじめをつけてはみ出ないこと。 「・・/・・・・・・」 9 使者のしるしの割り符。 「/・」 〈セチ〉祝日。 「」 〈ふし(ぶし)〉「・・/」 [名のり]お・さだ・たか・たかし・たけ・とき・とも・のり・ほど・まこと・みさ・みさお・みね・もと・よ・よし [難読] 1 棒状の物の盛り上がった部分。 ㋐竹・葦 あし などの茎にあるふくれた区切り。 ㋑幹や茎から枝が出るところ。 また、木材に残る枝の出たあと。 「 節のある板」 ㋒骨のつなぎ目。 「指の 節」 ㋓糸や縄のこぶ状になった所。 「 節の多い糸」 2 区切りとなる箇所。 「これを人生の 節としよう」 3 心のとまるところ。 …と思われる点。 「疑わしい 節が二、三ある」 4 機会。 おりふし。 「何かの 節に思い出す」 5 ㋐歌などの旋律。 また、旋律のひとくぎり。 「 節をつけて歌う」「出だしの 節を口ずさむ」 ㋑文章を音読するときの抑揚。 「 節をつけて朗読する」 ㋒(ふつう「フシ」と書く)浄瑠璃や謡曲などの語り物で、詞 ことば に対する旋律的な部分。 6 その人独特の語り口。 演説や講演にいう。 7 「」「」などの略。 8 で、ほとんど振動していない部分。 が最小の点。 9 なんくせ。 言いがかり。 を含む点でと区別される。 機能によって節,節,節に分類される。 たとえば,Jack said that he hated Jill. ジャックはジルなんか嫌いだと言った で,that he hated Jillの部分は,saidの目的語となり名詞に相当する機能を果すので,名詞節と呼ばれる。 これらはすべて文のなかにはめこまれ,それぞれ名詞,形容詞,副詞に相当するので subordinate clauseと呼ばれるが,2つ以上の文が andや butを介して対等の資格で結合されているとき,そのおのおのを等位節 coordinate clauseと呼ぶことがある。 日本語文法の「節」は,英文法の のであり,定義,概念もほぼこれに準ずる。 すなわち,「主語・述語の関係」を含む連文節 文の構成部分として一つのまとまりをもつ群 をさし,他文節との関係上,主語節,述語節,連用修飾節,連体修飾節,独立節などのように分けることもある。 たとえば「象は鼻が長い」の「鼻が長い」は「象は」の述語節である。 日本音楽用語。 原義的には音の高さ 旋律 や長さ リズム についての区切りをいうが,原則として歌唱についていう語で,種目や使われ方によって異同がある。 1 歌の旋律をいう。 歌詞に対して旋律をつけること。 すなわち歌唱の作曲を「節付け」といい,「」といえば,歌の旋律法の意味となるが,漠然と歌唱法についてもいう。 2 歌の1曲または1区切りの部分をいう。 特に,ある特定の同一旋律に対していくつかの歌詞がつけられているなどの場合,『』『八木節』のようににつけられた。 その1曲または1節 せつ を「ひと節」などという。 3 個人の歌唱上の類型的特色についていい,その個人名をつけて「…節 ぶし 」などという。 4 おもに浄瑠璃などで,種目名,流派名についていう。 3 の発展的用法。 おもに創始者,流祖の名を冠する。 『』『一中節』『河東節』など。 5 特定の類型的旋律部分についていう。 「節章 せっしょう 」「曲節 きょくせつ 」ともいい,そうしたもののとしていうほかに,そのなかでも特定の旋律形態名称として用いることもある。 特に義太夫節の場合,「地」「詞 ことば 」に対立する旋律的部分の総称として用いられる場合と,「フシオチ」ともいう特定の段落の終止旋律の類型名称として用いられる場合とがある。

次の

節(せつ)とは

せつ そく

1 みさお。 「 節を曲げない」 2 時間的な経過のくぎりめ、または一時期。 「上京の 節世話になる」「その 節はよろしく」 ㋐1年を春夏秋冬の四つにくぎった1期間。 」〈・春泥〉 ㋑暦でいうのこと。 また、そのうち、など、一つおきの節気で、旧暦で月の前半にくるものをいう。 3 物事のくぎりめ。 また、くぎられた部分。 ㋐歌曲のふし。 ㋑詩歌・文章・楽曲などの一くぎり。 「詩歌の一 節」 ㋒プロ野球などの日程のくぎり。 4 竹・枝・骨などのふし。 5 君命を受けた将軍や使節に交付されるしるしの手形。 6 速さの単位。 のこと。 7 文を構成する部分として一つのまとまりをなすで、その中に・の関係を含むもの。 8 で行われる立ち合いの区分。 「・」 2 ふしのようになった所。 つなぎ目。 また、文章・音楽などのくぎり。 「・・・・・」 3 音楽のメロディー。 「」 4 気候の変わり目。 「・・/」 5 時期。 「・」 6 祝日。 記念日。 「/」 7 度をこえないようにおさえる。 ほどよくする。 「・・・・・/」 8 言動にけじめをつけてはみ出ないこと。 「・・/・・・・・・」 9 使者のしるしの割り符。 「/・」 〈セチ〉祝日。 「」 〈ふし(ぶし)〉「・・/」 [名のり]お・さだ・たか・たかし・たけ・とき・とも・のり・ほど・まこと・みさ・みさお・みね・もと・よ・よし [難読] 1 棒状の物の盛り上がった部分。 ㋐竹・葦 あし などの茎にあるふくれた区切り。 ㋑幹や茎から枝が出るところ。 また、木材に残る枝の出たあと。 「 節のある板」 ㋒骨のつなぎ目。 「指の 節」 ㋓糸や縄のこぶ状になった所。 「 節の多い糸」 2 区切りとなる箇所。 「これを人生の 節としよう」 3 心のとまるところ。 …と思われる点。 「疑わしい 節が二、三ある」 4 機会。 おりふし。 「何かの 節に思い出す」 5 ㋐歌などの旋律。 また、旋律のひとくぎり。 「 節をつけて歌う」「出だしの 節を口ずさむ」 ㋑文章を音読するときの抑揚。 「 節をつけて朗読する」 ㋒(ふつう「フシ」と書く)浄瑠璃や謡曲などの語り物で、詞 ことば に対する旋律的な部分。 6 その人独特の語り口。 演説や講演にいう。 7 「」「」などの略。 8 で、ほとんど振動していない部分。 が最小の点。 9 なんくせ。 言いがかり。 を含む点でと区別される。 機能によって節,節,節に分類される。 たとえば,Jack said that he hated Jill. ジャックはジルなんか嫌いだと言った で,that he hated Jillの部分は,saidの目的語となり名詞に相当する機能を果すので,名詞節と呼ばれる。 これらはすべて文のなかにはめこまれ,それぞれ名詞,形容詞,副詞に相当するので subordinate clauseと呼ばれるが,2つ以上の文が andや butを介して対等の資格で結合されているとき,そのおのおのを等位節 coordinate clauseと呼ぶことがある。 日本語文法の「節」は,英文法の のであり,定義,概念もほぼこれに準ずる。 すなわち,「主語・述語の関係」を含む連文節 文の構成部分として一つのまとまりをもつ群 をさし,他文節との関係上,主語節,述語節,連用修飾節,連体修飾節,独立節などのように分けることもある。 たとえば「象は鼻が長い」の「鼻が長い」は「象は」の述語節である。 日本音楽用語。 原義的には音の高さ 旋律 や長さ リズム についての区切りをいうが,原則として歌唱についていう語で,種目や使われ方によって異同がある。 1 歌の旋律をいう。 歌詞に対して旋律をつけること。 すなわち歌唱の作曲を「節付け」といい,「」といえば,歌の旋律法の意味となるが,漠然と歌唱法についてもいう。 2 歌の1曲または1区切りの部分をいう。 特に,ある特定の同一旋律に対していくつかの歌詞がつけられているなどの場合,『』『八木節』のようににつけられた。 その1曲または1節 せつ を「ひと節」などという。 3 個人の歌唱上の類型的特色についていい,その個人名をつけて「…節 ぶし 」などという。 4 おもに浄瑠璃などで,種目名,流派名についていう。 3 の発展的用法。 おもに創始者,流祖の名を冠する。 『』『一中節』『河東節』など。 5 特定の類型的旋律部分についていう。 「節章 せっしょう 」「曲節 きょくせつ 」ともいい,そうしたもののとしていうほかに,そのなかでも特定の旋律形態名称として用いることもある。 特に義太夫節の場合,「地」「詞 ことば 」に対立する旋律的部分の総称として用いられる場合と,「フシオチ」ともいう特定の段落の終止旋律の類型名称として用いられる場合とがある。

次の

節(せつ)とは

せつ そく

これは、 結節と呼ばれる赤い塊が皮膚の上にでき、圧痛が生じる症状です。 この赤い塊は黄色ブドウ球菌などに感染することにより生じます。 また、せつには炎症反応が現れてきて、皮膚の表面に隆起が出てくることもあります。 これは単なる腫脹とは異なり、円錐状の形態をとっています。 そして、この隆起した部分は熱を持っていることが多いです。 悪化していくと、隆起した中に膿瘍が作られ、最終的には尖端から膿汁が排泄されるようになります。 そうなると、次第に症状は治まっていきます。 次に 癰についてですが、これは せつが沢山集まることで形成されます。 病態が進んでいくにつれて化膿していくのが癰の特徴であると言えます。 ただし、一般的な皮膚膿瘍よりは、その大きさは小さいことが多いです。 癰というのは、言わばせつの集合体のようなものなので、形態は円錐状ではなくドームのような緩やかなものになっています。 せつと同様に、赤く染まり、痛みも生じます。 そして、最終的には膿瘍が形成され、排膿が行われます。 特に、 黄色ブドウ球菌に感染することによって、せつや癰を発症することが多いと言えます。 感染が始まる場所は、皮膚の脂腺や毛包です。 そこから、皮膚の各部位に波及していきます。 また、症状のひとつとして現れる膿瘍は、発症源である黄色ブドウ球菌の毒素によって生じてきます。 ちなみに、顔面にできたせつのことを面疔と呼ぶことがあります。 こうしたせつや癰は、 糖尿病患者や免疫に異常のある人に発症しやすいと言えます。 ただ、若くて健康な人にも発症することはあります。 膿瘍が生じている部分に温湿布を張ることで、膿が排泄されるのを促進します。 薬粒療法に関しては、 抗生剤を用います。 膿瘍が大きくなり、自然排膿されないような状況では、切開して膿を取り出すこともあります。

次の