お腹 周り の 脂肪 を 落とす 方法。 お腹回りの脂肪を落とすのは超簡単!その理由とは?

お腹周りの脂肪を減らす、最短の方法!代謝と食事で素早く落とす

お腹 周り の 脂肪 を 落とす 方法

しかし走り方を間違えると、 お腹回りの脂肪を上手く落とす事は出来ません。 脂肪を効率良く燃やすには、ちょっとしたコツがあります。 また、疲れない走り方をマスターして膝の怪我を防止しましょう。 そこで今回は、ダイエット効果を高めるランニングの方法と、楽な走り方について解説します。 スポンサードリンク 【目次】 (1)お腹回りの脂肪を落とす!ランニングで痩せるなら筋トレしよう• あなたがランニングをする目的は?• ランニングに適した身体とは?• 筋トレで脂肪燃焼体質になる (2)お腹回りの脂肪を落とす!これが、ランニングで痩せる3つのコツ• 疲れない走り方のポイント• 走るのが好きだから、マラソン大会の練習のため、お腹回りの脂肪を落とすため… さて、あなたがランニングを行う目的は何ですか? もし、痩せるのが目的であるならば、大前提として 筋トレも同時に行う必要があります。 人間は1つの運動を続けていると 適応反応を起こし、その運動に適した身体に変化していきます。 では、ランニングに適した身体とは、どのような特徴があると思いますか? それは、長時間の運動を継続的に行える身体ですから、エネルギー消費の少ない 省エネ体質という事になります。 省エネ体質になると消費カロリーの多い筋肉が少なくなり、脂肪の燃焼効率が下がります。 これなら脂肪エネルギーの浪費を防ぐ事ができるので、より長時間のランニングが可能となります。 しかし、お腹回りの脂肪を落とすダイエット効果は下がります。 では、ランニングで痩せる効果を高めるにはどうすれば良いのか? 筋トレで脂肪燃焼体質になる その為には、筋トレを行って筋肉を増やす必要があります。 筋肉が増えるとその分だけ消費カロリーが増えますから、省エネ体質とは逆に 脂肪燃焼体質になる訳です。 こうした脂肪燃焼体質はランニングには適していませんが、 脂肪の燃焼効率が上がるのでダイエット効果はアップします。 また、筋肉が増えると 基礎代謝が上がりますから、日常的にも消費カロリーが増加して痩せやすくなります。 こうした意味で、 痩せる目的でランニングを始めるなら、筋トレとセットで行うのが理想的です。 スポンサードリンク (2)お腹回りの脂肪を落とす!これが、ランニングで痩せる3つのコツ ランニングで効果的に痩せるには、次の3つのコツがあります。 そして、優先的にエネルギー利用されるのは糖質で、脂肪は予備のエネルギーという事になります。 ですから、食事をして糖質エネルギーが補給された状態では、予備の脂肪をエネルギーに変える必要は特にありません。 つまり食後しばらくの時間帯は、ランニングを行っても脂肪を落とす効果は低いという事になります。 しかし、体内の糖質が枯渇し始めると、脂肪をエネルギーに変える必要が生じます。 そのタイミングが、血糖値の低下した 空腹の時間帯です。 ですから痩せる目的のランニングなら、食後の時間帯を避けて空腹の時間帯に行うと、 お腹回りの脂肪を落とす効果が高まるという訳です。 なぜなら脂肪が効率良く燃焼を始めるには、その準備に暫くの時間が必要だからです。 体脂肪は通常において 中性脂肪という安定した固形の状態なので、そのままでは燃えません。 脂肪が燃焼してエネルギーに変わるまでには次の様な過程をたどります。 運動により体温が上昇すると、脂肪分解酵素の リパーゼが活性化する• リパーゼが中性脂肪を 脂肪酸に分解する• 脂肪酸が血中に溶けだして全身に運ばれる• 脂肪酸が必要に応じて燃焼し、エネルギーに変わり始める( 脂肪燃焼ゾーン) こうして、脂肪燃焼ゾーンに入るまでには約20分の時間が必要だと言われています。 ですからランニングを開始して、およそ20分が経過してからが本格的に脂肪が落ちる時間帯に入る訳です。 つまり、20分以内の時間でランニングを止めてしまうと、脂肪は不完全燃焼の状態という事になります。 「有酸素運動」とは文字通り酸素を取り入れながら行う継続的な運動の事です。 有酸素運動で主なエネルギーとなるのは脂肪です。 そして、 脂肪が燃焼するには必ず酸素が必要になります。 一方の「無酸素運動」というのは、十分な酸素を取り入れる間もなく短時間で力を出し切る強度の高い運動です。 例えば短距離走、ウエイトリフティング、ハンマー投げなどです。 こうした、無酸素運動で使われるエネルギー源は糖質です。 つまり、 糖質は酸素が無くてもエネルギーに変わるのです。 ですから、 ランニングはペースによって脂肪と糖質の利用配分が変わってきます。 例えば、低~中程度のペースで十分な酸素を取り込みながらランニングを行うと、脂肪のエネルギー利用が増加します。 しかし、ペースを上げ過ぎると呼吸が苦しくなり酸素不足の状態になります。 すると、脂肪のエネルギー利用が減少して糖質が多く使われるようになります。 つまり、ランニングは頑張り過ぎると、お腹回りの脂肪を落とす効果が下がるという訳です。 もちろん、ペースを上げれば上げるほど消費カロリーは増加しますが、 消費カロリーと脂肪の燃焼量は必ずしも比例する訳ではないという事がお分かりだと思います。 では、脂肪の燃焼効率を最大限に高めるペースとは、一体どれくらいなのか? それは、運動中の心拍数を最大心拍数の50~65%に維持できるペースだと言われています。 その心拍数ゾーンの計算方法は次の通りです。 スポンサードリンク (3)ランニングでお腹回りの脂肪を落とす!これが、疲れない走り方の3つのコツ さて、ランニングでお腹回りの余分な脂肪を落とすコツについては理解いただけたと思います。 そこで今度は、疲れない走り方のコツについてお話したいと思います。 疲れない走り方のポイント 長距離走で速く走るには、いかにフォームに無駄がなく疲れない走り方を身に付けるかが重要です。 また、疲れない走り方は膝への負担を軽くしますから怪我の防止にも効果的です。 こうした走り方のポイントは、上半身の姿勢、腕の振り方、足の着地の3つです。 では、順番に見ていきましょう。 それは、どんな姿勢だと思いますか? 実は、その答えは非常に簡単です! それは 前傾姿勢です。 試しに、普通に立った状態で身体を軽く前に傾けてみて下さい。 当たり前の事かもしれませんが、前に進もうとしなくても足が勝手に前に出る筈です。 ですから、疲れない走り方のコツは、まずはこの前傾姿勢を保つ事です。 言うまでもなく、力んで前に進もうとすれば疲れますが、自然に足が前に出れば疲れません。 この時に重要な働きをするのが、お腹の前面の 腹直筋です。 ここの筋肉がしっかりしていると、長時間の前傾姿勢を維持する事ができます。 そして、双方の動きを上手く連動させる事が、疲れない走り方の2つ目のコツです。 そのコツは非常に簡単で、 肘を後ろに引いて腕を振ると骨盤が連動して回転します。 すると脚がスムーズに前に出ますから、走っていても疲れないのです。 試しに、立った状態で肘を後ろに引いて腕を振ってみて下さい。 腕の動きに合わせて骨盤が回転するのが分かります。 逆に肘を前に出して腕を振ってみると、ほとんど骨盤は動きません。 このように肘を後ろに引いて腕を振るだけで、推進力のある疲れない走り方を身に付ける事が可能になります。 それは足の着地の位置です。 多くの人は身体の重心よりも前に足が着地します。 なぜなら足を前に出せば、それだけ速く走れると思うからです。 しかし、こうした走り方はロスが多くて非常に疲れやすいので、実はランニングには向いていません。 なぜなら、ランニングで推進力を高めるには、 足が地面から受ける反発力を上手く利用する必要があるからです。 そして、着地した足が地面から最も反発力を受けるのは、足に体重がしっかりと乗っている状態です。 その 正しい足の着地位置というのは、すなわち身体の重心の真下という事になります。 ところが、身体の重心よりも前に足が着地した状態では体重が上手く足に乗りません。 そうなると、地面からの反発力が小さくなってしまう訳です。 ですから、足を前に出そうとすればするほど地面から受ける反発力が弱くなり、 逆に走りにブレーキをかけてしまうのです。 これは、非常に疲れる走り方という事になりますよね。 更に、こうした走り方では足の着地と同時に膝が大きく曲がりますから、 身体の無駄な上下動が生まれる上に、膝への負担が増して怪我をしやすくなります。 一方、身体の重心の真下に足が着地した場合は、着地と同時に脚が後ろに逃げて逆の脚が自然に前へと出てきます。 すると、上下動が少なく膝への負担も軽くなりますから、疲れない上にスイスイと速く走る事が出来る訳です。 疲れない走り方をマスターするには、以上の3つのポイントを押さえておきましょう。 ぜひ、日頃のランニングに取り入れてみて下さい。 まとめ (1)ランニングで効果的に 脂肪を落とす走り方のコツ。 筋トレと並行する• 食後を避け、空腹の時間帯に行う• 20分以上は継続して行う• 前傾姿勢を保つ• 肘を後ろに引いて腕を振る• 足は身体の重心の真下に着地する いかがでしょうか。 痩せる目的でランニングを行う場合は、しっかりとコツを押さえておく事が大切で、 ただ、闇雲にカロリーを消費するだけでは上手く痩せる事が出来ません。 そして、ランニングを長らく楽しむ為にも、ぜひ疲れない走り方をマスターしてみて下さい。 本物の酵素ドリンクパワーが凄い 今、 酵素ダイエットが非常に話題となっています。 これは簡単にいうと、 脂肪の燃焼などに使われる代謝酵素を増やしましょうというダイエットです。 代謝酵素というのは、加齢や食べ過ぎなどが原因で著しく減少します。 その不足分を補うのが酵素ドリンクなのですが、 よくある、低品質の酵素ジュースに近いものであれば、ほとんど体内酵素を増やす事がでません。 そうした中で、 は 酵素のプロが丹念に手作りで仕上げた本物の酵素ドリンクですから、 有名なスポーツ選手も、減量期間中に愛用しているほどの定評があります。 おそらく、ここまで 原料や製法にこだわり抜いた酵素ドリンクは、他を探してもなかなか見つからないと思います。 また、こうした本物の酵素ドリンクで体内の代謝が活性化されると、 ダイエット効果が上がるだけではなく、体調が格段に良くなるという方も多いようです。 本物の酵素ドリンクに秘められたパワーは、かなり凄そうですね。

次の

ダイエットで腹部痩せ、胃の周りの脂肪もスッキリ落とそう

お腹 周り の 脂肪 を 落とす 方法

女性の悩みのお腹周りの脂肪を落としたい! お腹のぷよぷよ脂肪をなんとかして取りたい。 でも、食事制限は大変だし、筋トレも大変・・・。 もっと簡単にお腹を脂肪を取れたらいいのに・・・と思いませんか? いつの間にかぷよぷよになってしまったお腹周り・・・ いつの間にかたるんでしまったお腹周り・・・ なんとかしてスリムなお腹にしたい・・・ でも食事制限も運動も続かない・・・ そんな、ズボラ女子でも食事制限や運動なしに落とす方法ならすぐできるはずです! お腹周りの脂肪を取るのは至難の業 下腹がぽっこりしてくる理由は、 内臓下垂や猫背が原因と言われますが、結局は お腹周りを支える筋肉が弱くなったことでおこります。 お腹周りの筋肉(腹筋など)は、日常生活ではあまり使われないでいると衰えてきてしまいます。 すると、筋肉に支えられていた内臓がだんだんその重さに耐えられず、内側から押されて、下腹がぽっこりとふくらんできてしまいます。 腹筋してもなかなかお腹が凹まない…。 ポッコリお腹で悩んでいる女性は多いですよね。 お腹のシェイプアップを目的に腹筋をしていても、なかなかお腹の脂肪が落ちないのは、筋トレ以外の生活習慣に問題がある可能性が高いです。 今回は、お腹が凹まないとお悩みの方のために、確実にお腹痩せできそうな簡単な方法だけ集めてみました。 運動嫌い女子のお腹の脂肪を取る方法 1、 食事でタンパク質を摂って体脂肪を落とす お腹周りの脂肪を落としたいなら、まず、 食事を気をつけて体脂肪を減らすことが最も効果的です。 痩せやすい体を作るには、肉や魚からタンパク質をしっかり取ることが大切。 一食で手のひら大のタンパク質量を目安に、摂取カロリーが過剰にならない程度に摂りましょう。 野菜中心の食生活の人が多いのですが、それではかえって内臓が冷えて代謝が落ち、お腹に脂肪をため込みやすくなります。 やせるには、脂肪を燃やし代謝を上げるタンパク質を、肉や魚でしっかりとることが不可欠です。 トータル消費カロリーを多くして、摂取カロリーが過剰にならないようにしっかりとコントロールすれば、必ず全身の脂肪と一緒にお腹の脂肪は落ちます。 姿勢を正す 何よりも手軽に今すぐできることは、姿勢を正すこと。 姿勢を意識するだけでお腹は変わる。 いつも、背筋を伸ばして、お腹をギュっと凹ませるようにしましょう。 激しい運動や長時間のエクササイズをする必要はなく、まずは普段の生活でお腹の筋肉を意識し、正しい姿勢を続けるだけでも効果的です。 正しい姿勢を続け、お腹の奥にある 腸腰筋という筋肉を鍛えるのが効果的なのです。 さらに、腸腰筋を鍛えると、身体のゆがみがとれて血流がよくなったり、 肩こりや 腰痛軽減、 基礎代謝アップなどの効果も期待できる。 姿勢を正すことによって背筋やお尻の筋肉が鍛えられ、 体全体の引き締めにもなります。 さらに、深い呼吸を心がけることで、脳に酸素がいきわたり、 頭もすっきりしてきます。 特に重要なのが、「椅子に座っている時」です。 立ってる時や歩いてる時は意識してお腹に力を入れなくてもそこそこの姿勢が保てるのですが、 椅子に座っている時はお腹に力を入れないと、どうしても猫背になったり姿勢が悪くなります。 立っている時だけでなく、座っている時も姿勢を意識することが大切。 呼吸法で引き締める 呼吸も意識することが大切です。 呼吸法もいろいろありますが、呼吸は生きている限り続けることですから、これを少し意識して変えるだけで、 代謝アップによるダイエット効果、美肌効果、その他健康面でのいい効果が期待できます。 複式呼吸 腹式呼吸のやり方 背筋を伸ばして、鼻からゆっくり息を吸い込みます。 このとき、丹田(おへその下)に空気を貯めていくイメージでおなかをふくらませます。 つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。 お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、そして、吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。 1日5回くらいから始め、慣れたら10~20回が基本。 腹式呼吸は、普段は胸でしている呼吸をお腹をつかってすることです。 腹式呼吸を行う際には、胸の大胸筋を使いますから、無意識のうちに大胸筋が鍛えられて、基礎代謝が高まるというわけです。 ドローイン呼吸法 ドローインダイエットの方法 1,息を吐き、へそを意識して引っ込める。 その際に腹筋の奥の筋肉を背中にくっつけるイメージで。 2,1と同時にトイレをガマンするようお尻に力を入れた状態をキープし、内臓を上にグッと上げる。 3,リラックスした状態で、1と2を10秒キープx10セット。 ポイント1:呼吸を止めないように お腹を凹ましているときは、呼吸を止めないように意識して行って下さい。 おすすめは空腹時! 効果をより高めたいなら、空腹時に行うのが最もおすすめです。 正しくお腹を凹ませるだけで、実は筋トレ効果があります。 まずは30秒、背すじをしっかり伸ばした状態でお腹をできる限り凹ませてみましょう。 注意点 肩を上げたり、背中を丸めないこと。 呼吸はあくまでも普段のままで行うのがポイント。 いつでも手軽にできるのがおすすめ。 お腹を凹ませることは、実は全身の筋肉を使っているのです。 いつのまにかお腹を凹ませた状態が通常になるので、筋肉が鍛えられた方向へ伸張、短縮されることで、その形を覚えようとする「筋肉の形状記憶」が作用しているそうです。 Sponsored Link お腹周りの脂肪を取る簡単ストレッチ わずか3分程あれば出来る簡単なストレッチをご紹介していきます。 朝晩2回行うのがおすすめ!朝は、寝起きの身体を活動モードに切り替え、夜は1日働いて疲れた筋肉をほぐし安眠に導いてくれます。 肩の力は抜いてリラックスしておきましょう。 息を吸いながら手を回し上げ、耳の横まで持ち上げてください。 手の平を合わすか、組み合わせてぐーっと上に伸びていきます。 目線も天井へ。 お腹の左右が伸び、引き上がっているのを感じながら、ゆっくり5呼吸(30秒程)ホールドしましょう。 息を吐きながら手を下ろします。 右足を90度開き、おへそを斜め前方向へ向けます。 左手を左足太もも裏に添え、吸う息で右手を耳の横まで回し上げましょう。 体重を少しずつ左手に預けながら、右側の体側を伸ばしていきます。 お腹の横にある腹斜筋にも効くポーズです。 5呼吸(30秒程)ホールド。 反対側も同様に行いましょう。 息を吸いながら手を回し上げていき、息を吐きながら前足の膝を90度近くまで曲げていきましょう。 腰を低く落としながら、お腹の正面と横をしっかり伸ばしていきます。 下半身の引き締めにも効果アリ!5呼吸(30秒程)ホールドし、反対側も同様に行えば完了です。 ストレッチと腹式呼吸で効果アップ! より効果的にお腹を引き締めメリハリを作りたいなら、腹式呼吸を組み合わせましょう!息を吸う時にお腹を膨らませ、息を吐くときにお腹を凹ませていきます。 鼻から吸い、口をすぼめて長く息を吐いていくとやりやすいですよ。 息を最後まで吐き切ることで、お腹の深層部にあるインナーマッスルが鍛えられます。 お腹回りにはひねりストレッチ 基本のひねりストレッチにトライ! お腹が丸まらないよう姿勢を正し、両足を前に伸ばし座ります。 左足の膝を曲げて立てます。 その場でも、右足の外側に置いてもOKです。 左手を左腰の後ろの床につき、右手の肘を左膝の外側にかけます。 息を吐きながらぐーっと左側に上体を回していきましょう。 ここで30秒間(5呼吸程)ホールド。 左右各3~5回ずつ行いましょう。 ポーズのポイント ・腰を丸めない(上からひっぱられるイメージで姿勢を正す) ・後ろの手に寄りかからない ・肩を上げずにリラックス ひねりストレッチと呼吸法でくびれ作り! S字のくびれを目指したい方は、お腹を凹ませる腹式呼吸を組み合わせましょう!ひねった状態のまま、鼻から大きく息を吸いお腹を膨らませ、口をすぼめてフーっと長く息を吐き出していきます。 その時、お腹が固くなっていくのを感じてください。 お腹をぺたんこにするイメージで。 アレンジバージョン 飽きずに続けるためにアレンジバージョンも覚えておきましょう。 伸ばしていた足を曲げて、より姿勢を正してみましょう。 股関節の緩やかなストレッチにもなります。 柔軟性がアップしたと感じたら、ヨガのこんなポーズにも挑戦してみて!右膝を曲げ、身体を反対側にひねり、腕を膝にかけて後ろで手をキャッチします。 無理のない範囲で行ってくださいね。 お風呂でお腹マッサージ 身体が温まるバスタイム中にマッサージを行うことで、リンパや血液の流れも良くなります。 石鹸がついた状態でわき腹からへその辺りまで贅肉を寄せ付けます、右手で左のわき腹からへそまでマッサージします。 次に、左手で右のわき腹からへその辺りまでマッサージします。 これを何度もくりかえします。 親指を除く4本の指先をへその右下に当て、もう片方の手を重ねて、「の」の字を小さく3回描く。 おへそを中心にして時計回りに1周6~8カ所。 1カ所ずつずらしながら、3周繰り返す。 湯船の中に座り、両脚の膝とかかとをつける。 親指と4指でお腹の皮膚とその奥の脂肪をつかみ、膝を左右に15cmほど10回ゆらす。 とにかく掴んで他へ流す お肉を動かすイメージで、マッサージをする。 これをこつこつやるだけでも、だいぶ変わります。 前屈みになりお腹の肉を掴みやすくして足の付け根のところからしっかりと下腹部の肉をギュウギュウ掴む。 あるいは、まんべんなく、左右の手で雑巾を絞るようにお肉をつまんでねじって見ましょう! お腹周りダイエット関連のおすすめ記事 お腹回りの脂肪が1日3分でみるみる落ちるストレッチ方法!まとめ 食事制限や運動なし、簡単にお腹痩せできるダイエット方法ですがいかがでしょうか?。 正しい姿勢と呼吸法をマスターすると、その後のストレッチを取り組むことによるダイエット効果が倍増するでしょう。 お腹痩せでスラっとしたくびれをイメージして毎日の生活習慣を変えてダイエット頑張ってください。 ダイエット女性のエクササイズ関連のおすすめ記事.

次の

お腹周りの脂肪を減らす、最短の方法!代謝と食事で素早く落とす

お腹 周り の 脂肪 を 落とす 方法

お腹周りに脂肪がつく原因5つ 毎日サラリーマンとして仕事をしていれば、会社の付き合いや飲み会などで、暴飲暴食をついついしてしまうことも多いでしょう。 運動する機会をなかなかつかめずに、年を重ね、代謝が悪くなるとその影響はおなかに出てきます。 30代以上になるとおなかについた脂肪をそのまま放置してしまう人もいるようです。 しかし、お腹周りの脂肪の原因を知っていれば、必ず解消できることが分かるでしょう。 男性のおなかに脂肪がついてしまう原因にはこのようなものがあります。 ここに挙げたように、 運動をしなければ筋肉は衰え代謝が悪くなります。 それに加え、 消費エネルギーは減少するのに、摂取エネルギーは増加するばかりで、肥満に陥るのは目に見えて分かるでしょう。 会社の圧力などからくるストレスや、毎食決まった時間に食事が出来ないこと、睡眠不足などもおなか周りの脂肪の原因となります。 お腹周りはまず最初に脂肪がつきやすいところですから、お腹だけの原因とは言えませんが、ポッコリが引き起こされる原因を知っておけば対処できるでしょう。 関連記事 ・ お腹の脂肪を放置するデメリットとは お腹に脂肪がついたまま放置しておくのは、なぜダメなのでしょうか。 確かに何もせずそのままの生活習慣を続ける方が簡単に思えるかもしれません。 しかし、大前提としておなかに脂肪がついていると不格好です。 それだけではありません、健康面でもたくさんの悪い影響があります。 内臓脂肪が増加すると、体の中の 超善玉ホルモンである「アディポネクチン」が減少してしまいます。 これがなぜ悪いかと言うと、このホルモンは健康な体を作るためにたくさんの働きをしてくれているからです。 例えば ・血管の修復 ・血圧・血糖値の調節 ・腫瘍の増殖を抑制 ・老化防止 などが挙げられます。 このホルモンの働きが少なくなってしまうと、なかなか怪我は治らず、血圧が上がって体調が悪くなったり、癌などの重病になりやすくなるでしょう。 つまり、内臓脂肪が増えると、 生活習慣病という命にかかわる病気につながりかねないのです。 では、お腹の脂肪を取る方法はなにがあるでしょうか。 有酸素運動は効果的? 有酸素運動は、ダイエットのためには欠かせない運動である、とよく評されています。 しかし、お腹の脂肪を取る方法としては、あまりお勧めできません。 有酸素運動は長い時間同じ運動を続けることです。 人間の体は必要な状況に対応する能力を持っているため、有酸素運動を行うために適した体に変化してしまうのです。 つまり、少ないエネルギーでも、例えば長時間ジョギングしたり、水泳が出来るように、脂肪を燃焼しにくい、エネルギーをあまり使わずに体を動かせるようにしてしまうのです。 そのような体質になってしまうと、余計に脂肪を取り除くことは難しくなります。 また本来自分が何をしなくても消費されるはずのカロリーも減少します。 どんどん 脂肪がつきやすく取れにくい体へと変わってしまうのです。 筋トレは効果的? 有酸素運動はNGでしたが、筋トレはどうなのでしょうか。 実は、脂肪燃焼には筋トレが一番適しています。 筋トレによって筋肉が増えると、何をしなくても消費されるエネルギー、 「基礎代謝」が増えるからです。 基礎代謝が上がると良いことばかりです。 血行が良くなり、脂肪が蓄積されにくくなり、健康的な体になれます。 筋肉をつけることで、 脂肪燃焼しやすい痩せ体質へと変化できるのです。 ですから、有酸素運動をするにしても、まずは筋トレをして筋肉をつけてから行いましょう。 筋トレをした後の有酸素運動なら、先ほどの話とは打って変わり効果抜群です。 お腹周りだけでなく全体的に引き締めたい時も、筋肉を付けた後に有酸素運動をすれば効率よく脂肪を燃焼させることが出来ます。 食事制限は効果的? 脂肪がついてしまう原因は、糖質にあります。 ですから、食事を制限することはおなかの脂肪を取る方法の一つといってよいでしょう。 糖質は主に炭水化物に含まれています。 ごはんや麺類が好きな男性の方は多いでしょう。 スイーツが好きな方や、外食が多い方などは、糖質を過剰摂取しているかもしれません。 糖質を摂りすぎると、それは脂肪へと変換され蓄えられてしまいます。 その為、比較的脂肪がつきやすい、お腹周りに脂肪がつきポッコリしてくるのです。 ですから、普段の食事の中で 糖質をできるだけ制限すると良いでしょう。 食べるな、という意味ではありません。 食べ過ぎないようにしましょう。 食欲が満たされないのであれば、筋肉をつける助けをしてくれる タ ンパク質を積極的に摂取しましょう。 糖質を摂らなくてもタンパク質は食べてもOKなので、それほどストレスを感じることもないでしょう。 脂肪として蓄えられる量が減るので、結果としておなかの脂肪が減っていきます。 では、どのようにして新陳代謝を上げることが出来るのでしょうか。 必ず朝食を食べてください。 おなかの脂肪を取りたいのに食べなさい、とはどういうことだ、と思うかもしれませんが、朝食は必須です。 起床後に朝食をしっかり食べることで、 血糖値を一定に保ち、悪いコレステロール値を下げることが出来ます。 また、 ストレスを軽減する事、歩くように心がける事、水をたくさん飲むことは新陳代謝を上げることに役立ちます。 普段の生活の中で少し心がけることで、消費エネルギーを増やすことが出来たら万々歳ですよね。 短時間でしっかり体を動かすことで筋肉をつけることが出来ます。 インターバルを取り入れながら行うとより効果的です。 また、最初から腹筋を鍛えることはお勧めできません。 何故なら、脂肪がついている状態で筋肉をつけると余計に太って見えてしまうからです。 背中の筋肉から徐々に全体の筋肉をつけて、体質改善から始めましょう。 エクササイズの詳細は後程解説します。 消費カロリーと摂取カロリーの目安を計算しましょう。 そして、 摂取カロリーを減らしていきましょう。 しかし急な、そして酷な食事制限は体に負担ですから控えましょう。 脂肪の蓄積を防ぐために、なんと 脂質が役立ちます。 アボガドやチョコレートなどに含まれている脂質は体によく、お腹周りの脂肪の蓄積を防いでくれるという働きがあります。 だ からといって食べ過ぎはダメです。 食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。 水溶性繊維は特におすすめで、リンゴやサクランボがその代表です。 血糖値を下げ、脂肪燃焼の速度を上げてくれます。 ただし、急に繊維量を増やすとおなかを下す恐れがあるので、少しずつ繊維の多い料理に変えていくと良いですね。 ウエストと腰のサイズの割合を確認してください。 自分の理想的なウエストのサイズまで、どれほどサイズダウンするべきなのかが分かります。 ウエストも体重も同じ時間に測らなければ、変動しますので注意してください。 「朝食前」などと決めておくと良いです。 マンネリ化してきたころにモチベーションを維持するためにも、 友達と始めることをお勧めします。 ダイエット仲間がいれば、効果を一緒に喜んだり、なかなか脂肪が取れなくても慰め合えます。 そして、お腹周りに脂肪があるとどんな危険な状態になるのかを、何度も思い出しましょう。 見た目が良くなるだけではなく、命にかかわる問題といっても過言ではないことを覚えておきましょう。 関連記事 ・ 筋トレでお腹の脂肪を取る方法 スクワット 実は、腹筋300回がスクワット10回に該当する、といわれるほど、スクワットには効果があります。 スクワットは 正しい姿勢で行わなければ効果が半減します。 また、ひざや腰を痛める原因ともなりますのでご注意ください。 1.つま先を前に向け、両足を肩幅に開く 2.両腕は自然な状態でOK 3.息を吸いながら膝を曲げる 4.お尻を突き出すようなポーズで、足の付け根をかかと側に押し出す 5.太ももが床と並行になるまでひざを曲げる 6.この時に腰や背中が曲がらないようにする 7.膝がつま先より前に出てはいけない 8.息を吐きながら元の体制に戻す 筋トレ初心者なら、 1日10回から始めましょう。 正しいフォームで行えばかなり疲れますし、効果があります。 だんだん慣れてきたら、回数を増やしたり負荷をかけるのもいいですね。 関連記事 ・ お腹の脂肪を取る方法の体験談&口コミ ビールが大好きでしたので毎日飲んでいましたし、飲み会などでは飲み過ぎるのが当たり前でした。 しかし、どんどんお腹が出てきて危機感を感じました。 それで、お風呂に入る前に筋トレをするという習慣をつけました。 時間があっているのかどうかは分かりませんが、毎日欠かさずしました。 体重は減りませんでしたが、明らかにおなかポッコリがなくなりました。 また便秘も解消されてきたので体重も減るかもしれません。 こんなに簡単におなかの脂肪が取れるなんて驚きでした。 10代のころから、お腹に脂肪がつきやすく悩んでいました。 会社員になってからは人目も気になり、筋トレを始めました。 たった30回だけの筋トレでしたが、 脇腹がすっきりしてきました。 効果が分かるとうれしくなり、どんどん回数を増やしたのが良かったのかウエストが8センチ減りました。 彼女に腹筋がない、といわれて悩みました。 それで毎日ひたすら筋トレに励みました。 しかし2日目にもう変化が現れました。 そしてセット数を増やせば、温かくなり代謝が良くなったんだろうな、と感じました。 1カ月で2キロ痩せてお腹が引き締まりましたよ! ・お腹周りに脂肪がつく原因は「運動不足」「暴飲暴食」「過度なアルコール摂取」「ストレスの増加」「不規則な生活リズム」。 ・お腹の脂肪を取る方法は「新陳代謝を上げる」「エクササイズをする」「食事を工夫する」「変化の記録をとる」「モチベーションを維持する」の5つ。 ・お腹についている内臓脂肪は、血液に溶けやすい性質を持っているので、それほど過酷な食事制限や運動をしなくても、他の部位より簡単に落とすことが可能。 お腹がポッコリしていると、自分だけでなく人目も気になります。 理想的なお腹はシックスパックでしょうが、そこまではいかなくてもおなかの脂肪を取る方法はたくさんあります。 自宅でできる簡単な筋トレや、生活の中のちょっとした工夫が脂肪減少につながります。 他の人からあこがれるような、引き締まったお腹までの道のりはそう遠くありません。 口コミにもあったように二日で効果を感じることが出来る場合もあります。 あきらめずに魅力的な腹筋を目指してみましょう。

次の