艦これ 翔鶴 ss。 [B!] 翔鶴「提督……あの、ご相談が」 : あやめ速報

【艦これss】明石「え?翔鶴がヤンデレなんですか?」

艦これ 翔鶴 ss

vip2ch. あら瑞鶴、戻ってきたのね。 なんで翔鶴姉は加賀さんが持ってったってこと知ってるの?」 翔鶴「それもそうよ、ここはあなたと私の部屋じゃない。 それよりも赤城さん、いいものがあります」 赤城「あら、それは……美味しそうですね」 加賀「偶然見つけました。 いらっしゃい」 瑞鶴「あっ、赤城さんこんにちは」 ペコリ 瑞鶴「ってそうじゃない! 加賀さんッ!!」 加賀「何かしら? 相変わらずあなたは騒がしいわね」 瑞鶴「なんで人のプリン勝手に手に持っておいて涼しい顔してんのよ! 返しなさいよ!」 加賀「何をかしら?」 瑞鶴「プリンだっつってんでしょ!!」 加賀「え? なんで?」 瑞鶴「いや、そんなさも当たり前のように疑問を持たないでよそれ私のプリンでしょ」 加賀「さぁ、何のことでしょう?」 瑞鶴「とぼけるんじゃないわよ! アンタが私達の部屋に入ってプリン持ってったって翔鶴姉が目撃してんだからね!」 加賀「え? 部屋に翔鶴いたの? 不覚だわ……」 赤城「慢心はダメよ加賀さん」 加賀「ごめんなさい赤城さん」 瑞鶴「人の姉を空気扱いしないでよ! てかアンタもうちの姉も頭大丈夫!?」 加賀「五航戦なんかと一緒にしないで」 瑞鶴「やかましいわ!」 瑞鶴「……まぁいいわ。 とりあえず加賀さんが私のプリン取ったのもうバレてるから。 素直に返しなさいよ!」 加賀「……」 瑞鶴「ほら! 私の楽しみだったんだから」 加賀「……美味しそうなプリン……」 瑞鶴「は?」 加賀「……食べちゃダメなの?」 瑞鶴「いやだから私のだっつってんでしょ」 加賀「……」 ムスー 瑞鶴「なんであんたが拗ねてんのよ!!」 加賀「……ごめんなさい、つい美味しい物を求めて鎮守府をさ迷っていたら見つけてしまったの」 加賀「でも勝手に取ってしまったのは確かに悪い事だったわ。 本当にごめんなさい」 シュン 瑞鶴「め、珍しく素直に謝ったわね……」 加賀「…………」 瑞鶴「……ま、まぁ、確かにプリン美味しいもんね。 いいわ、一口だけなら食べてもいいわよ」 加賀「やりました」 グッ 瑞鶴「現金な人過ぎるでしょ!」 瑞鶴「ほら、先食べていいから! 早く一口だけ食べちゃいなさいよ」 加賀「はい。 頂きます」 スプーンスー パクリ 加賀「ご馳走様でした」 ペロー 瑞鶴「一口で全部食いやがったぁぁぁ!! 加賀ァ!!」 加賀「やりました」 瑞鶴「何全部食べてんのよ!!」 加賀「一口だけなら食べてもいいって言ったじゃない」 瑞鶴「一口で全部食っていいと言ってないわよ!!」 加賀「まだカラメルが残ってるわ。 ありがたくダンケダンケしなさい」 瑞鶴「なんでそんなに上から目線!? 爆撃するわよ!?」 加賀「いいでしょう。 キラキラしてる一航戦に勝てるかしら?」 キラキラ 瑞鶴「やってやろうじゃない!! 単艦演習よ!! 今日こそ泣かせてやるんだから!!」 ワーワーギャーギャー 赤城 加賀さん、瑞鶴に構って欲しいだけなのよねぇ~ 『提督、てめぇもだ』 加賀「……では、これが例のブツね?」 提督「あぁ、姉から送られてきたんだ。 本物確定さ」 加賀「……やりました。 提督経由でもらえばばれずに済むわ」 加賀「瑞鶴の寝顔写真、ゲットだぜ」 提督「あとで焼き増ししてね」 加賀「了解したわ」 バターン!! 翔鶴「」 ズル 瑞鶴「なんかやけに翔鶴姉に写真撮られるなと思ったら全部聞いたぞ加賀ァ!!」 加賀「やりました」 『鶴への恩返し』 瑞鶴「……演習、昨日も負けて、今日も負けた……」 瑞鶴「私があそこで中破して置物にならなかったら勝ててたのかも……」 瑞鶴「……提督さんや皆に申し訳ないや……」 ガチャリ 瑞鶴「翔鶴姉ただいまーってあれ? 誰もいない?」 キョロキョロ 瑞鶴「ん? 机の上に何かある……手紙と、プリン?」 ペラ 『あなたが努力してるのはみんな知っているわ。 ……あなたは優秀な子よ。 落ち込まずに元気出しなさい。 誰かが作ったこのプリンでも食べて、次も頑張りなさい。 加賀「やりました」 ダッ!! 『恥ずかしがり屋は恥ずかしがり屋を理解する』 弥生「…………」 テクテク キャーキャー 弥生「……ん?」 チラ 瑞鶴「それ! ちゃんと捕まってるのよ?」 ダー! 響「ハ、ハラショー」 ギュー 雷「早い早ーい!」 電「つ、次は電の番なのです!」 暁「瑞鶴さんって足も速いのね!」 キャーキャー 弥生「…………」 ジー 弥生 楽しそう 弥生 弥生もおんぶしてほしいなぁ…… 弥生 でも、そんなキャラじゃないし……恥ずかしい 弥生 でも……本当に楽しそうだなぁ…… テクテク スタスタスタスタ 弥生「あっ」 加賀「…………」 スタスタ 弥生「こ、こんにちは……」 ペコリ 加賀「えぇ、こんにちは」 ペコ 弥生 加賀さんって、ちょっとなんか怖い…… 加賀「? どうかしたの? ぼーっとしてるけど」 弥生「へ? ……あ、いえ……その……なんでもないです。 ごめんなさい」 ショボン 加賀「? どうして謝るの?」 キョトン 弥生「あ、その……特に意味はないんですけど……あの……」 モジモジ 弥生 ど、どうしよう……早く離れたいのに……会話が意外と続いちゃってる…… 加賀「…………」 ジー 弥生「…………」 モジモジ 弥生 す、すっごい見られてる…… 加賀「…………」 チラ キャーキャー 加賀「…………」 チラ 弥生「…………」 加賀「あぁ、なるほどね」 弥生「……え?」 加賀「……ねぇ、弥生さん?」 弥生「!? や、弥生の名前……知ってるの?」 加賀「当たり前じゃない。 同じ鎮守府の仲間なのだから」 弥生「……あ、ありがとう……ございます」 加賀「話を戻すけど、良かったら間宮さんの所の美味しいアイスを食べに行かない?」 弥生「……へ? あ、アイス!? た、食べたい! ……で、でも…… 」 キラキラ 加賀「あなたならアイスのおいしさを理解していると思ったわ」 弥生「!?」 加賀「さぁ、行きましょうか。 はい」 スッ 弥生「あ、あの……加賀さん? なんで急にしゃがんだの……?」 加賀「おんぶしてあげるわ。 では、どうぞ」 弥生「う、うん」 ヨッコイショ 加賀「とっても軽いわ。 それでは、行きましょう」 加賀「弥生さん? 恥ずかしがる気持ちは、すごく分かるわ」 弥生「え?」 加賀「けど、大きくなってから後悔することもあるの。 今はまだどんどん甘えていい時期よ。 響「ハラショー!」 加賀「やりました」 ダッ!! 弥生 は、早い! ……加賀さん、かっこいい……!! 『毒を吐いて甘い息を吐く』 加賀「だから言ったでしょう。 その動きでは上手く艦載機は飛ばせないわ。 雪風「いよっ! いっこーせーん!!」 神通「心が安らぐいい歌ですねぇ~」 三日月「さっきの那珂ちゃんさんの時みたいにサイリウム振るのも楽しいですけれど、こういうのもいいですねっ!」 ニッコリ 那珂「ぐぬぬぬ……那珂ちゃんの時より盛り上がってるぅ……!!」 川内「まぁまぁ、夜は長いよ?」 吹雪「つ、次私達の歌だよ……緊張してきた」 睦月「ふ、吹雪ちゃん!! 落ち着いていこ!? 一緒に頑張るにゃしぃ!」 ガクブル 夕立「睦月ちゃんが一番震えてるっぽい」 赤城「モグモグ……さす加賀さんね……モグモグ」 翔鶴「モグモグ……本当に加賀さんはかっこいいですねぇー……モグモグ」 ワーワー! しかも防水よ」 ロクオンキスッ 瑞鶴「加賀ァ!!」 加賀「やりました」 『起こさないようにいつもより控えめに』 翔鶴「加賀さん、本当にかっこいいわぁ~」 ポー 瑞鶴「いや、本当に分からないわ……」 スタスタ 翔鶴「えー? クールでかっこいいじゃないの。 照れ顔ゲットだわ」 カメラクイッ ドッドッドッドッ!! 瑞鶴「加賀ァ!!」 ボソ 加賀「やりました」 ボソ 『自慢の後輩』 赤城「翔鶴さん、おめでとうございます!」 加賀「おめでとう。 しかし最近ボーッとしてること多いぞ?」 瑞鶴「うん……」 提督「……まっ、何かあったらすぐに言うんだぞ? それじゃあ」 スタスタ 瑞鶴「…………」 瑞鶴「ダメだなぁ、私」 加賀「何を今更そんな当たり前のことを言っているのかしら」 瑞鶴「!?」 ビクッ 瑞鶴「か、加賀さん!? 急にびっくりさせないでよ」 加賀「あら? ボーッと廊下の真ん中で突っ立ってたから話しかけただけなのだけれど」 瑞鶴「……何の用よ」 加賀「いや、別に特に用はないけれど」 加賀「あなたが当たり前のことを言ってたのが耳に入ったから」 瑞鶴「……うっさい。 どうせダメダメですよーだ」 加賀「瑞鶴」 瑞鶴「……何よ」 加賀「一緒にご飯食べに行きましょう」 瑞鶴「は?」 加賀「今日の間宮特製メニューはカレーです。 さすがに気分が高揚します」 ガシッ 瑞鶴「わ、私このあと演習なんだけど! ちょ、ちょっとー!!」 スタスタ 加賀「カレーは飲み物ね。 美味しい」 パクパク 瑞鶴 この人胃袋どうなってんのよ…… 加賀「食べないの? なら私が頂くわ」 瑞鶴「食べるっつの! 食事誘っといて勝手に人の分まで食べようとすんな!」 加賀「そう……」 瑞鶴「なんでちょっと落ち込むのよ」 瑞鶴「……で、なんで突然食事に誘ったのよ?」 加賀「だってあなた、お腹空いてたでしょ?」 瑞鶴「いや、空いてないわよ」 加賀「分かりやすい嘘ね」 加賀「あなた最近、あんまりご飯食べていなかったわ」 瑞鶴「ッ!?」 加賀「正規空母は悔しいけど燃費があまり、良くないわ。 あれだけの食事で足りるわけが無いわ」 瑞鶴「……よく見てらっしゃいますこと」 加賀「一応あなたは後輩ですからね。 先輩として当然の事よ」 瑞鶴「……」 加賀「食事は気分が高揚するわ」 瑞鶴「……」 加賀「心もお腹も満たされる。 元気が出るわ」 瑞鶴「……翔鶴姉がさ」 加賀「……」 瑞鶴「私ってさ、最低な奴なんだ」 瑞鶴「翔鶴姉、改二になったじゃない? 私あれ、すっごく嬉しくなかった。 悔しかった。 嫉妬しちゃった」 瑞鶴「だって、ずっと一緒だったのに置いてかれた気分になっちゃったから」 瑞鶴「同じ五航戦なのに、差が付いちゃった……!」 ポロポロ 瑞鶴「ずっと、ずっと……一緒だったのに……差が付いちゃったよぉ……!!」 加賀「……瑞鶴」 加賀「あの子だって、努力してるのよ?」 瑞鶴「!?」 加賀「努力して、努力して、必死に努力した結果、改二になった」 瑞鶴「……」 加賀「あの子がなんでそれだけ頑張れたと思う?」 瑞鶴「……そんなの、分からないよ」 加賀「そう。 なら教えてあげるわ」 加賀「あなたがいたからよ」 瑞鶴「……え?」 加賀「前にも言ったけれど、あなたが努力しているのはみんな知っているわ。 本当に、驚くくらい努力してる」 加賀「誰かが頑張っている姿を見ていると、私も頑張らなければという気持ちになるわ」 加賀「赤城さんも、翔鶴も……そして私も、あなたを見ていると……頑張れる」 瑞鶴「ッ……!!」 ポロポロ 加賀「同時に、こう思うわ。 負けたくないってね」 瑞鶴「加賀……さん……」 加賀「瑞鶴、あなたは……私の自慢の後輩よ」 加賀「そして、私の大事な教え子であり」 加賀「……ライバルよ」 瑞鶴「……ッ、うぅ……!!」 加賀「大丈夫よ、瑞鶴。 あなたは強い。 改二にだって、すぐになれるわ」 加賀「これも前に言ったわね。 ……私を越えなさい、瑞鶴」 加賀「五航戦は私の、ライバルなんだから」 瑞鶴「……はい……!! はい……っ」 瑞鶴「……加賀さん」 加賀「なにかしら?」 瑞鶴「ご飯、奢ってくれて……ありがとう」 加賀「……明日は雨が降るのかしら? 雨はあまり好きじゃないわ」 瑞鶴「わ、私だってお礼くらい言えるわよ!」 加賀「らしくないからそう言っただけよ」 瑞鶴「ふん! どうせらしくないですよーだ」 加賀「……元気は出たみたいね」 瑞鶴「……おかげさまでね」 加賀「そう、ならよかったわ」 加賀「……演習、頑張ってきなさい」 瑞鶴「言われなくても頑張るわよ」 加賀「そう」 瑞鶴「……ねぇ、加賀さん?」 加賀「なにかしら」 瑞鶴「私、最初加賀さんのこと本当に大っ嫌いだった」 瑞鶴「いっつも馬鹿にしてくるし、五航戦五航戦~っていつも引き合いに出してきて、ウザいとすら思ってたことある」 加賀「……そう」 瑞鶴「でも、今はさ……こう思うよ」 瑞鶴「私、あなたの後輩で良かった」 瑞鶴「加賀さんが先輩で、本当に良かった」 加賀「……」 瑞鶴「……や、ヤバい……超恥ずかしい……! い、今の忘れて!」 瑞鶴「ご、ご飯、ささ、サンキュー!!」 瑞鶴「演習行ってくる!!」 ダッー! おめでとう」 瑞鶴「……」 提督「ただ、すまん。 ちょっと設計図が今無くてな……もう少ししたら集まるから、もうしばらく待っていてくれ」 瑞鶴「……」 提督「ず、瑞鶴?」 瑞鶴「提督さん」 提督「ん?」 瑞鶴「……ありがとね! 私、本当に嬉しいよ!」 ニッコリ 提督「……君の努力の結果さ。 私も負けてられませんね」 加賀「……」 ポカーン 瑞鶴「加賀さん! 私、改二になれるの! 今度!!」 加賀「……」 ガタッ 瑞鶴「か、加賀さん?」 加賀「宴よ」 瑞鶴「え?」 加賀「翔鶴と瑞鶴が二人とも改二になったこの瞬間を待っていたの。 赤城さん、間宮さんに連絡を」 瑞鶴「あ、あの……私まだ改二じゃないんだけど……」 赤城「ええ、良いですよ。 早速連絡します」 ピポバポピポ 瑞鶴「話聞いてない!?」 〈宴会場〉 ザワザワザワザワ 瑞鶴「うわぁ……ガチじゃない……」 加賀「当たり前でしょう」 加賀「仲間への祝福は皆で祝うものよ」 瑞鶴「……加賀さん……あ、あのさ……」 加賀「ん?」 瑞鶴「そ、その……えと」 瑞鶴「あ、あのいつも『やりました』って言ってるけどあれど言う時に使うの!?」 瑞鶴 って違うわ私!! お礼を言うんだっつの!! 加賀「あぁ、あれね」 加賀「嬉しいことがあった時に使うわ」 瑞鶴「へ?」 加賀「ご飯を食べたとき。 勝利したとき。 仲間が帰ってきたとき」 加賀「そして、あなたの可愛い顔が見れた時。 いつも私に対してだけツンデレな後輩がデレる姿は最高ね』でした! ……超かわいいなおい」 瑞鶴「」 キャー、カワイイー、レディー、ハラショー! ザワザワザワザワ 翔鶴「瑞鶴……あなた……可愛いわね」 ウットリ 赤城「もうあなたも一航戦でいいわよ」 加賀「……」 提督「おめでとう」 パチパチパチパチ 瑞鶴「…………」 瑞鶴「…………」 プルプル 瑞鶴「加賀ァ!!」 加賀「やりました」 おしまい お目汚し失礼しました。 ずいかがはちょっと狂ってるくらいが丁度いいと思います。 vip2ch.

次の

【艦これ・赤城SS】翔鶴「嫌っ! 放して下さい!」

艦これ 翔鶴 ss

09 ID:ymAQoNL70 昼時、工廠にて…… 妖精「試作品で1つしかないでしが、良ければお使いください」 妖精「では私はこれで」 瑞鶴「どうするの、コレ……」 メガーネ 加賀「とりあえず私が預かっておきます。 試作品ということなので使用して何が起きるか分からないので。 別に提督が私にどれだけの好意を持っているのかが知りたい訳ではなくあくまで皆さんが使う前に私が危険が無いか確かめるだけであって決して変な理由があるわけではないですので、では」ダッ 金剛「ちょっとマテ」ガシッ 加賀「な、何ですか? 肩の手を離してください」ギロ 金剛「独り占めはずるいネー! 最初は戦艦のワタシが使うデス!」 加賀「チッ」 翔鶴「お二人共落ち着いて下さい。 vip2ch. vip2ch. 50 ID:ymAQoNL70 長門「皆で順番に使えば良いんじゃないのか? 順番なんて早いか遅いかの違いじゃないか。 70 ID:ymAQoNL70 今更あれで凄く言いにくいんだけど……艦娘って何人いてどんな話し方なのか殆ど分からないんだけど、口調とか違ったら気にする? 一応調べてから書くつもりだけど ・・; ついでに最初のレスで書けなかったから全部書く。 ・投稿スペースまったりです。 29 ID:ymAQoNL70 結果。 加賀「雪風……!!」ギリギリ 雪風「ひぅっ」 翔鶴「加賀さん、八つ当たりはダメですよ?」ニコニコ 2 翔鶴 36 加賀 加賀「くっ……!」 夕立「くじ引きって後の方が有利っぽい! 最初で当たる確率は低いっぽい! 最初に引く人達は捨て駒っぽい?」 千代「あっ!」 夕張「あちゃぁー……」 加賀「ぷっ……あら? ごめんなさい、捨て駒さん。 77 ID:ymAQoNL70 とりあえずここまでです。 見てくれた人ありがとう。 08 ID:mnepNzgr0 加賀「では次ですね……次が本番……」ブツブツ 翔鶴「大丈夫よ私、私はできる子……」ブツブツ 金剛「私が必ず最初デース……私が……」ブツブツ 足柄「くじ引きでくじを引く順番を決めるなんて、人が多いから大変ね」 瑞鶴「あの3人は他に比べて特に気合入り過ぎてる感じもするけど……」 足柄「提督の知らないとこでこんな事に」 瑞鶴「まさか本人も自分のことでこんなになるとは思ってないでしょうね」 足柄「あっ、始まるみたいね。 85 ID:mnepNzgr0 加賀「では私は行ってきますね」チラ 金剛翔鶴「……?」 加賀 ニタァ 金剛翔鶴「」プルプル 夕張「最大数値が100だっけ? どれくらいあるんだろうね」 瑞鶴「あの提督でしょ? 20くらいじゃないの?」 夕張「あー……たまに優しいけどね。 本当に極々稀にだけど。 下手すると10もいかないんじゃない?」 瑞鶴「ありえる……」 金剛「あんな性悪女は0以下デス」 翔鶴「ふふ、私以外は皆さん0ですよ」ニコニコ 夕張「勝者が居なくなった途端に……」 瑞鶴「サラッと全員に飛び火したよね」 夕張「もし高かった時の結果が怖い。 81 ID:mnepNzgr0 執務室 コンコン 「失礼します」 提督「……加賀か、何の用だ? 今日の秘書艦は夕張のはずだが?」 加賀「(こちらを見向きもしませんか……まぁいつも通りですが)いえ、何か手伝う事はないかと思いまして」メガネスチャ 提督「無い」 加賀「そうですか」ジィッ 提督「……用が無いなら早く出て行け」 加賀「(数値は……)っ!?!?!?」ガタッ 提督「……? 何を……お前眼鏡なんて掛けてたのか」 加賀「え? あっ、はい。 最近私達の間で流行ってるそうなので」アセアセ 提督「そうか。 86 ID:mnepNzgr0 そうなのか、ありがとう。 56 ID:mnepNzgr0 北上「あっ、戻って来た」 大井「……」 天龍「死人……?」 翔鶴「どうでした? 低かったんですか? 大丈夫ですよ、大井さんには北上さんがいます。 17 ID:mnepNzgr0 数分前執務室 カチャ スッ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……ふぅ、ん、あ゛ー」コシノバシ 大井「……」 提督「っひぉ……!? 22 ID:mnepNzgr0 天龍「次は俺か……」ドキドキ 龍田「あらあら、悪い結果でも落ち込んじゃダメよ?」 天龍「そういうこと言うな! 不安になるだろうが!」 龍田「不安、ね〜」ニヤニヤ 天龍「〜〜〜ッ! もう行く!」 龍田「頑張ってね〜」 執務室 ドンドン 天龍「入るぞ」 提督「なぜお前達は返事を待たずに入ってくるんだ」カキカキ 天龍「へいへい、気を付けるって」 提督「で、何しに来たんだ? さっきから変わり変わりで」カキカキ 天龍「いや、何か手伝うことはないか? 天龍様が手伝ってやるよ!」 提督「無い。 どうだった?」 天龍「いや、それはまぁ、後で……」 龍田「だーめ。 反映に時間掛かるのか…… 赤城「か、加賀、さん?」 加賀「……」カオマッカ 瑞鶴「あれは最初にまず恥ずしさが来てるパターンだ……」 榛名「正直さっきのテンションは榛名も引きました……ザマァみろですね」 瑞鶴「え?」 龍田「あら〜? 天龍ちゃんこんなに高かったの? 良かったじゃない」 天龍「龍田、いまは、今言うのは……」チラ 加賀「な、何で? 私は提督が好き、だから提督も私が好き。

次の

【艦これss】明石「え?翔鶴がヤンデレなんですか?」

艦これ 翔鶴 ss

vip2ch. あら瑞鶴、戻ってきたのね。 なんで翔鶴姉は加賀さんが持ってったってこと知ってるの?」 翔鶴「それもそうよ、ここはあなたと私の部屋じゃない。 それよりも赤城さん、いいものがあります」 赤城「あら、それは……美味しそうですね」 加賀「偶然見つけました。 いらっしゃい」 瑞鶴「あっ、赤城さんこんにちは」 ペコリ 瑞鶴「ってそうじゃない! 加賀さんッ!!」 加賀「何かしら? 相変わらずあなたは騒がしいわね」 瑞鶴「なんで人のプリン勝手に手に持っておいて涼しい顔してんのよ! 返しなさいよ!」 加賀「何をかしら?」 瑞鶴「プリンだっつってんでしょ!!」 加賀「え? なんで?」 瑞鶴「いや、そんなさも当たり前のように疑問を持たないでよそれ私のプリンでしょ」 加賀「さぁ、何のことでしょう?」 瑞鶴「とぼけるんじゃないわよ! アンタが私達の部屋に入ってプリン持ってったって翔鶴姉が目撃してんだからね!」 加賀「え? 部屋に翔鶴いたの? 不覚だわ……」 赤城「慢心はダメよ加賀さん」 加賀「ごめんなさい赤城さん」 瑞鶴「人の姉を空気扱いしないでよ! てかアンタもうちの姉も頭大丈夫!?」 加賀「五航戦なんかと一緒にしないで」 瑞鶴「やかましいわ!」 瑞鶴「……まぁいいわ。 とりあえず加賀さんが私のプリン取ったのもうバレてるから。 素直に返しなさいよ!」 加賀「……」 瑞鶴「ほら! 私の楽しみだったんだから」 加賀「……美味しそうなプリン……」 瑞鶴「は?」 加賀「……食べちゃダメなの?」 瑞鶴「いやだから私のだっつってんでしょ」 加賀「……」 ムスー 瑞鶴「なんであんたが拗ねてんのよ!!」 加賀「……ごめんなさい、つい美味しい物を求めて鎮守府をさ迷っていたら見つけてしまったの」 加賀「でも勝手に取ってしまったのは確かに悪い事だったわ。 本当にごめんなさい」 シュン 瑞鶴「め、珍しく素直に謝ったわね……」 加賀「…………」 瑞鶴「……ま、まぁ、確かにプリン美味しいもんね。 いいわ、一口だけなら食べてもいいわよ」 加賀「やりました」 グッ 瑞鶴「現金な人過ぎるでしょ!」 瑞鶴「ほら、先食べていいから! 早く一口だけ食べちゃいなさいよ」 加賀「はい。 頂きます」 スプーンスー パクリ 加賀「ご馳走様でした」 ペロー 瑞鶴「一口で全部食いやがったぁぁぁ!! 加賀ァ!!」 加賀「やりました」 瑞鶴「何全部食べてんのよ!!」 加賀「一口だけなら食べてもいいって言ったじゃない」 瑞鶴「一口で全部食っていいと言ってないわよ!!」 加賀「まだカラメルが残ってるわ。 ありがたくダンケダンケしなさい」 瑞鶴「なんでそんなに上から目線!? 爆撃するわよ!?」 加賀「いいでしょう。 キラキラしてる一航戦に勝てるかしら?」 キラキラ 瑞鶴「やってやろうじゃない!! 単艦演習よ!! 今日こそ泣かせてやるんだから!!」 ワーワーギャーギャー 赤城 加賀さん、瑞鶴に構って欲しいだけなのよねぇ~ 『提督、てめぇもだ』 加賀「……では、これが例のブツね?」 提督「あぁ、姉から送られてきたんだ。 本物確定さ」 加賀「……やりました。 提督経由でもらえばばれずに済むわ」 加賀「瑞鶴の寝顔写真、ゲットだぜ」 提督「あとで焼き増ししてね」 加賀「了解したわ」 バターン!! 翔鶴「」 ズル 瑞鶴「なんかやけに翔鶴姉に写真撮られるなと思ったら全部聞いたぞ加賀ァ!!」 加賀「やりました」 『鶴への恩返し』 瑞鶴「……演習、昨日も負けて、今日も負けた……」 瑞鶴「私があそこで中破して置物にならなかったら勝ててたのかも……」 瑞鶴「……提督さんや皆に申し訳ないや……」 ガチャリ 瑞鶴「翔鶴姉ただいまーってあれ? 誰もいない?」 キョロキョロ 瑞鶴「ん? 机の上に何かある……手紙と、プリン?」 ペラ 『あなたが努力してるのはみんな知っているわ。 ……あなたは優秀な子よ。 落ち込まずに元気出しなさい。 誰かが作ったこのプリンでも食べて、次も頑張りなさい。 加賀「やりました」 ダッ!! 『恥ずかしがり屋は恥ずかしがり屋を理解する』 弥生「…………」 テクテク キャーキャー 弥生「……ん?」 チラ 瑞鶴「それ! ちゃんと捕まってるのよ?」 ダー! 響「ハ、ハラショー」 ギュー 雷「早い早ーい!」 電「つ、次は電の番なのです!」 暁「瑞鶴さんって足も速いのね!」 キャーキャー 弥生「…………」 ジー 弥生 楽しそう 弥生 弥生もおんぶしてほしいなぁ…… 弥生 でも、そんなキャラじゃないし……恥ずかしい 弥生 でも……本当に楽しそうだなぁ…… テクテク スタスタスタスタ 弥生「あっ」 加賀「…………」 スタスタ 弥生「こ、こんにちは……」 ペコリ 加賀「えぇ、こんにちは」 ペコ 弥生 加賀さんって、ちょっとなんか怖い…… 加賀「? どうかしたの? ぼーっとしてるけど」 弥生「へ? ……あ、いえ……その……なんでもないです。 ごめんなさい」 ショボン 加賀「? どうして謝るの?」 キョトン 弥生「あ、その……特に意味はないんですけど……あの……」 モジモジ 弥生 ど、どうしよう……早く離れたいのに……会話が意外と続いちゃってる…… 加賀「…………」 ジー 弥生「…………」 モジモジ 弥生 す、すっごい見られてる…… 加賀「…………」 チラ キャーキャー 加賀「…………」 チラ 弥生「…………」 加賀「あぁ、なるほどね」 弥生「……え?」 加賀「……ねぇ、弥生さん?」 弥生「!? や、弥生の名前……知ってるの?」 加賀「当たり前じゃない。 同じ鎮守府の仲間なのだから」 弥生「……あ、ありがとう……ございます」 加賀「話を戻すけど、良かったら間宮さんの所の美味しいアイスを食べに行かない?」 弥生「……へ? あ、アイス!? た、食べたい! ……で、でも…… 」 キラキラ 加賀「あなたならアイスのおいしさを理解していると思ったわ」 弥生「!?」 加賀「さぁ、行きましょうか。 はい」 スッ 弥生「あ、あの……加賀さん? なんで急にしゃがんだの……?」 加賀「おんぶしてあげるわ。 では、どうぞ」 弥生「う、うん」 ヨッコイショ 加賀「とっても軽いわ。 それでは、行きましょう」 加賀「弥生さん? 恥ずかしがる気持ちは、すごく分かるわ」 弥生「え?」 加賀「けど、大きくなってから後悔することもあるの。 今はまだどんどん甘えていい時期よ。 響「ハラショー!」 加賀「やりました」 ダッ!! 弥生 は、早い! ……加賀さん、かっこいい……!! 『毒を吐いて甘い息を吐く』 加賀「だから言ったでしょう。 その動きでは上手く艦載機は飛ばせないわ。 雪風「いよっ! いっこーせーん!!」 神通「心が安らぐいい歌ですねぇ~」 三日月「さっきの那珂ちゃんさんの時みたいにサイリウム振るのも楽しいですけれど、こういうのもいいですねっ!」 ニッコリ 那珂「ぐぬぬぬ……那珂ちゃんの時より盛り上がってるぅ……!!」 川内「まぁまぁ、夜は長いよ?」 吹雪「つ、次私達の歌だよ……緊張してきた」 睦月「ふ、吹雪ちゃん!! 落ち着いていこ!? 一緒に頑張るにゃしぃ!」 ガクブル 夕立「睦月ちゃんが一番震えてるっぽい」 赤城「モグモグ……さす加賀さんね……モグモグ」 翔鶴「モグモグ……本当に加賀さんはかっこいいですねぇー……モグモグ」 ワーワー! しかも防水よ」 ロクオンキスッ 瑞鶴「加賀ァ!!」 加賀「やりました」 『起こさないようにいつもより控えめに』 翔鶴「加賀さん、本当にかっこいいわぁ~」 ポー 瑞鶴「いや、本当に分からないわ……」 スタスタ 翔鶴「えー? クールでかっこいいじゃないの。 照れ顔ゲットだわ」 カメラクイッ ドッドッドッドッ!! 瑞鶴「加賀ァ!!」 ボソ 加賀「やりました」 ボソ 『自慢の後輩』 赤城「翔鶴さん、おめでとうございます!」 加賀「おめでとう。 しかし最近ボーッとしてること多いぞ?」 瑞鶴「うん……」 提督「……まっ、何かあったらすぐに言うんだぞ? それじゃあ」 スタスタ 瑞鶴「…………」 瑞鶴「ダメだなぁ、私」 加賀「何を今更そんな当たり前のことを言っているのかしら」 瑞鶴「!?」 ビクッ 瑞鶴「か、加賀さん!? 急にびっくりさせないでよ」 加賀「あら? ボーッと廊下の真ん中で突っ立ってたから話しかけただけなのだけれど」 瑞鶴「……何の用よ」 加賀「いや、別に特に用はないけれど」 加賀「あなたが当たり前のことを言ってたのが耳に入ったから」 瑞鶴「……うっさい。 どうせダメダメですよーだ」 加賀「瑞鶴」 瑞鶴「……何よ」 加賀「一緒にご飯食べに行きましょう」 瑞鶴「は?」 加賀「今日の間宮特製メニューはカレーです。 さすがに気分が高揚します」 ガシッ 瑞鶴「わ、私このあと演習なんだけど! ちょ、ちょっとー!!」 スタスタ 加賀「カレーは飲み物ね。 美味しい」 パクパク 瑞鶴 この人胃袋どうなってんのよ…… 加賀「食べないの? なら私が頂くわ」 瑞鶴「食べるっつの! 食事誘っといて勝手に人の分まで食べようとすんな!」 加賀「そう……」 瑞鶴「なんでちょっと落ち込むのよ」 瑞鶴「……で、なんで突然食事に誘ったのよ?」 加賀「だってあなた、お腹空いてたでしょ?」 瑞鶴「いや、空いてないわよ」 加賀「分かりやすい嘘ね」 加賀「あなた最近、あんまりご飯食べていなかったわ」 瑞鶴「ッ!?」 加賀「正規空母は悔しいけど燃費があまり、良くないわ。 あれだけの食事で足りるわけが無いわ」 瑞鶴「……よく見てらっしゃいますこと」 加賀「一応あなたは後輩ですからね。 先輩として当然の事よ」 瑞鶴「……」 加賀「食事は気分が高揚するわ」 瑞鶴「……」 加賀「心もお腹も満たされる。 元気が出るわ」 瑞鶴「……翔鶴姉がさ」 加賀「……」 瑞鶴「私ってさ、最低な奴なんだ」 瑞鶴「翔鶴姉、改二になったじゃない? 私あれ、すっごく嬉しくなかった。 悔しかった。 嫉妬しちゃった」 瑞鶴「だって、ずっと一緒だったのに置いてかれた気分になっちゃったから」 瑞鶴「同じ五航戦なのに、差が付いちゃった……!」 ポロポロ 瑞鶴「ずっと、ずっと……一緒だったのに……差が付いちゃったよぉ……!!」 加賀「……瑞鶴」 加賀「あの子だって、努力してるのよ?」 瑞鶴「!?」 加賀「努力して、努力して、必死に努力した結果、改二になった」 瑞鶴「……」 加賀「あの子がなんでそれだけ頑張れたと思う?」 瑞鶴「……そんなの、分からないよ」 加賀「そう。 なら教えてあげるわ」 加賀「あなたがいたからよ」 瑞鶴「……え?」 加賀「前にも言ったけれど、あなたが努力しているのはみんな知っているわ。 本当に、驚くくらい努力してる」 加賀「誰かが頑張っている姿を見ていると、私も頑張らなければという気持ちになるわ」 加賀「赤城さんも、翔鶴も……そして私も、あなたを見ていると……頑張れる」 瑞鶴「ッ……!!」 ポロポロ 加賀「同時に、こう思うわ。 負けたくないってね」 瑞鶴「加賀……さん……」 加賀「瑞鶴、あなたは……私の自慢の後輩よ」 加賀「そして、私の大事な教え子であり」 加賀「……ライバルよ」 瑞鶴「……ッ、うぅ……!!」 加賀「大丈夫よ、瑞鶴。 あなたは強い。 改二にだって、すぐになれるわ」 加賀「これも前に言ったわね。 ……私を越えなさい、瑞鶴」 加賀「五航戦は私の、ライバルなんだから」 瑞鶴「……はい……!! はい……っ」 瑞鶴「……加賀さん」 加賀「なにかしら?」 瑞鶴「ご飯、奢ってくれて……ありがとう」 加賀「……明日は雨が降るのかしら? 雨はあまり好きじゃないわ」 瑞鶴「わ、私だってお礼くらい言えるわよ!」 加賀「らしくないからそう言っただけよ」 瑞鶴「ふん! どうせらしくないですよーだ」 加賀「……元気は出たみたいね」 瑞鶴「……おかげさまでね」 加賀「そう、ならよかったわ」 加賀「……演習、頑張ってきなさい」 瑞鶴「言われなくても頑張るわよ」 加賀「そう」 瑞鶴「……ねぇ、加賀さん?」 加賀「なにかしら」 瑞鶴「私、最初加賀さんのこと本当に大っ嫌いだった」 瑞鶴「いっつも馬鹿にしてくるし、五航戦五航戦~っていつも引き合いに出してきて、ウザいとすら思ってたことある」 加賀「……そう」 瑞鶴「でも、今はさ……こう思うよ」 瑞鶴「私、あなたの後輩で良かった」 瑞鶴「加賀さんが先輩で、本当に良かった」 加賀「……」 瑞鶴「……や、ヤバい……超恥ずかしい……! い、今の忘れて!」 瑞鶴「ご、ご飯、ささ、サンキュー!!」 瑞鶴「演習行ってくる!!」 ダッー! おめでとう」 瑞鶴「……」 提督「ただ、すまん。 ちょっと設計図が今無くてな……もう少ししたら集まるから、もうしばらく待っていてくれ」 瑞鶴「……」 提督「ず、瑞鶴?」 瑞鶴「提督さん」 提督「ん?」 瑞鶴「……ありがとね! 私、本当に嬉しいよ!」 ニッコリ 提督「……君の努力の結果さ。 私も負けてられませんね」 加賀「……」 ポカーン 瑞鶴「加賀さん! 私、改二になれるの! 今度!!」 加賀「……」 ガタッ 瑞鶴「か、加賀さん?」 加賀「宴よ」 瑞鶴「え?」 加賀「翔鶴と瑞鶴が二人とも改二になったこの瞬間を待っていたの。 赤城さん、間宮さんに連絡を」 瑞鶴「あ、あの……私まだ改二じゃないんだけど……」 赤城「ええ、良いですよ。 早速連絡します」 ピポバポピポ 瑞鶴「話聞いてない!?」 〈宴会場〉 ザワザワザワザワ 瑞鶴「うわぁ……ガチじゃない……」 加賀「当たり前でしょう」 加賀「仲間への祝福は皆で祝うものよ」 瑞鶴「……加賀さん……あ、あのさ……」 加賀「ん?」 瑞鶴「そ、その……えと」 瑞鶴「あ、あのいつも『やりました』って言ってるけどあれど言う時に使うの!?」 瑞鶴 って違うわ私!! お礼を言うんだっつの!! 加賀「あぁ、あれね」 加賀「嬉しいことがあった時に使うわ」 瑞鶴「へ?」 加賀「ご飯を食べたとき。 勝利したとき。 仲間が帰ってきたとき」 加賀「そして、あなたの可愛い顔が見れた時。 いつも私に対してだけツンデレな後輩がデレる姿は最高ね』でした! ……超かわいいなおい」 瑞鶴「」 キャー、カワイイー、レディー、ハラショー! ザワザワザワザワ 翔鶴「瑞鶴……あなた……可愛いわね」 ウットリ 赤城「もうあなたも一航戦でいいわよ」 加賀「……」 提督「おめでとう」 パチパチパチパチ 瑞鶴「…………」 瑞鶴「…………」 プルプル 瑞鶴「加賀ァ!!」 加賀「やりました」 おしまい お目汚し失礼しました。 ずいかがはちょっと狂ってるくらいが丁度いいと思います。 vip2ch.

次の