喪中 クリスマス カード。 喪中の人にクリスマスプレゼントやカードを送って良い?パーティーは?

クリスマスカードを喪中の人に送るなら文例や送る時期はどうしたらいい?

喪中 クリスマス カード

もくじ• 喪中はがきの代わりにクリスマスカードはOK? 身内に不幸があった場合喪中はがきを用意するものですが 「喪中はがきの代わりにクリスマスカードはダメなのかな…?」 こう思ったことはありませんか? ですが、 答えとしては あまりおすすめしません。 普段から親しくしている友人には堅苦しさを感じさせないようにクリスマスカードを…という考えかもしれませんが、 『今、自分は喪中なのか』 『何の為に喪中であることを知らせるのか』 このことについてまず自分の中で整理するべきです。 近年、喪中は2親等までという考えが一般的ですが、その境目は人によってあいまいです。 「同居していないから…」 「普段あまり付き合いがないから…」 人それぞれの考え方で 『喪中としない』こともあります。 『喪中としない』のであればカードに書き添えるメッセージにもわざわざ喪中であることを知らせる必要はありませんし、普段と変わらないクリスマスカードとして送ることができるでしょう。 ですが自分は 『喪中である』との考えで、不幸があったことを知らせるために喪中はがきの代用として考えるのであればおかしな話になります。 喪中はがきとは年賀欠礼状のことで 「身内に不幸があり、お祝い事をする心情ではないので新年のご挨拶を遠慮させていただきます」 という意味の知らせです。 「喪中の為、年賀状は出しません。 メリークリスマス!」 こんな内容のクリスマスカードはおかしいと思いませんか? 受け取った相手も困惑するでしょうし、亡くなった故人に対しても失礼です。 自身が『喪中』であり、そのことを伝えたいのであれば喪中はがきを送るのが本来の形といえるでしょう。 スポンサーリンク 喪中はがきのマナーや常識・非常識とは? 喪中はがきを送る際に気を付ける点は、 私製はがきで用意する場合は 落ち着いた色合いのものを選ぶということ。 そして使用する切手は通常のものでもかまいませんが弔事用の切手が多く選ばれる傾向にあります。 (派手な柄の切手は避けた方が無難です) 郵便局の窓口で喪中はがきに使う旨を伝えれば料額印面が『胡蝶蘭』のはがきを販売していますので、そちらを案内してもらえると思います。 通常はがきではありますが、喪中はがきとして一般的に使われることが多いはがきです。 また、喪中はがきは年賀欠礼のお知らせである為、毎年年賀状のやり取りをしている相手に対して早めに用意する必要があります。 郵便局が年賀状の差出し受付を始める前に喪中はがきが相手の手元に届くようにしなければ、先に年賀状を投函してしまうこともあるからです。 遅くとも12月初旬には先方に届くように準備しましょう。 年末ぎりぎりに不幸があり、喪中はがきが間に合わないこともあります。 その際は寒中見舞いとして相手の方にお知らせします。 自分の得意分野の知識や逆に失敗談、そして友人知人から得た情報が世の中の皆さんの手助けになればいいなと思い、ブログ運営を始めました。 100均大好き!週末のユニクロ大好き!! 最近は御朱印集めにハマりだしました!(今さら?笑) そんな私が発信していく情報があなたの毎日のお困りごとの解決に役立ててもらえたら嬉しいです。 カテゴリー• アーカイブ•

次の

喪中のクリスマスカードはどうする?

喪中 クリスマス カード

キリスト教に喪中はあるの? キリスト教の考え方からすると、 クリスチャンに喪中という概念はありません。 キリスト教にはそもそも、「死」を忌み嫌うものとする考え方がありませんので忌中という概念がなく、それと同時に喪中という考え方もありません。 喪中とは? そもそも喪中というのは宗教的な考え方というより日本人の知恵という方がしっくりきます。 喪中というのは、喪に服す期間のことで、身内を亡くした方が四十九日までは忌中、そしてその後一年間を喪中として故人の冥福を祈りながら慎ましやかに生活しようという習わしです。 いうならばマナーに近い考え方なので宗教的な概念はありません。 クリスチャンでも喪中はがきは送っても良いのか では、自身または身内がクリスチャンの場合、喪中はがきは出すべきなのでしょうか? キリスト教の考える「死」というのは穢らわしいものではなく、「天国への凱旋」絵あると考えられています。 なので、喪に服すべき期間というのはありません。 ですが、 日本という国で社会生活を営む上で、少なくとも年賀の挨拶を交える方々に対しては、喪中はがきは出すべきであると考えられます。 これは、喪に服すということよりも、相手に対する礼節や心遣いとして行うべきだと考えられます。 つまり、宗教的な考え方というより、日本人としてのマナーという考え方に近いでしょう。 喪中はがきの例文 クリスチャンの場合はどのように書くべき? では、クリスチャンの家庭では喪中はがきはどのような文面で書いたら良いのでしょうか? 一般的な喪中はがきの場合、 「喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます」 といった文頭になりますが、キリスト教には喪中という概念がありません。 その場合、 喪中という文言を言い換えれば良いでしょう。 キリスト教の喪中はがきの文面 スポンサーリンク 喪中はがきの代わりはクリスマスカードでもいい? キリスト教ではクリスマスカードを交換しますね。 日本でもクリスマスが一般化しているので親しい間柄でクリスマスカードを交換するという家庭も多いと思います。 では、喪中はがきの代わりにクリスマスカードを代用することはできるのでしょうか? この場合は、 クリスマスカードは喪中はがきの代わりにしないほうが良いでしょう。 クリスマスというのはイエスキリストの誕生を祝うものです。 例えば、 「先日父、〇〇が亡くなりました。 つきましては新年のご挨拶をご遠慮申し上げます。 メリークリスマス!」 という文章はあまりに不自然ですし、このような文面では受取手にも故人にも失礼です。 そこで、喪中はがきとクリスマスカードは別にして書くようにしましょう。 喪中にクリスマスカードを出してはいけないという決まりはないため、クリスマスカードの交換をすること自体には問題はありません。 もちろん自身がクリスチャンならばクリスマスをお祝いすることも問題ありません。 最低限のマナーさえ守れば良いのです。 最後に 喪中はがきは、単に送ることが目的ではなく、送る相手のことを考えることが大切です。 形式にとらわれず、受け取る側が気持ちよく受け取れるように配慮して贈るようにしましょう。

次の

喪中にクリスマスカードを送ることについて|外国・クリスチャン|終活ねっと

喪中 クリスマス カード

喪中にクリスマスカードを年賀状の代わりに出しても良いか 喪中には年賀状を送ることができませんが、新しい年を迎えるのに今までの感謝や来る年の幸運を祈って、代わりの何かを送りたいと思う人も多いと思います。 ちょうどクリスマスが年末なので、クリスマスカードを送って気持ちを伝えることはどうなのでしょう? クリスマスはご存知の通り「イエス・キリストの誕生」を祝う、キリスト教の行事です。 キリストの誕生を祝うのに、個人的な事情は関係がないので、キリスト教的には喪中であってもクリスマスカードを送ることは問題ありません。 しかし、ここは日本。 もちろんキリスト教信者の方なら、クリスマスカードも本来の意味を込めて送られると思うので問題はありませんが、そうでない場合の方が圧倒的に多いのではないかと思います。 クリスマスは年末の賑やかな(もしくはロマンチックな)お祭りになっているのが、現状なのではないかと思います。 喪中の人がクリスマスカードを送った場合、受け取った方がどう思うかを考えなければいけませんね。 これは、本当に人それぞれなのではないかと思います。 本来「喪中」というのは、故人の冥福を祈りつつましい生活を送るという1年間です。 宗教的な意味があるなしにかかわらず、この時期に賑やかなことをすることに眉をひそめる人もいるでしょう。 クリスマスカードを送る相手は、ごく親しい気心の知れた友人だけにしておいた方が良いのではないかと思います。 そういう仲なら、クリスマスカードで「元気です。 元気になりました」とお知らせすると、相手も安心するかもしれませんよね。 また、クリスマスカードは欠礼挨拶状の代わりにはならないので、毎年年賀状のやり取りをしている人には、きちんと欠礼の挨拶状を出した方が良いでしょう(もちろんクリスマスカードを送るような親しい人なら、あまり気にする必要もありません。 クリスマスカードの隅っこに、賀状は失礼します、と書き添えても良いと思います)。 クリスマスカードで結婚・出産報告をしたい 結婚報告や出産報告を年賀状でする人は多いですね。 写真入りでプリントするのも良く見かけます。 その年賀状が喪中になってしまったために、出せなくなってしまったら・・・ クリスマスカードなら、お祝いの写真を添えてもOKそうですよね。 でも、それだったら特にクリスマスカードにする意味はないのではないでしょうか。 上に書いたように、いずれにしても欠礼挨拶状は出すのが礼儀ですし、もう一通出すのであれば、ごく普通に「結婚報告はがき」「出産報告はがき」にしたら良いのではないかと思います。 クリスマスカードは季節の「挨拶状」ではないんですね。 もちろんそういう側面がないわけではありませんが(キリスト教主体の国でも、クリスマスカードは年賀状と同じように、年に一度のつながりとしての役目を持つこともあるようです)。 スポンサードリンク クリスマスカードを喪中の人に出しても良いか それでは、クリスマスカードを喪中の人に出すのはどうでしょうか? これも、やはりその人とどれくらい親しいのか、その人が信じる宗教を持っているかなど、いろいろな要素があるので簡単には言えませんが、ごく一般的なあまり宗教にはこだわらない人で親しい人なら、喜んでくれる場合が多いような気がします。 身内の方を亡くして力を落としているかもしれないし、年末に向かって町は賑やかになる時期で逆に寂しい気持ちになっているかもしれません。 その上、年賀状は書けないし、もらえないときては、余計に悲しくなっているかもしれません。 そんな時に親しい友人から送られてきたカードは、元気になる力を与えてくれそうですね(ということは、別にクリスマスカードでなくても良いわけですが)。 ただ誰をいつ頃亡くされて、今の悲しみがどれくらいなのか。。。 難しいところではありますね。 相手のことをよく考えて出すようにしたいですね。 あまりに派手なカードは選ばないように、というような気遣いも必要になりますね。 まとめ クリスマスカードは、年賀状の代わりにはならないようです。 出すにしても、ごく親しい人に、という条件が付きますね。 喪中であるなら、ある程度はそのことをわきまえたマナーが必要になるでしょう。 また宗教的なことは難しい面もありますので、気を付けた方が良い場合もありますね。

次の