ぎっくり腰 対処 法。 ぎっくり腰タイプ別予防マニュアル。あなたのぎっくり腰の本当の原因は?

ぎっくり腰になったら…急性腰痛症の治し方・対処法 [ぎっくり腰] All About

ぎっくり腰 対処 法

「数日間ずっと寝たきりになってしまった・・」 「何をするにも痛くてこんな思い2度としたくない・・」 など、ぎっくり腰になった方の話をうかがっていますと、かなりきつい症状だったことが簡単に推測がつきます。 また、ぎっくり腰を経験されたことのある方は腰痛が起こったとしても。 過去の経験がトラウマのように思い出されて 「あの思いをもう一度するのは嫌だ!」 とおっしゃって治療に来られることが多いです。 再発する他の• 寝違い• 四十肩(五十肩)• 腱鞘炎 などと比べても、圧倒的に医療機関に来られる割合が高いことからもうかがえます。 ぎっくり腰の痛みは脳裏に焼き付くくらい強烈だからかもしれません。 ぎっくり腰の経験の有無に関わらず、• ぎっくり腰の起こるパターンにどんなのがあるのか• ぎっくり腰はどのくらい痛いものなのか わかっていただけたらと思います。 予防や改善を目的にしている方にも、何が腰にとって良くないのかを知ることは大切なことです。 自分がしてはダメなことをいかに避けるかという予防について• 予防をしていてもなった方へのぎっくり腰を早く治すための初期対処方法 をあわせて紹介します。 ぎっくり腰治療に行ったら聞いてみてほしいこと さっそく余談からでですが、『ぎっくり腰』を診てもらう場合には治療者に 「先生はぎっくり腰や腰痛の経験はありますか?」 と聞いてみられるとよいかもしれません。 病院や治療院に行かれた時、担当する人が経験がない人とみなさんへの扱いがきつくなる可能性があります。 「ぎっくり腰だって言ってるのに、動きとか確認しなくても 激痛なのわかるでしょ!・・ああっ!!」 って感じになります。 痛がる人を『見慣れている』から扱いなれているのと、ぎっくり腰の人の気持ちが分かってくれて扱ってくれているのでは扱い方に配慮が行き届かないところがでてきます。 そこで、先ほどの質問から• スポンサーリンク 私のぎっくり腰体験 私はぎっくり腰経験者です。 いままで3度ほどなりました。 この経験をしている者として言わせていただけるなら『ぎっくり腰』は、• 寝違えよりも何倍も辛い! 寝違えも経験はありますが、それがたまたま軽かっただけかもしれません。 あくまで個人的主観です。 いきなり襲われたような気がする 思い返せば、それまでの自分の身体の状態や生活を考えればなるべくしてなったんだろうと今なら思います。 しかし、それらが腰に負担をかけているだろうことを自覚できてませんでした。 お漏らししてもいいと思えるくらいの激痛 「あんな痛みをみなさんがされていると思うと本当に心を痛めてしまう」 って心から思える痛みです。 腰に負担をかける動きはしちゃダメ 「しっかり荷物を自分のそばに寄せてから持つ」 「足を開いてしっかり屈んで持つ」 など当然のことを当然としてやること• セルフケアで改善・再発予防ができる セルフケアに取り組んでいると、徐々に『腰痛』もでなくなってきていました。 結局3度経験しましたが経験と知識のおかげで、それなりに対応でき動けなくなることはほぼなく次の日には動くようになれました。 最近は腰痛になることはありません。 少し遅いかもしれません、3度目を経験したころから自分の身体の見直しを徹底しており、現在は普段の『腰痛』もまったくありません。 同僚が同じ内容の仕事をして「腰が痛い!」と言ってても僕はまったく感じないくらいになれました。 では、『ぎっくり腰(急性腰痛)』になったとき、どのように対応したらよいのでしょうか? 続いて、その対処法を紹介していきましょう! スポンサーリンク ぎっくり腰へ最良の対処法 ここからご紹介する方法は、簡単ではありませんが『ぎっくり腰』の長期化を防ぐポイントをご紹介します。 痛いことをやめる 当然ですが、何をおいても痛みができることを徹底して控えます。 とにかく痛みが和らぐ姿勢を探す 大半は前かがみがだめです。 これは絶対してはいけません! 症状がきつい場合は寝てしまってもかまいません。 寝た場合は、仰向けはまず無理なことが多く、できそうなのは横寝なのでどちらか楽な方の横寝になりましょう! だいたいは、痛い側を上にして寝ることなります。 そこからゆっくり足を後ろに引いていきます。 足の引き方は、ゆっくりいろいろな角度を試しながら自分が1番痛みが出ない引き方で行います。 上半身からも反りを作っていきたいので、身体のねじりを使っていきます。 そこから、少しずつ動きを変えていって 『1番痛みが抜ける体勢(緩和姿勢)』を見つけます。 とにかく腰の痛みが抜ける体勢が見つかったら、じっと5分保ちます。 そのあと少し体勢をゆるめて休憩してから再度5分くらい 『緩和姿勢』でいます。 これを楽になるまで可能な限り繰り返します。 動くときも緩和姿勢 どうしても立ったり歩いたりしないといけないときには、自分で見つけた『緩和姿勢』の腰の状態に近いまま動いていきましょう! そうすると不格好かもしれませんが効果的です。 仮に座るときであれば、 こんな体勢はもたれて楽にみえますが、悪化させてしまいますしたぶん座れないでしょう。 行儀悪いかもしれませんが、肘をついてそこに体重を乗せておき、身体を前傾させて腰を軽く反らせた状態を保つことがポイントです。 おわりに 『ぎっくり腰』にならないように再発予防をすることは肝心ですが、この3回の経験から言えることは 「じっと痛みに耐えるのもあり! しかしうまく緩和姿勢を保つことで長期化は防げる!」 です。 なってしまったものは仕方ありません。 緩和姿勢を保つ効果は抜群にあります。 ここで紹介させていただいている手順をヒントになんとか自分の緩和姿勢を見つけて楽になりましょう! 鎮痛薬は薬剤によっては多少の差はあると思いますがあくまでも異物を摂取し続けることにあたりますので長期服用すると、胃・肝臓・腎臓あたりの内臓に負担をかけることはあると思っておいた方がよいと思われます。 患者さんの多くは、薬の効果を味わってしまうとどんどん薬を使用するハードルが下がって頻繁に使用してしまう傾向があるように思います。 これからの事を考えますと、すぐになることはないとはいえ薬に頼れない身体になる可能性は出てきます。 それは、内臓へのダメージ以外にも、痛みがどんどん悪化していくというケースも考えられます。 そこから考えても腰のケアは自分でできていくべきでしょうし、薬との適切な距離のもち方をゆっくりでも考えていかれることをお勧めします。

次の

腰痛(ぎっくり腰)の対処法

ぎっくり腰 対処 法

あまりに強いぎっくり腰の痛み。 不安感に襲われて、パニックに陥ってしまう人もいるほどです 突然、グキッ!と腰に痛みが走り、痛くて動くことすらできなくなってしまうぎっくり腰。 正式には「急性腰痛症」と言います。 急な痛みにひとりではどうにもできず、救急車を呼ぶべきかを迷ってしまうことも。 よくある症状である「ぎっくり腰」ですが、正しい対処法を知っている方は意外と少ないのかもしれません。 ぎっくり腰は、突然体を動かせなくなるケースも多いため、焦ってしまい、どう対処すれば良いのかわからなくなってしまった、という話をよく聞きます。 「ぎっくり腰で救急車を呼んでもいいのか」「外出先でぎっくり腰になったらどうするべきか」「自宅で痛みを緩和できる対処法は?」といった、よくあるご質問を元に、ぎっくり腰対処法をご紹介しましょう。 ぎっくり腰での救急車利用・救急外来受診は控えるのが正解 ぎっくり腰で動けな場合、救急車を呼んでいいのか迷う人も多いようです 腰の痛み以外に緊急を要する症状がない場合には救急車を呼んだり、夜間病院に行ったりするのは控えておく方がよいでしょう。 確かに、ぎっくり腰の痛みは非常に強いことが多く「痛くて動けない! どうしよう!」と、慌ててしまう人もいます。 しかし一般的なぎっくり腰は、激痛に見舞われた後に横になり気持ちが落ち着くと、痛みが少し緩和される姿勢や動きがわかるようになります。 患部を冷却することで、徐々に痛みが軽減し、回復することが多いです。 仮に救急車を呼んだり、夜間の救急病院へ行ったりしても、• ベッドの空きがなく一旦帰宅することになった• じきに治りますと言われた• 心配だったら後日検査しましょうと、痛いまま帰ってきた という話も聞きます。 痛みが強いとは言え、命に関わる緊急な病態が絡んでいるケースが少ないためです。 ぎっくり腰で救急車を呼んだり、夜間病院へ行くこと自体は禁止されていませんが、救急車や夜間の医療サービスは生命に関わる緊急性の高いものへの対処がメインですので、ぎっくり腰ならまず安静にし、様子を見てほしいという現状もあるようです。 腰の痛みで病院を緊急受診する目安……痛み以外の症状確認を 症状の経過観察の後に受診するかを判断することになります 腰の痛みで救急車や夜間病院を利用する必要があるものは、基礎疾患がありその関連性が疑われるケースです。 動けなくなった直後に緊急対応をするのではなく、少し時間をおいて症状の変化を見てから、再度判断することになります。 夜、ぎっくり腰になった場合は、同様に時間をおいて様子をみます。 下記の症状が見られる場合は、翌朝、速やかに整形外科やかかりつけ医を受診するようにしましょう。 横になっていても、強い痛みが続いている(寝返りなど動作時は除く)• 痛みが楽になる姿勢が見つからない• 睡眠時、痛みで目が覚める(寝返りは除く)• 発熱、冷汗が出る• どんどん痛みが増していく• 下肢のしびれや脱力感(麻痺)がある• 排尿、排便の異常がある また、嘔吐を伴う腰痛や腰だけではない部位にまで痛みが出ている(動かさなくても痛い)、その時に外傷に引続き起きた痛みであるなど、救急車・夜間診療病院への連絡もやむを得ないケースもあります。 外出先でぎっくり腰になってしまったときの対処法 歩いている途中でぎっくり腰に見舞われるケースでは、周囲の手助けが必要になることも! 1. まず安全の確保 まず優先されるのは、安全な場所に身を置くということ。 必ずしも建物内で痛めるわけではなく、道路を歩行中に突然腰に痛みが走り、その場にうずくまってしまうケースもあります。 人通りが多ければ、手を貸してもらい道の端へ移動することもできるかもしれませんが、四つんばいになり自力で移動することになる場合もあるかと思います。 腰が痛いものの痛めた直後は動くことができて、時間の経過とともに動くことが困難になるケースもありますので、なるべく早めに安静にできる場所へ移動します。 連絡を入れる 仕事中の場合は、職場へ連絡を入れ、状況を説明します。 大切な会議や商談に向かう途中だったなど、仕事をサポートしてもらえるかどうか、また、場所によっては同僚が駆けつけて介助してくれたといった話もあります。 仕事でない場合はご家族や知人など、手助けしてくれる方がいれば連絡をとります。 整形外科・ドラッグストア・コンビ二を探す 腰痛ベルトを装着し、頑張って職場へ戻り仕事を再開する人もいます 一般的なぎっくり腰は炎症による痛みが強いことが多いため、すぐにどうにかして痛みが治まるということは難しいのですが、緩和させる処置ができればそれが最善です。 例えば、ドラッグストアやコンビ二で、氷とタオル・ハンカチを購入して、氷を袋の上からハンカチで覆い、痛めた腰に10分ほど当てて冷却します。 発熱用冷却シートや冷湿布で痛みの感覚をやわらげる方法もあります。 近くに整形外科があれば、そこで痛み止めや湿布など処方されるかもしれません。 また、腰痛ベルトによるアドバイスを受け、装着することで痛いながらもゆっくり歩行ができるようになることもあります。 なお、腰部を保護して安定させる腰痛ベルトはドラッグストアでも購入可能です。 民間救急サービスという選択 自分ひとりではどうにもならない場合もあると思います。 先ほど述べた理由から、救急車はなるべく呼ばないようにしたい、でも一人では痛みと不安がつのるばかり……という場合には民間救急サービスを選択してもよいでしょう。 ぎっくり腰になると、乗り降りや自宅・病院の入口まで助けを借りなければならないケースが多いため、通常のタクシーでは業務外となり絶対的な対応は不可能です。 一方、民間救急サービス(電話受付8時~18時)では救急車を呼ぶほどではないものの、自分ひとりでは歩行が困難である場合にも対応可能です。 全国にネットワークがあり、かかる時間・走行距離により費用が異なります。 詳細はこちらを「」をご覧ください。 自宅・屋内でのぎっくり腰の痛み緩和法・応急手当法 水にくぐらせた氷をビニール袋に入れたアイスバッグも患部の冷却に役立ちます ぎっくり腰では患部に炎症がみられる可能性も考えられ、熱感を確認できることもあります。 炎症の痛みを抑え緩和させるためにも、なるべく早めに患部を冷やしましょう。 発熱の際に使われる、変容タイプの冷却枕やアイスパック、また、氷嚢や水をくぐらせた氷を数個ビニール袋に入れたものを用意します。 直接冷やすと皮膚を傷めてしまうかもしれませんので、タオルを介したりハンカチを巻くなどしてください。 冷却アイテムが用意できたら患部へ約10分間当てましょう。 血管を収縮させ痛みを和らげます。 トイレへ行くのに頑張って動きすぎたなど、直後に痛みが強まった場合にもすぐに冷却してください。 個人差はありますが、強い痛みが軽減されるまでに2~3日を要します。 なお、自宅以外で冷却アイテムを用意できない場合には、時間の経過とともに痛みが強まる可能性があるため、なるべく早く助けを呼ぶか、自力で処置のできる場所へ移動し、冷却後布団で横になりましょう。 不安な場合は医療機関を受診する 心配であれば、翌日、家族や知人にお願いをして車で病院へ送ってもらい検査を受けましょう。 往診可能な整形外科もありますので、歩行が困難な場合に相談できるよう、日頃から調べておくとよいかと思います。

次の

ぎっくり腰を長引かせない治し方は、初期の迅速な対処が重要!

ぎっくり腰 対処 法

ぎっくり腰の対処法 炎症の意味 ぎっくり腰で腰が痛いのは、 患部に炎症が起きている状態です。 通常は「炎症=悪いもの」と考えますので早く炎症を鎮めようとします。 鎮痛剤や湿布やアイシングするなどで冷やして痛みを取ろうとします。 ところが、ちょっとだけ見方を変えると、 炎症は患部の修復作業が行なわれている状態と言えます。 体が一生懸命治そうと作業をしている状態が炎症なのです。 炎症部位を冷やすと炎症が一時的に治まりますから痛みが和らぎます。 しかしこれは回復の反応を一時的にストップさせているのですね。 炎症が起こるメカニズム 炎症には四つの発赤、腫脹、発熱、疼痛の兆候が見られます。 赤くなって腫れて熱を持って痛いです。 これは プロスタグランジンというホルモンの働きです。 プロスタグランジンが産生することで患部に血液を集めて早く修復工事を進めようとします。 痛み止め(消炎鎮痛剤)の作用はプロスタグランジンの産生を抑えることです。 プロスタグランジンが出なくなると痛みは治まりますが肝心の修復工事が進みません。 痛み止めで炎症を止める行為は実は回復を送らせることになるのです。 ぎっくり腰は温めると早く良くなる! 以上の理由からぎっくり腰などの急性期の腰痛も温めた方が早く良くなります。 その代わり炎症の反応が強まりますから痛みも強まる可能性があります。 私は以前からそのことは重々承知していました。 温めた方が早く良くなるけど、痛みが強まるので、まずは冷やして炎症をおさえて、ある程度痛みが和らいできてから温めるように指導していました。 しかし、 実際にやってみるとそれほど痛みも強まらずむしろ気持ちよい感覚がある人が多いのです。 自分が腰などを痛めたときにも試してみると最初から温めた方が早く回復します。 そして思ったより痛みも強くならないのです。 気持ちよく感じるのです。 温めてみて、 万が一耐えられないような激痛がするような場合は無理に温めない方が良いです。 我慢できる範囲の痛みでしたらどんどん温めた方が早く良くなります。 体を温めるとすべての痛みが消える 温め方としては、使い捨てカイロを下着の上から患部に貼ります。 寝るときは低温やけどの怖れがあるので、基本的には朝から夜まで貼っておくとよいでしょう。 カイロをはると10時間以上は温かい状態が続きます。 患部の血流が促進され、組織の修復作業も速やかに行なわれます。 和歌山県に 坂井学先生という湿布も鎮痛剤をほぼ使わずに、使い捨てカイロを貼って痛みを取る治療をしている整形外科の医師がいらっしゃいます。 坂井先生の病院でも 湿布とカイロを比べると、圧倒的にカイロを貼った方が楽になる人が多かったそうです。 私も坂井先生の本を読んで、患者さんの了解を得ながらいろいろ試してみたところ、ぎっくり腰や寝違いなどの急性痛の場合でも、積極的に温めた方が早く楽になることがわかりました。 もちろん、個人差はありますから、耐えられないような激痛になる場合は無理に温めないでください。 当院のスタンスとしては、基本的にぎっくり腰は温める。 激痛で耐えられない場合のみ一時的にアイシングをする。 というスタンスを取っています。 坂井 学 湿布よりも使い捨てカイロ! 整形外科医が教える「目からうろこ」の痛み取り法! 痛みは「血液循環の低下」による「はたらき」の異常であり、 「体の修復工事」でもあった。 ひざ痛が消え正座ができた!つえが不要になったと喜びの声が続出! (amazon 内容紹介より) ぎっくり腰は安静にするべきか? 温めるか冷やすかということとは別に、安静にすべきか動かすべきか?という問題があります。 昔は基本的に安静を支持されることが多かったですが、近年の研究では安静を続けると回復が遅れることがわかってきました。 痛くて動けない場合には無理に動く必要はありませんが、動ける範囲で日常生活の活動性を維持していく方が早く改善することが医学的にもわかってきました。 かつて、ぎっくり腰を起こした後は、安静にすることが大切だと言われていました。 しかし、ずっと動かないでいると、腰痛との関係が深い「背筋」が衰えてしまうため、回復が遅れてしまうということがわかってきました。 したがって、発症から2~3日後に痛みがやわらいだころから、多少の痛みを我慢して、 動かせる部位は積極的に動かすようにしましょう。 引用: 全体のバランス 開業して二年目くらいの頃の話です。 今でも覚えていますがぎっくり腰の施術で大きな失敗をしました。 当時は自分が卒業したカイロプラクティックスクールで教わった手技をやることも多かったです。 今は一切使っていませんが、当時はまだ自分の操体法に自信がなかったので、いろいろな整体手技を行っていました。 外から力をかけて行う整体手技は、たしかに体は変化するのですが部分的な変化になりやすいのです。 全体との調和が乱れやすくなります。 どこかが痛くなれば、そこをかばうような形で全身が協力して変化します。 それを世間一般的には「歪んでいる」と見なします。 ところが整体などの手技により、そのバランスを崩してしまう可能性があります。 私が当時やったこともそうでした。 腰痛で来院しましたが、施術後には劇的に楽になって喜んで帰っていきました。 ところがその翌日に動けなくなったとクレームの電話をもらったのです。 一時的に楽になっても痛めているところが治ったわけではありません。 私の説明不足もあり、治ったものだと思って普段通りに身体を動かしているうちにまた新たに痛めてしまったようです。 これは事前にそのリスクを充分に説明しなかった私にも責任があります。 それに、だいぶ後になってからいくら痛みが取れても全体の調和を崩してはいけないと思うようになりました。 当時はまだ部分の痛みを改善させることに集中していました。 痛いから助かっている ぎっくり腰で痛いから動けない、ということは動けないことで体を守っているのです。 動けないなりに正しい対処をして過ごしていると徐々に回復します。 痛いところを痛くないようにすることは、全体のバランスに不調和を起こす可能性があります。 痛いときは痛いなりにバランスが調和しているわけです。 操体法では患部だけでなく、全体のバランスの調和を大切に考えます。 多少痛みが残っていても全体のバランスが調和すると、自分の力で自然に回復していくのです。 まとめ 最後にぎっくり腰の対処法についてまとめます。 急性痛の炎症でも我慢できる痛みなら温めた方が早く改善する• 我慢できないような痛みは無理に温めない• ぎっくり腰は動いた方が早く良くなる• 全体のバランスが大切• バランスが整えば痛みは体が治してくれる 【関連ページ】 ホームページを見てご予約の方は初回時のカウンセリング料と施術料が半額になります。 「ホームページを見た」とお電話ください。 (メール予約の場合もHP初回割引適用になります。 当院には回数券はありません。 毎回が真剣勝負です。 本気で改善していきたい方に誠心誠意寄り添います。 目先の安さだけでなく総合的に判断されることをお薦めします。 ご予約の方法 スマートフォンの方は上のバナーをタップするか022-253-4321へ電話をかけます。 「はい!やすらぎの杜整体院です!」と出ますので 「ホームページを見て予約したいのですが」と仰ってください。 ご予約希望の日時• お名前• 緊急時連絡先の電話番号• 現在お悩みの症状 を順に伺って予約完了となります。 施術に関するお問い合わせや症状に関するご相談はメールでお願いします。 やすらぎの杜整体院 〒983-0833 宮城県仙台市宮城野区東仙台1丁目8-20 コーポ青柳B JR東仙台駅徒歩3分・駐車場完備 営業時間:午前9時30分~午後8時 定休日:日曜日・第2、第4木曜 TEL: 022-253-4321.

次の