ベトナム 旅行 予算。 【ベトナム旅行の費用】1週間の旅費の内訳・予算を解説します!

ベトナム旅行の予算は?現地で使う費用は?お得な節約方法を徹底解説♪

ベトナム 旅行 予算

写真:インディカ マイ ベトナムへの旅行はいずれの都市も3泊4日程度の滞在が一般的です。 渡航に際し航空券と滞在費用がいくらほどかかるのか、金額を調べてみました。 <航空券代> ホーチミン、ハノイ、ダナンの3都市に直行便が就航しています。 FSC フルサービスキャリア のベトナム航空・日本航空・全日空の他に、LCC ローコストキャリア のベトジェットとジェットスターパシフィック航空も。 FSCだと約50,000円から、LCCなら30,000円 諸税含む 程度で往復する事ができちゃいます。 上海や台北、香港乗り継ぎも可能ですが、LCCの直行便とお値段はさほど変わりません。 価格重視の方は日付を前後して格安航空券を探してみましょう! <宿泊代> 宿泊代金はホテルのグレードと宿泊エリアによって異なりますが、一般的に下記のようなお値段設定になります。 インターコンチネンタルやシェラトン、ハイアット等の世界的ブランドホテルも、こんな安い値段で泊まれるなんてお得!と感じて頂けます。 また、スタンダードクラスのホテルもお値段の割に部屋が広く、朝食もしっかりしてますよ。 スタンダードとスーペリアとデラックスの決定的な違いは、水回りにあり。 デラックスホテルの方が、お湯の出ている長さや温度、シャワーの水圧が日本の感覚に近づきます。 もっと安く抑えたいという方は、ドミトリーや民泊を利用すれば、1泊1,000円の宿泊料金も可能です。 ベトナムツアー代金の相場 写真:インディカ マイ 航空券とホテルを自分で組み合わせる個人手配が不安な方は、航空券とホテルがセットになったパッケージツアーを選ぶと安心です。 パッケージツアーには航空券とホテルだけが付いたフリープランや、現地ガイドが同行し観光や食事がセットになったプランがあります。 希望の日付とフライトが合えば、個人で手配するよりもツアーに申し込んだ方が断然お得。 そこで、格安ツアーのお値段を調べてみました。 <フリープランの場合> 旅行時期や滞在都市によっても異なりますが、最安値でホーチミン4日間、34,800円からツアーが用意されています。 グレードの高いホテルを選んだり、オプショナルツアーを追加する場合は別途料金が発生するため、フリープランは自由行動が容易なホーチミンの滞在にお勧めです。 <観光付プランの場合> 最安値だとホーチミン4日間、45,800円からツアーが用意されています。 旅行代金に観光地の入場券や食事代、移動費が含まれているため、現地で発生する費用の計画が立てやすいですね。 お得なツアーを探すなら、チャーター便や新規就航便利用のキャンペーン商品を狙ったり、お休みの融通が利けば間際でセール商品が出ないか待つのもおすすめ。 タイミングが大事ですので、「LINEトラベルjp」をこまめにチェックしてみましょう! そんなに安いの!? ベトナムの物価情報 提供元:shutterstock 日本と比べたら、高いものは輸入品だけではないでしょうか。 ラグジュアリーホテルもエステもフレンチも、衣食住すべてが安いベトナムでは格安セレブ旅行が夢ではありません。 ベトナムの通貨は「ドン」といいます。 1円は約200VND(2018年10月現在 ですので、ゼロを2つ取って2で割ると日本円の目安になります。 タクシーも車タイプとバイクタイプがあり、タクシー配車アプリのGrabが大活躍。 値段が安いため一人旅には重宝します。 主要空港から市内への7人乗りタクシー代金目安 *ホーチミン空港からホーチミン市内 約30分 :150,000VND 約700円 〜 *ハノイ空港からハノイ市内 約50分 :400,000VND 約2,000円 *ダナン空港からダナン市内 約15分 :80,000VND 約400円 〜 同じ商品でも、コンビニや高級ホテル、空港、路上ではお値段に大きな開きがあります。 ベトナムドンは桁が多いため慣れないと大変です。 故意に一桁多く言われることもありますので、冷静に注意深くお支払いをしましょう。 写真:インディカ マイ 滞在プランを仮定し、1日にどれほどお金がかかるかを見ていきましょう!ここでは、ホーチミンの「ゴージャス旅」と「ローカル旅」を一例に滞在費用の目安を紹介いたします。 【1日 ゴージャス旅】16,500円〜 ホテルで優雅に朝食後、シクロに乗ってサイゴン大教会と中央郵便局とドンコイ通りを観光。 午後は5つ星ホテルのアフタヌーンティーと120分のスパ。 夕食はこちらも5つ星ホテルにてシーフードブッフェ(伊勢海老と蟹の食べ放題)。 昼食はフォーとベトナムおやつのチェー、バインミーを食べ歩き。 午後はお洒落カフェのベトナムコーヒーで一息入れながら、ベンタンマーケットと雑貨屋巡り。 アオザイを試着して記念撮影も忘れずに!夕食は屋台通りでビールとローカル料理を大満喫。 提供元:shutterstock 日本と比較すると何でも安いベトナムですが、特にお得なので試して頂きたいものを紹介いたします。 *海老と蟹 海老と蟹の食べ放題が4,000円ほどで楽しめます。 しかも、海老はロブスター!レストランによってはビールやワインの飲み放題付です。 *フランス料理 フランス植民地であった影響もあり、フランス料理店が多いベトナム。 日本では高いフレンチフルコースも、ベトナムでは4,000円ほどで大満喫できちゃいます。 *マッサージ&スパ天国 街スパであれば、240分15,000円!指圧系マッサージも90分1,750円という安さです。 当たり外れがありますので、評判のいいところを口コミでチェックしてお試しあれ。 *タクシー乗り放題 タクシー代金も安いベトナム。 なんと2時間乗っても4,000円ほど。 3人で割り勘すれば1人当たり1,350円ほどです。 *ラグジュアリーホテル 5つ星ホテルにも関わらず、1泊12,000円ほどで泊まれてしまうベトナム。 2名1室であれば、1人6,000円でプールにジム、セレブな朝食が待っています。 自分好みにアレンジできちゃうベトナム! 最後に両替について、ベトナムではUSDも日本円も使えるお店は多いですが、換算レートが悪いためベトナムドンでのお支払いがベターです。 ドンへの両替はベトナム市内で行いましょう。 日本の空港や銀行、ベトナムの空港はレートが悪い傾向にあります。 ベトナムでは金を売っているお店を目にする機会が多いと思いますが、そちらも両替所でありレートは比較的良好です。 せっかく物価の安い国に行くのだから、普段できない贅沢三昧をするもよし。 少ない予算でベトナムの雰囲気を楽しむもよし。 予算に合わせた旅のスタイルで楽しめるのがベトナムの醍醐味です。 LINEトラベルjpでは、海外航空券やパッケージツアー、ホテルまで検索・比較することが可能です。 上手に活用して、お得に楽しくベトナムを旅行しましょう。 それぞれのプランによって旅行条件、価格などは異なります。 また、滞在費用などは一例となりますので、あくまでも目安としてご覧ください。 All rights reserved. guide. travel. asp? code, title: json[i].

次の

お金はどのくらい持っていけばいい?

ベトナム 旅行 予算

初めての海外旅行、初めてのベトナム旅行であれば、どのくらいの予算を組んでおけばいいのかが皆目見当が付かないことかと思います。 あまりにたくさん持っていくと、もしかしたらスリやひったくりに合うかもしれません。 また、小額過ぎるとベトナム旅行を満喫することもできなくなってしまいます。 ベトナム旅行の予算 ここでは旅行者が出費するであろうものを箇条書きしてみます。 ここから大体の相場を予想して予算を考えてください。 ・ミネラルウォーター(500ミリリットル) =20円 ・ポテトチップス =50円 ・洋服 =400円 ・アイスクリーム =30円 ・フォー(ベトナム名物) =100円(露店) =200円(レストラン) ・中級レストラン =400円から800円 ・エステ =1500円 ・マッサージ =800円 ・缶ビール =30円から100円 ・煙草 =100円以下 博物館などの入場料 =40円から150円 この程度となります。 博物館などの観光スポットの場合は現地人も行くので安く設定されていますが、場所によって外国人料金を設定しているので、その場合は高めとなります。 旅の予算はいくら持っていけばいいの? 3泊から4泊くらいの旅行であれば『3万円』も持っていけばお釣りがでます。 ただし、「私は毎日エステに行きたい!」、「可愛らしい雑貨を買い荒したい」、「夜はお洒落なバーでホーチミンの夜景を眺めながらカクテルを」という人はさらに予算を追加しましょう。 雑貨は確かに日本と比べると安いですが、どこも外国人客に特化したお店ばかりなので、値段は割高です。 また、ガイドブックなどに紹介されている洒落たバーなどは値段がとても高く、500ミリリットルのミネラルウォーター一本で400円とられたりします。 店によって値段がまったく異なるのもベトナムの体質だということも肝に銘じておきましょう。 また、ホテルを現地で見つける方は中級ホテルで一泊2000円程度。 格安ホテルで500円から1000円程度と覚えておきましょう。 これらはすべてダブルベッドあるいはツインの部屋料となります。 日本のように一人いくらではないことも注意してください。

次の

ベトナム旅行にかかる予算は?滞在費用や節約方法を徹底調査!

ベトナム 旅行 予算

4つ星、5つ星といった高級ホテルを目当てにするのであれば、旅行会社を通して行くのが絶対に安くなります。 一方、一泊1000円、2000円といったゲストハウスやミニホテルでも構わないのであれば、個人手配でもいいでしょう。 学生はみなさんアクティブに観光されるので、「ホテルは寝るだけ」という方もいるでしょう。 そんな方はゲストハウスに宿泊してみるのもいいかもしれません。 ただ、学生旅行の場合は、旅行会社が卒業旅行特集を組んで応援キャンペーンを実施していますので、案外高級ホテルでも安く泊まれるかもしれません。 >> 滞在費は1日1万円を目安に ホーチミン市街地の風景 学生は社会人よりも休みが多いですし、一生に一度の卒業旅行とあって、滞在は3泊以上が最も多いです。 3泊から4泊の旅程を組むのであれば、現地での滞在費(ホテルと航空券を除く)は5万円以内に十分抑えることができます。 上記では1日1万円を予算相場として紹介しましたが、スパを満喫したり、高級スカイバーやホテルレストランを利用すると、1万円をオーバーすることもあります。 それでも5万円以内には十分抑えることができるので、予算を組むのであれば、5万円を一つの目安として考えてみてください。 予算の考え方 学生の卒業旅行では、それほど多くの予算をとることはできないかもしれませんね。 自分は予算を10万円とれても、他の友達が5万円しか取れなければ、その友達に合わせなければならないこともあるでしょう。 自分の旅が不完全燃焼に終わるのを避けるため、ベトナム旅行の予算は、日本にいるうちから友人たちとよく相談することを強くおすすめします。 [local, 815] [local, 816].

次の