椎名 林檎 公然 の 秘密 歌詞。 環球唱片購物網

Doughnuts Hole 椎名林檎

椎名 林檎 公然 の 秘密 歌詞

密偵物語 作詞 Jack Brown 作曲 椎名林檎 唄 椎名林檎 I'll tell you gals how To hoodwink a crowd Of liars, fat cats and thieves A poison-dart eye And some quicksilver jive Make all men weak in the knees Havana, Caracas, Monaco nights Istanbul, Rio and Nice When the night has been won No one knows till the sun Is rising on you in Greece Gong Gong Dt. Bow Tie quits on an ace A briefcase changes hands Why do these cats think that they're safe I'm clandestine by my microphone 「Oh 009, do try to be more careful this time. 」 When 009 Takes his own sweet time And botches all of our plans The Agency chimes I'm called in to find Who took the briefcase and ran Old Souce seas, Canberra, Marrakech nights Blue skies from Dakar to Nice All diabolic schemes Unravel with ease When you can scat your commands Bomb Bomb Dr. Bow Tie makes for the door I light a short fuse on my sign She's a landmine draped in Dior A fine disguise, this live microphone 「マイクを前にして、わたしは眼 まなこ を光らせる。 誰も気付かぬ間に多くを知りたいの。 だって・・・人生は一度きり。 わたしなら、狙った獲物は逃さない。 」 Bye Bye Dr. Bow Tie sullies his pants Foiled by my switcheroo Unsuspecting of quicksilver jazz Mesmerized by my microphone Grecian sun is simply divine With a briefcase at my side Go fetch me a cocktail, dear What shall we do with you, 009! 「You're insufferable, 009. I will not allow such sloppy execution next time. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 椎名林檎さん『密偵物語』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 椎名林檎さん『密偵物語』の歌詞 ミッテイモノガタリ words by ジャックブラウン music by シイナリンゴ Performed by シイナリンゴ.

次の

椎名林檎『公然の秘密』歌詞の意味を考察・解釈

椎名 林檎 公然 の 秘密 歌詞

申請會員時,請務必選用您常用的信箱來作為帳號,您所設定的信箱也將成為本站與您聯繫的信箱。 如訂購之商品缺貨,我們得視情況取消、或延遲交貨時間,並以e-mail通知您。 如遇貨量不足的情況,會依訂單順序安排寄出。 預購訂金付款後,除賣方缺失因素外,恕不接受退款。 申請退款時需扣除之手續費,需由客戶自行吸收,不便之處請您見諒! 贈品及頁面說明以實際收到之商品為準。 政策宣導• 為防治動物傳染病,境外動物或動物產品等應施檢疫物輸入我國,應符合動物檢疫規定,並依規定申請檢疫。 擅自輸入應施檢疫物者最高可處7年以下有期徒刑,得併科新臺幣300萬元以下罰金。 未依規定申請檢疫者,將課以新臺幣100萬元以下罰鍰,並得按次處罰。 境外商品不得隨貨贈送應施檢疫物。 收件人違反動物傳染病防治條例第34條第3項規定,未將郵遞寄送輸入之應施檢疫物送交輸出入動物檢疫機關銷燬者,處新臺幣3萬元以上15萬元以下罰鍰。

次の

博客來

椎名 林檎 公然 の 秘密 歌詞

最強で最狂のパレードがここに! これを生み出すは 「人生を夢だらけ」など、 これまで椎名林檎の映像作品を 手がけてきた児玉裕一。 そして、熱いポイントが1つ! 椎名林檎ファンならご存知であろう Ayaさんが復活して役を演じているのです。 一人で演じるのは、三種の動物。 「むさぼり」• 「いかり」• 「おろかさ」 という、仏教において克服すべき煩悩 を意味するの三毒を表現しているのです。 また監督の児玉はMVについて ふたりの虚無僧が東京タワーで女と出会った夜。 女が行き場のない気持ちを抱きながら六本木を歩いた夜。 ある男女が銀座で待ち合わせた夜。 男が不思議なトンネルに迷い込んだ夜。 そんな夜の、ほんのちょっと前に東京で起こった出来事を映像にしました。 マジ卍 とコメントしている。 コメント内の4つの情景は• 神様、仏様• 長く短い祭• 目抜き通り• 獣ゆく細道 の世界観を示している。 ここにきて統一感を出してくるとは 恐るべし椎名林檎と児玉監督、、、 では、本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 和訳 Think I must break this, stuffing in myself evermore 甘い蜜を覚えた。 頬張りながら私はこれが瞬く間に なくなってしまう事態を危ぶんだ。 充分な量を集めてきた上で私はー Gorging hypnosis, vomit to everywhere ー更に貪り続けた。 すると俄かに 吐き気を催し ついには嘔吐した。 I thought the pull was something better 一度は満ち足りた筈が違っていた。 はじめは確かに 好ましく感ぜられたこの蜜が Who said poison, actually? まさか毒なのではあるまいか。 誰かに呪われている。 恨みを買うようなことは 何もしていない。 I should have known myself the best. やっぱりおかしい。 This self is the only thing I love 愛するのは、自分だけ。 To hear, to smell, to see, to touch is irreplaceableness 目で見て 耳で聴いて 鼻で嗅いで 指で触れて そして舌で味わった 私の体験こそが、 何にも代え難く尊いのである。 作詞作曲:椎名林檎 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 まず前提として、 押さえて頂きたいポイントが1つ! それは本楽曲の題材が 「人間を苦しめる煩悩」 であるということです。 そして、本楽曲の歌詞では 自分の好むものをむさぼり求める貪欲 に、重きを置いて謳われている。 Think I must break this, stuffing in myself evermore 甘い蜜を覚えた。 頬張りながら私はこれが瞬く間に なくなってしまう事態を危ぶんだ。 欲望のままに手に入れ続けるさま。 それがなくなることが 恐く蓄えようとするさま が描かれています。 愚かに感じるかも知れませんが、 これは多くの人間が 「食欲」や「性欲」を通して行っている。 Dripping with holly, bound to distort even more 口から蜜を溢れさせたまま奔走した。 充分な量を集めてきた上で私はー Gorging hypnosis, vomit to everywhere ー更に貪り続けた。 すると俄かに 吐き気を催し ついには嘔吐した。 作詞作曲:椎名林檎 欲望のままに、過剰分まで求め続ける。 すると、不思議なことが起きます。 これは人間の心理であり必然的なこと。 「ん?」と感じる方の為に、 この部分は下記に例を挙げて説明致します。 I thought the pull was something better 一度は満ち足りた筈が違っていた。 はじめは確かに 好ましく感ぜられたこの蜜が Who said poison, actually? まさか毒なのではあるまいか。 作詞作曲:椎名林檎 例えば、欲しいモノが 『幸せ』であるならば 過剰な幸せは 「何か悪いことがあるのではないか?」 と不安を生む。 つまり、 過剰摂取の副作用 毒 なのです。 このような事柄が歌詞では描かれています。 誰かに呪われている。 恨みを買うようなことは 何もしていない。 I should have known myself the best. やっぱりおかしい。 作詞作曲:椎名林檎 欲望の末に待つ 『毒』に 「なぜこうなるのだろうか」 と疑問を抱いている。 個人的に 恨みを買うようなことは何もしていない という部分に 「強さ」を感じる。 悪いことはしていない。 ただただ自分の欲に従っただけだと。 裏返した表現で解釈をすると 欲望に従うこと。 ひいては、煩悩にまみれることは悪いことではない と言っているのです。 「椎名林檎ナンバー」 らしいメッセージ性ですね。 This self is the only thing I love 愛するのは、自分だけ。 To hear, to smell, to see, to touch is irreplaceableness 目で見て 耳で聴いて 鼻で嗅いで 指で触れて そして舌で味わった 私の体験こそが、 何にも代え難く尊いのである。 作詞作曲:椎名林檎 これまでの歌詞解釈・考察からこの流れ。 本楽曲が最も大切にしている部分が謳われる。 それは 「自尊心」です。 煩悩にまみれるのは悪いことではない。 むしろ煩悩の中でこそ人間は成長する。 自分のやりたいこと• 自分がなりたいもの• 自分が欲しいもの それを純粋に求めることで 全ての五感が刺激され、 研ぎ澄まされていくのです。 どんな体験にも無駄なない。 ある意味、本楽曲は 背中を押してくれるような応援歌 といっても過言ではありません。 まとめ いかがでしょうか。 煩悩や本能的な部分を肯定する。 まさに 「椎名林檎らしい楽曲」で アルバム「三毒史」の1曲目に、 相応しいナンバーであったと思います。

次の