六 十 にし て 耳順 う。 論語:為政第二:4 子曰吾十有五章(現代語訳・書き下し文・原文)

論語:為政第二:4 子曰吾十有五章(現代語訳・書き下し文・原文)

六 十 にし て 耳順 う

子 ( し ) 曰 ( いわ )く、 吾 ( われ ) 十 ( じゅう ) 有 ( ゆう ) 五 ( ご )にして 学 ( がく )に 志 ( こころざ )す。 三十 ( さんじゅう )にして 立 ( た )つ。 四 ( し ) 十 ( じゅう )にして 惑 ( まど )わず。 五 ( ご ) 十 ( じゅう )にして 天命 ( てんめい )を 知 ( し )る。 六十 ( ろくじゅう )にして 耳 ( みみ ) 順 ( したが )う。 七十 ( しちじゅう )にして 心 ( こころ )の 欲 ( ほっ )する 所 ( ところ )に 従 ( したが )いて、 矩 ( のり )を 踰 ( こ )えず。 十有五而 … 「有」は「 又 ( ゆう )」と発音・意味ともに同じ。 「十と五歳」「十とまた五歳」の意。 「而」は置き字。 読まないが「にして」と送り仮名を補う。 于 … 前置詞。 「~に」と読む。 『義疏』では「於」に作る。 学 … 学問。 立 … 学問の基礎が確立する。 不惑 … 自分の学問に自信ができ、疑惑をいだかなくなる。 天命 … 天から与えられた運命。 天が与えた使命。 耳順 … 自分と反対の意見を聞いても、反発を感じなくなり、心に余裕が出てきた。 心所欲 … 心が欲するそのもの。 心が欲するそのこと。 「所」は「~(する)ところ」と読み、「~するもの」「~であること」などと訳す。 「場所」の意味ではない。 踰 … (道理を)ふみはずす。 矩 … 一定の規準。 この孔子の言葉から、十五を「 志学 ( しがく )」、三十を「 而立 ( じりつ )」、四十を「 不惑 ( ふわく )」、五十を「 知命 ( ちめい )」、六十を「 耳順 ( じじゅん )」、七十を「 従心 ( じゅうしん )」というようになった。

次の

孔子 論語 志学 而立 不惑 知命 天命 耳順 従心

六 十 にし て 耳順 う

子 ( し ) 曰 ( いわ )く、 吾 ( われ ) 十 ( じゅう ) 有 ( ゆう ) 五 ( ご )にして 学 ( がく )に 志 ( こころざ )す。 三十 ( さんじゅう )にして 立 ( た )つ。 四 ( し ) 十 ( じゅう )にして 惑 ( まど )わず。 五 ( ご ) 十 ( じゅう )にして 天命 ( てんめい )を 知 ( し )る。 六十 ( ろくじゅう )にして 耳 ( みみ ) 順 ( したが )う。 七十 ( しちじゅう )にして 心 ( こころ )の 欲 ( ほっ )する 所 ( ところ )に 従 ( したが )いて、 矩 ( のり )を 踰 ( こ )えず。 十有五而 … 「有」は「 又 ( ゆう )」と発音・意味ともに同じ。 「十と五歳」「十とまた五歳」の意。 「而」は置き字。 読まないが「にして」と送り仮名を補う。 于 … 前置詞。 「~に」と読む。 『義疏』では「於」に作る。 学 … 学問。 立 … 学問の基礎が確立する。 不惑 … 自分の学問に自信ができ、疑惑をいだかなくなる。 天命 … 天から与えられた運命。 天が与えた使命。 耳順 … 自分と反対の意見を聞いても、反発を感じなくなり、心に余裕が出てきた。 心所欲 … 心が欲するそのもの。 心が欲するそのこと。 「所」は「~(する)ところ」と読み、「~するもの」「~であること」などと訳す。 「場所」の意味ではない。 踰 … (道理を)ふみはずす。 矩 … 一定の規準。 この孔子の言葉から、十五を「 志学 ( しがく )」、三十を「 而立 ( じりつ )」、四十を「 不惑 ( ふわく )」、五十を「 知命 ( ちめい )」、六十を「 耳順 ( じじゅん )」、七十を「 従心 ( じゅうしん )」というようになった。

次の

孔子 論語 志学 而立 不惑 知命 天命 耳順 従心

六 十 にし て 耳順 う

子 ( し ) 曰 ( いわ )く、 吾 ( われ ) 十 ( じゅう ) 有 ( ゆう ) 五 ( ご )にして 学 ( がく )に 志 ( こころざ )す。 三十 ( さんじゅう )にして 立 ( た )つ。 四 ( し ) 十 ( じゅう )にして 惑 ( まど )わず。 五 ( ご ) 十 ( じゅう )にして 天命 ( てんめい )を 知 ( し )る。 六十 ( ろくじゅう )にして 耳 ( みみ ) 順 ( したが )う。 七十 ( しちじゅう )にして 心 ( こころ )の 欲 ( ほっ )する 所 ( ところ )に 従 ( したが )いて、 矩 ( のり )を 踰 ( こ )えず。 十有五而 … 「有」は「 又 ( ゆう )」と発音・意味ともに同じ。 「十と五歳」「十とまた五歳」の意。 「而」は置き字。 読まないが「にして」と送り仮名を補う。 于 … 前置詞。 「~に」と読む。 『義疏』では「於」に作る。 学 … 学問。 立 … 学問の基礎が確立する。 不惑 … 自分の学問に自信ができ、疑惑をいだかなくなる。 天命 … 天から与えられた運命。 天が与えた使命。 耳順 … 自分と反対の意見を聞いても、反発を感じなくなり、心に余裕が出てきた。 心所欲 … 心が欲するそのもの。 心が欲するそのこと。 「所」は「~(する)ところ」と読み、「~するもの」「~であること」などと訳す。 「場所」の意味ではない。 踰 … (道理を)ふみはずす。 矩 … 一定の規準。 この孔子の言葉から、十五を「 志学 ( しがく )」、三十を「 而立 ( じりつ )」、四十を「 不惑 ( ふわく )」、五十を「 知命 ( ちめい )」、六十を「 耳順 ( じじゅん )」、七十を「 従心 ( じゅうしん )」というようになった。

次の