人権義士。 海渡雄一 KAIDO Yuichi

中国人権派弁護士、出所後家族と行方不明 当局が軟禁か:朝日新聞デジタル

人権義士

人物 [ ] 出身。 卒業後、修了、。 ゼミ出身。 1956年にに合格。 1959年以降弁護士として活動し、会長や副会長、委員を歴任。 1988年に発生したでは日本弁護団団長を務めた。 1997年10月に、問題に際して逆恨みした男性によって妻が殺害された()。 この後、岡村は犯罪被害者の遺族となる。 岡村は「人権派弁護士」であったが犯罪被害者問題にそれほど関心があったわけではなかった。 しかし、この事件で「遺族が証拠品扱いされ、法廷の柵外に座らされることなどに疑問を感じた」ことを機に犯罪被害者の権利向上活動に携わるようになり、その後、の被害者遺族であるらと共に(あすの会)を2001年1月に設立、代表幹事となる。 2000年に岡村がに寄稿した「私は見た『犯罪被害者』の地獄絵」を読み感銘を受けたや、大学の同窓の友人だった(東京都知事)らが代表発起人となり「犯罪被害者の会を支援するフォーラム」が設立され、(元副会長、名誉会長)や、(名誉会長、元社長)も代表発起人として、また(理事長、副理事長)と、(元理事・事務局長)がともに事務局長として参加するに至った。 2004年12月にが成立。 2007年6月にはが改正され被害者・遺族の刑事裁判参加可能にした導入(2008年12月施行)に貢献。 2009年には、あすの会会員と共にを訪れ、廃止の要望書を提出した。 2010年4月には刑事訴訟法改正でなどの公訴時効が廃止を盛り込むことに貢献した。 2018年6月3日に「役割を果たした」として(あすの会)が18年の活動を終了。 岡村は「皆、これからの被害者に自分と同じ苦しい思いはさせたくないという一心で活動してきた。 こういう仲間と晩年一緒に仕事できたことは、私の喜びであり誇りだ」と話した。 来歴 [ ]• 1929年 生まれ。 1949年 併設中学校(現)卒業• 1955年 卒業• 1956年 合格• 1957年 修士課程修了• 1959年 11期修了し弁護士登録• 1987年 会長、副会長、委員• 1990年 司法試験制度部会委員• 1991年 法務省法制審議会委員• 1994年 - 2003年 相互会社監査役• 2001年 専門委員• 2002年 内閣府専門委員• 2009年 殺人罪の時効撤廃が法制審議会で議論されていた最中に心筋梗塞 この他代表幹事や、内閣府専門委員、観光特使、株式会社監査役、財団法人理事、社団法人評議員、取調の適正化に関する有識者懇談会委員等も務める。 (あすの会)代表幹事として殺人罪の時効撤廃や刑事裁判への被害者遺族参加などの実現に貢献した 著作 [ ]• 『手形・小切手の法律実務』(と共著) 1982• 『犯罪被害者のための新しい刑事司法 解説被害者参加制度と損害賠償命令制度』監修 ,,著 2007 論文 [ ]• 「弁護士が見た大潟村事件」[1990. 01]• 「私は見た「犯罪被害者」の地獄絵--妻を凶刃に奪われて弁護士が知った司法の矛盾」 [2000. 07]• 「犯罪被害者の被害回復、権利擁護を目指して」()[2002. 「あすの会設立から犯罪被害者等基本法の成立まで--5年間の歩み 特集 犯罪被害者等基本法 」[2005. 「奪った生命を何で償うのか 話題のテーマに賛否両論! 死刑制度 『』[2008. 6] 脚注 [ ]• 岡村勲、2008、「」、『Voice』(2008年6月号)、• 2018年5月21日閲覧。 全国犯罪被害者の会 NAVS【あすの会:シンポジウム】、全国犯罪被害者の会 NAVS【あすの会:シンポジウム】。 関連項目 [ ]•

次の

岡村勲

人権義士

ANTHONY WALLACE via Getty Images Hong Kong Democratic Party's Albert Ho C wears mock handcuffs as he and legislator Leung Kwok-hung top C , known as 'Long Hair', attend a protest in Hong Kong on July 12, 2015, after at least 50 Chinese human rights lawyers and activists were detained or questioned in recent days in an 'unprecedented' police swoop, rights groups said on July 11, with around 20 still feared to be held. The scale of the clampdown on the legal profession began to emerge when a friend of lawyers and staff at a single Beijing law firm known for its human rights casework said at least five had been detained in the last couple of days. 「人権擁護運動」は、中国では反体制のアーティストを守ったり、政府に土地を奪われることに抵抗する農家を助けたりするなど、政治や社会の改革を訴える全ての活動を含む。 ヒューマン・ライツ・ウォッチに所属する中国の研究者であるマヤ・ウォン氏は、ハフポストUS版のワールドポスト編集部に「今回の拘束が中国の公共的な団体に行われている弾圧のなかでも最新のものだ」と。 「過去2年間、政府は中国国内で新たに発生したインターネット、報道、活動家、NGOなど市民社会の活動を標的にしてきました」 ウォン氏によると、これまでの政府の弾圧は、反体制派に対して行われていた。 しかし現在の習近平国家主席政権は、弁護士をターゲットにし、弾圧も攻撃的になっているという。 「こうした積極的な取り締まりは、習近平政権の一般社会への広範な弾圧とあいまって、非常に戦略的に、組織的に行われています」 ヒューマン・ライツ・ウォッチの報告によると、大量拘束は9日朝、北京のフェンルイ法律事務所の弁護士ワン・ユー氏が逮捕されたことで始まった(マヤ・ウォン氏とは無関係の人物)。 ユー氏は9日早朝、連行された現場からとみられる。 メッセージの中で、夫と息子を空港に見送ったあと、家に帰ってみるとインターネット回線と電気が切られており、ドアの外で人が家の中に入ってこようとする音がしたと書いている。 その後ユー氏のメッセージは途切れ、姿を消してしまった。 著名な中国人弁護士、ワン・ユー氏は9日早朝から行方不明に ユー氏は難事件を引き受けることでよく知られる弁護士だ。 中国国内の1000人以上の弁護士からすぐに署名が集まり、彼女の拘束を強く非難し、適正な手続きを要求する公開書簡が発表された。 しかし書簡が発表されてすぐ、中国警察は署名した弁護士の多くを拘束し始めた。 ある弁護士はただ疑問を呈しただけで連行され、中には週が明けた13日になってもまだ連絡が取れない弁護士もいる。 中国人権団体「」は、13日朝までに107人が連行され、7人が逮捕、15人が未だに連絡が取れない状態で、85人が取り調べを受けた後に釈放されたと発表した。 多くの抑留者は釈放されたが、フェンルイ法律事務所の弁護士は13日の段階でもまだ拘留されたままだという。 今回の拘束はアメリカ国務省が。 香港や、サンフランシスコの中国領事館前でもが起こっている。 13日、中国の国営メディアは今回の拘束事件に対して集中的に攻勢をかけた。 国営の「」はフェンルイの弁護士を「重大犯罪組織」の一員と断定した。 共産党中央委員会の機関誌「」は、見出しの下に「『人権擁護』事件の深い闇の部分が露呈」という長々とした一文を載せた。 これらの記事は、フェンルイ法律事務所の弁護士が、2015年初めに黒竜江省慶安で発生したなど一連の事件を誇張し、「社会を二極化させ、政府への不満を助長している」と非難している。 習近平氏が2012年に国家主席となるまでの10年間に拡大した中国の人権擁護活動が、今回の一斉連行で終わることになるかもしれない、とワン・ユー氏は語った。 インターネットが爆発的に普及し、弁護士とネットに明るい活動家は、国民が政府と衝突したときに世論をまとめるやり方を学んだ。 「習近平氏が政権の座に就く前は、被害者の生活や公共政策を変える、『人権擁護』のキャンペーンが数多く成功しました」とユー氏は語った。 「それ以来、大きな変化はありません」 しかし全ての活動家がこの一斉連行について悲観的になっているわけではない。 ネット上でを行ったことで、2回にわたって数年間服役した活動家は、人権擁護活動はもっと広範で、拘束された弁護士の数は、その中のほんの一部に過ぎない、と語った。 チー氏はワールドポスト編集部に、「いかなる違法な逮捕にも抗議します。 しかし中国の人権擁護活動は17年かけて拡大しており、全ての社会階級とコミュニティー、そして数千万人もの人たちを巻き込んでいるのです」と語った。 「人権擁護活動の中心となる人たちは、政府に対して署名活動をする市民と、土地を政府に差し押さえられた農家です。 どこかで数百人が逮捕されたくらいでは、今後の中国の人権擁護活動には何も影響しません」.

次の

中国、人権派弁護士を120人以上拘束 しかし活動家は訴える「数百人が逮捕されたくらいで......」

人権義士

ANTHONY WALLACE via Getty Images Hong Kong Democratic Party's Albert Ho C wears mock handcuffs as he and legislator Leung Kwok-hung top C , known as 'Long Hair', attend a protest in Hong Kong on July 12, 2015, after at least 50 Chinese human rights lawyers and activists were detained or questioned in recent days in an 'unprecedented' police swoop, rights groups said on July 11, with around 20 still feared to be held. The scale of the clampdown on the legal profession began to emerge when a friend of lawyers and staff at a single Beijing law firm known for its human rights casework said at least five had been detained in the last couple of days. 「人権擁護運動」は、中国では反体制のアーティストを守ったり、政府に土地を奪われることに抵抗する農家を助けたりするなど、政治や社会の改革を訴える全ての活動を含む。 ヒューマン・ライツ・ウォッチに所属する中国の研究者であるマヤ・ウォン氏は、ハフポストUS版のワールドポスト編集部に「今回の拘束が中国の公共的な団体に行われている弾圧のなかでも最新のものだ」と。 「過去2年間、政府は中国国内で新たに発生したインターネット、報道、活動家、NGOなど市民社会の活動を標的にしてきました」 ウォン氏によると、これまでの政府の弾圧は、反体制派に対して行われていた。 しかし現在の習近平国家主席政権は、弁護士をターゲットにし、弾圧も攻撃的になっているという。 「こうした積極的な取り締まりは、習近平政権の一般社会への広範な弾圧とあいまって、非常に戦略的に、組織的に行われています」 ヒューマン・ライツ・ウォッチの報告によると、大量拘束は9日朝、北京のフェンルイ法律事務所の弁護士ワン・ユー氏が逮捕されたことで始まった(マヤ・ウォン氏とは無関係の人物)。 ユー氏は9日早朝、連行された現場からとみられる。 メッセージの中で、夫と息子を空港に見送ったあと、家に帰ってみるとインターネット回線と電気が切られており、ドアの外で人が家の中に入ってこようとする音がしたと書いている。 その後ユー氏のメッセージは途切れ、姿を消してしまった。 著名な中国人弁護士、ワン・ユー氏は9日早朝から行方不明に ユー氏は難事件を引き受けることでよく知られる弁護士だ。 中国国内の1000人以上の弁護士からすぐに署名が集まり、彼女の拘束を強く非難し、適正な手続きを要求する公開書簡が発表された。 しかし書簡が発表されてすぐ、中国警察は署名した弁護士の多くを拘束し始めた。 ある弁護士はただ疑問を呈しただけで連行され、中には週が明けた13日になってもまだ連絡が取れない弁護士もいる。 中国人権団体「」は、13日朝までに107人が連行され、7人が逮捕、15人が未だに連絡が取れない状態で、85人が取り調べを受けた後に釈放されたと発表した。 多くの抑留者は釈放されたが、フェンルイ法律事務所の弁護士は13日の段階でもまだ拘留されたままだという。 今回の拘束はアメリカ国務省が。 香港や、サンフランシスコの中国領事館前でもが起こっている。 13日、中国の国営メディアは今回の拘束事件に対して集中的に攻勢をかけた。 国営の「」はフェンルイの弁護士を「重大犯罪組織」の一員と断定した。 共産党中央委員会の機関誌「」は、見出しの下に「『人権擁護』事件の深い闇の部分が露呈」という長々とした一文を載せた。 これらの記事は、フェンルイ法律事務所の弁護士が、2015年初めに黒竜江省慶安で発生したなど一連の事件を誇張し、「社会を二極化させ、政府への不満を助長している」と非難している。 習近平氏が2012年に国家主席となるまでの10年間に拡大した中国の人権擁護活動が、今回の一斉連行で終わることになるかもしれない、とワン・ユー氏は語った。 インターネットが爆発的に普及し、弁護士とネットに明るい活動家は、国民が政府と衝突したときに世論をまとめるやり方を学んだ。 「習近平氏が政権の座に就く前は、被害者の生活や公共政策を変える、『人権擁護』のキャンペーンが数多く成功しました」とユー氏は語った。 「それ以来、大きな変化はありません」 しかし全ての活動家がこの一斉連行について悲観的になっているわけではない。 ネット上でを行ったことで、2回にわたって数年間服役した活動家は、人権擁護活動はもっと広範で、拘束された弁護士の数は、その中のほんの一部に過ぎない、と語った。 チー氏はワールドポスト編集部に、「いかなる違法な逮捕にも抗議します。 しかし中国の人権擁護活動は17年かけて拡大しており、全ての社会階級とコミュニティー、そして数千万人もの人たちを巻き込んでいるのです」と語った。 「人権擁護活動の中心となる人たちは、政府に対して署名活動をする市民と、土地を政府に差し押さえられた農家です。 どこかで数百人が逮捕されたくらいでは、今後の中国の人権擁護活動には何も影響しません」.

次の