薬物疑惑芸能人。 【次に逮捕される芸能人は?】夫婦女優俳優モデル芸人38人薬物リスト!

薬物疑惑が囁かれる「女性有名人X」の異常行動がヤバすぎる! 関係者「激ヤセして、呂律もまわらず、様子がおかしい…」

薬物疑惑芸能人

まず指摘できるのは、彼らは一般人よりもはるかに、日常生活の中でクスリと接する可能性が高いということだ。 「渋谷の一角にかつてバーがあった。 目立たないが、芸能事務所関係者、マスコミの人、海外の芸能関係者まで集う知る人ぞ知る店。 そこが『買える』ということで有名だったんです」 こう語るのは、芸能関係者のXである。 Xは 「今からでも2時間もらえれば、すぐにクスリを手に入れてきますよ」と豪語する。 Xは現在は薬物を断っているが、数年前に覚醒剤による逮捕歴がある。 現在も芸能界に関わっているため、匿名とする。 「クスリを手に入れることのできるバーはぼくが知っているだけで、現在も都内に5つはある。 経営者の方針にもよりますが、自らが売らずに、客同士に取引の場所を貸すパターンが多い。 そういう噂のあるバーは、外国人モデルが沢山遊びに来ていて流行っている」 その中の一つ、西麻布のバーでのことだ。 「ある程度人数が集まったら、店を閉めちゃうんですよ。 そしてテーブルをぴかぴかに磨いて、クスリ(コカイン)をざーっとテーブルの上に白線のように撒いて、みんなで鼻から吸っていく。 その場には、何人も芸能人がいましたよ」 昨年12月に『FRIDAY』で報じられた俳優・成宮寛貴の薬物使用疑惑の写真も、マンションの一室で撮られたとされるものだった。 成宮自身が薬物を使用していたか否かは今も定かではないが、こうした都心のクローズドな場所で、密かにクスリは取引され、使用されているのである。 Xは自ら薬物を使用する他、「運び屋」でもあった。 芸能事務所の人間、テレビ局員などに毎日のように覚醒剤を運んでいたという。 「カジュアルにつき合おうと思えばできるんですよ。 最初は葉巻みたいな感覚。 まあ、あったら気持ちがいいよな、程度です。 『覚醒剤を常用していると、身も心もボロボロになる』と言いますが、必ずしもそうならない人もいる。 15年、20年やりつづけて、中毒にならない人も知っています」 Xもまた「カジュアル」に覚醒剤に手を出した。 そして、その量は次第に増えていった。 「ぼくの場合、仕事が忙しいときは、やらなかった。 クスリをやると、自分では能率が上がっているつもりでも、実際の作業は遅く、そして雑になる。 やりたくなるのは、盆暮れとか、しばらく人に会わなくていいとき。 クスリをやって人に会うとばれてしまいますから。 清原さんが、『週に一度、子どもと会った後、寂しくなって覚醒剤を使っていた』という報道がありました。 でも、覚醒剤をやったことのあるぼくたちから見ると『来週まで子どもに会わないのだから、クスリを使えると考えたんじゃないか』と勘ぐってしまうんです」.

次の

【次に捕まる芸能人2020】逮捕間近の最新36名薬物疑惑!女優俳優アイドル芸人

薬物疑惑芸能人

【2020年】中居正広に薬物疑惑!?逮捕も近いという噂はデマ? 俳優のピエール瀧さんや、音楽デュオ『CHAGE and ASKA』のASKAさん、元『KAT-TUN』の田口淳之介さんなど、薬物を使用した容疑で逮捕される芸能人が後を絶ちません。 その為、ネット上では様々な芸能人に薬物疑惑が出てしまう始末。 元『SMAP』の中居正広さんも、薬物疑惑がかけられている1人のようです。 薬物疑惑あり?中居正広のプロフィール! 中居正広さんは、国民的アイドルグループ『SMAP』の元メンバー。 2016年に『SMAP』が解散した後も、数多くのテレビ番組で司会者として活躍しています。 1986年、14歳の時にジャニーズ事務所に入所。 当初は『スケートボーイズ』のメンバーでしたが、1988年4月に名前を改めて『SMAP』になり、それからはアイドルとして大活躍しました。 芸能界屈指の野球好きとしても知られており、2013年にはWBCのサポーターにも就任しました。 倖田來未も道づれ!?中居正広が薬物使用で逮捕間近? 『東京スポーツ』では、「既に解散した有名グループに所属していたXが、元恋人Yと覚せい剤を使用している」と報道。 中居正広の逮捕はいつ? SMAPを解散後、中正広さんと木村拓哉さんはジャニーズ事務所に残留しました。 木村拓哉さんはジャニーズに対して恩義が深く、不満もない事から事務所に残留したようですが、中居正広さんはどうなのでしょうか。 中居正広さんの残留を決めた理由について、「好きな野球の仕事をしたいから」「ジャニーズの後輩を見守りたいから」といった噂がありますが、中には「薬物を使用しているから」といった声もありました。 薬物を使用している彼を、他の事務所は受け入れてくれなかったのではないかと推測されています。 とはいえ、何の証拠もないただの噂である為、信憑性は低いでしょう。 SMAP解散は中居正広の薬物使用が関係している? そもそも、『SMAP』が解散した原因も中居正広さんの薬物使用にあるのではないかと推測されているようです。 流石にそれが直接的な原因になったわけではないと思いますが、中居正広さんが薬物で逮捕される前に、他メンバーに迷惑をかけないようにSMAPを解散したとも言われているようです。 この件で、ネット上では「薬物使用してるからやばいのか」といった声が相次ぎました。 しかし、中居正広さんは話題作りやネタ提供が好きな事でも知られている為、薬物の事かどうかは不明です。 中居正広が薬物使用しているのは本当?疑惑の理由は? 薬物疑惑がかけられている中居正広さん。 ここから、中居正広さんの薬物使用が事実であるのか、調査した結果をご紹介いたします。 薬物の禁断症状が番組収録中に出ていた? 2009年に放送された音楽番組『ミュージックステーション』に中居正広さんが出演すると、その異常な様子に視聴者は驚愕。 ネット上では「薬物の禁断症状では?」といった声が相次ぎました。 その異常な様子というのが、上の画像の通り。 目は虚ろで口は半開き、頬もこけているように見えます。 また、尋常じゃない量の汗をかいていたとの情報もあり、これらは全て薬物の禁断症状に当てはまります。 とはいえ、『SMAP』の中でもテレビ出演が多い中居正広さん。 疲れがたまっていたのではないかという声もあり、実際に他の番組では体調を崩してOAを休んだ事もあったそうです。 清原和博と倖田來未との関係から薬物使用疑惑が濃厚に? 中居正広さんは、元プロ野球選手の清原和博さんとはプライベートでも親しい間柄との事。 野球好きでも知られる中居正広さんは清原和博さんの事を慕っており、「キヨさん」とも呼んでいました。 しかしこの清原和博さん、2016年に覚せい剤取締法違反で逮捕された事が話題になりました。 その為、プライベートで仲の良かったという中居正広さんも覚せい剤使用の疑惑がかけられているようです。 また、一時期は倖田來未さんと交際していたとされている中居正広さん。 倖田來未さんのダンサー仲間には関東連合の関係者がいるようで、薬物の入手経路になっているのではないかと推測されています。 清原和博を擁護して批判も ところが、中居正広さんは自身の冠番組『金曜日のスマたちへ』に、番組側の反対を押し切って清原和博さんを出演させた事があるようです。 清原和博さんは2014年頃から週刊誌などで薬物疑惑がかけられており、番組が放送された2015年4月頃には業界でも有名な話に。 多くのテレビ番組が、清原和博さんの出演を拒んでいたとの事です。 しかし『金曜日のスマたちへ』に清原和博さんが出演して10ヶ月後、彼は逮捕。 中居正広さんやTBSが犯罪者を擁護していたとして、一時期は批判の声が相次ぎました。 暴走族に所属していた過去も! 中居正広さんは、自分の過去を「元ヤンだった」と語っており、ジャニーズJr. だった頃も『ピエロ』という地元で有名な暴走族に所属していた事が明らかになっています。 また、2013年3月28日に放送された『ザ!世界仰天ニュース』では、中居正広さんのヤンキー時代の写真が暴露。 元ヤンで暴走族だったというアイドルの事実に、ファンは驚愕したようです。 刺青の人と笑顔でオフショット! また、中居正広さんは地元にヤンチャな友達がたくさんいる事も公言しています。 更には上の画像のように、刺青を入れた男性2人とのオフショットが流出してしまいました。 最近ではファッションとして捉えられる事が多い刺青ですが、こちらの方達の刺青はファッションとは言い難いデザイン。 暴力団のような刺青である事から、中居正広さんは暴力団と関わりがあると言われています。 暴力団関係者が知人にいる事から、薬物を入手しやすい環境にあるとの噂も浮上しています。 薬物どうこうの話よりも、暴力団関係者と交流があるという時点でNGな気もしますが……。 この薬物性肝炎、薬やサプリメントの過剰摂取が原因で発症する病気で、倦怠感や吐き気、発熱、かゆみなどの症状が出ます。 しかし、原因となった薬やサプリメントの使用を控える事で回復するようです。 前述した禁断症状も、違法薬物によるものではなく薬物性肝炎の症状ではないかと推測できます。 違法薬物が関係ない事には一安心ですが、今も忙しく活躍している中居正広さんですので、今後の体調が心配ですね。 この件に対して、違法薬物の使用による体調不良で入院したのではないかと推測している声が多く見受けられました。 しかし、実際には気管支炎と肺炎を併発させてしまったとの事。 違法薬物を乱用した場合の症状とは違う為、「薬物で入院していた」というのも全くのデマだったようですね。 元KAT-TUN・田口淳之介の薬物逮捕について中居正広がコメント 同じジャニーズ事務所でいうと、元『KAT-TUN』の田口淳之介さんが2019年5月22日に大麻取締法違反の疑いで逮捕された事も話題になりました。 この件に関して、中居正広さんがコメントしているようです。 中居正広さんがコメントしたのは、5月25日放送の情報番組『中居正広のニュースな会』での事。 田口淳之介さんと面識があったか問われると、以下のように語りました。 「もちろんありましたけれども、彼に限らずタレントさんがこうやって注目されるのも、テレビをご覧のみなさんの中で、近くで、ご家族とか恋人とか友達でいたら、う~ん、大きなものを失ってしまいますし、また元通りになる生活ってなかなか難しいので、これはやっぱりまわりも…僕らも見ていて気をつけなきゃならないんじゃないかな、と思いますけどね」 (引用:日刊スポーツ) 田口淳之介さんの人間性や交友関係については語りませんでしたが、神妙な表情だった事から彼の逮捕にショックを隠しきれていなかったようです。 中居正広に薬物疑惑が浮上!ただし、あくまでただの噂 いかがでしたでしょうか。 中居正広さんの違法薬物使用疑惑について、お分かり頂けたかと思います。 中居正広さんが薬物をしようしていたと推測されてはいるものの、確かな情報は何一つ出回っていないようです。 この事から、中居正広さんが違法薬物を使用していると断言する事はできませんが、していないとも断言できません。 彼の今後の動きに注目していきたいところです。 あなたにオススメ.

次の

薬物疑惑の芸能人リスト実名で逮捕秒読みは誰?【2020最新】画像付きで紹介!

薬物疑惑芸能人

2019年11月は「薬物逮捕ラッシュ」 さらに11月6日には田代まさしが覚醒剤使用の疑いで「5度目の逮捕」。 8月24日に田代が宿泊した宮城県塩釜市のホテルが「客が変なものを忘れていった」と警察に通報したことから捜査が進められていた。 田代の逮捕と同じ11月6日、スポーツ界でも元五輪日本代表でプロスノーボーダーの国母和宏が「大麻を営利目的でアメリカから密輸した」として逮捕。 ワイドショーでは2010年バンクーバー五輪の際に世間を騒がせた「腰パン騒動」での「『反省してまーす』会見」が再び取り上げられた。 そして最大の衝撃となったのが11月16日に報じられた女優・沢尻エリカの逮捕だ。 同15日、合成麻薬MDMAを所持していたとして目黒区碑文谷の自宅で逮捕された彼女。 泉里香と共演する「Indeed」のCMが放送中止となったほか、2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」では斎藤道三の娘「濃姫」役で収録を進めていたもののすべて撮り直し。 急遽、川口春奈が代役を務めることとなった。 「このリストはキー局スタッフら共有されていて『キャスティングの危険性』が判断できるようになっている。 あくまでも『業界内のウワサ』『周囲の告発』をまとめたデータであって全部を鵜呑みにしてはいけませんが、番組打ち切りや取り直しなどの被害を避けたいテレビ業界にとって非常に重宝する資料なんです」 芸能メディアで飛び交う「疑惑のイニシャル」 新たに作られたリストについて聞く前に、これまでの「薬物疑惑報道」をおさらいしたい。 3月28日の日刊ゲンダイでも「歌姫H」や「奇行で知られる俳優K」の疑惑を報じている。 また4月2日発売の「週刊アサヒ芸能」では「捜査員が密かに追う『薬物芸能人』リスト」と芸能人の薬物疑惑を特集。 「多分野でマルチに活躍する性格俳優H」「女性に人気の個性派俳優Y」「現場をドタキャンするなど奇行が目立つベテラン俳優S」「司会もこなすマルチタレントのN」と多くのイニシャルが並んでいる。 11月13日の東京スポーツでも「薬物逮捕秒読み! 「感情の起伏が激しくハイテンションなことの多い大物歌手A」、「とにかく交友関係が怪しい人気モデルB」、「超売れっ子でマルチな才能を持つお笑い芸人C」と3人の疑惑を綴っているのだ。 「『大物ミュージシャンK』は『最警戒人物』」 再び前出のテレビ関係者。 音楽番組のプロデューサーも『数字が取れて使いたいけど絶対に使えないんだ』とボヤいていました」 さらに同関係者は 「これまで週刊誌でウワサされていた芸能人以外の名前も記されている」と明かす。 「全員のキャスティングを控えればテレビ業界が崩壊」 「とりわけ驚いたところだと『90年代にミリオンセラーを連発したボーカリスト』『元オリンピック代表の女性タレント』『誰もが知るフリー女子アナウンサー』『CDデビューしていた過去を持つ超大物女優』『クイズ番組の常連であるインテリ男性タレント』『かつて小学生に大人気だった芸人』『コントに定評のあるお笑いコンビのツッコミ』。 こうした「沢尻の次」リスクのある芸能人が40人程度列挙されているのですが、私の周囲では『全員のキャスティングを控えればテレビ業界が崩壊する』と専らの話題です」 同関係者 徹底的な薬物排除がテレビ界の急務となっている。 川本みゆき その後の【「薬物疑惑芸能人リスト」に実名掲載された「沢尻の次」40人! 】 2020年2月14日追記 2020年2月を迎えたいまも「芸能界の薬物汚染」は改善される兆しをみせない。 2月13日には歌手の槇原敬之が「2018年4月に覚醒剤を所持、同3月に危険ドラッグを所持していた」という覚醒剤取締法などの疑いで警視庁に逮捕。 1999年以来、21年ぶりの二度目の逮捕に至った。 槇原は2019年10月にスタートしていた「デビュー30周年プロジェクト」の真っ最中。 松本人志が作詞を務め、槇原と浜田雅功が歌った2004年の名曲「チキンライス」の「2020 ver. 」などが収められ、3月4日に発売が予定されていたセルフカバーアルバム「Bespoke」は発売中止を余儀なくされる見込みだ。 薬物の誘惑を断ち切れず、自らの輝かしいキャリアに再び泥を塗ってしまった。 2019年11月26日に配信された本記事「『薬物疑惑芸能人リスト』に実名掲載された『沢尻の次』40人! 」では、約40人の「薬物使用リスク」のある芸能人として「90年代にミリオンセラーを連発したボーカリスト」がテレビ関係者から挙げられたが、この条件は槇原に合致する。 さらに「過去に薬物逮捕歴がある」との指摘が付されていれば証言の信憑性が増したのだが、あまりに個人の特定が容易となるため、あえて証言しなかったことも考えられる。 逮捕を経た芸能人が「薬物脱却」を目指す動きも。 昨年11月に逮捕された沢尻エリカには2月6日の判決公判で「懲役1年6カ月、執行猶予3年」となる判決が下った。 公判で沢尻は「芸能界復帰は考えられない」と語り、手書きの謝罪文で「犯した罪の重さを自覚し反省していき、全力で更生に向けて努力することが自分のできる唯一の償いと考えております」と綴っている。 さらにその後の【「薬物疑惑芸能人リスト」に実名掲載された「沢尻の次」40人! 】 2020年5月4日追記 目立った逮捕者は新たに出ていないものの、芸能関係者の薬物疑惑を巡る「報道合戦」は続いている。 4月18日、文春オンラインは「エイベックス会長・松浦勝人氏の大麻使用を元社員が告発『毎週末のように一緒に吸っていた』」と題した記事を掲載。 エイベックスの元社員である女性が同社会長である松浦勝人氏の「大麻使用」や自身が薬物の使用を松浦氏に勧められたと告発している。 気になるのが同記事の掲載日。 松浦氏と浜崎あゆみの「禁断の関係」を描いたドラマ「M 愛すべき人がいて」 テレビ朝日系 の初回放送の日だったのだ。 「この報道が事実ならドラマ『M』の放送継続自体が危ぶまれるような大スキャンダル。 もっとも松浦氏サイドは淡々と反論していて慌てている様子もない。

次の