コロナ がるちゃん。 予言者|未来人・シンプソンズの予言まとめ!新型コロナウイルス・東京オリンピック中止!?

今季で死者1万2000人 アメリカで「インフルエンザが猛威」なぜ?

コロナ がるちゃん

勤務先である眼科専門病院(東京・御茶ノ水)での私の外来は、8年前から1日約20人の外来診療と、15人の治療に限る完全予約制という、かなり特殊な形です。 この特別外来を始める以前は、1日に80人以上診る日もある一般診療でした。 患者の話をゆっくり聞いて考えたり、説明したりといった時間的余裕はありませんでしたので、医師も患者も消化不良になりがちでした。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の 蔓延 まんえん で、不要不急の外出自粛の要請が国や自治体から出ています。 今月7日には東京など7都府県を対象に、今月16日には全国を対象に、緊急事態宣言も発令されました。 不要不急の「要」とは「生きてゆくための行動」、「急」は「今、しなければならない行動」だと私は考えます。 とすれば、何らかの病気で定期的に医療機関に通院している方々全員が、いつも通り病院に行かなければならないというわけではないはずです。 私の外来でも予約を延期したり、中止したり、近所の施設に転院を希望する方が2割から、日によっては5割近くになっています。 その分、患者とのコミュニケーションの時間が十分とれ、医師としても心に余裕ができるという、ある意味で、メリットがあります。 さて、最近の私の日課は予約延期した方の診療録をチェックすることです。 すると、連絡をとらなければならない若干の例外はあるものの、予約日に来院しなくても当面問題なし、と思われるものが大半であり、患者の「不要不急」の判断はおおむね妥当でした。 なので、眼科における(私の外来におけるというべきでしょうか)、不要不急でない患者は、実は半分くらいなのかもしれません。 ただ、緑内障や種々の自己免疫疾患などのために継続的に点眼や内服が必要な例では、処方薬自体がなくなってしまうため、どうするのかという問題が起こります。 日本では、患者と対面することが薬物処方の原則であるため、このような緊急の事態での扱いに苦慮します。 通院患者には高齢者が多く、感染症に注意が必要な持病のある方、また「心療眼科」外来では、この異常な社会の空気の中、外出できなくなってしまう心の問題を抱える方もいます。 障害者手帳、障害年金の更新には医師の診断書が必要ですが、書類提出期限が厳密で、そのために期日内に来院しなければならないという不合理もあります。 災害国日本では少なからず災害時の経験もあるので、緊急時ルールを国で決めて国民に周知するとか、各医師の裁量に任せると宣言するなどしてもらわないと、現場としては甚だ困ります。 とはいえ、国も国民も、実際に終息時期が読めない事態に直面して初めて、「不要不急」とは何かと改めて考えることになったのでしょう。 私もまた、医療におけるそれを改めて考える機会となったのは確かです。 (若倉雅登 井上眼科病院名誉院長)• 若倉雅登(わかくら まさと) 井上眼科病院(東京・御茶ノ水)名誉院長 1949年、東京生まれ。 80年、北里大学大学院博士課程修了。 北里大学助教授を経て、2002年、井上眼科病院院長。 12年4月から同病院名誉院長。 NPO法人目と心の健康相談室副理事長。 神経眼科、心療眼科を専門として予約診療をしているほか、講演、著作、相談室や患者会などでのボランティア活動でも活躍中。 主な著書に「目の異常、そのとき」(人間と歴史社)、「健康は眼にきけ」「絶望からはじまる患者力」「医者で苦労する人、しない人」(以上、春秋社)、「心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因」(集英社新書)など多数。 明治期の女性医師を描いた「 茅花 ( つばな )流しの診療所」「 蓮花谷話譚 ( れんげだにわたん )」(以上、青志社)などの小説もある。 過去コラムはこちら• 投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。 リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。 コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。 次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。 ブログとの関係が認められない場合• 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合• 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合• 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合• 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合• 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合• 事実に反した情報を公開している場合• 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合• 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)• メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合• その他、編集スタッフが不適切と判断した場合 編集方針に同意する方のみ投稿ができます。 以上、あらかじめ、ご了承ください。

次の

見せかけだけの安倍「108兆円」コロナ経済対策。その寄せ集めのハリボテっぷりに驚愕

コロナ がるちゃん

まだまだ油断できない新型コロナウイルス。 妻との軋轢や育児に疲れ果てる者、帰宅難民と化す者、子供を奪われそうになる者……。 東京大学で計算社会科学を研究する鳥海不二夫准教授によれば、3月下旬の小池百合子都知事の「感染爆発の重大局面」という発表以降、ツイッター上では「疲」や「ストレス」などの単語を含む投稿が急増。 これは、長引く外出自粛要請などで、人々の疲労感が増していることが背景にあるという。 今回、取材班が全国40〜50代の男性会社員400人に実施したアンケートでも、Q1の「今回のコロナショックではどういった面への負荷が大きいか」について7割以上が「精神面」と回答。 多くの中年会社員がコロナ禍で神経をすり減らしていることが鮮明になった。 今回のコロナショックではどういった面への負荷が大きいですか? ・精神面 70. 感染の恐怖や環境の変化に対し、理解や感情を整理しきれず、仕事や生活に支障が出てしまっている状態と言えます」 そう語るのはこれまで数多くの会社員のメンタルケアに携わってきた心療内科医・海原純子氏だ。 しかし、今回のコロナは環境としては変えようがない。 不慣れな在宅勤務や、家族全員が在宅することによるストレスが話題になっていますが、これらの環境も外出自粛要請下では変え難い。 そのため、多くの人が解決法を見いだせず、精神的に追い詰められているわけです。 実際、Q2の「今、最も不安やストレスに感じていることは何か」の結果を見てもわかるように、半数以上が家族や自分の「コロナ罹患への不安」が一番のストレスだと答えている。 今、最も不安やストレスに感じていることは何ですか? ・新型コロナ罹患への不安 50. 「そもそもネガティブな考え自体は悪いものではありません。 むしろ、不安に対して適切に対応策を練ることがコロナ禍を生き抜くためのカギ。 一般人でも、最初からある程度、最悪のケースを想定しておけば、心の中で覚悟が定まって無用のストレスも小さくなるはずです」 Q3の「緊急事態宣言が延長する場合、あと何か月まで精神的に耐えられるか(4月20日時点)」への回答は「すでに限界状態」と「あと1か月」の合計が半数を超え、多くの人のストレスが臨界点を迎えているのがうかがえる。

次の

今コロナが流行ってますが、

コロナ がるちゃん

今回の外出自粛は、コロナ感染を防ぐためのものです。 「ウイルスに感染しない、ウイルスを人にうつさない」ことが目的ですから、家にいるのであれば、何をしようが自由なはず。 実際、東京都のホームページにも、「ウチで楽しもう」というスローガンが掲げられています。 ニュース報道や、知人友人、相談者からの声によると、最近、非常にピリピリした人が増えたといいます。 今後、外出自粛は程度の差はあれ、数カ月先まで続く可能性は高いです。 今から、そんなにピリピリしていたら、確実に「コロナ疲れ」に陥ります。 自粛期間中でも楽しむことはやめなくてもいいんです。 お子さんと遊ぶ、ゲームをする、今まで見られなかったドラマやアニメ、映画などを楽しむ。 ピリピリしている人ほど、なにか楽しみを見つけたほうがいいでしょう。 特徴その3. 夜更かしする人 外出自粛の影響で、夜中までテレビを見る、ゲームをするなど、夜更かしをしている人も多いのではないでしょうか。 テレワークの人は出勤しなくていいので、「就業時間の9時直前に起きればいいや」と思うと、夜更かしに拍車がかかります。 遅寝遅起き、不規則な生活は、「体内時計」を狂わせます。 結果として睡眠の質を下げ、体調不良、メンタル不調に拍車をかけます。 コロナだからこそ「規則正しい生活」が大事 また、睡眠が悪化すると、免疫力も低下します。 不規則な生活は、「コロナ疲れ」を悪化させるのです。 ではどうすればいいのかというと、時間に余裕がある分、睡眠時間はしっかりと7時間以上とって、コロナ前と同じ起床時間を維持しましょう。 規則正しい生活を続けることが、とても重要です。

次の