グッド モーニング ショー。 『モーニングショー』高木美保の主張が岡田晴恵に論破され「知ったかぶり」と苦情殺到

【グッドモーニングショー(ネタバレ)】釈明会見の内容を考察!封筒の中身と澄田を要求した理由は?顔に泥を塗った真相に迫る

グッド モーニング ショー

『グッドモーニングショー』(2016・日) 朝のワイドショー「グッドモーニングショー」のメインキャスター澄田真吾()はある日、勝手に付き合っていると思い込むアシスタントの小川圭子()から生放送中に自分たちが交際している事実を打ち明けようと言われる。 その上プロデューサーの石山聡()から番組の打ち切りを宣告されるなど、散々な展開に落ちこむ。 さらに突然起こった立てこもり事件の犯人()からの要求で、澄田が現場で犯人と交渉する羽目になり……。 (より) 30点 ひとこと: やっぱりはダメだ! 監督・脚本、。 制作はフジテレビ。 氏といえば『ずっとあなたが好きだった』を始め、『』『TEAM』『』など数々の名ドラマの脚本を書いてきたことで知られていますが、21世紀に入って以降はどういうわけか駄作を連発しまくり、今や 悪い意味で安定感のある脚本家さんという立ち位置に落ち着き始めております。 ちなみに監督作としては2009年に『誰も守ってくれない』という、凶悪犯罪の加害者家族を題材とした作品を撮っています。 これ、 「一見ちゃんとしているようで、実はめちゃくちゃひどい」という極めて悪質な、個人的には 生涯ワースト10に入るくらい嫌いな映画です。 この映画がいかに醜い偏見にまみれているか、物語として破綻しているかは、シネマでさんによって語り尽くされてますのでどうぞ。 屈指の名ハスリング回です。 で、今回、その君塚監督作品ですよ。 正直、ヤバい予感しかしてないわけ。 地雷踏むつもりで行くわけ。 なのに何で観に行ったかといったら、 &という、 「みんなが想像してた」VS「実際の」というコンビの共演が見たかったんですよね。 (出典: ) あと補足しとくと、実は君塚さんは『誰も守ってくれない』と『グッドモーニングショー』の間に 『遺体 明日への十日間』(2013)という、被災地の遺体安置所を題材にした作品を撮っていまして。 これ、普段君塚作品をボロカスにけなしている人からも揃って賞賛の声が上がるくらい良い映画って評判なんですよね(あいにく未見)。 だから正直、ちょっと期待したってのもある。 あんだけ映画ファンに叩かれてる・だって最近は良い映画作ったりしてるんだし、面白かったらいいなー程度の望みは持ちつつ劇場へ向かったのです。 さてこの映画、最初に言っとくと、 前半はわりと面白いっす。 お客さんが声をあげて笑う場面も多くて、ここは素直に「やるじゃん」って思いました。 いわゆる お仕事ムービーというんですかね。 テレビ局制作によるテレビ局(を舞台にした)映画だけあってか、朝のワイドショーの現場をリアルに、かつスピーディーに手慣れた手つきで見せていきます。 大きな文字で印刷されたカンペ、アイロンがかけられた新聞紙、テロップの指定用紙などギョーカイ感あふれる魅惑的な小道具を、カット割り多用しながら矢継ぎ早に使用していく。 テレビの裏側を覗くという好奇心も相まって、観客の興味をそそらせながらスムーズに作品世界に入り込ませることに成功しています。 あと役者さんはさすが実力ある人たちが揃っていて、その リアクションとか掛け合いを見ているだけで楽しいってのはありました。 テンポの良いやりとり、すっとぼけたボケとツッコミの応酬で、結構笑った場面も多かったです。 (特にの 「CMです」との 「占いのコーナーです」はププッて吹いちゃいました) そんなわけで、前半は良いんですよ。 このテンションで突っ走ってくれるなら、今回はいけんじゃね?って思うわけ。 でもやはりというか、 案の定と言うか。 後半、舞台が立てこもり現場のカフェに移ってからが、もう本当に同じ映画かと思うくらい酷くなっちゃうのです。 (出典:) まず最初に突っ込んどくと、 前半から張られていた伏線の処理が適当すぎ。 主人公・澄田()の過去のトラウマの件、これ前半から何度も何度もしつこく回想がインサートされてるので、後半重要な要素になってくるんだろうなーって思ってると、中盤で の説明によってあっさり「解決」しちゃうんですよ。 その真相にしたって観客に予想がつく程度の内容だし、何より問題なのは、 この件がその後の展開にまったく影響しない。 単に「澄田が現場に出るのを渋る理由」としてしか機能してないんですよ。 伏線が伏線として働いてない。 この段階で「なんかなぁ…」って思ったけど、でもまぁ、これは比較的小さな疵です。 最大の問題は、肝心の 犯人()の動機がよく分からないってこと。 (出典:) ここからだんだんネタバレしますけど、ちょっと彼が立てこもりに至った経緯をまとめてみますね。 でも回想シーン見ても、これ 単に澄田が聞こえてなかったか気付いてなかっただけにしか見えないんですよ。 雨降ってたし、は離れたところでワーワー言ってるだけだし。 でもまぁ、それでも犯人にとってはショックだったし失望したんだろうからしょうがないじゃんって意見もあるかもしれない。 でも 少なくとも観客に、犯人が澄田をそこまでテレビの前で謝らせたい理由として説得力を持たせることはできていないわけ。 の演技自体はちゃんとしているんだけど、それでも彼がなんでこんなに澄田にキレてるのかすごく理解しづらいの。 ていうか、 普通この流れだったら店長を恨むじゃないですか。 「店長をテレビカメラの前で謝らせろ、澄田はそれを現場から全視聴者に伝えろ(今度こそ、自分の訴えをマスコミとしてちゃんと受け取れ)」だったら分かる。 事実、テレビスタッフたちも最初はそれが目的だと思ってたわけで。 でも店長はすでに店を辞めて海外旅行中だってことが判明。 あれ???? で、澄田が「本当は店長が目的だったけど不在だったから僕にターゲットを変えたんだろ?」って聞くと、犯人は 「違う、最初からターゲットはお前だ」とか言うんですよ。 えーーーーー???? もうね、 意味がわからないんです。 さすがに無理があると感じたのか、「お前らお高くとまりやがって、俺みたいな底辺の気持ちは分からない」とかとってつけたような動機をに言わせてますけど、 じゃあテレビ局襲撃しろよお前。 (あと「ワンオペ」とか、それこそワイドショーから聞きかじってきたような時事ネタをこれ見よがしに入れるの、最高にダサいのでやめた方がいいと思います) ていうか、なんでこんな回りくどい動機にするんだろう。 自分が脚本家だったとして、犯人がキャスターである澄田を現場に呼んで謝罪させるってシチュエーションに何か強い理由づけをするんだったら、 「澄田の報道のせいで周囲から放火犯扱いされた」という動機にしませんか、普通? (出典: ) 実際、松本事件の河野さんとか、3億円事件の元運転手とか、マスコミの恣意的な報道で勝手に犯罪者扱いされて人生をめちゃくちゃにされた被害者ってのは現実に沢山いるじゃないですか。 そういう人が、報道を伝えたキャスターに全視聴者の前で謝れ、訂正しろって要求するのなら、これはすごく理解できる動機になる。 でも、この犯人はそうじゃない。 火災当時のニュース映像も流れるんだけど、は単に一般的なインタビューを受けているだけで、別にを受けたみたいな描写は無いんです。 えーとね。 ここに至って、ぼくは気付きましたね。 さっきから何か違和感があった。 この映画、 何かが決定的に欠けていると思ってた。 違うんです。 「何かが欠けている」んじゃなく、「わざと欠けさせている」。 つまり、 「何かを描くことを意図的に避けている」んです。 その「何か」とは、 「マスコミを『悪者』にすること」です。 つまりさんは、やっぱりどうしてもマスコミを「悪」の側に立たせたくないんですよ。 だからこんな無茶な動機をひねり出してまで、 「」 という 、本来この映画がいちばん描かねばならないはずのテーマを避けているわけ。 澄田のトラウマは、「善意でやったはずの行為が視聴者に誤解され、悪として糾弾される」すなわち 「観客」自らが「悪」を作り出してしまうというものでした。 だったらその対比として、 「真実を追求しようとしたマスコミが、本来無実の人を悪に仕立て上げてしまう」という逆転構造を物語上の大きな仕掛けとすべきでしょう。 (出典: ) それなら、単純な善悪二元論に還元されない、考えさせられるお話だって作れたはずです。 同じく身勝手な誤解に苦しんだ者として、澄田が犯人に共感できる存在となる、そういう展開にすれば澄田の説得にも重みが生まれるし、犯人が心を動かされるきっかけだって作れたはずなんです。 でも、この映画はそれをしない。 腰が引けてるのか、テレビ局制作ゆえの配慮か、あるいは本当に君塚さんは「マスコミは悪くないよぉ~」って思ってんのか知りませんけど、これはちょっと 不誠実だと思います。 だって結局 「視聴者はバカで勘違いして俺たちを叩いたりもするけど、俺たちマスコミは真面目にやってます(キリッ)」って言ってるも同じなんだもん。 で、犯人の動機もアレだしテレビ局も人質の人命軽視しまくりで犯人を挑発したりして映画自体もどんどんグダグダになっていくんですが、クライマックスに 悪い意味で度肝を抜かれる展開が待ち受けているんですね。 あのー、わかりますよ。 視聴者投票を、自殺しようとする犯人へのアンサーに使うというアイディア、それ自体は確かに面白いですよ。 (『』とか『』とか前例あるから新鮮味はないにしろ) でも 思いついたからって考えなしにやるなよ!!!! だってこれ、間違いなく扱いに注意を要するネタでしょう。 言ってみれば 「テレビ局が人の生き死にを弄ぶ」行為ですよ? シチュエーションそれ自体の面白さと引き換えに、大多数の観客をドン引きさせかねない諸刃の剣なのは明らかじゃないですか。 (出典: ) なのにこの映画は、それをすごく軽~いテンションでやってしまうんですよね。 これも前半のコメディのテンションが持続している中であれば問題なかったのに、終盤の一応シリアスなシーンの後でやりやがるもんだから、観てる方としてはまたもや「えーーーー!?」ですよ。 うわー、やるんだ!本当にやるんだ!やりやがったよ!!うわー!! テレビ局最悪ッ。 あ、ちなみに結果は 「犯人死ね」が圧倒的多数っていうね。 はい来ましたー、大衆蔑視! やはりヤツら視聴者に倫理観などない!!人の死を、面白い画を、ただのエンタテイメントを望んでいるのだぁーーーーーーーーーー!!!!俺たちはヤツらが望んでいるものを提供しているのだぁーーーーーーーーーー!!!! 「あーやっぱりいつもの君塚作品だ」って、ここはむしろ安心しました。 はい終了。 ・・・・・。 えーと、 「犯人を騙した」ことへのフォローがまったくないですよね。 彼は結局、テレビ局にすったもんだ翻弄されたあげく、最後もテレビ局に騙されて逮捕されちゃうんでしょ? いくら凶悪犯とはいえ、あまりに救いが無くないですかこれ。 まぁいいや。 最初からそのへん真面目に描く気もないんでしょうよ。 どうもという人は、こういう社会的弱者を登場させはするんだけど、 彼らに本気で同情する気がないというか、所詮「社会における突然変異」みたいな目線で見てるのがすごくよく分かるっていうね。 これ、凄いですよ。 「上から目線はよくない」って主張を取り上げてる映画それ自体が「上から目線」なんですよ。 映画の中で「問題」として描いていることそれ自体を、この映画自体がなんの罪悪感もなく繰り返してるってことですよ。 手の込んだメタ構造、 いやぁ画期的な脚本ですね。 (褒めてなーい) (出典: ) で、ここからはまとめモード。 澄田はテレビ局に戻ると、 犯人が命がけで訴えようと渡した手紙を読みもせずにスタッフにポイって渡して(これはマジでびっくりした)、なんかプロデューサー石山()と2人で 「俺たちいい仕事したな~」みたいな打ち上げムードに突入するんですね。 …あのさ、待って。 だが、何かが生まれるかもしれない」みたいなことを、なんか良い話っぽく言うわけ。 いやいやいやいや。 「今この時のため(だけの)もの」ってスタンスで作ったもののせいで、現実に人生を狂わされたり、を受けた人だっているわけじゃない。 もちろん逆に、それによって勇気づけられたり、元気を貰う人だって確実にいる。 そういう、 作り手の意図から離れたところでプラスマイナスどちらにも作用するのがテレビや報道の面白さ、怖さであって、 それら全部をひっくるめて、それでも責任をもってモノ作りを続けよう、真実を伝えようとする人たちが尊いっていう話じゃないのかなあ。 (出典: ) 「ワイドショーは何も変えられない、くだらないものかもしれない」 「でも、そこから生まれるものもある」 「生まれるものは善かもしれないし、悪かもしれない」 「どちらであろうと、自分たち作り手はそれに責任を持つ。 そして誇りも持つ」 澄田が本来言うべきは、こういう内容のことじゃないんですかね。 この後半2つが、この映画からはすっぽり抜け落ちているんですよ。 ああ、 結局最後まで逃げてるんだなぁ、この映画の作り手は。 そんなんじゃ、もう誰もテレビなんか観ないよ。 ましてやワイドショーなんか。 はじめに言ったように、前半はそこそこ楽しかったのでもうちょい擁護したくもありましたが、レビュー書いてるうちに 思い出しながらだんだんムカついてきたので最初より評価が下がってしまいました。 でもまぁ、いろいろ言いましたが、下手にリアリティを出したりシリアス一辺倒で行こうとしてないぶん、 『誰も守ってくれない』よりは相当マシな映画だと思います。 君塚さんが描いた「自浄作用のない、悪意をぶつけるネットユーザーたち」というのは、現実に患者を寄ってたかってオモチャにしたりする輩とか見ると実は時代を先取りしてたかも…くらいには思ったりしてます(でも描き方は本当に最悪なんだけど)。 震災の復興に従事した人たちを淡々と描こうとするスタンスとか、嫌いになれない部分も確かになくはないんだけど、やっぱり君塚さんは下手に社会問題とか描こうとするより、コメディ一辺倒でやったほうが資質に合ってるんじゃないかなぁ。 おわり。

次の

本質的な問題から目を背け続けるテレビ業界を象徴する駄作―『グッドモーニングショー』マジギレ感想

グッド モーニング ショー

息子・賢治の授かり婚発言、サブキャスターの圭子から交際発表しようという発言、石山プロデューサーからは番組の打ち切りが告げられる。 更に都内のカフェで銃を持った男の立てこもり事件が発生。 犯人の要求は澄田。 澄田は現場へ向かう。 取材して調査すると言っておきながら放置した澄田が許せず呼び出した次第。 犯人が投降して事件は解決、翌日は澄田の釈明会見の予定。 【起】 — グッドモーニングショーのあらすじ1 東京都。 澄田真吾は朝のワイドショー『グッドモーニングショー』のメインキャスターを務める中年男性です。 『グッドモーニングショー』は、グルメあり、天気予報あり、占いあり、スポーツ情報あり、ニュースありの、朝7時から2時間枠のバラエティ情報番組でした。 朝7時から放送開始ですが、澄田は午前3時に起床します。 その日、出勤しようとした澄田に、とんでもない私生活のニュースが舞いこみました。 澄田は元女子アナの妻・明美と、大学生のひとり息子・賢治と暮らしています。 その息子・賢治が交際相手の女性を妊娠させてしまい「俺、結婚するから」と言い出したのです。 「仕事もしていない、まだ学生の分際で!」と一喝しようとした澄田ですが、賢治に「親父だって、朝からケーキ食ってはしゃいでるだけじゃない。 そっちは胸張れる仕事してるの?」と切り返されて、絶句しました。 出社の時間も迫っており、話はお預けにして澄田は呼び出していたタクシーに乗り込みます。 まだ明け切らない中を走る澄田のタクシーに、同じタクシーが並びました。 そこにはサブキャスターを務める女子アナウンサー・小川圭子が乗っています。 圭子から電話を受けた澄田は、「だって私、忘れることなんかできません。 今日の本番中に、発表しましょう。 責任とってくださいね」と言われ、焦りました。 男女の仲になっているわけではないのに、圭子にそう思われているのです。 スタジオでは早朝から何十人ものスタッフが総出で、セットを組んでいました。 番組の最初の話題を「島平議員の脱税のニュース」にするか「森レイラと佐之介の熱愛発覚」にするかで、ひと悶着あります。 「ウルゴビアで紛争」という海外ニュースもあります。 『グッドモーニングショー』は報道部の片隅にある、小さな部署でした。 報道部とワイドショー部は、互いに譲れない確執のようなものがあり、報道部が幅を利かせています。 出勤した澄田に、プロデューサーの石山聡が声をかけてきました。 澄田と石山は屋上に出ます。 澄田にもたらされたのは、番組打ち切りの話でした。 キャスターも変わるので、澄田はいわば降格扱いで、給料も減ります。 石山は澄田に「あの時どうして本当のこと言わなかった」と責めますが、澄田は黙ります。 …澄田は以前、報道番組の最前線で働く、現場のキャスターでした。 台風の被災地の現地レポートの時、カメラの指示出しが遅く「笑顔で顔に泥を塗る澄田」が映し出されたのです。 視聴者はそれを見て澄田を攻撃しました。 「テレビでヤラセをやっていいのか」と叩かれた澄田は、何も反論せずただ謝罪しました。 その時のことを石山は言っているのです。 真相を知るのは、その場にいたごく少数の者だけでした…。 澄田と石山は同期入社です。 ですから、澄田が「ごまかしてほしい時、あごをこする癖がある」ということを、石山はよく知っています。 さて番組開始の時間が迫り、澄田もドーランを顔に塗り始めました。 隣にいる圭子に話しかけます。 ぶっちゃけてしまうと、澄田と圭子の間には何もありません。 付き合っていた彼氏と別れて落ち込んだ圭子を、澄田が慰めた…ただそれだけなのです。 ところが圭子は思い込みが激しい女性でした。 「澄田に優しくされた」という事実だけが大事で、だから澄田がロケの土産としてスタッフ全員に配った、ひこにゃんのストラップ(腹を押すとぴゅーぴゅー音が鳴る)も、大事に思っています。 番組開始直前に、緊急速報が局内アナウンスで流れました。 「午前6時、品川区大崎駅近くのカフェに男が侵入し、立てこもり」という情報です。 速報と共に、中継を繋ごうと担当ディレクター・府川速人がバイクで出ていきました。 現場に到着した府川から、素材の映像が入ります。 その府川に、警視庁特殊班リーダーの男性・黒岩哲人が話しかけました…。 同じ頃、スタジオでは本番間際の澄田に、妻・明美から電話がかかってきます。 明美は息子・賢治の結婚後の話をしたいようですが、切り上げたい澄田は電話を石山に譲り、あごをかいて「ごまかしてくれ」という合図を送りました。 石山がフォローします。 午前7時になり、番組が開始しました。

次の

グッドモーニングショー

グッド モーニング ショー

の紹介:2016年日本映画。 テレビのワイドショーを舞台にしたコメディー映画。 中井貴一演じる番組メインキャスターが巻き込まれる災難だらけの1日を、情報番組vs報道番組のいざこざや、激しい視聴率競争など、テレビ業界の裏事情を盛り込んで描かれる。 第40回モントリオール世界映画祭・ワールドコンペティション部門出品作品。 『踊る大捜査線』の脚本をてがけた君塚良一氏が、メガホンを取ったコメディ映画。 グッドモーニングショーのネタバレあらすじ:起 澄田真吾(中井貴一)は『グッドモーニングショー』のメインキャスター、サブキャスターの小川圭子(長澤まさみ)と共に番組を盛り上げています。 朝7時から放送を開始するため起床は3時。 出勤前、まだ学生の息子から、交際相手に子供ができたから結婚すると聞き激怒しました。 息子からは「胸を張れる仕事をしているのか?」と言い返されます。 何も言えずタクシーに乗り込んだ澄田の横に、サブキャスターの小川が座りました。 小川とは男女の仲ではありませんが、小川は澄田とそういう仲だと思い込み、責任を取って欲しいと迫りました。 グッドモーニングショーは小さな部署。 澄田のいるワイドショー部ではなく、報道部が幅を利かせています。 この日、澄田に番組打ち切りの話が出ました。 以前は報道部の最前線で働く澄田でしたが、視聴者に誤解され非難を浴びたことがあります。 真相はごく少数の人しか知りません。 グッドモーニングショーのネタバレあらすじ:承 番組開始直前に緊急速報が入ります。 品川区のカフェで、10人の人質をとり立てこもったというニュースです。 警視庁特殊班リーダー栗岩から電話が入りました。 犯人の要求は澄田キャスターです。 澄田は現場に駆け付け、防弾チョッキ・防爆スーツ・ヘルメットを身につけました。 犯人の近くにダイナマイトがあるかもしれないからです。 インタビュー用のマイクを持った澄田は店内へ足を踏み入れます。 グッドモーニングショーのネタバレあらすじ:転 人質をとり、立てこもりをした犯人は西谷(濱田岳)。 彼は澄田に謝罪を要求しました。 理由は以前、澄田が火災の取材をした時に関係することでした。 店長のタバコの不始末が原因で起きた火災を、店長は西谷のせいにしました。 落ち込んでいた西谷に、必ず真実を明るみにすると澄田が約束します。 火災のニュースは数多くあるニュースの中でも小さなものでした。 西谷の話はそれほど重視されず、澄田へ期待していた西谷は愕然とします。 西谷は直接話をするために澄田を訪ねて局まで来ましたが、急いでいた澄田に相手にされませんでした。 グッドモーニングショーの結末 自暴自棄になった西谷は猟銃を手に自殺をしようとします。 この様子を見ていた小川が一計を案じました。 犯人の命を捨てるか、取っておくかを視聴者に問いかけようという視聴者投票です。 その後、素直に投降し事件は終了します。 『グッドモーニングショー』も終わり、小川と三木には次の仕事が待っています。 小川には新しい仕事と恋の予感も訪れます。 家に帰った澄田の前に、椅子とテーブルでできたバリケード。 椅子は妻の明美と共におろしたものの、テーブルは重くて動かせず澄田が困り、明美が笑っているところで映画は幕を閉じます。 以上、映画「グッドモーニングショー」のあらすじと結末でした。 詳細あらすじ解説 続いて、より詳細なネタバレあらすじを解説します。

次の