ソロキャンプ 出会い。 男のロマンが溢れる ソロキャンプの楽しみ方【入門編】

ソロキャンプの楽しさ

ソロキャンプ 出会い

流行りのソロキャンプ、女子キャンプ、ツーリング。 共通点は「荷物をコンパクトにまとめたい」ですね。 お子様連れの家族キャンプは別として、最近は友人たちと集まるキャンプでも「ソロキャンパーが集まる」と言ったスタイルの方達をよく見かけます。 一緒に食事をとり、飲み、語り合う。 テントは一人一人ゆっくり眠る。 それぞれが食べたいもの、飲みたいものを思い思いに準備しながら、たまにシェアして語り合う。 そんな気楽なキャンプが今時な感じですね。 もちろん1人でゆったりとした時間と空間を楽しむこともソロキャンプの魅力です。 料理、釣り、散策、彫刻、、、1人だからこそじっくり取り組める、ソロキャンプならではの楽しみ方もたくさんありますね。 そこで重要になるのがソロキャンプにぴったりなコンパクトで軽量なキャンプ道具です。 コンパクトなアイテムなら運びやすく、重いものが苦手な方も気軽にキャンプを楽しめますし、バイクにも積み込みやすいですね。 今回はソロキャンプにぴったりなおすすめコンパクトアイテムをご紹介します。 ソロキャンプに必要なもの ソロキャンプのポイントは荷物をコンパクトにまとめることです。 そのためには余計なものは持たず必要な装備に絞るのがコツですね。 それではソロキャンプに最低限必要なアイテムリストを一度チェックしてみましょう。 ソロキャンプに必要なアイテムリスト ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ テント、タープ テントはキャンプの必需品です。 ソロキャンプに持って行くなら1人用のソロテントで十分快適に寝ることができます。 1人で設営することも考えるとソロテントが最適解と言えるでしょう。 簡単設営、コンパクト収納で軽量タイプのソロテントがたくさんありますので、お気に入りのものを探してみましょう。 ゆったりとした空間が欲しい時はワンポールテントなどもおすすめです。 日中から夜間にかけて外で過ごす時、タープはもちろんあった方が良いですね。 日陰を作り、雨対策にもなります。 1人で設営することを考えると自立式のワンタッチタープなどが魅力的ですが、構造上どうしても重く嵩張ってしまいます。 おすすめはヘキサタープ。 軽量でコンパクト収納、張り方のバリエーションも豊富でソロキャンプにも、数人で食事をする時にもぴったりです。 もし荷物がいっぱいで余裕が無い時はタープを諦めることもあるかもしれません。 その時は雨対策や夜露・朝露で荷物が濡れないよう前室付(荷物を置けるスペース付)のソロテントがおすすめです。 A式フレームに吊り下げ式インナーテントの採用で設営と撤収が簡単スピーディー。 左右にベンチレーション、インナー側面にメッシュを採用した、空気を取り入れる快適装備をプラスした本格的なソロテントです。 16kg(本体・フレーム・バッグのみ:1. 99kg) 付属品 ガイドロープ3本、アルミペグ10本、ポール用収納袋1枚、ペグ用収納袋1枚、バッグ1枚 寝袋(シュラフ)、マット 寝袋(シュラフ)もキャンプの必需品。 夏のキャンプでも天候次第では結構冷えますので必ず準備しましょう。 ソロキャンプにおすすめの寝袋(シュラフ)は軽量でコンパクトに収納できるタイプです。 従来はマミー型シュラフがソロキャンプ向けと言われていましたが、最近はレクタングル型でも軽量コンパクトタイプがありますので選択肢は広がっています。 キャンプする場所や季節を考慮して使用温度で選ぶのも良いでしょう。 寝袋(シュラフ)と合わせてマットも準備しておきましょう。 テントの中は地面の冷気が伝わってくる事と、ゴツゴツして寝苦しいことがあります。 コンパクトで軽量なもタイプならコット(キャンピングベッド)でも良いでしょう。 コンプレッションバッグでより小さく収納可能です。 表地はポリエステルひし形リップストップを使用し、通気性と撥水性を持たせています。 中綿は保温性の高いマイクロファイバーを使用。 特に焚き火は大切ですね。 食事はもちろんですが、暖を取るために、何よりもその雰囲気がまさにキャンプの醍醐味です。 焚き火のためにキャンプをするという人もいるくらいです。 最近は小型で軽量、網やゴトクがセットになっていて、そのままBBQグリルとして使える焚き火台もありますので、荷物の大きさなどを考えて使いやすく運びやすいものを選ぶと良いでしょう。 小型のBBQグリルも焚き火台として兼用できるのでおすすめです。 ソロキャンプやお花見に最適なコンパクトグリル、卓上で使用できます。 収納時は持ち運びしやすいトランク型になります。 フラットにたたんで付属のバッグに収納できます。 薄型収納でツーリング、ソロキャンプに最適で、本体は錆びにくいステンレス製です。 バーベキューが出来るクリンプアミ、煮炊きが出来るゴトク付きです。 ゴトクの位置を自由に変えられ、薪や炭の継ぎ足しが可能です。 特にキャンプの朝に淹れるコーヒーはぜひ試していただきたいですね。 登山や周辺散策など移動することが多いキャンパーには重宝されるアイテムです。 ただし暖を取るためのものではありませんので、焚き火台やBBQグリルも一緒に準備した方が良いでしょう。 キャンプ場で薪や炭は入手できますが、ガス缶は無いことも多いです。 ガス缶の補充は普段から注意しておきましょう。 1日リラックスできるようにチェアは背もたれ付で座り心地の良いものを選ぶと良いでしょう。 ソロキャンプはアイテムがコンパクトになりやすく、焚き火にも近いローチェアがおすすめです。 テーブルもコンパクトローテーブルがぴったりですね。 高さ、収納性、見た目などチェアとテーブルはセットで選ぶと良いでしょう。 丈夫で軽量なアルミ製一人掛けベンチ。 持ち運びに便利な折りたたみ式で、焚き火に最適なロースタイルです。 4kg 耐荷重 80kg アルミを使用し丈夫で軽量・コンパクト設計。 一体式フレームなので組立・収納が簡単でツーリングや行楽に最適です。 持ち運びに便利な収納バッグ付きです。 BBQグリルでもガスバーナーでも使いやすい、小さく収納性の良いものがおすすめです。 アルミ、ステンレス、チタン製など用途に合わせて素材を選ぶのもポイントです。 あまり料理をしない場合はシェラカップがおすすめです。 クッカーとしてもお皿としてもカップとしても使えます。 軽量でスタッキングできるのでソロキャンプでも2〜3つあると便利です。 余裕があればステンレスやチタン製のマグカップやタンブラーがあるとお酒が進みます。 またお箸やスプーン、フォーク、ナイフなども使い捨てよりはちゃんとしたものを準備すると良いでしょう。 使いやすく収納性も良いセットアイテムなどもたくさんあります。 ゴミを減らすのもキャンパーの嗜みです。 金物のまち、燕三条で生産しています。 鍋は美しく、丈夫で錆びにくいステンレス製で、取っ手の向きを替えるだけでケットルと片手鍋の1台2役です。 広口で食器として使えます。 計量に便利な目盛付。 積み重ねができて、すっきり収納できます。 金物の町、燕三条で生産しています。 耐熱性のある樹脂を使用しているので、調理にも使え、熱の伝わりも低く、口あたりもなめらか、底面が水平でスタンディングできるため衛生的です。 ワイヤーハンドルタイプのシェラカップに取り付けが可能です。 (ワイヤー幅16mm程度) ブラック・ホワイト・イエロー・レッドの4色展開です。 耐久性、耐食性に優れているチタン製品です。 製品サイズ(約) 全長153mm 重量(約) 19g 材質 本体:チタニウム、ハンドル:ステンレス鋼 クーラーボックス、クーラーバッグ 食材や飲み物を1日冷やしておく、保管するために必要になります。 クーラーボックスは保冷力は強いですが重く荷物が嵩張ります。 車で移動できるなら大丈夫ですが、荷物の心配があるときはクーラーバッグを活用しましょう。 保冷力は落ちますが、軽量で中身がなければ折りたためるのでツーリングなどには向いています。 容量をよく考えて適切なサイズを選びましょう。 シンプルなロック方式のクーラーボックスです。 フタがセパレートできるので、中身が出し入れしやすいです。 9kg 実容量 13L 仕様 保冷効力:7. 保冷力抜群のクーラーバッグです。 折りたたんでコンパクトに収納できます。 内面の補強板により、ドリンクや小物を置くサブテーブルに使えます。 持ち運びやすいショルダーベルト、保冷剤を入れるメッシュポケット付きです。 焚き火があって明るいと思っても、少し離れると真っ暗です。 夜間トイレに行くときなどにもライトが必要になります。 おすすめは軽くて明るいエコなLEDランタンです。 ガスバーナーを使用される方な雰囲気の良いガスランタンもおすすめです。 またヘッドライトも両手が使えるようになるので、1人でいろんな事をこなすソロキャンプにはおすすめです。 ホヤを外せばライトとして使用できます。 マントルを使わない直接炎が出るランタンです。 リングを回すだけで火力調節が可能です。 収納や携帯に便利なハードタイプの専用ケース付き。 照射範囲はスポット・ワイド切替可能。 電池ボックスを取り外して、ザックのショルダー等に取付可能。 ホイッスル付です。 自然を汚さないのももちろんですが、基本的にゴミは持ち帰るものなので、最初からゴミを出さないことを念頭に置きましょう。 とはいえ0にはできませんので、ちゃんとゴミ袋を用意して持ち帰るようにしましょう。 今回ご紹介したアイテムリストは、基本的に車で移動できる方向けと言えるでしょう。 ソロキャンプは気楽な反面、1人ならではのリスクもあります。 慣れるまでは車で、荷物も余裕を持ってキャンプを楽しむ方が良いでしょう。 万が一、急な悪天候になっても逃げ込める車があるのは心強いものです。 また冬のキャンプの場合、防寒具、ストーブなどさらに必要な装備が増えますので、最初は春〜秋の過ごしやすい時期から始めると良いでしょう。 ツーリングでのソロキャンプはバイクに荷物を積み込む工夫も必要になります。 荷物の大きさ・重量バランスなど、うまく積み込まないとそれだけでもリスクになってしまいます。 上記でご紹介したアイテムからさらに厳選し、必要最低限かつバランスの良いアイテムを揃えていきましょう。 1つのコツとして、最初は小さいものから少しづつ揃えていくと良いでしょう。 貴方にとって何が必要で何が不要か。 当然、ご家庭での収納面も考える必要があります。 何度もキャンプをしていくうちに、自分にあったアイテムが揃っていき、キャンプがより快適で楽しくなっていくでしょう。 おすすめ情報.

次の

ソロキャンプを女子が行うのに危険が伴う理由と対策

ソロキャンプ 出会い

出会いの森総合公園オートキャンプ場 今回の花見キャンプの会場に選んだのは栃木県鹿沼市にある出会いの森総合公園オートキャンプ場。 桜が無くとも元々高規格で人気のキャンプ場のため開花の具合を見ながらの直前申し込みでは週末の予約は到底取ることができません。 予約開始のタイミングでどのへんに予約を入れるかが重要になります。 ちなみに今回は平日泊なので1週間前に予約をしました。 平日であれば、前日でもほぼ予約が取れます。 せっかくであれば家族とともに楽しみたかったんですが、上の子が小学校に入学してしまったためスケジュールが合わず、、。 今回は花見に特化した内容なので、キャンプ場の様子や設備等については初訪問の時の投稿をご覧ください。 開花の時期 出会いの森総合公園オートキャンプ場は都心より気温が低いこともあり、開花の時期は遅めです。 都内と比べると2〜3週間ほどは遅いでしょうか。 私の故郷の札幌の花見はGWごろとさらに遅かったですけどね。 2019年は少し開花が遅めでしたが、まず3月末ごろからSNSで都内の目黒川や代々木公園あたりの桜投稿が賑わい始めました。 そこから遅れること約1週間。 その日にキャンプ場に予約の電話をした時は2〜3分咲きとのこと。 まだちょっと早いかな〜と思いつつキャンプ場についてみると、このような状態でした。 既に少し葉がつき始めていましたね。 実は事情を知らずに3月末にも予約を入れていたんですが、その時はこのように完全に蕾の状態でした。。 気候は年によって異なるため断言はできませんが、北関東平野部のキャンプ場での花見キャンプは4月10日前後が狙い目になると思われます。 花見向けの区画 キャンプ場西側の大芦川沿いが桜並木になっているので、川沿いの電源無しサイトが最も花見を楽しめます。 区画番号で言うとA1〜7、B21〜28ですね。 A1〜7はすぐ後ろに桜の木があって、桜の木の下に設営できます。 B21〜28は区画が広い分、少し距離があります。 縦に長い区画になっていて、間に他の木が立っています。 お花見キャンプを満喫 では、わざわざリベンジしてまで行ったお花見キャンプの様子です。 今回利用した区画は電源無しのA6です。 A6サイトの背後。 A6サイトを引きで。 大芦川沿いの桜並木。 桜の木の下が遊歩道になっていて、地元の方がたくさん通ります。 ドックドームの天窓からの眺め。 A6サイト夜撮りバージョン。 下からLEDランタンでライトアップしています。 曇りがちだったのがちょっと残念。 今回は私を含めて7組いまして、そのうち6組は川沿いの区画を利用していました。 花見キャンプのシーズンは各所予約が殺到するため週末に予約を取るのは至難の技ですが、平日であれば心ゆくまでのんびり楽しめます。 いや〜、平日っていいなぁ。 ではまた。 Have a good camp.

次の

キャンプ初心者女が「ソロキャンプ」を体験してみた / 完全手ぶらOKの最高なキャンプ場だけど自然は甘くなかったヨ…

ソロキャンプ 出会い

— 2020年 6月月6日午後10時39分PDT 軽さと同時に大事になるのがコンパクトさです。 初心者におすすめなオーソドックスなソロキャンプスタイルは「バックパックスタイル」です。 これは、キャンプ道具を入れたバックパックと、食材を入れたクーラーボックスだけを持って行くというキャンプスタイルなのですが、このスタイルを実践するには装備のコンパクトさが欠かせません。 キャンプ道具の中でも大きい部類に入るテーブルは、コンパクトなものを選ぶのがベストです。 テーブル(机)の高さで選ぶ 出典: ハイスタイルかロースタイルかによって決めましょう。 ハイスタイルとは、家庭のダイニングテーブルセットくらいの高さの道具で統一した、食事に最適なスタイルです。 一方のロースタイルは、高さの低い道具で統一したくつろぎやすいスタイルです。 おすすめはロースタイルです。 軽量かつコンパクトな道具が多いというのもありますが、やはり地面に近いために自然との一体感をより一層味わうことができるというのが大きなメリットです。 ソロキャンプ用テーブル(机)おすすめ15選 ではここからは、ソロキャンプを始めたい方におすすめしたいテーブルをご紹介します。 サイズ:幅29. 8cm 重さ:395g まずはド定番のフィールドホッパーです。 キャンプ芸人のヒロシさんやウエストランド河本さんなども愛用しているなど、ソロキャンパーに大人気のテーブルです。 軽くてコンパクトなのも強みですが、このテーブルの魅力はなんといっても設営の簡単さ。 開くだけで終わりなので1秒で設営できてしまいます。 収納も2秒で終わります。 作りはしっかりしており、また、アルミ製なので熱にも強いです。 ですから、メインテーブルとしてだけでなく、焚き火近くの備品や食材を置くためのサブテーブルとしても使えます。 サイズ:幅79. 5cm 重さ:1600g 最後にご紹介するのはキャプテンスタッグのスケボーテーブルです。 6kgとやや重いですが、とにかくおしゃれです。 手元に置いておくだけで空間がぐんとスタイリッシュになり、キャンプ気分を高めてくれます。 空間づくりにこだわりたい方にぜひ使っていただきたいです。 ソロキャンプ用おすすめテーブル(机)比較表 ブランド名_商品名 天板面積(㎠) 重さ(g) SOTO(ソト) フィールドホッパー 624 395 Snow Peak(スノーピーク) オゼンライト 624 270 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) アルミロールテーブル 1160 700 YOKA(ヨカ) TRIPOD TABLE SOLO 912 500 Helinox(ヘリノックス) テーブルワン 2400 870 Helinox(ヘリノックス) タクティカルテーブルS 1600 560 Linkax(リンクアックス) アウトドアテーブル 1400 850 ANOBA(アノバ) ULソロテーブルパンチング 312 76 DUNLOP(ダンロップ) コンパクトテーブル 560 260 snowline(スノーライン) キューブグラウンドテーブル 1103 430 Helinox(ヘリノックス) テーブルO 551 250 LOGOS(ロゴス) スタックカラータフテーブル 936 960 LOGOS(ロゴス) ロール膳テーブル 960 600 Peregrine Furniture(ペレグリンファニチャー) アルマジロテーブル 551 250 CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) スケボーテーブル 1620 1600 DIYで自作テーブル(机)もおすすめ! 「いろいろテーブルを見てみたけど、いまいちパッとしないなあ」 そう思った方はテーブルを自作しちゃいましょう。 材料と工具さえ持っていれば、世界に一つだけのテーブルを作り出すことができます。 — 2019年 5月月8日午前4時02分PDT 究極のDIY、それはブッシュクラフトです。 わざわざテーブルを持って行く必要などありません。 なぜなら現地の丸太でテーブルを作ってしまうからです。 初心者にはハードルが高いですが、いつかはその域に達したいですね。 しかし、この要件を満たしていなくても、直感的に「このテーブル好き!」となることは大いにあると思います。 そのときはご自分の感性を信じてみてください。 みなさんが最高のテーブルに出会い、快適なソロキャンプライフを送ることを心から願っています!.

次の