バジリスク絆 画面。 バジリスク絆2:セリフ、争忍開始画面、BT中の演出法則、発展演出の期待度、サブ液晶タッチ時のセリフ、開始画面の設定示唆など

バジリスク3 終了画面と設定示唆

バジリスク絆 画面

ユニメモで小役をカウント可能。 14 絆高確の高設定濃厚パターン 実践情報 設定判別は激ムズ? 設定6は別格なので、分かりやすそうですが、その他の設定は判別難易度が高いようです。 これまでの6号機とは違い慎重な立ち回りが必要かもしれません。 設定6は安定して3000枚突破? 全6グラフ 高設定データ 絆2の設定5を打ち切ってきました。 謎当たりからのエピソードBC2回 ATも強かったし、青に偏ってるし、246も出てないのでほぼ5 そもそもこの店の高設定がほぼ5 コイン持ちが良いので、結構安定感はありそうでした。 — わたる パチスロ ジゴク耳 zigokumimi777 絆2 設定6かどおわ。 参考にしてみて下さい。 BCはめちゃくちゃ軽かった。 テーブルはA以上のものがほとんどみたいですね。 お疲れ様でした! — ユウ スロ見習い you129slot 絆2のほぼ6打った感想としてはとにかくスルーしない。 通常時BCの引き強かったのもあるど思うけどBTの初当たりめちゃくちゃ軽い。 出玉に関しては叛逆の上位互換って感じで1000枚越すのもかなりきつい。 ただ北斗とかと一緒で有利区間の消化G数でATの性能変わるのかな?って印象。 — 蛇スロ 引き弱代表 hebisuro スペック メーカー メーシー 仕様 AT機 AT純増 約2. 9枚 コイン単価 2. 5G〜49. 6 97. 3 98. 7 102. 4 106. 9 110. 7 112. 9枚 通常時の異色BCは純増1. 45枚。 敵を撃破し帯の色 白<青<黄<緑<赤)が変化するほど期待度アップ。 カットイン発生で瞳術図柄が揃えばBT当選。 撃破人数が赤文字なら設定示唆!? 朧BC タイプ 後告知 示唆内容 次回モード• 朧が弦之介に出会えればBT確定。 エフェクトやカットインでBT当選期待度が変化。 BT非突入時に終了画面で次回モードを示唆。 天膳BC タイプ 完全告知 示唆内容 BTシナリオ• 天膳が復活すればBT確定。 告知発生時の残りGでBT中のシナリオを示唆。 高継続が確定するパターンも存在 告知ゲームのシナリオ示唆 告知ゲーム シナリオ 残り14G 開始1G目 夢幻 残り12G 超安定 or 激闘 or 夢幻 残り9G 安定 or 超安定 or 激闘 or 夢幻 残り6G 超安定 or 激闘 or 夢幻 残り3G 激闘 or 夢幻 シナリオ別の告知ゲーム数振り分け 残りG数 その他 安定 超安定 激闘 夢幻 その他 0G 39. BC突入時に滞在モードや状態に応じてBTを抽選。 消化中は成立役に応じてBTを抽選。 BC開始時のLED BC開始時のLEDの色はBT当選期待度を示唆。 待ちに待ったパチスロ・バジリスクシリーズ待望の最新作「バジリスク絆2」の初実践に行って参りました。 ガチガチの初実践なので情報量皆無ですが、それも新台の醍醐味です。 自分なりに色々予測しながら打つのも楽しいんですよね。 さて、前置きが長くなりましたが早速本機のスペックについて現時点で分かっている情報を確認してみましょう。 前作同様ATタイプ。 純増1Gあたり約2、9枚のバジリスクタイム(以下BTと略す)で出玉を稼ぎます。 ここまでは前作の据置感がありますね。 今作はバジリスクタイムに入れる為のメイン契機であるバジリスクチャンス(以下、BCと略す)に加え、突入した時点でBT突入濃厚のエピソードBCなる物が存在します。 さらにこのエピソードBCは絆高確をストックした状態でのBT突入となる様でテンション上がること間違いなしです。 BCは前作同様、チャンス告知の弦之助、完全告知の天膳、最終告知の朧の3種類から選択可能です。 ・弦之助告知は前作では敵を殲滅して0人になればBT確定でしたが、今作では1000人まで撃破数を増やしていくパターンなので、前作と真逆のカウントの仕様になっています。 弦之助BCでは222人で設定2以上。 246人で設定2か4か6。 333人で設定3。 444人で設定4。 456人で設定4以上。 555人で設定5か6。 666人で設定6等の設定示唆も行っている様です。 私は基本的にどの機種でもチャンス告知を選ぶ事が多いです。 私と同じく、演出を楽しみたい方はチャンス告知を選ぶ事をお勧めします。 ・天膳告知はとにかく心臓に悪いので、しっかりと気持ちを整えてから挑む事をお勧めします。 若しくは、周りにドヤ顔したい時等にはもってこいです。 天膳告知は継続率を示唆しているのではとの予想もネット上では話題になっており、今後の情報に期待です。 ・朧告知は最終ゲームでBT突入の結果発表を行います。 演出よりも、結果が重要と言う方にお勧めです。 私は最後まで待てない派なので朧を選ぶことはほぼありません。 絆2の時もそうでしたが、ガチ勢はモード移行を重視する方が多く、朧が選ばれ易い傾向があります。 (完全な偏見ですが。 ) 絆高確の種類は前作同様で巻物対応の「縁」、チェリー対応の「想」、ベル対応の「恋」全レア役対応の「絆」の4種類が存在している様です。 そして今作の注目点ですが、追想の刻のレア役で絆高確を自力で獲得可能という素晴らしい機能が追加されています。 前作の絆ではBT中にレア役を引いても高確状態で無いと結構苦労した思い出がありますが、自力で高確を持ってこれるのはかなり魅力的ですね。 追想の刻の高確は複数個の獲得も可能なので無駄引きがなく、レバーにも力が入ります。 BT中の縁高確中の巻物と想高確中の強チェリーはBC確定!と言いたいとこですが、私は初打ちで想高確の強チェリーを見事スルーさせて頂きました・・・相当確率低いとこを引いてしまったのでないかと思います。 こういう事もあるから、パチンコ、パチスロの解析情報ではどれだけ熱い演出でも確定という言葉でなく、濃厚と言う言葉がよく使われるのでしょう。 とあるライターさんはパチンコでレインボー外してメーカーに電話してましたね。 回答としては、「極めて当たる可能性が高いですが、当たりを保証する物ではありません。 」だそうです。 絆2は複数の継続率を搭載したシナリオと自力でレア役を引き、BCを絡めることで継続を目指すゲーム性です。 良い継続率が選ばれればそれだけで継続を重ねる事も出来ます。 逆に継続率が低くても己の引き次第でBCを絡めて継続率の低い所を突破できれば高継続に繋げることも可能です。 前作と同じで、BTの後半パートである争忍の時の突入時の伊賀、甲賀の人数が奇数であればその時点で絆高確が濃厚となります。 さらに奇数と偶数で祝言の期待。 等の嬉しい特典も継承されている様なのでワクワクします。 前作で誰もが興奮し、全ての体のエネルギーを右手に込め、人によっては鬼の形相でレバーオンに挑んだ真瞳術チャンスが絆2では搭載されていません。 とても残念ですが、代わりに上乗せ特化ゾーンの月下閃滅が導入されています。 私はまだ引いたことはないですが、初実践の際にお隣さんが引いてるのをチラ見しましたが、さくっと7個も乗せていたので引き次第ではかなり期待できそうでした。 最後に、バジリスクと言えばやはり、ロングフリーズを伴うプレミアムバジリスクチャンスを引く事が全国のスロッターの憧れでしょう。 初実践で私の右後ろのお父さんはリールクルクル回していたのを目撃していますので、やはり引ける人は引けますね。 皆さんもこれからバジリスク絆2を打ち込んで、パチスロ産業を盛り上げていしましょう! 長文になりましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 前作との比較 バジリスク甲賀忍法帖絆 バジリスク甲賀忍法帖絆2 比較 絆 絆2 出玉率 97. 5G コイン単価 設定1 3. 4円 2. 3円 純増枚数 2. 8枚 2. 9枚 プレミアムBC 設定1 3867枚 2000枚? 特化ゾーン 真瞳術 平均上乗せ5個 月下閃滅 平均上乗せ4. 8個 大きな変更点としては、6号機になったことで設定6の出玉率がかなり下がりました。 バジリスクタイムの初当たりが重くなり、獲得枚数も減少したのもキツいですね。 個人的には6号機のMAX出玉率114. ただ、設定6の出玉率は下がりましたが、 設定4の出玉率は前作と同じくらいの値でかなり優秀。 絆では106. ハイエナやパチンコでこの額を出すのは中々難しいので、4濃厚であれば閉店まで打ち切った方が良さそうですね。 5Gに、コイン単価が3. 3円になったことで前作よりもマイルドになりました。 荒波が好まれるパチスロ市場でマイルドになるのは逆効果ですが、6号機の宿命ですね。 コイン単価 ちなみにコイン単価は「出玉の荒さ」を表しています。 2円 アイムジャグラー 2. 3円 バジ絆2 2. 3円 北斗天昇 2. 9円 聖闘士星矢 海皇覚醒 3. 0円 リゼロ 3. 1円 押忍!サラリーマン番長 3. 3円 バジ絆 3. 4円 ミリオンゴッド凱旋 4. 0円 アナザーゴッドハーデス 4. 5円 ンゴロポポス 5. 8円 ンゴロポポス 笑 1セット100Gの純増2. GOD揃いを6択にしたイカレタ台 笑。 波が荒いのも納得。 似ている機種 スペック的にみると、まどマギ叛逆にかなり似ています。 コイン単価で「バジ絆2」と「まどマギ叛逆」で0. ほぼまどマギ叛逆と言っていいじゃないでしょうか。 まとめ どのお店も間違いなく絆2には力を入れてくるので、新台1週間は毎日ホールに行きましょう 笑 毎日は大げさですが、2020年最初 最後かも のボーナスステージなのでこのチャンスをものにしたいですね。 関連記事 実践動画.

次の

AT開始画面(弦之介・朧・天膳)振り分け:バジリスク~甲賀忍法帖~絆

バジリスク絆 画面

この記事に書かれていることは…• バジリスク3の終了画面について。 当初は、設定示唆ではないかと言われていましたが、次回の周期抽選がCZ(チャンスゾーン)当選確定の示唆でしたね。 他にも、この様な示唆がないのか、調べてみました。 ART(バジリスクタイム)終了画面などは、特に変化はないようです。 前作(絆)では、特定の条件で、全員集合といった特殊パターンがありましたね。 エンディング経由では、朧と弦之介の終了画面がみれるようです。 その他にも、特殊条件が、もしかしたら隠されているかもしれませんね。 特殊条件なので、プレミア級だと思います。 確認できたという情報は、まだ出ていないので、調査中です。 その他には、今作での、設定示唆が、小役振り分け以外に、複数あることがわかりました。 把握できている所を、順に説明していきます。 新基準機は、高設定でないと厳しいと言う声も多いので、確認できれば、勝利が目前です。 次項目をご覧ください。 バジリスク3の「追想の刻」に設定示唆 高設定確定演出です。 「追想の刻」のゲーム数に設定6確定の振り分けがあります。 上乗せ込みとの情報もあるので要チェックですね。 こちらをご覧ください。 上乗せ込みなので、10G乗せた後などは、一応覚えておいた方がいいですね。 さらに、ボーナス(バジリスクチャンス)を引いたと場合も、40Gが確定するパターンであれば良いそうです。 60ゲームと間違えないようにしなければいけませんね。 複数引いた場合の継続ゲーム数も参考までにご覧ください。 バジリスク3のボーナス聴牌に設定示唆。 基本となるボーナス(バジリスクチャンス)図柄は、「黄色」と「青」です。 「赤」は、瞳術図柄で「白」はプレミアムバジリスクチャンスとなります。 それでは、振り分けをご覧ください。 パーセントも多いので、特殊な聴牌ボイスには要注目ですね。 これであれば、近場の台の設定も把握できそうです。 矛盾は、問答無用6確定になるみたいですね。 ただ、一部の情報では、設定4挙動台で、矛盾が出たとの報告例も・・・ まだはっきりしていませんが、高設定確定は間違いなさそうですね。 「青」で「この時を~」は5以上。 「黄色」で「この好機~」は3以上、「我が瞳術の~」がでれば、5以上になります。 覚えやすいと思うので、把握しておくことで、絶対に有利です。 設定さえ入っていれば、聞けるレベルですね。 バジリスク3のボーナス(バジリスクチャンス)出現率 バジリスク3でのボーナス(バジリスクチャンス)は、比較的に重いです。 ですが、設定差があるので、ご覧ください。 1000回に1回くらいですが、以外に多く当選している台などもありますね。 バジリスクチャンスの色は、数字はでていませんが、若干設定差あるのではないかと言われています。 設定1= 青色バジリスクチャンスが多い。 設定6= 黄色バジリスクチャンスが多い。 おそらく、黄色バジリスクチャンスは、3以下を否定する示唆がある為と思われます。 今作のバジリスク3での、小役設定差も弱チェリーです。 弱チェリーは、高確ステージ移行の役割もあるので、高設定は必然的に、「弾正屋敷」への移行率もあがります。 設定1~6の弱チェリーの振り分けをご覧ください。 ですが、明らかなのは、設定6は、弱チェリーが、かなり軽くなります。 低設定との差も大分あるので、弱チェリーが頻繁にでるようであれば、高設定の可能性があります。 「弾正屋敷」への移行率も設定差がでます。 CZ(チャンスゾーン)に関係してくるので、結果的には高設定は、CZ(チャンスゾーン)当選率があがります。 次項目は、CZ(チャンスゾーン)の当選率です。 バジリスク3CZ(チャンスゾーン)設定別振り分け。 CZ(チャンスゾーン)は主に、周期モードや、高確率滞在時の周期到達などで、当選します。 周期モード3は、CZ(チャンスゾーン)確定。 高確率中の周期到達もCZ(チャンスゾーン)確定となっています。 それ以外のケースに設定差があるようです。 通常周期到達や、レア役減算時に高確率経由なしで、前兆へ行くパターンですね。 確定を除いた抽選です。 こちらをご覧ください。 設定1 30,1% 設定2 30,1% 設定3 30,1% 設定4 36,8% 設定5 33,6% 設定6 53,6% この様になっています。 設定6だけは、別格ですね。 もし、確定のパターン以外での、CZ(チャンスゾーン)当選が多いようであれば、設定6を意識してもいいと思います。 その他では、大きな差はないので、参考にできるのは、ここまでになります。 バジリスク3の終了画面や、設定示唆のまとめ 今作の、バジリスク3では、ART終了画面などには、設定示唆や特殊なパターンは、現状ありません。 あるのは、エンディング経由時の、終了画面ですね。 「絆」の特殊条件でのプレミアム終了画面の様な物が、もしかしたら、隠されているかもしれません。 ですが、恩恵のあるような画面は、調査しましたが、把握できませんでした。 また、当初は、ボーナス(バジリスクチャンス)終了画面に「朧」が出現することで、設定示唆ではないかと言われていましたが、詳細が分かりました。 バジリスクチャンス終了画面に「朧」出現で、次回周期到達時に、CZ(チャンスゾーン)確定です。 CZチャンスゾーンは、最低でも期待度40%超えなので、周期到達までは、回しましょう。 周期モード3が選択されていれば、1Gもあるかもしれないですね。 バジリスクチャンスでは、聴牌(てんぱい)ボイスに設定差がありました。 振り分けも、大きい数値であるので、当選時は、要注目です。 青は、朧ボイス。 黄色は、弦之介ボイスです。 こちらで、矛盾が発生したら、高設定に王手です。 456確定説もあるのですが、おそらく6確定の可能性が高いです。 また、青で、「この時を~」なら設定5以上。 黄色で、「この好機~」は3以上で、「我が瞳術の~」がでれば、5以上が確定します。 弱チェリーも、頻繁に出現するようでしたら、6を意識しましょう。 弱チェリーと弾正屋敷が頻度が高ければ、高設定の可能性大です。 CZ(チャンスゾーン)の振り分けは、格段に6が強いので、確定パターン以外の周期到達に注意してみてください。 CZ(チャンスゾーン)が軽いようでしたら、6に期待しましょう。 設定示唆の演出は、「追想の刻」にもあります。 40ゲーム継続に注意してみてください。 全体的に見ても、今作のバジリスク3は、設定判別がしやすい印象です。 あとは、ホール様が設定を入れてくれればですね。 新基準機は、設定が上でないと、なかなか勝てません。 設定示唆が勝負所かもしれないですね。 皆様が、高設定を掴めるように、お祈りしております。

次の

バジリスク絆2 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

バジリスク絆 画面

この記事に書かれていることは…• バジリスク3の終了画面について。 当初は、設定示唆ではないかと言われていましたが、次回の周期抽選がCZ(チャンスゾーン)当選確定の示唆でしたね。 他にも、この様な示唆がないのか、調べてみました。 ART(バジリスクタイム)終了画面などは、特に変化はないようです。 前作(絆)では、特定の条件で、全員集合といった特殊パターンがありましたね。 エンディング経由では、朧と弦之介の終了画面がみれるようです。 その他にも、特殊条件が、もしかしたら隠されているかもしれませんね。 特殊条件なので、プレミア級だと思います。 確認できたという情報は、まだ出ていないので、調査中です。 その他には、今作での、設定示唆が、小役振り分け以外に、複数あることがわかりました。 把握できている所を、順に説明していきます。 新基準機は、高設定でないと厳しいと言う声も多いので、確認できれば、勝利が目前です。 次項目をご覧ください。 バジリスク3の「追想の刻」に設定示唆 高設定確定演出です。 「追想の刻」のゲーム数に設定6確定の振り分けがあります。 上乗せ込みとの情報もあるので要チェックですね。 こちらをご覧ください。 上乗せ込みなので、10G乗せた後などは、一応覚えておいた方がいいですね。 さらに、ボーナス(バジリスクチャンス)を引いたと場合も、40Gが確定するパターンであれば良いそうです。 60ゲームと間違えないようにしなければいけませんね。 複数引いた場合の継続ゲーム数も参考までにご覧ください。 バジリスク3のボーナス聴牌に設定示唆。 基本となるボーナス(バジリスクチャンス)図柄は、「黄色」と「青」です。 「赤」は、瞳術図柄で「白」はプレミアムバジリスクチャンスとなります。 それでは、振り分けをご覧ください。 パーセントも多いので、特殊な聴牌ボイスには要注目ですね。 これであれば、近場の台の設定も把握できそうです。 矛盾は、問答無用6確定になるみたいですね。 ただ、一部の情報では、設定4挙動台で、矛盾が出たとの報告例も・・・ まだはっきりしていませんが、高設定確定は間違いなさそうですね。 「青」で「この時を~」は5以上。 「黄色」で「この好機~」は3以上、「我が瞳術の~」がでれば、5以上になります。 覚えやすいと思うので、把握しておくことで、絶対に有利です。 設定さえ入っていれば、聞けるレベルですね。 バジリスク3のボーナス(バジリスクチャンス)出現率 バジリスク3でのボーナス(バジリスクチャンス)は、比較的に重いです。 ですが、設定差があるので、ご覧ください。 1000回に1回くらいですが、以外に多く当選している台などもありますね。 バジリスクチャンスの色は、数字はでていませんが、若干設定差あるのではないかと言われています。 設定1= 青色バジリスクチャンスが多い。 設定6= 黄色バジリスクチャンスが多い。 おそらく、黄色バジリスクチャンスは、3以下を否定する示唆がある為と思われます。 今作のバジリスク3での、小役設定差も弱チェリーです。 弱チェリーは、高確ステージ移行の役割もあるので、高設定は必然的に、「弾正屋敷」への移行率もあがります。 設定1~6の弱チェリーの振り分けをご覧ください。 ですが、明らかなのは、設定6は、弱チェリーが、かなり軽くなります。 低設定との差も大分あるので、弱チェリーが頻繁にでるようであれば、高設定の可能性があります。 「弾正屋敷」への移行率も設定差がでます。 CZ(チャンスゾーン)に関係してくるので、結果的には高設定は、CZ(チャンスゾーン)当選率があがります。 次項目は、CZ(チャンスゾーン)の当選率です。 バジリスク3CZ(チャンスゾーン)設定別振り分け。 CZ(チャンスゾーン)は主に、周期モードや、高確率滞在時の周期到達などで、当選します。 周期モード3は、CZ(チャンスゾーン)確定。 高確率中の周期到達もCZ(チャンスゾーン)確定となっています。 それ以外のケースに設定差があるようです。 通常周期到達や、レア役減算時に高確率経由なしで、前兆へ行くパターンですね。 確定を除いた抽選です。 こちらをご覧ください。 設定1 30,1% 設定2 30,1% 設定3 30,1% 設定4 36,8% 設定5 33,6% 設定6 53,6% この様になっています。 設定6だけは、別格ですね。 もし、確定のパターン以外での、CZ(チャンスゾーン)当選が多いようであれば、設定6を意識してもいいと思います。 その他では、大きな差はないので、参考にできるのは、ここまでになります。 バジリスク3の終了画面や、設定示唆のまとめ 今作の、バジリスク3では、ART終了画面などには、設定示唆や特殊なパターンは、現状ありません。 あるのは、エンディング経由時の、終了画面ですね。 「絆」の特殊条件でのプレミアム終了画面の様な物が、もしかしたら、隠されているかもしれません。 ですが、恩恵のあるような画面は、調査しましたが、把握できませんでした。 また、当初は、ボーナス(バジリスクチャンス)終了画面に「朧」が出現することで、設定示唆ではないかと言われていましたが、詳細が分かりました。 バジリスクチャンス終了画面に「朧」出現で、次回周期到達時に、CZ(チャンスゾーン)確定です。 CZチャンスゾーンは、最低でも期待度40%超えなので、周期到達までは、回しましょう。 周期モード3が選択されていれば、1Gもあるかもしれないですね。 バジリスクチャンスでは、聴牌(てんぱい)ボイスに設定差がありました。 振り分けも、大きい数値であるので、当選時は、要注目です。 青は、朧ボイス。 黄色は、弦之介ボイスです。 こちらで、矛盾が発生したら、高設定に王手です。 456確定説もあるのですが、おそらく6確定の可能性が高いです。 また、青で、「この時を~」なら設定5以上。 黄色で、「この好機~」は3以上で、「我が瞳術の~」がでれば、5以上が確定します。 弱チェリーも、頻繁に出現するようでしたら、6を意識しましょう。 弱チェリーと弾正屋敷が頻度が高ければ、高設定の可能性大です。 CZ(チャンスゾーン)の振り分けは、格段に6が強いので、確定パターン以外の周期到達に注意してみてください。 CZ(チャンスゾーン)が軽いようでしたら、6に期待しましょう。 設定示唆の演出は、「追想の刻」にもあります。 40ゲーム継続に注意してみてください。 全体的に見ても、今作のバジリスク3は、設定判別がしやすい印象です。 あとは、ホール様が設定を入れてくれればですね。 新基準機は、設定が上でないと、なかなか勝てません。 設定示唆が勝負所かもしれないですね。 皆様が、高設定を掴めるように、お祈りしております。

次の