エポス ポイント 投資。 ポイントで投資ができる資産運用5選!楽天ポイント・Tポイント投資を徹底比較

エポスカードでポイント還元を受けながら積み立て投資が可能に!丸井グループが「積み立てNISA」を扱う証券会社発足を発表!

エポス ポイント 投資

tsumiki証券株式会社とは? マルイグループの次の一手。 フィンテックの取り組みの中核を担う証券会社で、 2018年9月から口座開設がスタートしました。 (とーみねは当然口座開設済みです) 特徴としては、下記のようなものが挙げられます。 積み立て投資が可能• 投資信託をエポスカードで購入可能• つみたてNISA対象の投資信託商品を提供 では一つずつ見ていきましょう! 積み立て投資が可能 これは目新しいサービスではないですね。 「つみたてNISA」や「ロボアド」の普及に伴い、若い年齢層でも積み立て投資に対する認知が高くなっています。 とーみねも大好物なほったらかし投資の代表格です! つみたてNISAについて知りたい方はこちら! ロボアドについてはこちら! 投資信託をエポスカードで購入可能 なんと エポスカードで投資信託が購入可能とのことです! クレジットカードで投資信託を購入する仕組みは日本初とのことです。 下記のような特徴が公開されています。 月5万円を上限に積み立てが可能(年間60万円)• 利用は1回払いのみ• 年間の積み立て金額に応じたエポスポイントがたまる• 積み立て期間に応じたエポスポイントがたまる クレジットカードで投資信託を購入する仕組みとはなっていますが、使用できるカードはエポスカードと明記されているので、エポスカード限定のサービスですね。 積み立て金額に応じてエポスポイントがたまる仕組みは相当魅力的です! 積み立てでもらえるポイントについても公開されましたので、後ほど説明したいと思います。 つみたてNISA対象の投資信託商品を提供 今回tsumiki証券では4本の投資信託の取り扱いを予定していますが、その全てがつみたてNISA対象商品となっています。 つみたてNISAの対象商品は実はお得な商品となっており、金融庁より下記のように定義されています。 つみたてNISAの対象商品は、 手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、 長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。 引用: ちなみに下記の4商品が取り扱い予定のようです。 とーみねの考察 ではこのtsumiki証券のサービスを陸マイラーの観点で考察していきたいと思います。 さてtsumiki証券では、積み立て額によりエポスポイントが付与されますが、通常通り0. このエポスカードでの積み立てを利用した場合、通常 積立金額の0. そして、この還元率ですが、 1年毎に0. 年間最大60万の積立が可能(月上限5万)なので、 受け取れる最大ポイント数は3,000ポイントとなります。 例えば、JQエポスカードで決済していた場合はJRキューポが3,000ポイントたまるとすると、 2,430ANAマイルと交換可能となります。 夫婦2人で行えば、 ほったらかしで4,860マイルがたまり、資産運用までできてしまいます。 しかし、tsumiki証券の本当のすごさはポイントがたまるところではなく、 年額60万円の決済が物品購入以外で行える点です。 実はエポスカードはゴールカードになると 年間100万円の決済で10,000ポイントがボーナスでもらえてしまいます。 エポスゴールドカードについてはこちらを参考にしてみてください。 普通の人であれば、1年間で100万決済はなんとか達成可能と思います。 ただし、陸マイラーではそうはいきません。 陸マイラーはよりお得にマイルをためるため、様々なカードを使い分けて日々決済していきます。 そうするとエポスカードで100万決済という目標が難しくなってきます。 そこで、この積み立て投資です! この積み立て投資では年間60万まで投資可能となるので、 設定さえしておけば60万円分の決済は自動で行われるのです。 なので、 残りは40万の決済で済んでしまいます。 また、エポスには エポスファミリーゴールド という家族カードが存在しています。 実はこの制度をtsumiki証券と組み合わせると更なるポイント獲得の効率化が図れる可能性があります。 このエポスファミリーゴールドですが、 家族カード分の決済も合わせて決済額ある一定に到達すると、さらにボーナスポイントをもらうことができます。 さらにその5人全員が残り40万も年間で決済できた場合、ボーナスポイントがそれぞれの家族に10,000ポイントずつで 合計50,000ポイント獲得できます。 さらに100万円決済分の通常ポイントが5人分で 合計25,000ポイント獲得できます。 すると年間で 78,000ポイント たまることになります。 仮に自身がJQエポスゴールドを保持していた場合、家族分のエポスポイントを全て自身に集めてJRキューポに変換することができるので、ANAマイルに交換すると 63,180ANAマイルになります。 もし想定通りであれば、大した労力もかけず、積み立て投資と少しの決済努力で 60,000マイルはお得すぎます。 まだエポスゴールドカードを持っていない方は、エポスカードを取得して決済実績を積み上げましょう! ですが、 エポスカード申し込みでもらえるキャンペーンポイントがすごすぎるので、エポスカードからゴールドカードへの切り替えが圧倒的にお得です。 具体的な手順は下記です。 ポイントサイトから通常のエポスカードを申し込んでポイントゲット!( 3,000~5,000ポイントの還元)• エポスカードが届いたら入会キャンペーンを攻略してポイントゲット!( 最大5,000~8,000ポイントもらえます)• ポイントサイトから通常のエポスカードを申し込んでポイントゲット!( 3,000~5,000ポイントの還元)• エポスカードが届いたら入会キャンペーンを攻略してポイントゲット!( 最大5,000~8,000ポイントもらえます)• JQエポスカードに切り替え( をしてカードが発行されると、勝手に切り替わります)• JQエポスゴールドカードのインビテーションを待って、 年間50万程度JQエポスカードで決済 する JQエポスゴールドのインビテーション条件はこちらで記事にもしていますので、よろしければどうぞ! 謎の「オマモリ」について 謎のオマモリについて動画が掲載されていました。 10月以降に順次配布されるようなので、正体が正確にわかればお伝えしたいと思います。 コンセプトは 「ちょっと不安な資産づくりを、見てさわれる形にしてみました。 お守りのような存在として、 いつもそばに置いてください。 」とのことです。

次の

エポスカードで【投資信託】tsumiki証券のメリットは?(ゴールドにあり)|あとうマネーブログ

エポス ポイント 投資

皆さん、クレジットカード等で貯まったポイントはどうされてますでしょうか? 商品に交換、ショッピングに利用等、できますが、せっかくなら有利に使いたいですよね。 そこで、私は最近、ポイント投資を始めてみました。 私はFPとしてマネーセミナーを行っておりますが、その中で、お金の使い方の話をしております。 お金の使い方は3つ。 もちろん、浪費が絶対に悪い訳ではなく、人生を豊かにするために、多少は必要でしょう。 ですが、元々ないものだからとポイントをガンガン浪費に使うのではなく、どうせなら、ポイントで投資をして、そのリターンを浪費に回すというのはいかがでしょうか。 そこで、今回、ポイント投資について、お伝えします。 ポイント投資は、大きく2種類 ポイント投資は大きく2種類あります。 dポイント投資 dポイントは、スマホの利用料でポイントが貯まるので、ドコモユーザーにはお勧めのポイントです。 さらに、dカードゴールドを持つと、利用料の10%がポイント還元されるので、非常に有利になります(年会費は10,000円 税抜)掛かりますが、うまく使えば相当お得になります)。 ちなみに、ドコモユーザーでなくても、dポイントクラブに登録すれば、dポイントは使えます。 dポイント投資の特徴は以下の通り。 ・dポイントクラブ会員であれば100ポイントから投資できる(ドコモ回線でなくても可) ・ポイントが投資信託の価額に連動して毎日変動する ・「おまかせ」と「テーマ」の2つのサービスがある 「おまかせ」・・・積極的な「アクティブコース(債券よりも株式に大きく比重を置き、高いリターンを目指すコース)」と、安定的な「バランスコース(株式よりも債券にやや比重を置き、安定したリターンを目指すコース)」から選べる(両方の選択は不可。 変更は可)。 「テーマ」・・・8つのテーマ型ETF(上場投資信託)から好きなものを選べる(複数テーマ選択可能)。 ・運用しているポイントは、いつでも1ポイントからdポイントに戻せる ちなみに、私は取りあえず貯まっていたポイントを、「おまかせ」の「アクティブ」に放り込みました。 ドコモユーザーでdアカウントをお持ちの方は、2020年5月31日までキャンペーンをやってますので、こちらからどうぞ。 エポスポイント投資 マルイのお店やネット通販のよく利用する人には必須の「エポスカード」で貯まるのが、エポスポイント。 そして、プラチナ・ゴールド会員であれば、ポイント投資ができるようになります。 マルイの利用者でなくても、エポスゴールドカードが保険料の支払いにも有利であることは別の記事で書きました。 エポスポイント投資の特徴は以下の通り。 ・プラチナ・ゴールド会員限定 ・100ポイントから投資できる ・ポイントが投資信託の価額に連動して毎日変動する ・4つのコースがあり、そのコースごとに連動する投資信託が設定されている 「はじめてコース」・・・セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 「よくばりコース」・・・セゾン資産形成の達人ファンド 「げんせんコース」・・・コモンズ30ファンド 「わくわくコース」・・・ひふみプラス ・運用しているポイントは、いつでも1ポイントからエポスポイントに戻せる ちなみに、私は、実際の投資もしているひふみプラス(わくわくコース)とセゾン資産形成の達人ファンド(よくばりコース)に分散して投資しました。 元々ないものと思えば、積極的な運用にも気軽にチャレンジできますよね。 国もキャッシュレス決済を推進している時代ですから、ポイントをできるだけ有利に貯めて、そして、貯めたポイントをできるだけ有利に活用したいですね。

次の

tsumiki証券の評判と口コミを徹底解説!エポスポイントが貯まる

エポス ポイント 投資

株式会社お金のデザインの投資信託についてはをご覧ください。 (アクティブコースとバランスコースの両方を選択いただくことはできません。 ) アクティブコース:「グロース」と「インカム」が80:20の資産配分となります。 バランスコース:「グロース」と「インカム」が45:55の資産配分となります。 「インカム」の運用成績は、世界の債券を最終投資対象とする「THEOインカム・AIファンド(世界の債券中心)」の基準価額に連動します。 これらの投資信託の基準価額は、新聞の投信基準価格欄、投資信託協会のホームページ又は当社指定企業のホームページ等に毎日公表されます。 また、これらの投資信託の運用内容については、当社指定企業のホームページで閲覧することができます。 (土日祝は増減いたしません。 また、これらのETFの運用内容については、当社指定企業のホームページで閲覧することができます。 詳細は、<ポイント運用スケジュール>及び各テーマの運用のページにてご確認ください。

次の