クリステン スチュワート。 クリステン・スチュワート

クリステン・スチュワートの新恋人は?バイセクシャル女性?

クリステン スチュワート

現在はファッションブロガーのサラ・ディンキンと交際中。 当時、自分のセクシャリティを明言したことについて、 「過去の(男性との)交際については一切話してこなかったけど、女の子と交際を始めた途端、自分が何かポジティヴなことを発信できるって気づいたの」(T Magazine誌に語って)、 「たとえそれが一人であっても、自信を与えられるなら、自分を少しだけ明け渡そうと思う機会になった」(The London Sunday Times 紙に語って)と話していたクリステン。 しかし、最近になり、必ずしもカミングアウトする必要は無かったのではないかと、以前とは少し考えを変えたよう。 近年、LGBT+への関心がますます高まるなか、自分の性的指向やセクシャリティについて、「あえて定義したり、明言したくない」と考える若者が増えている。 「自分を(性的指向やセクシャリティによって)分類しなくてもいいっていう風潮は、より誠実でいいと思う。 だって、今、高校とかでこんな話題について話したら、きっと若い子たちは呆れた顔をして『なんで何でもかんでもそうやって複雑にしちゃうわけ? 何でも自分の好きなようにすればいいじゃん』とか言うんでしょ。 それって、私がずっと追い求めてた状況だよ。 だから、ありがとうって言いたくなる。 若者たちよ、どんどんリードして。 この流れはすごく良いから」 もちろん、自分のアイデンティティを探求するうえで、性的指向やセクシャリティを定め、それを公言することで、より自由に、楽しく生きられる人も多い。 しかし、あえてそれを公言しないことも、個人に与えられた自由であり、権利でもある。 クリステンは、 「女の子が好きだろうと、男の子が好きだろうと、それは自分自身の内面を語るうえでは、説明の序章にもならない」と、性的指向やセクシャリティはその人のすべてを表すものではなく、たくさんある側面のうちの1つに過ぎないとも語っている。 「私たち社会はまだ、アイデンティティというものの複雑さをうまく説明する言葉を持ち合わせていないように感じるの」と、どんどん進化する若者たちの文化に比べ、社会全体としてはまだ、ジェンダー・フリュイディティ(性の流動性)やセクシャリティの定義づけに関して苦戦していると分析したクリステン。 自身が初めて監督としてメガホンを取る現在制作中の伝記映画『The Chronology of Water(ザ・クロノロジー・オブ・ウォーター)』では、水泳選手からアーティストへと転身を遂げた実在するバイセクシャル女性の波乱万丈な生涯を描くことを通じて、性別やセクシャリティなどにまつわる難しいトピックにも焦点を当てたいと語っている。 (フロントロウ編集部).

次の

www.videocon.com: パーソナル・ショッパー(字幕版): クリステン・スチュワート, ラース・アイディンガー, シグリッド・ブアジズ, オリヴィエ・アサイヤス: generic

クリステン スチュワート

「十分言われてきた。 『悪いことは言わないから、女の子と手をつないで外を歩いたりしないで。 そうすればマーベル映画にだって出演できるんだから』ってね。 でも、べつにそんな人たちと一緒に働きたくないし」。 クリステンは『トワイライト』で共演したロバート・パティンソンと交際中に、自身の主演映画『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督と不倫関係に。 その後は、セイント・ヴィンセント、歌手のSoKo、ステラ・マックスウェルと交際してきた。 2017年には「サタデー・ナイト・ライヴ」で「私はすっごくゲイ」とカミングアウトもしている。 カミングアウトしたのは「ただ単に、人生を楽しみたいだけ」とクリステン。 「それに、(カミングアウトしないで)自分の生活を守ろうとすると、どんどんダメになっていっちゃう。 たとえば、付き合っている人と一緒に外に出られないとか、インタビューを受けて話すことができないとかね」。 「世界には私のことを嫌いな人がいる。 女性とデートしている私のことがイヤという人たちね。 それでも、人ってそういうことを知りたがるでしょ。 何なのって感じ」と語った。 クリステンは現在脚本家のディラン・マイヤーと交際中だ。 《Hiromi Kaku》.

次の

www.videocon.com: パーソナル・ショッパー(字幕版): クリステン・スチュワート, ラース・アイディンガー, シグリッド・ブアジズ, オリヴィエ・アサイヤス: generic

クリステン スチュワート

クリステン・スチュワートの男性との交際 クリステン・スチュワートは、 1990年4月9日生まれの26歳。 クリステン・スチュワートが交際した男性は、 2004年公開の映画『speak』で 共演した マイケル・アンガラノ 2008年公開の映画『トワイライト』シリーズで 共演した ロバート・パティンソン 2012年に映画監督 ルパート・サンダースとは、 不倫〜破局〜復縁〜再破局。 この時、既婚者ルパート・サンダースは41歳、 クリステンは22歳。 このルパート・サンダースとの不倫によって 振り回された感のある22歳のクリステンは、 男性に嫌気が差したのでしょうか? ちなみに映画監督ルパート・サンダースは 妻に離婚申請をされて離婚しました。 その後、クリステンは、元恋人の ロバート・パティンソンと復縁したとか、 イギリス出身の俳優 ニコラス・ホルトと 噂になったりしていましたが、、、。 そして、女性との交際 2014年頃に 元アシスタントの アリシア・カーガイルとの恋愛報道が 流れ始めました。 アリシア・カーガイルとは古くからの友人だ ということですが、手をつないでいる所や お揃いのタトゥーを入れていたり、 キス現場をキャッチされたりしています。 男性との交際の最中にも、 いろいろと親身になって相談に乗ってくれた であろうアリシア・カーガイルとは、 今までの反動もあってか友達以上の 関係になってしまいました。 その友達以上の関係になり、 恋愛報道もされたアリシア・カーガイルとも 破局したようです。 もう男性は愛せない? アリシア・カーガイルとの破局後、 現在の新しい恋人とされるのは フランス人で女性歌手のSoKo(ソコ)です。 現在、フランスを拠点に、 シンガーソングライターや女優で 活躍しています。 SoKo(ソコ)は、完全ベジタリアンの ビーガンでバイセクシャルです。 アリシア・カーガイルとも破局後は 男性と交際することもなく、 次の新しい女性の恋人が現れました。 変な男にハマったり、 酒に溺れたりすることもないのが幸いです。 クリステン・スチュワートはバイセクシャルな大女優へ 上記のアリシア・カーガイルとの 交際中に クリステンの母親である ジュールズ・スチュワートが、 この二人は恋人であると証言しました。 ジュールズ・スチュワートは、 ハリウッドで活躍している脚本家で 映画監督としてメガホンもとったりしています。 母親であるジュールズ・スチュワートからすれば、 かわいい我が子でありながら、 自身の仕事に活かせそうな素材でもありそうです。 映画で共演した男性俳優たちとの交際、 映画監督との不倫、元アシスタント女性、 そして、現在のフランス人女性歌手との交際と、 男女問わず様々な人物と 交際しているクリステン・スチュワート。 若くして得たこれらの経験は、 単にバイセクシャルというだけではなく、 今後、大女優として老若男女、 同性愛者と全ての人に支持されそうです。 そして、クリステン・スチュワートの 次の交際相手は男性なのか女性なのか、、、 気になりますね。 【関連記事】.

次の