遺族厚生年金 金額 目安。 遺族年金はいくらもらえる?押さえておくべき年金額と改正のポイント

【FP監修】遺族年金とは?妻が受給できる金額や受給資格について徹底解説 マネリー

遺族厚生年金 金額 目安

はじめに:遺族年金とは? 生命保険に加入するときに知らなければいけないのがこの遺族年金です。 一家の大黒柱に万が一のことがあったときに遺族が受け取ることのできる年金です。 遺族年金には主に以下の2つがあります。 遺族基礎年金(自営業)• 遺族厚生年金(会社員・公務員) どの遺族年金を受け取れるかについては、亡くなった人の職業によって異なります。 また、遺族年金をもらえる遺族の範囲も年金の種類によって異なります。 ただし、地方公務員については平成27年9月30日までの地方公務員共済組合員期間があれば、経過措置として、加入期間に応じた「職域部分」の年金が共済組合より支給されます。 (参考:) それではこれから亡くなった時にどれくらい受け取れるか見ていきましょう。 遺族年金の受給と年金額の目安とは これから遺族年金がどれくらい受取れるのか目安をお伝えしていきますが、年収や年金の納付期間によっても違いますのであくまでも目安としてご覧ください。 会社員・公務員の人が亡くなった場合の遺族年金 会社員・公務員の方が亡くなり、妻と子がいる場合、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」が併せて受給できます。 末子が18歳に到達する年度末になると遺族基礎年金の受給資格がなくなります。 それからは遺族厚生年金だけになりますが、中高齢寡婦加算が受給できるようになります。 会社員・公務員の夫が亡くなった場合の遺族年金の支給イメージ 夫の平均標準報酬月額は35万円、他に妻と子供2人がいる場合のイメージ(年額)です。 平成30年度の金額をもとにイメージを作成しています。 子供の人数や報酬によって額はかわります。 (参照元:日本年金機構「」) ただし、子どもがいなかったり、いても成人しているような場合、遺族基礎年金は支給されません。 また、夫が亡くなったが子どもがまだ20代と若い場合は、遺族厚生年金も5年しか支給されません。 自営業の人が亡くなった場合の遺族年金 自営業の方が亡くなった場合は「遺族基礎年金」のみの受給となります。 ただし、死亡一時金寡婦年金が受け取れる可能性があります。 自営業者の夫がなくなった場合の遺族年金の支給イメージ 妻と子供2人がいる場合のイメージ(年額)です。 平成30年度の金額をもとにイメージを作成しています。 子供の人数によって額はかわります。 (参照元:日本年金機構「」) 寡婦年金とは 保険料納付期間が25年以上ある自営業の夫が死亡したとき、第1号被保険者期間だけで計算した年金額の4分の3が支給されるものです。 受け取れるのは婚姻関係が10年以上あり、65歳未満の妻で60歳から65歳までの5年間受け取れます。 ただし亡くなった夫が老齢基礎年金や障害年金を受給していたり、妻が老齢基礎年金の繰り上げを受給している場合は受け取ることができません。 死亡一時金とは 第1号被保険者として保険料を3年納めた人が老齢基礎年金や障害基礎年金を受け取らないまま亡くなった場合は、死亡一時金が受け取れます。 寡婦年金のどちらも受けられる場合は、一方を選んで受け取ります。 死亡一時金の金額は納付期間と保険料免除期間に応じて12万円~32万円となります。 遺族年金の支給される金額 遺族年金は職業・所得・保険料払込期間によって支給金額が変わりますが、目安は以下のようになります。 (参照元:日本年金機構「」) このように家族構成や職業によって支給金額が違いますが遺族が、生活をしていく上で一定の金額は受取れます。 生命保険を検討する時は必ず自分の遺族年金で受取れる金額を知ってからどれくらい加入するか決めましょう。 生命保険の必要額の計算については「」で詳しく解説しています。 遺族基礎年金は父子家庭も受給できる 平成26年3月までは、遺族基礎年金を受給できる人は「子どもがいる妻」や「子ども」に限られていました。 夫は受給の対象外でしたが、男女差を解消しようということで「子供のいる妻」から「子どものいる配偶者」に変わったため、父子家庭でも受給ができるようになりました。 ただし、遺族基礎年金を受け取れる夫(子どものいる夫)で妻の死亡時に55歳以上の場合は、60歳までの支給停止は行われず、60歳前でも遺族厚生年金を受け取れる。 なお、夫が遺族基礎年金しか受け取れない場合、遺族厚生年金は子どもが受け取れる。 (参照元:生命保険文化センター「」) ただし、遺族厚生年金については改正はなく、平成26年3月以前のままです。 ここで遺族厚生年金を受け取れる人をみていきましょう。 【遺族厚生年金を受け取れる人】 ・亡くなった人によって生計を維持されていた妻・子・孫 子どもや孫の年齢条件、生計維持の条件は遺族基礎年金と同じです ・亡くなった人によって生計を維持されていた55歳以上の夫、祖父母 いずれも支給開始は60歳からです 注意したい点としては、夫に年齢制限がある点です。 遺族が妻だけの場合、妻が亡くなった時に夫が55歳未満ですと、遺族厚生年金を受け取ることができません。 ただし、対象年齢の子どもがいればその子どもが高校を卒業する年になるまで遺族厚生年金を受け取ることができます。 遺族厚生年金が遺族基礎年金と違う点は、対象年齢の子どもがいない妻でも給付金を受け取れるという点です(夫が30歳未満で死亡した場合は妻は5年間のみしか受け取ることができません)。 夫が死亡したときに妻が40歳以上であったり、子どもが高校を卒業して遺族基礎年金を受け取れなくなったりした場合、64歳まで年額57万9700円を受け取れる制度もあります。 まとめ 生命保険の加入をするなら、知らなければいけないのがこの遺族年金です。 一家の大黒柱に万が一のことがあったときに遺族が受け取ることのできる年金です。 特に子どもがいる場合大きな保障が受けられるので、生命保険に加入をするときまたは見直しをするときは必ず確認しましょう。

次の

遺族共済年金とは?金額の目安と手続上の基礎知識

遺族厚生年金 金額 目安

厚生年金保険 遺族厚生年金 支給要件• 被保険者が死亡したとき、または被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき。 ただし、遺族基礎年金と同様、死亡した者について、死亡日の前日において保険料納付済期間 保険料免除期間を含む。 が国民年金加入期間の3分の2以上あること。 老齢厚生年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。 1級・2級の障害厚生(共済)年金を受けられる者が死亡したとき。 対象者 死亡した者によって生計を維持されていた、• 子、孫(18歳到達年度の年度末を経過していない者または20歳未満で障害年金の障害等級1・2級の者)• 55歳以上の夫、父母、祖父母 支給開始は60歳から。 ただし、夫は遺族基礎年金を受給中の場合に限り、遺族厚生年金も合わせて受給できる。 平均標準報酬月額とは、平成15年3月までの被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額の総額を、平成15年3月までの被保険者期間の月数で除して得た額です。 平均標準報酬額とは、平成15年4月以後の被保険者期間の計算の基礎となる各月の標準報酬月額と標準賞与額の総額を、平成15年4月以後の被保険者期間の月数で除して得た額(賞与を含めた平均月収)です。 これらの計算にあたり、過去の標準報酬月額と標準賞与額には、最近の賃金水準や物価水準で再評価するために「再評価率」を乗じます。 125及び1000分の5. 481については、死亡した方の生年月日に応じて経過措置があります。 これを、中高齢寡婦加算といいます。 18歳到達年度の末日(3月31日)を経過していない子•

次の

遺族年金の計算方法 誰でも5分で簡単に計算できる | マネーの達人

遺族厚生年金 金額 目安

遺族基礎年金の計算方法 77万9,300円+子の加算• 第1子、第2子:22万4,300円• 第3子以降:7万4,800円 遺族基礎年金の性質は、残された子供の支援が目的となりますので、18歳未満の子供(障害等級1級、2級の子は20歳まで)がいる配偶者と子が支給対象になりますので、 子供が18歳を超えた場合は遺族年金の支給が停止されます。 遺族基礎年金の計算例 それでは、16歳、14歳、10歳の子供を持つ配偶者の場合はいくらの遺族年金が受給できるのか計算を行いたいと思います。 遺族基礎年金だけで生活することは難しいかもしれませんが、遺族年金は全額非課税となりますので所得には計算されません。 したがって毎年130万円程度の非課税収入が子供の年齢が18歳を超えるまで支給されるというメリットがあります。 詳しくは「」をご参照ください。 遺族厚生年金の計算方法 遺族厚生年金は、厚生年金に加入者が受給できる遺族年金の一種となり、国民年金加入者は受給することができません。 一方、 厚生年金加入者は遺族基礎年金と遺族厚生年金の両方を受給できることから非常にメリットがあると言えるでしょう。 この遺族厚生年金は亡くなった方がどのくらいの期間厚生年金に加入したのか?また、いくらの保険料を納付したかによって受給できる金額が異なります。 遺族厚生年金の計算方法• 遺族基礎年金とは異なり「妻」は一生涯支給対象になることが最大の特徴です。 ただし、妻でも30歳未満の子供がいない場合は5年間の有限支給となります。 厚生年金加入期間が300ヶ月未満でも300ヶ月加入したとみなす 厚生年金の加入期間が300ヶ月に満たずして亡くなってしまう方もいるでしょう。 このような場合は救済措置として、 厚生年金の加入期間が300ヶ月に足りない場合でも300ヶ月加入したとみなすことが可能になります。 厚生年金加入期間 遺族厚生年金の加入期間 300ヶ月未満 300ヶ月として計算 300ヶ月以上 実際に加入した期間で計算 遺族厚生年金の計算例 遺族基礎年金の計算例と同様に16歳、14歳、10歳の子供を持つ配偶者の場合で遺族厚生年金の受給額を計算したいと思います。 また、遺族厚生年金の加入期間は120ヶ月とし、老齢厚生年金(報酬比例の年金額)は30万円として計算を行いたいと思います。 厚生年金の加入期間と受給金額の確認方法 さて、遺族厚生年金の加入期間と受給金額を確認するには、「ねんきん定期便」をご覧頂ければ確認が可能となります。 ねんきん定期便の赤枠部分の加入期間と加入年金額をご確認いただき、ご自身やご家族がどの期間加入しているのか。 どのくらいの金額を受給できるのか事前にチェックすることをおすすめします。 遺族基礎年金・遺族厚生年金の受給額早見表 さて、エクセルでのシミュレーションの前に簡単に遺族年金の受給額を知りたいという方に向けて遺族年金受給額の早見表を作成しました。 早見表は、「遺族基礎年金のみ」、「遺族基礎年金+遺族厚生年金」のケースで作成しておりますのでご確認をください。 遺族基礎年金の早見表 遺族基礎年金+遺族厚生年金の早見表 遺族年金計算用のエクセルシミュレーション 遺族年金を計算するために便利なエクセルシミュレーションを作成しましたので以下よりダウンロードが可能です。

次の