バカリズム 女子 と 女子。 マセキ芸能社 MASEKI GEINOSHA Official Site

バカリズム「女子あるあるネタ」から学ぶ こんな女子になってはならぬ5つのポイント

バカリズム 女子 と 女子

最近お笑い芸人さんのコントや漫才を真剣に見るようになりました。 又吉直樹さんの「火花」が芥川賞を 受賞された時「たしかに、芸人さんの人間観察力は半端ない」と感じたのです。 「火花」の登場人物の描写は、とても微細に書かれており、その人物像が浮き上がってきていました。 人の観察は小説を書く手助けになるのだな、と痛感したのです。 話は変わりますが、近頃バカリズムさんの「女子あるある」コントが話題を呼んでいるのはご存じでしょうか? 女子がしがちな行動やしぐさを面白おかしくコントとして演じているのですが、それがよくわかるわ~というような内容で、女性から男性まで幅広い方々にウケているようです。 バカリズムさんは作詞家、脚本家、俳優の活動もしている多彩な方。 ですから、又吉さん同様洞察力が鋭いんですね。 女子を馬鹿にしているという意見もありますが、ならばいっそ反面教師にすればもっといいオンナになれるはず! そこで今回は、バカリズムさんのコント「あるある女子ネタ」から学ぶ反面教師ポイントを5つご紹介します。 目次 [開く]• 流行語「女子力高くなりたあい」「私ってそういう人」をむやみに連発しないこと 女性らしさや、モテ度、あなたがどういう人かは第三者が分析して言ってくれるのが自然。 「私、女子力低い人だからぁ~」なんて口癖にしないでください。 何度も言っているうちにリアルに低い人になってしまいますよ! 2. 「ですよね」「じゃん」 以前から若者言葉「~じゃないですか」という相手がそう考えていること前提の、上から目線会話が問題になっていました。 「私、中身が男じゃん」、「恋と仕事なら仕事選んじゃう人じゃん?」などなど。 そんな風に決めてかかると、そう思っていない相手は困ります。 対応を困らせないように気配りを。 メイクなしでもキレイ自慢をしないこと 「私、スッピンでも全然でかけるよ~」なんてアピールは「化粧しなくてもきれい」「肌きれい」と周りに言って欲しいという願望が透けてみえます。 女同士にありがちなマウンティングですね。 そんなことよりも友達同士でナチュラルメイクの仕方を教え合うほうがキレイ度はあがりそうです。 話題転換に脈絡がない気まぐれな会話に気をつける 相手の話を聞いているように見せかけて、突如「トイプードルかわいい!」、「パンケーキシャメろ」 、「あ! ハッピーバースデー!」など自分の世界に走るのは……NG。 話がよく飛ぶのは女子にとってはありがちですが、果たしてそれは男性から見るとかわいいのか……。 女子同士なら許されるかもしれませんがTPOをわきまえましょう。 自撮りキメ顔でモデル気分にひたらない もちろん1度や2度ならいいのですが、テーブルにお料理が運ばれるたびに一緒にポーズと、キメ視線をしてセルフィーをしていると、やり過ぎ感が漂います。 デート中、カレもトホホと感じているかもしれません。 もちろん友達との場合も同様。 周りから見ても痛いと認定されてしまいますよ。 バカリズムさんのコントにかぎらず、お笑いネタで「こんな女性いるよね~」系の芸を見た場合は、我が身に当てはめてみると「もしかしてかっこ悪い?」、「嫌がられてる?」と気づく場合があります。 そういうモテ視線でお笑いを見るのも勉強になるかもしれません。 人の振り見て……です! (二松まゆみ).

次の

星野源とバカリズム 「女子」呼称問題を語る

バカリズム 女子 と 女子

バカリズムさんがOLに成り切って綴ったブログ『架空升野日記』。 2017年のドラマ化に続き、映画化される本作で、原作、脚本、主演と一人三役を務めたバカリズムさんへのスペシャルインタビュー。 後編では共演者の皆さんとのエピソードを中心に伺います。 バカリズム: あのメンツは、このエピソードだからこういう人を出してみようか……という感じで、その日その日で決めていきましたね。 結果、順番に一人ずつ増えていったんです。 撮影現場の雰囲気も「まぁ、楽しくやりましょう」って感じで、最初から良かったです。 誰かと特別仲良かったという感じでもなく、ず~っと5人でワイワイやっていた感じでしたね。 バカリズム: あまり変わらなかったですね。 カットが掛かっても、トーンはずっと同じ感じで。 みんな、それぞれ結構自分に近い役柄というのもあってなのか、現場の雰囲気と作品のトーンがわりとリアルだからというのもあってなのか、それぞれの役にちょっと引っ張られている感はありましたね。 バカリズム: 夏休み明けのどこかフワフワした、ちょっと照れ臭い感じが撮影初日にあったんですが、撮影が始まるとそれぞれ感覚を取り戻すというか。 「あ、こんな感じだったね」みたいな感じで、懐かしさもありつつ割りと直ぐに戻れましたね。 バカリズム: 映画の撮影が終わってから、このメンバーで2回ありましたね。 でも、その時もやっぱりこのメンバーで集まると、ちょっと撮影の時の空気感はありましたよ。 バカリズム: ありますあります。 例えば、夏帆さんが普段、全然そんなことやったことないんだけど、みんなのスケジュール聞いてお店決めてくれたりとかして仕切ってくれて。 でも、このメンバーでグループラインするのは、その時ぐらいで全然ラインしないんです 笑。 バカリズム: 全くしていないですよ 笑。 一般の人よりも人と会う機会は少ないと思います。 仕事が終わったら、直ぐに自分の作業場にず~っと籠って作業をしたりするんで。 人と接すること自体が少ないので観察自体していないです。 そもそもがネタにしようと思って、人のことを見てはいないので。 だとしたら、あのリアルなキャラクターはどうやって作り上げられたのでしょうか。 バカリズム: 何となく……全部パソコンの前で思い浮かべて、想像して、当てはめていった感じです。 こうしようというよりも自然の流れで生まれていった感じですね。 さて、そんな『架空OL日記』の中で描かれている女性の中で、外見ではなく内面的に好みの方はいらっしゃいますか。 バカリズム: あのロッカールームの、あのメンバーはもうヘンな人ばっかりなので 笑 、自分が男性として考えた場合は、ちょっと大変そうだなっていうのがありますね。 ま、その中でも、かろうじて小峰様がまともかな、ちゃんとしているなっていうのはあるんですけど。 バカリズム: そうなんですよね。 バカリズム: あんまり、一般の方と接する機会は無いので、どうしてもこの業界にいる人になっちゃうんだけど、仕事をしていく中でその人のポジションが変わっていくことってあるじゃないですか。 で、そこで激しく変わったときに、僕は以前のあなたしか知らないのに、そんなガラっと変わるんだって。 「お前、急になんで女優面しているの!?」みたいな 笑。 俺、過去のお前知っているんだけど、前の仕事のこと言っちゃダメなんだっけ、みたいな 笑。 バカリズム: そうそう。 そういうのを見ると、やっぱり、脚本の仕事をやったからといって脚本家面するのはやめようって。 やっぱり、飽くまでも肩書きは絶対、芸人というのは守っていこうっていうのはすごく思いますよね。 今日はありがとうございました。 映画『架空OL日記』は2月28日(金)より全国ロードショー プロフィール バカリズム(升野英知:ますの・ひでとも) 1975年11月28日、福岡県生まれ。 95年、芸人コンビ「バカリズム」を結成。 コンビ解散後、05年よりピン芸人=バカリズムとして活動開始。 12年に自身が監督・脚本・主演を務めたオムニバス映画『バカリズム THE MOVIE』が公開。 14年には『素敵な選TAXI』で連続ドラマの脚本を初めて手掛け、役者としても出演を果たす。 ドラマ『架空OL日記』では脚本・主演を務め、第36回向田邦子賞、第55回ギャラクシー賞のテレビ部門特別賞を受賞した。

次の

バカリズム 女性の行動のここが理解できない!映画『架空OL日記』スペシャルインタビュー【後編】 » 女子カレLOVABLE

バカリズム 女子 と 女子

バカリズムさんがOLに成り切って綴ったブログ『架空升野日記』。 2017年のドラマ化に続き、映画化される本作で、原作、脚本、主演と一人三役を務めたバカリズムさんへのスペシャルインタビュー。 後編では共演者の皆さんとのエピソードを中心に伺います。 バカリズム: あのメンツは、このエピソードだからこういう人を出してみようか……という感じで、その日その日で決めていきましたね。 結果、順番に一人ずつ増えていったんです。 撮影現場の雰囲気も「まぁ、楽しくやりましょう」って感じで、最初から良かったです。 誰かと特別仲良かったという感じでもなく、ず~っと5人でワイワイやっていた感じでしたね。 バカリズム: あまり変わらなかったですね。 カットが掛かっても、トーンはずっと同じ感じで。 みんな、それぞれ結構自分に近い役柄というのもあってなのか、現場の雰囲気と作品のトーンがわりとリアルだからというのもあってなのか、それぞれの役にちょっと引っ張られている感はありましたね。 バカリズム: 夏休み明けのどこかフワフワした、ちょっと照れ臭い感じが撮影初日にあったんですが、撮影が始まるとそれぞれ感覚を取り戻すというか。 「あ、こんな感じだったね」みたいな感じで、懐かしさもありつつ割りと直ぐに戻れましたね。 バカリズム: 映画の撮影が終わってから、このメンバーで2回ありましたね。 でも、その時もやっぱりこのメンバーで集まると、ちょっと撮影の時の空気感はありましたよ。 バカリズム: ありますあります。 例えば、夏帆さんが普段、全然そんなことやったことないんだけど、みんなのスケジュール聞いてお店決めてくれたりとかして仕切ってくれて。 でも、このメンバーでグループラインするのは、その時ぐらいで全然ラインしないんです 笑。 バカリズム: 全くしていないですよ 笑。 一般の人よりも人と会う機会は少ないと思います。 仕事が終わったら、直ぐに自分の作業場にず~っと籠って作業をしたりするんで。 人と接すること自体が少ないので観察自体していないです。 そもそもがネタにしようと思って、人のことを見てはいないので。 だとしたら、あのリアルなキャラクターはどうやって作り上げられたのでしょうか。 バカリズム: 何となく……全部パソコンの前で思い浮かべて、想像して、当てはめていった感じです。 こうしようというよりも自然の流れで生まれていった感じですね。 さて、そんな『架空OL日記』の中で描かれている女性の中で、外見ではなく内面的に好みの方はいらっしゃいますか。 バカリズム: あのロッカールームの、あのメンバーはもうヘンな人ばっかりなので 笑 、自分が男性として考えた場合は、ちょっと大変そうだなっていうのがありますね。 ま、その中でも、かろうじて小峰様がまともかな、ちゃんとしているなっていうのはあるんですけど。 バカリズム: そうなんですよね。 バカリズム: あんまり、一般の方と接する機会は無いので、どうしてもこの業界にいる人になっちゃうんだけど、仕事をしていく中でその人のポジションが変わっていくことってあるじゃないですか。 で、そこで激しく変わったときに、僕は以前のあなたしか知らないのに、そんなガラっと変わるんだって。 「お前、急になんで女優面しているの!?」みたいな 笑。 俺、過去のお前知っているんだけど、前の仕事のこと言っちゃダメなんだっけ、みたいな 笑。 バカリズム: そうそう。 そういうのを見ると、やっぱり、脚本の仕事をやったからといって脚本家面するのはやめようって。 やっぱり、飽くまでも肩書きは絶対、芸人というのは守っていこうっていうのはすごく思いますよね。 今日はありがとうございました。 映画『架空OL日記』は2月28日(金)より全国ロードショー プロフィール バカリズム(升野英知:ますの・ひでとも) 1975年11月28日、福岡県生まれ。 95年、芸人コンビ「バカリズム」を結成。 コンビ解散後、05年よりピン芸人=バカリズムとして活動開始。 12年に自身が監督・脚本・主演を務めたオムニバス映画『バカリズム THE MOVIE』が公開。 14年には『素敵な選TAXI』で連続ドラマの脚本を初めて手掛け、役者としても出演を果たす。 ドラマ『架空OL日記』では脚本・主演を務め、第36回向田邦子賞、第55回ギャラクシー賞のテレビ部門特別賞を受賞した。

次の