アナと雪の女王 ネタバレ。 アナ雪2のネタバレ結末あらすじ考察!エルサやオラフは最後どうなる?

アナと雪の女王2のネタバレあらすじ!クリストフとアナは結婚した?

アナと雪の女王 ネタバレ

最初にこの動画を見てもらえるとイメージしやすいと思います。 その前に前作の復習をしたい方は、「」を見てくださいね。 「秘密の森」の精霊と伝説の川「アートハラン」 幼い頃のアナとエルサは、 父のアグナル国王(アレンデールの前の国王)から 昔話を聞いていました。 アナとエルサの祖父・ルナード国王の時代、 北方に住む先住民族のノーサルドラ人との平和の証(あかし)にルナードは 二つの国を結ぶダムを建設しました。 「アナと雪の女王」のアレンデール国王とウォルトが似てる!? 似てると思ったらRT — ディズニーランド裏ワザ情報 disnyinfo しかし、その祝宴の席で争いが起こり、それに 怒った精霊たちが人々を霧の中の「魔法の森」の閉じ込めてしまいました。 でもなぜか、アナとエルサの 父・ルナード王子だけ助けられてアレンデール王国に戻り、亡くなった祖父から国王の座を受け継いだのです。 アナとエルサの母・イドゥナ王妃は幼い頃から 伝説の川「アートハラン」の子守唄を聞かせていました。 アナとエルサが母から聞いた伝説の川「アートハラン」と「精霊」が今回の鍵に。 アナとエルサの祖父が建てた「ダム」も後半では物語と大きく関係してきます。 「アナと雪の女王2」の登場人物すべてを『 』で紹介してますので、ご一緒にぜひ!ご覧くださいね。 エルサとアナ達が魔法の森へ行く 『アナと雪の女王2』のポスターIMPにきてた。 やっぱりエルサはX-MEN入りするといいと思う。 その後に アレンデール王国に嵐が襲ってきて、民衆は街の外れにある崖に避難します。 今回の物語の鍵となるのはアナとエルサの父・母の出会いでした。 そこでは過去にアレンデールの人々を閉じ込めた 5つの精霊について語られました。 【トロールたち】 王国から離れたリヴィング・ロックに住む妖精たち。 一見、ただの岩にしか見えず、心を開いた相手に姿を現す。 長であるパビーは不思議な力を持ち、エルサが誤って傷つけたアナを救ったことがある。 — アナと雪の女王 公開中 FrozenDisneyJP アレンデールの民が避難しているところに、トロールの長老パビーがきて「 古代の魔法が目覚めた」と知らせます。 怒っている精霊を鎮めるには過去の間違いに決着をつける必要がある。 それがわかったエルサ、アナ、スヴェン、クリストフは「魔法の森」をめざして冒険の旅に出ます。 エルサにだけ聞こえる「不思議な声」は「古代の魔法が目覚めた」からだった。 エルサやアナ達は謎を解き明かすために「魔法の森」への旅に出ます。 「アナと雪の女王2」で注目の主題歌や歌手については『 』に詳しく書いてますのでコチラもぜひ見てみてくださいね。 その中でアナとエルサは、 ノ ー セルドラとアレンデールの兵士たちと出会います。 彼らは 「魔法の森」に昔に閉じ込められた民衆たちだったたんです。 ここで新しいキャラクター (火の精霊)サラマンダーが登場してかわいいです。 本日のアナと雪の女王2公開を持ちましてディズニー史上最も可愛いキャラクターはサラマンダー君に変わりました — Onigawara-gonzo Onigawaragonz77 今回の新キャラクター・サラマンダーや5つの精霊については『 』に詳しく書いてますのでコチラもぜひ見てみてくださいね。 ノーサルドラの指導者イエレナは、エルサがもつ 母の形見のショールがノーサルドラのものだと気づきます。 これがきっかけで和解した彼らは、キャンプを張って話をします。 そこで 「魔法の森」に関わる4つの精霊(風・水・火・大地)とさらに5番目の精霊がいることを知ります。 そこでエルサは過去にかかわる川 「アートハラン」の地図を見つけます。 アナとエルサの両親はエルサの魔法の謎を解くために 「アートハラン」に行こうとして死んだと分かり悲しみます。 エルサは「アートハラン」に向かうことを決めますが、アナを連れて行くのは危険なので、魔法でアナを追いやってしまいます。 そこで エルサは「水の記憶」から過去のすべてを知ってしまうんです。 エルサは謎の鍵となるのは北の大地「アートハラン」だと知りそこへ向かう。 エルサとはぐれたアナはオラフと一緒にどうするか考え込んでしまう。 「アナと雪の女王2」で主題歌を歌う中元みずきさんについては『 』に詳しく書いてますのでコチラもぜひ見てみてくださいね。 その時の騒動で命を落としそうになったアナとエルサの 父・アグナルを救ったのが、結婚した母親だったんです。 その過去の秘密に気づいた エルサは「アートハラン」のなかで凍りついて固まってしまいます。 一方、エルサに置いていかれたアナは「 二つの国を結ぶダム」が精霊が怒った原因だと分かります。 エルサの祖父は先住民族ノーサルドラの長(リーダー)を切ってしまった。 それを知ったエルサは凍りついて固まってしまう。 アナはエルサのメッセージで「二つの国を結ぶダム」が精霊の怒りだと気づく。 アナは地の精霊「アース・ジャイアント」を使って ダムを破壊することに成功! 5つ目の精霊はエルサだった 精霊の怒りが解けて、遠くの「アートハラン」で凍りついたエルサも生き返ります。 「アナと雪の女王2」の登場人物や主題歌や声優、歌手については、こちらにまとめてますので、ぜひ見てくださいね。 「精霊が人間の母親から生まれる」ってちょっと変な気がしますよね。 エルサだけが魔法を使える謎は解けたものの、やはり疑問は残ってしまいました。 この謎の解決の糸口は、映画の中で話にあった「 エルサ(第5の精霊)は他の4つの精霊と人間との架け橋となる存在」だったことでした。 遂に本当の居場所を見つけた安堵感と誇らしさ、そして身も心も真に解放されてみなぎる自信。 アニメキャラの内面的成長をここまで美しく完璧に描いたシーンは他にないだろう。 — pan ヨーロッパ周遊🇪🇺 kikooooonopan2 アレンデール人とノーサルドラ人の紛争とダム建設で怒りを感じた 「4つの精霊」たちが解決するための架け橋としてノーサルドラ人の母・イドゥナ王妃の体を借りて第5の精霊(エルサ)を生み出した のではないかと思います。 エルサの誕生は昔話の「かぐや姫(竹取物語)」的な感じですが(笑)、私はそんな考察をして納得しました。 『竹取物語』の作者はかな文字という新しいツールを手に入れて虚構の作品を作り得た。 『竹取物語』は虚構を文字で描く喜びに満ちている。 大昔、同じ日本でこの『竹取物語』を作り上げた人がいることは、かぐや姫が竹から出てくること以上の奇跡。 今日は中秋の名月。 かぐや姫が帰ってしまう美しい日。 エルサは4つの精霊と人間の架け橋として母・イドゥナ王妃の体を借りて生まれた。 竹から生まれて月に帰る「竹取物語」のかぐや姫のような神秘的なストーリーだったと考察します。 本当の部分はまた今後作者から語られるかもしれませんが、 「アナ雪2」はとても奥の深いストーリーでしたね! 「アナと雪の女王2」の登場人物や主題歌や声優、歌手については『 』にまとめページを作ってますので、ご一緒にぜひ!見てくださいね。 アナ雪2映画館で見ました🌸 前作より冒険色が強い、Disneyアニメながら結構ハラハラさせられた。 途中オラフが凄く良い感じに笑いを届けてくれるから緩急があっていい。 そしてクリストフ…?となる場面に意図せず笑った。 最近見た映画の中ではアナ雪2はめっちゃ面白かった ちゃんと完結してたし、アナ雪らしいラストで、これは見た方がいい it、ハイアンドローも面白かったし、年末が近くなると面白いテレビドラマ、映画が増えてきて、時間的に厳しい😂 — フューチャーパスト ui6SCx0gY6Kw8zj 「アナと雪の女王2」は前作の謎を全て解決して、 かなり感動的なラストでしたので、泣く人続出なのもわかります。 アナ雪2観たけど、あれ小さい子供が理解出来るんやろか。 曲も難易度高すぎて一緒に歌えそうもないから中学生以上くらいが推奨な気がする。 そして個人的にCG120点、アースジャイアントの重量感が半端ないし、水が流れ込むシーンの水のリアルさたるや。 あと今回の2人の衣装とオラフ可愛い — りかるど 漫画中心生活 ricardent717 たしかに前作よりもはるかにスケールの大きい、 SF映画なみのアクションや展開の早さには、目が離せずに「 え!もう終わり?」というくらいあっという間に感じるいい作品でしたね。 あえていうと、ちょっと 前回よりも話が複雑で展開が早いので、大人でも一回見ただけでは分からないところがある、という感想です。 アクションあり、歌あり、かわいいキャラあり、感動と涙ありとすべてが入った「アナと雪の女王2」は映画館でこそ楽しめる映画であることは間違いありません!• 「アナと雪の女王2」は前作よりも大迫力で前作よりかなり感動的!アクションもすごい!• 新キャラクターもカッコいいし、かわいい!• あえて言うなら前作よりも話が複雑で、理解しにくいかも。 「アナと雪の女王2」を観た人の評価や評判、感想については『 』で詳しく書いてますので是非見てみてくださいね。 エルサの魔法の秘密は「 エルサが5番目の精霊」だったからでしたが、母:イドゥナ王妃から生まれたのは「4つの精霊」の意志だったと考察しました。

次の

【ネタバレ考察】映画『アナと雪の女王2』あらすじ・解説・結末。オラフ声優武内駿輔さんOK。

アナと雪の女王 ネタバレ

アナと雪の女王2でエルサが凍った理由の考察 アナと雪の女王2で エルサが凍った理由を私はこのように考察してみました。 エルサはアナを逃し、一人アートハランに向かうのですが、そこで 過去の出来事をすべて見たエルサは凍りついてしまうのですが、 なぜ凍ったのでしょうか。 それは、 祖父に対する愛、信頼が奪われエルサの中で迷い、不信感が生まれた。 そのせいで自身の魔法により凍ってしまったのではないでしょうか。 『アナと雪の女王1』ではエルサの魔法でアナが凍ってしまい、 妹に対する愛、国に対する愛で氷をとかすことが出来ましたね。 ということは その愛がなくなってしまうとまた氷ついてしまうということ。 愛した祖父がノーサルドラに剣を向けている非道な場面を見てしまったエルサの心は一瞬のうちに落とされ凍ってしまった。 なので エルサが凍ったのは自身の心が凍ったからだと思います。 では、 なぜエルサは魔法を使えるようになったのでしょうか? スポンサードリンク エルサが魔法を使えるようになったのはなぜ? そもそも なぜエルサだけが魔法を使えるのか、、、それは前作から疑問でした。 今回その理由が明らかになりました! それは エルサはアレンデールと魔法の森の住民「ノーサルドラ」の架け橋になるためです。 ここで同時に明らかになったのがアナ、エルサの両親について。 実はエルサのお父さんが子供の頃、ずっと友好的な関係を築いていた魔法の森の住民「ノーサルドラ」と戦いになってしまいます。 そのことで魔法の森は人間に対し攻撃し、濃い霧で封じてしまうのです。 その戦いでエルサのお父さんは気を失い、気づけば ノーサルドラの女の子に助けられていました。 これがエルサのお母さんでした。 そして二人は結婚。 ノーサルドラ人とアレンデール人の間に生まれたエルサは魔法の森とアレンデールの戦いを終わらせ、一つにするため魔法が使えるようになったのです。 すべては この戦いが原因ということですね。 ここで、『アナと雪の女王2の』を 見どころを4つほど挙げておきますね。 スポンサードリンク アナと雪の女王2の見どころは? 前作から誰しも思っていたことも含まれていますが、 『アナと雪の女王2』では見る前に知っておきたい見どころが4つ!! アナと雪の女王2の見どころ その1 見どころ1つ目は、 なぜエルサだけが魔法を使えるようになったのかの謎を解明すべく旅に出るエルサの強い姿です! なんでエルサだけ魔法が使えるのかは誰しも疑問に思ったことはありますよね? 前作では自身の魔法を操れず、不安がうずまき、部屋に引き込もたりアレンデールを出ていったりしていましたね。 しかし今作のエルサは違います。 前作から3年が経ち21歳になったエルサは 国、家族、自分のために旅にでて、謎が明らかになるのです。 アナと雪の女王2の見どころ その2 そして見どころ2つ目は、 今作で新しく登場するキャラクターです。 今作では 魔法の森に住む精霊たちが登場します。 可愛い精霊からかっこいい精霊までいますので、どの精霊が好きか話すのも楽しいですよね! アナと雪の女王2の見どころ その3 見どころ3つ目は アナ、クリストフの恋の行方です! 前作ではめでたく二人は両思いになり、カップルとなりました。 今作ではそんな二人の恋が進展するのでしょうか! アナと雪の女王2の見どころ その4 そして見どころ 4つ目は歌です!! 皆さんご存知の前作のヒット曲『Let It Go』に続くヒット曲が生まれるのでしょうか! ぜひアナと雪の女王2をご覧になるときは見どころ4点に注目していただきたいと思います。 またアナと雪の女王2のネタバレ あらすじ が気になっているかもしれませんので、簡単にまとめてみました。 スポンサードリンク アナと雪の女王2のネタバレ あらすじ は? こちらがアナと雪の女王2のネタバレ あらすじ です。 ネタバレを含みますので、未見の方はご注意してください。 子供時代のエルサとアナは寝る前によく父から魔法の森で暮らすノーサルドラと友好関係だったという話しを聞かされています。 ノーサルドラは精霊たちとも仲良く暮らし、アレンデールの人々とも仲が良かった。 友好の証としてダムを建設するも、その祝いの席で突然戦争が始まり、祖父が命を落とすことになった。 そんな中、父は 誰かに命を助けられなんとか逃げ出すことに成功。 しかし突然に戦いを始めた両者に精霊は怒り、魔法の森を深い霧で覆い、人々は取り残されてしまったのです。 そして、眠れないという2人に 母・イドゥナは子守唄に「アートハランの歌」を二人に聞かせました。 前作から3年後。 エルサは城中で不思議な声を耳にします。 それはアナやクリストフ、オラフとみんなで過ごしているときもエルサにだけ聞こえるのです。 その夜、突然嵐がアレンデールを襲います。 人々を高台へ避難させそこに登場したトロールの長に 精霊たちの怒りをおさめる必要があることを伝えられます。 エルサはアナ、クリストフ、オラフ、スヴェンと共に魔法の森を目指します。 魔法の森についた一行は霧の向こう側へ行くため手をつなぎ入っていきます。 そこで風の精霊に襲われますがエルサの魔法でなんとか鎮めることに成功。 風の精霊にゲインという名をつけました。 その後きりの中に取り残されていたノーサルドラとアレンデールの人々と会い、状況を説明するエルサ。 両者は霧に閉ざされてからも争いを続けていたのです。 そんな中炎の精霊から襲われます。 ここでもエルサの魔法で鎮めることができ、 炎の精霊の正体は可愛いトカゲのサラマンダーでした。 そしてノーサルドラの長はアナがまとっている母の形見のスカーフをみて、アナとエルサの母はノーサルドラ人だったということがわかりました。 エルサが氷で過去の記憶を見ると父を救ったのは母だったということがわかりました。 夜、土の精霊アースジャイアントの足音で目が冷めたアナとエルサ。 早速出発しますが、 クリストフの姿がありません。 その頃ノーサルドラの青年とアナへのプロポーズについて話をしているのでした。 エルサたちは、かつて両親が乗っていた船がある海岸へ向かいます。 そこではメモとアートハランへの地図が見つかります。 エルサは氷で蘇らせた過去の記憶から、父と母がエルサの魔法の謎を明らかにするために航海に出て命を落としたことを知ります。 自分のせいで両親は命を落としてしまったことを嘆くエルサ、エルサのせいじゃないと励ますアナ。 エルサは地図を元にアートハランへ行くことを決意。 ダークシーはとても危険でもうこれ以上自分のせいで危険な目に合わせたくないとアナとオラフを氷の船に乗せ遠ざけます。 エルサは何度も海を凍らせながら進み、馬の姿をした水の精霊ノックに乗りアートハランへたどり着きます。 エルサは声の主に会い、 過去に何があったのかをすべて氷で見ることになります。 友好の証として建設されたダムは 友好の証ではありませんでした。 当時の国王(祖父)はノーサルドラの長に背後から切りつけ、争いが始まりました。 そして子供だった父を救ったのがノーサルドラの少女、アナ、エルサの母だったのです。 過去をすべて見たエルサは凍りついてしまします。 凍りつく瞬間にアナに魔法を送り、アナにも過去の真実を見せるようにしました。 その頃アナとオラフはアースジャイアントが生息する谷にいました。 なんとか洞窟に逃げ込んだアナとオラフ。 しかしエルサが凍りついたことでオラフは消えてしまいます。 涙を流すアナの元へエルサからのメッセージが届きます。 すべてを知ったアナはダムへと向かいます。 そしてその場にいたアレンデールの中尉に真実を伝えます。 アースジャイアントを使ってダムを決壊させ、エルサは目覚め、ダムから放流された水がアレンデールに降りかかる直前に エルサの魔法で凍らせます。 こうして精霊たちの怒りをしずめ、アレンデールをも守ることに成功しました。 第5の精霊、氷の精霊はエルサだったのでした。 そしてオラフも蘇りすべてが元通り。 クリストフのプロポーズも成功し、 アレンデールの新しい女王となったアナ。 そしてエルサは氷の精霊として魔法の森で暮らすことになるのでした。 さて、 アナと雪の女王2のラストの結末はというと・・・ アナと雪の女王2のラスト結末は? アナと雪の女王2の ラストの結末は意外なものでした。 エルサが氷の精霊となり魔法の森で暮らし、 アナは新しくアレンデールの女王になりました。 魔法の森を閉ざしていた霧は晴れ、自由に行き来できるようになり、ノーサルドラとは友好関係を築くことが出来ました。 これまで城で姉妹で暮らしていましたが、 ここで別々に暮らすことになるのです。 しかし水の精霊ノックにのってアレンデールを訪れ、アナとは頻繁にあっている様子も見えました。 そして クリストフはそのうちに国王となるのでしょうか。 スポンサードリンク アナと雪の女王2でエルサが凍った理由を考察まとめ 今回はアナと雪の女王2で エルサが凍った理由を考察、そしてあらすじ、結末を紹介させていただきました。 前作を超えることはできないかなと思った方が多いと思いますが、 前作にも劣らない内容だったと思います。 前作ではアナが凍りつきましたが、今作ではエルサが凍りました。 エルサの心情によって魔法の力も変わってくると言うことですね。 祖父の行いに失望したのでしょう。 まさか アレンデールの方からの裏切りだったとは、、、びっくりでした。 オラフが消えてしまう場面では泣いてしまいました。。 アナとエルサの衣装にも注目が集まります。 今までのプリンセスのようなドレスではなく、パンツスタイルの強い女性、その中にも可愛さも忘れないそんな服装でしたね。 disney. html.

次の

映画「アナと雪の女王 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

アナと雪の女王 ネタバレ

気になるところから読む• 年齢は24歳。 色白でブロンドの髪に、紫色のアイシャドーが特徴です。 真面目でクールな性格で、 生まれつき雪や氷を作り出す魔法の力を持っています。 アナ:アレンデール王国の王女 エルサの妹で、年齢は21歳。 髪の色は赤毛でそばかすがあり、好奇心旺盛で活発な性格です。 クリストフとスヴェン:山男の青年とトナカイ クリストフは山男の青年で、アナの恋人。 年齢は24歳。 今作ではアナにプロポーズをしようと何度もトライしますが、彼女が鈍感なためなかなかうまくいきません。 スヴェンはクリストフの相棒のトナカイ。 オラフ:エルサが作った雪だるま エルサとアナが幼い頃に作った雪だるまで、年齢は3歳。 文字を覚えたことで、以前より知識が増えたようです。 その他、ストーリーの重要な鍵を握る人物がこちら。 イドゥナ… エルサとアナのお母さんで、アレンデール王国の王妃。 アグナル… エルサとアナのお父さんで、アレンデール王国の国王。 両親はエルサが18歳、アナが15歳の時に外交の海難事故で亡くなってしまいます。 さらに今作では4つの精霊が登場します。 『アナと雪の女王2』のまとめ記事を作成しています。 平和の証としてダムを建設するも、その祝いの席で突然戦争が始まり、アグナルの父(エルサ達の祖父)は命を落とすことに。 アグナルは 何者かによって命を助けられますが、平和の約束を破った事で精霊は怒り狂い、ノーサルドラは深い霧に閉じ込められてしまったのだといいます。 そして、エルサとアナの母・イドゥナは子守唄に「アートハランの歌」を二人に聞かせていました。 前作では冒頭で亡くなってしまい、あまり両親のことは語られなかったので、このシーンにはちょっとほっこりします。 しかしある日、エルサは自分を呼ぶ北からの 「不思議な歌声」を聴くようになります。 エルサが歌声の正体を知るため冒険に出ようとすると、アレンデールの街は強烈な嵐によって崩壊寸前となり、人々は高台に避難することに。 街を嵐が襲った理由は 「古代の魔法が目覚めたから」で、戦争によって失われてしまった絆を修復する必要があるとトロールの長から聞かされます。 アレンデールを守るため、エルサ・アナ・クリストフ・スヴェン・オラフ一行は、北の「ノーサルドラ」へと向かいました。 エルサを呼ぶ謎の声の正体については『』の記事でご紹介していますので是非読んでみてくださいね! ノーサルドラの民やサラマンダーとの出会い エルサの力によって深い霧の奥にある森にたどり着いた一行は、そこでノーサルドラの民達と出会います。 霧に閉じ込められたノーサルドラの民とアレンデールの兵士たちは、なんと今も戦い続けていました。 すると突然森が青い炎に包まれ、一帯はパニックに。 エルサが氷の魔法で鎮火し、炎の正体を追い詰めると、そこに現れたのは 火の精霊・トカゲの「サラマンダー」でした。 予告編で何度も見ていたので、可愛いサラマンダーの登場に「ここで出てきたか!!」とちょっと興奮しましたね! アナ雪2の新キャラ・サラマンダーについて知りたい!という方は『』で詳しくまとめていますのでぜひ一緒にチェックしてみてくださいね! スポンサーリンク 【ネタバレあり】アナと雪の女王2のストーリーあらすじ・後編 『アナと雪の女王2』 前作からさらにパワーアップしてやってきましたね~。 エルサとアナの母イドゥナの正体と両親の死の真相 エルサが巻いていた母の肩身のスカーフによって、 イドゥナが「ノーサルドラの民」だったことが明らかになります。 エルサが過去の記憶を氷によって蘇らせたところ、父・アグナルの命を助けたのは母・イドゥナであることもわかりました。 ノーサルドラの民たちから、両親が「アートハラン」に行く途中で難破事故にあってしまったことを聞かされ、その謎を解き明かすべく海岸にあった難破船へ。 難破船でイドゥナのものとみられるメモと「アートハラン」への地図を見つけ、両親がエルサの魔法の謎を解き明かすために命を落としたことを知ります。 両親が自分のために死んだというのは、なんとも残酷な真実ですよね。 そして、エルサはダークシーを越えて「アートハラン」へ行くことを決意します。 アートハランで明らかになった真実 「一緒に行く」と言って聞かないアナと、オラフを魔法の力で遠くに追いやり、一人でダークシーの荒波に立ち向かっていくエルサ。 そこで凶暴な 水の精霊・ノックと出会い、始めは激しく抵抗されますが、やがてそれを乗りこなし、海を駆け抜けてアートハランに到着します。 声の正体と会ったエルサは、 氷の彫刻と化した記憶によって祖父がノーサルドラの民の長を後ろから剣で襲って裏切った真実を知り、エルサはアナの時のように全身が凍りついてしまいます。 それによりオラフの魔法が消え始め、アナの腕の中で 雪の結晶となり消えていってしまいます。 途中大きな岩に潰されそうになるものの、間一髪でクリストフとスヴェンに助けられ、 アース・ジャイアントの放った岩によって精霊の怒りの元となっていたダムを破壊することに成功します! それと同時に全身が凍りついていた エルサの氷が解け、自由の身に! ダムから大量の水が流れ出て、アレンデールへ津波のように襲いかかるも、エルサと水の精霊・ノックが「アートハラン」から駆けつけ間一髪のところで水を食い止めます!速い! 冒頭でアレンデールの街が風に襲われたのは、こうなることを予期していた精霊たちが人々を避難させるためだったんですね! 第5の精霊はエルサだった アレンデールは再び平和を取り戻し、ノーサルドラの霧も晴れて青空が姿を見せます。 ノーサルドラの民の血をひくエルサは、氷の魔法の力を与えられた 「第5の精霊」でした。 アレンデールを危機から救ったエルサはアナと感動の再会を果たします。 エルサの魔法と「水の記憶」によって オラフは復活! そして、 エルサはノーサルドラの女王として、 アナはアレンデールの女王として、二つの国をつなぐ架け橋となりました。 」なんてことを思いながらあまり期待せずに映画を見に行ったのですが、実際見てみると すごく面白かったです! 魅力的なキャラクターが次々に出てくるし、ストーリーもハッピーエンドで、見終わった後に「良かった〜」とジーンと心温まる感覚がありましたね。 前作では明かされていなかったエルサの魔法の秘密が明らかになって、両親が亡くなってしまった理由とか、伏線を回収するような展開が随所にあって 「製作陣は元々2部作でやるつもりだったのかな?」とすら感じましたね。 今作のキャッチコピーにもなっている「エルサに魔法の力が与えられた理由」については、作品の中で明確に語られておらず、映画を見終わった方々が混乱する一つの要因となっているようです。 これは私の予想ですが、エルサに魔法の力が与えられたのは、祖父の代に犯してしまった間違いを正し精霊の怒りを鎮めるため、その息子であるアグナルとノーサルドラの民イドゥナの子供(エルサ)に氷の精霊の力を宿したのではないかと思います。 また、エルサが終盤「アートハラン」で凍ってしまった理由については、祖父の犯した過ちを知ってエルサが動揺してしてしまい、その場所の持つ 氷の魔力に飲み込まれてしまったという可能性が考えられますね。 個人的には、風の精霊・ゲイル(最初の竜巻と最後に手紙届けた)と火の精霊・サラマンダー(雪の結晶モグモグ)の活躍するシーンがもっと見たかったなぁという印象はありましたが、全体通してとても楽しめる映画でした! グラフィックもすごく綺麗で、水の躍動感とか、髪の質感とかとてもリアルでしたよね。 スピード感あり、ところどころに笑えるポイントもあったりして、全く飽きずに時間があっという間に過ぎてしまいました。 これで物語は一段落した感じはありますが、もし続編があるなら、今度は 「エルサの恋愛事情」も見てみたいですね! エルサを呼ぶ謎の声の正体については『』でまとめていますので一緒にチェックしてみてくださいね! エンドソングを歌う中元みずきさんについては『』の記事でもご紹介しているので是非読んでみてくださいね! スポンサーリンク まとめ 今回は、アナと雪の女王2(原題:FROZEN2)のネタバレありあらすじ結末まで完全版と、考察をご紹介しました。 ストーリーは前作と同じくハッピーエンディングで、グラフィックや新キャラクターによってパワーアップしたアナ雪を見ることができました! エンドロールの後に特典映像がありますので、これから映画を見に行く方は最後までお見逃しなく! アナ雪2の評価や感想・レビューについては『』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね! アナ雪2の主題歌については『』の記事でまとめているので是非読んでみてくださいね! 最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の