アプリで稼ぐ。 副業から始めるアプリ開発で確実に稼ぐ方法とは?

おすすめの副業スマホアプリ7選まとめてみた【月収5万円アップ】

アプリで稼ぐ

「声で稼ぐ」「声を売る」などの「声」に関するワードで検索した人のほとんどが 「自分の声を使って仕事がしたい」「声優をやってみたい」と思ったことがあるのではないでしょうか? 日本はアニメ・映画文化が盛んで、毎年新しい作品が登場しています。 作品に命を吹き込む「声優」という職業も昔から人気が高く、羨望の眼差しを受ける仕事ですよね。 声優になれるように専門学校にいっても、成功する声優は一握り。 自身の声を売ることで収入を得られるサービスが続々登場しています。 声優特化型ボイプ voip! の案件例• アニメ声優 アフレコ• テレビ番組のナレーション• web広告のナレーション• 電子書籍の読み上げ・オーディオブック等の朗読サービス• 学習教材用音声• CMの声優やナレーター• アプリやゲームのキャラクター声優• ラジオのパーソナリティー• 企業案内や商品を紹介する映像のナレーション• 同人作品などのアフレコやナレーター などの仕事に触れる機会が増えるということは 声を売る仕事をしたい人にとって「声で稼ぐ」に直結できるのが良いポイントです。 ボイプ voip! に登録すると、企業からの案件やオーディション情報が配信されます。 日本最大級の約2万人以上の声優ネットワークであり、有名声優と共演できるチャンスもあります。 オンラインのサービスなので場所や時間に制限がないのも魅力です。 ボイプ voip! では声優やナレーターの経験がなくても気軽に応募できるので誰でも簡単に始められます。 ボイスサンプルを自宅で録音した声を送り、企業からのオーディションに応募することだができます。 またボイプ voip! に音声 録音した音声 を送ると、専門のチームが音量の調節やノイズをカットをしてくれるので 声優にはなりたいけど、整音作業などの専門知識がない人でも、品質の高い音声に変換してくれるので安心してオーディションに応募することができます。 YouTubeで配信する 動画配信 最近では世間の認知度も上がった「YouTuber」ですが、小学生のなりたい職業ランキングTOP10に入る程の人気ぶりです。 ヒカキンやはじめしゃちょー、フィッシャーズなど超有名ユーチューバーの様に「顔出し」をして活動される人も多いですが、 中には顔出しをせずに音声メインの動画を配信して稼いでいるユーチューバーも多く存在しています。 動画配信の敷居は年々下がり、現在ではiphoneやスマホ1台あれば配信可能な程です。 オススメするのは顔出しをしない動画配信。 様々なジャンルがありますが• 添い寝音声動画• 英会話や本の朗読動画• ASMR動画• 顔出しなしの日常系動画 などが人気です。 様々なジャンルで「声」を生かした動画が配信されているので「声を売る」「声で稼ぐ」目標がある方はYouTubeで参考になる動画を探してみてはいかがでしょうか。 ちなみにYouTubeで収益を発生させるには「Googleアドセンス」という仕組みを使っていますが、まずは登録者数1000人を達成してからの申請できるので、即金性は低いですが、動画配信自体がレバレッジが効くストック資産の面も含めているのでチャレンジする価値は十分あると思います! Youtubeでの配信例 ラジオ配信アプリRadiotalk ラジオトーク を使って稼ぐ 「声で稼ぐ アプリ」「声の仕事 アプリ」「声を売る アプリ」で検索してもなかなか良い記事が出てこないってことありませんか? 声を売るアプリは実はそんなに多くなくて「SHOWROOM ショールーム 」や「17 Live イチナナ)」などのライブ配信アプリがそれに該当します。 これらは基本顔出しすることで人気が集まるのですが、純粋に声優業として「声の仕事をしたい」「声を売って収入を得たい」という人にとっては敷居が高いというイメージがありました。 そんな敷居を取り去ってくれるアプリがラジオ配信アプリRadiotalk ラジオトーク コンセプトは「1タップで簡単!誰でもできる音声配信アプリ」 ラジオ配信をより簡単に誰でもパーソナリティーになって配信できるというアプリです。 Radiotalkの3つの特徴• スマホが1台あれば誰でもすぐに配信ができる 最短5秒で収録スタート• Podcast(ポッドキャスト)にも簡単配信ができる• バックグラウンド再生対応でいつでもどこでも聴ける 1. 3倍〜2. 0倍の倍速再生可 リリースが2019年の3月からなので始まったばかりのアプリサービスですが、様々なジャンルの番組があり、中にはプロ顔負けのトークを繰り広げる強者も多いです。 2019年9月より「Radiotalkパートナープログラム」の申し込み受付を開始しており、実質、音声配信で収益を得ることが可能になりました。 まさに「声を売る」「声で稼ぐ」に適した最先端のアプリではないでしょうか。 Radiotalkパートナープログラムに申し込んで審査に通ることができれば、個人でも企業でも誰でも収益化が可能になります。 収益化モデルの流れとしてはリスナーから配信者へ贈られる「さしいれ」機能を用いた投げ銭システム。 配信者側は「さしいれ」を受け取った数や配信頻度、再生回数、クリップ者数などサービスへの貢献度に応じて「ポイント」を入手できます。 そのポイントを現金やLINE Pay、Amazonギフト券などに交換することで、収益化が可能ということです。

次の

レシートがお金になる?レシート換金アプリで稼ぐ方法とおすすめの買取アプリ

アプリで稼ぐ

『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』その仕組みは? さて、 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』とは、一体どんな仕組みで報酬が発生するのでしょうか? 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』は、 『ポイントサイト』を利用して収入を得る方法です。 『ポイントサイト』に、アプリを運営している会社が広告の掲載を依頼し、私達がそのポイントサイトを経由してアプリをインストールする事により報酬が発生する仕組みになっています。 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』に必要なもの 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』を実践するには、 『ポイントサイト』の登録が必要になります。 当サイトでは、以下の2つの 『ポイントサイト』をオススメしています。 この2つの『ポイントサイト』は無料で始める事ができ、ポイントも貯めやすいので初心者の方にもオススメです。 ポイントサイト レート 最低支払い額 運営会社 1pt=1円 300ptから 株式会社 セレス 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』を実践してみよう。 それでは、実際に 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』を実践してみましょう! 今回は、ポイントサイトのを使って説明します。 『無料アプリ』は、スマホにしか無いメニューですので、以下の作業はスマホで行ってください。 のサイトにログインし、メニューの『 無料アプリ』をクリックすると次のような画面が表示されます。 これらが、現在インストール可能なアプリの一覧です。 この例で見ると、中央下段 『お小遣いxRPG』というアプリは、アプリをインストールした後、起動するだけで 15ポイント 15円 獲得することができます。 ただアプリをインストールしただけで、15円ゲットです。 また、その上段に表示されている 『Final Fantasy XV』は、 2,000ポイント(2,000円)というかなり高いポイントをもらえるのですが、インストールした後一定の条件まで進めないとポイントが入りません。 このようにインストールするだけの案件はポイントが低めで、少し利用すると高いポイントを獲得できるという案件が多いです。 どうしても高いポイントがもらえるアプリに目がいってしまいがちですが、 低ポイントで時間がかからない案件を多くこなした方が、効率良くポイントを稼ぐ事ができます。 『低ポイントで時間がかからない案件を多くこなす』のが『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』のコツです。 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』の攻略法 『無料アプリのインストールで稼ぐ方法』 は、次のように行うと効率的に行えます。 簡単にポイントが入る案件をたくさん行う 『時間がかからず高ポイント』という案件がベストなのですが、簡単な案件はポイントが低い場合が多いです。 また高ポイントの案件は、時間がかかってしまうものがほとんどです。 その場合、 『高ポイントだけど時間がかかる』案件をこなすよりも、『時間はかからないが低ポイント』という案件を大量にこなした方が、ポイントを稼ぐ事ができます。 ご訪問いただきありがとうございます。 『おいでよ!副業の森』に住んでいる 管理人の『くだぎつね』と申します。 人生に不安を感じ、副業で始めたアフィリエイト。 そのおかげで脱サラにも成功し、金銭的にも時間的にも自由で余裕のある生活ができるようになりました。 2013年07月 アフィリエイト開始 2013年12月 月収10万円達成 2014年02月 月収20万円達成 2014年03月 月収50万円達成 2016年03月 月収100万円達成 2018年11月 月収160万円達成 2018年 年収1000万円達成 しかし、ここまでくるのに平坦な道のりではなかったのも事実。 そんな経験を活かし、このブログでは副業で稼げていない方へちょっとしたコツなどを教えていきたいと思っています。

次の

モッピーのゲームアプリでガッツリ稼ぐ方法|稼ぎ方とおすすめ案件紹介!

アプリで稼ぐ

Contents• 1.アプリ開発の仕事とは? アプリを作れる人のことを、IT業界ではアプリケーションエンジニアと呼び、一般的なシステムエンジニアとは区別しているものです。 システムエンジニアといっても、あらゆるIT業務に精通しているわけではありません。 同じSEでも、ネットワーク業務を専門にする人もいれば、情報セキュリティを専門にする人がいるなど、カテゴライズされています。 アプリケーションエンジニアとは、要するにアプリ開発に特化したシステムエンジニアのことを指します。 まさにアプリを作る専門の人です。 そんなアプリケーションエンジニアの仕事ですが、主にシステムの設計やプログラムの開発など。 他にも、動作テストなども行います。 開発するアプリの種類というと、Webアプリやスマホなどで使用するネイティブアプリ、カメラ機能などの特定の機能を併用することを前提にしているハイブリッドアプリ、など。 最近はスマホユーザーの増加に伴ってアプリ開発の需要が高まっているので、スマホ関連のアプリを開発できる人へのニーズが高く、アプリケーションエンジニアになると副業であっても高収入が期待できます。 2.アプリ開発で求められるスキル アプリ開発で必要なスキルというと、主にプログラミング言語です。 特に、SwiftやJavaScript、Rubyの3つのプログラミング言語はアプリ開発の必須言語と呼べるでしょう。 ・Swift ・JavaScript ・Ruby これらのプログラミング言語を習得すると、アプリ開発の求人に応募しやすく、好待遇で採用されやすいです。 もちろん、就職のためにこれらのスキルを習得しても良いのですが、副業としてもこれらのスキルは役に立ってくれるでしょう。 クラウドソーシング系のサイトなどに登録し、これらのプログラミング言語が使えることをアピールすると、クライアントから多くの仕事の依頼が舞い込みます。 中には普通に働く以上の高報酬を用意してくれるところもあるほどです。 3.アプリ開発で稼げる金額 アプリ開発は誰でもできる簡単な仕事ではありません。 この仕事を始めるためには、プログラミング言語を習得する必要があります。 このように専門性が問われる仕事ということもあってか、一般的なサラリーマンよりも求人での扱いが良く、高報酬が期待できます。 まず普通の求人の場合、経験豊富なベテランであれば年収が500万円を超えやすいです。 まだ経験が浅い人でも、プログラミング言語が使えるなら、年収400万円は稼げるでしょう。 次にフリーランスの場合。 これは成果報酬となるため、働いた分だけ報酬も上がります。 エンジニア系のフリーランスのサイトとして有名な「レバテック」の案件を見ると、アプリ開発の仕事に対して月80万円から100万円もの高報酬を提示するクライアントが多く存在します。 中には月収120万円を超える案件もあるほどです。 簡単な仕事でも時給3000円と高く、いかにアプリ開発ができるエンジニアの需要が高いのかが伺い知れます。 アプリ開発は案件が非常に多く、フリーランスになって働くと年収が軽く1000万円を超えやすいです。 もちろん、それだけの収入を稼ぐにはそれ相応の案件をこなさなければならず、それこそフルで稼働することになるでしょう。 優秀なエンジニアほど忙しくなるので、隙間時間を利用して楽して稼げるような副業を探している方からすると相性が悪いかもしれません。 4.アプリ開発にかかる期間 アプリ開発の仕事に着手すると、長期にわたる作業で拘束されやすいです。 そんなアプリ開発にかかる時間というと、どのようなアプリを作るかによります。 簡単なアプリならば、だいたい3週間から1ヶ月半もあれば作れるでしょう。 ただクオリティの高いアプリともなると、数ヶ月ほどの時間を要するものです。 その期間中、1日のほとんどの時間をアプリ開発に費やすことになりますので、それこそ仕事中はパソコンをずっと見続けるような環境になりやすいです。 もともとパソコンでの作業が得意という人であれば難なくこなせるのでしょうが、そうでない人ともなると、アプリ開発の作業時間は苦痛になるかもしれません。 アプリ開発は確かに稼げる仕事ですが、内容がなかなかハードだというデメリットがあります。 5.アプリケーションエンジニアになるためには? アプリケーションエンジニアになるもっとも良い方法というと、就職があります。 未経験者を積極的に採用している企業に就職すれば、0からアプリ開発のやり方を教えてもらえますので、数年も経てば自力でアプリを開発できるだけのスキルを習得できるでしょう。 ただし、就職をしてしまった場合、報酬が給料で固定されるため、思ったほど稼げない恐れがあります。 より多くの収入を稼ぎたいならば、フリーランスになることも検討すると良いでしょう。 今の時代、レバテックなどのフリーランス向けのサイトを利用すれば、独立してもすぐに案件を引き受けることが可能です。 フリーランスになれば会社に拘束されることがくなるので、それこそ働きたい時に働き、休みたい時に休むという、自由な生活を送れるようになります。 システムエンジニアの労働環境というと、IT土方と呼ばれるほど悲惨なイメージが付きものです。 しかし、それは会社勤めのSEの話であり、独立しているSEだと意外と自由で、快適な暮らしを送っていることが多いです。 いずれにしろ、アプリ開発の仕事をするためにはまずスキルが必須です。 プログラミング言語のスキルが無いと仕事ができません。 アプリ開発は今、非常に需要のある仕事です。 ネットが発達している今の時代、この仕事が無くなることはまずないでしょう。 むしろ、今後とも需要の増加が期待されています。 現代のようなITが日常に溶け込んでいる今の時代、プログラミング言語を習得しておくと、たとえ会社をクビになったとしてもフリーランスになって大いに稼ぐことができるでしょう。 まとめ 今回はアプリを作って稼ぐをテーマに記事を作成しました。 アプリ開発は現代において、非常にニーズのある仕事です。 既にプログラミング言語を習得し、自分でアプリを作れるほどの実力のある人であれば、独立しても稼げるでしょう。 フリーランスとなって高報酬のアプリ開発の案件を引き受ければ、それだけで月収80万円から100万円以上の収入だって稼げるようになります。 ただし、アプリ開発は拘束時間の長い仕事です。 もっとも忙しい時期ともなると、数ヶ月にわたって毎日パソコンで作業するということもあります。 需要がある仕事というとこは、それだけ依頼も多く、作業量が多いということです。 もちろん、それに見合った報酬が稼げるので、やって損をするということはまずないです。 たとえ激務でも良いので稼ぎたいという方ほど、アプリ開発の副業はおすすめでしょう。 カテゴリー• 121• 2 アーカイブ•

次の