原監督 なんj。 <巨人・原辰徳監督の150万円「賭けゴルフ」>1打5000円で…プレー同伴者が証言!ディリー新潮

[B! 野球] 【HARA】原監督の投手への畜生発言で打線組んだ(なんJには)与えられねーわ@なんJまとめ

原監督 なんj

関連記事• 2020年6月27日 20:12 - [なんJ@やきうの時間 - 東京読売ジャイアンツ]• 2020年6月28日 11:00 - [なんJ 野球をまとめてみたよ - 東京読売巨人軍]• 2020年7月4日 14:58 - [なんJ(まとめては)いかんのか? - 巨人]• 2019年11月18日 19:07 - [なんj@やきうの時間 - 東京読売ジャイアンツ]• 2020年1月7日 20:47 - [永久不滅ジャイアンツ]• 2019年10月24日 13:26 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ]• 2019年10月1日 08:27 - [永久不滅ジャイアンツ]• 2019年10月24日 20:30 - [永久不滅ジャイアンツ]• 2019年6月24日 12:21 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ]• 2020年2月5日 12:18 - [なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 読売ジャイアンツ].

次の

[B! 名言] 【迷言】巨人原監督が選手に浴びせた名言wwwwwwwwww(なんJには)与えられねーわ@なんJまとめ

原監督 なんj

写真 2015年秋に発覚した「野球賭博事件」では、読売巨人軍の複数の選手の関与が明るみに出た。 その中には、カムバックを果たした選手がいれば、球界を永久追放された者もいる。 が、一方で指揮官である原辰徳監督は1回100万円単位の「賭けゴルフ」に興じていたのだ。 【写真】告発男性と原監督のツーショット 「私が知っていた飲食チェーンの社長が原監督とも懇意にしていて、その縁でプレーするようになりました」 と、原監督との賭けゴルフについて証言するのは、十数年前から一緒にラウンドしてきた50代の男性である。 当時、原監督は2度目の監督を務めており、秋季キャンプ終了から1月末まで多い時は1年に2~3回ほど一緒にプレーしていたという。 ルールは俗に「5・10・2(ゴットーニ)」と呼ばれるもので、 「ストローク1打につき5000円。 18ホール回って、10打差がついていたら5万円の負けです。 そしてホールごとの勝敗が1万円。 全部負ければ18万円になり、あとはハーフの勝敗ごとに2万円というわけです」 このほかにも、ペアを組んでの「ラスベガス」というギャンブル性の高いルールで賭けゴルフに興じていたという原監督。 先述の「ゴットーニ」と合わせて150万円近くが動く日もあったという。 「毎回、手元に100万円ほど用意してプレーに臨んでいましたね」(同) 原監督の賭けゴルフ歴は長いようだ。 2000年代後半には、こんな目撃談も。 巨人軍の旅行先のホテルで、あるコーチがゴルフバッグを背負い、大慌てでロビーを移動していた。 周囲には原監督に電話で呼びつけられたと語り、 「『昨日も監督に50万(円)やられちゃって、どうせ今日も負ける。 年俸が全然違うから痛いです』などとぼやいているのを耳にしました」(スポーツ紙デスク) 賭博疑惑について原監督に質すと、 「(賭けゴルフを)いつやるって? 俺、500円以上の賭けごとはしたことないよ」 と否定。 巨人軍にも取材を申し込むと、賭けゴルフをした事実は一切ないと回答した。 野球賭博事件の陰にあった、指揮官によるケタ違いのギャンブル。 6月25日発売の週刊新潮で、原監督の賭けゴルフの実態について詳しく報じる。

次の

[B! 名言] 【迷言】巨人原監督が選手に浴びせた名言wwwwwwwwww(なんJには)与えられねーわ@なんJまとめ

原監督 なんj

連敗を4で止めた。 原辰徳監督(61)は通算1035勝を挙げ、長嶋茂雄終身名誉監督(84)を抜いて球団歴代単独2位に浮上した。 チームを指揮した過去13年間で3度の日本一を含む8度のリーグ優勝と実績十分の〝名将〟が、指導者としての帝王学を学んだ恩師超え。 新たな「勲章」を手に入れた。 ミスター超えの1勝に花を添えたのは、エースの粘投と4番の一発だった。 3回一死一、三塁の場面でまずは3番・丸が先制の左二塁打。 「いいところに飛んでくれた」と振り返ると主砲・岡本が続いた。 ゲームの主導権を握る6号3ランで一挙4点を奪った。 ダイヤモンドを回る岡本は「チャンスで何とかしたかった! ホームランという最高の結果になって良かったです」とニッコリ。 投げては中10日の先発となったエース・菅野だ。 「連敗していることを意識して。 やることはいつもと変わらない」と登板前に話していたが、この日は制球難に苦しみ4回までで89球…。 本来の投球には程遠かったものの、なんとか5回を投げ切り無傷の3勝目を挙げた。 原監督にとって「おい」でもある菅野だが、監督とエースの関係でいえば、まさに親思いの〝孝行息子〟だ。 2014年には監督通算800勝、翌15年に達成した900勝も、菅野の勝利によるもの。 自身の節目で勝利を持ってくる菅野を伯父・原監督も感慨深く見ている。 記念すべき一日。 再び波に乗りたいところだ。

次の