アップル id 忘れ た 初期 化。 助けください、初期化後のID,PW

iPhone再初期化、Apple ID失念

アップル id 忘れ た 初期 化

アイフォン修理のダイワンテレコム新宿店です。 この記事では、アクティベーションロックを解除したいのにアップルIDのパスワードも忘れてしまったという方への対処法をご案内します。 アクティベーションロックとは アクティベーションロックとは、【iPhoneを探す】設定に含まれている アイフォンの盗難予防機能です。 この機能を有効にすると、アイフォンと指定のApple IDが紐付けられます。 iCloud上のデータを変更する場合や本体のデータを全部削除する場合などに、Apple IDのパスワードを求められるため、 自分以外の人間が操作することができなくなります。 このように、このロックは本来自分のデータを守るためのロックですが、パスワードを忘れた場合は結果的に自分の首を絞めるロックになってしまいます。 (当然ではありますが、「iPhoneを探す」機能自体を無効にするときにもApple IDとパスワードの入力が必須となりますので忘れてしまうと厄介です。 ) Apple IDに対するロックとは アプリを購入するときやリカバリー・強制初期化後にアクティベートをしたいときなど、Apple IDとパスワードを求められることがありますよね。 そのときにApple IDのパスワードを忘れて何回も(3回くらい)入力を間違えてしまった場合、そのApple IDには ロックがかかってしまいます。 秘密の質問も答えられなかったら完全にアウトです・・・。 Apple IDのロックは、アップル社に問い合わせをしないと解除できない部分になります。 Apple IDもロックがかかってしまった・・・ アクティベートしたくてもApple IDがわからない・・・ という、てんやわんやなこの最悪な状況の方へ。 実際アップルに相談をするしかないのですが、 その中でも複数の対処方法がございますので、詳しくご案内していきます。 「Apple IDは使用が停止されています」 Apple IDがわからずアクティベートができない場合、アイフォンの電源は入るのにこんな画面になってしまいます。 ( 待ち受け画面に進めない) Apple IDに対するロックがかかっている状況ですね。 これはアップルでしか対応できないので、に電話をすることになります。 自分の手元でパソコンを開きつつ、アップルの担当者と話しながらアップルのログイン画面に進みます。 IDに対してロックがかかっている場合、対象のApple IDを入力すると 【 このApple IDはセキュリティ保護のためロックされています。 】という画面になります。 下にスクロールをすると【 アカウントロックを解除】というリンクがありますので、 そこをクリックして進み、対象のIDを入力します。 次に、解除を申請するために電話番号が必要となりますので、 対象のアイフォン(さっきまで壊れていた端末)の契約電話番号を入力します。 ここまでくれば、アップルが解除の処理を進める状態になります。 ただし、 この復旧処理は2~3週間くらいかかります。 気長に待てる方はこの処理が終わったらしばらく待ってましょう。 アクティベーションロック解除の方法 2~3週間も待ち受け画面に進めずにiPhoneの操作が何もできないのは さすがに困るという方( 皆さんそうでしょう) Apple IDのロック解除を早めることはできませんが、アクティベーションロックだけなら 1週間程度で解除が可能なようです。 ただ、この処理をしてもらうのには購入証明書が必要なのでまた一つ、手間が増えることに・・・。 購入証明書には ・購入者(契約者)の名前 ・電話番号 ・購入日 ・販売担当者の名前 ・購入店舗の住所と店舗名 ・アイフォンの名前・容量・色 ・アイフォンのシリアルナンバー ・証明書発行時の担当者の名前 以上の内容が書いてあります。 普通は持ってないです。 これは購入したショップに問い合わせれば作成して頂けます。 【購入証明書】という正式な名前の書類ではなく、簡易的な書類でもこの 内容が表記されていればとりあえず大丈夫なようです。 作成してもらえたら別の端末で証明書全体が写るように写真を撮りましょう。 (デジカメでも携帯でもなんでもいいです) 後ほどインターネットからアップルに画像を送信するので、 デジカメ等のネットに繋げないもので撮る場合は パソコンに写真を移動しておくといいですね。 購入証明書を入手できたら、新しくApple IDを作成します。 ロックがかかっているIDでは何もできないので、アップルのサイトにログインするために必要となります。 もう登録できる新しいメールアドレスがないという方は、フリーメールを作成しましょう。 Yahoo! メールやGメール、Exciteメールなどが代表的です。 (無料で作成できます) パスワードは絶対に忘れないようにしてください。 すぐに使いますが、どこかにメモしておくといいですね。 忘れたら元も子もない。 Apple IDの作成ができたら、アップルのサポートに電話をして担当者に今までの流れと新しいApple IDを伝えてください。 電話が切れた後、伝えたApple ID(メールアドレス)宛にアップルの担当者から【 ファイルの送信方法のご案内】というメールが届き、メールの中に購入証明書を送信する為のリンクがありますので、リンクをクリックします。 そうすると下の画像のようにログイン画面に進みますので、 先ほど作成した新しい方のApple IDでログイン(サインイン)してください。 そうすると規約が出てきますので、同意をしてから説明書きに従って 先ほど撮影した 証明書の写真をアップロードしてください。 アップロードが完了するとこのような画面になります。 アップロードが完了したら改めてアップルに電話をして、 データが正しいかを担当者に確認してもらいます。 これで問題がなければ、 ここから1週間程度でアクティベーションロックを解除してもらえます。 約1週間後・・・ 1週間ほど待っていればアクティベーションロックが解除されます。 アクティベーションロックを解除できただけの段階ではまだ以前のApple IDは利用できませんが、アイフォンとIDとの紐づけ自体は解除できているのでアクティベートできなかった時とは違い、アイフォンの待受画面に進むことができます。 あとは以前のApple IDが復活するのを待つだけ・・・です! その間Apple ID関連のものは触れないですが、本体は動かすことができるので メールや電話もすることが可能になります。 ただし、お手持ちの端末はリカバリーをした後の状態で、バックアップデータを本体に戻したいという方はまだ戻すことができませんので、Apple IDが復活してからデータを同期しましょう。 その後は今まで通り利用することができます。 まとめ.

次の

iPhoneでApple ID/パスワード忘れた時の具体的な対処方法

アップル id 忘れ た 初期 化

Apple IDはふだんさほど使うことがない人も多いです。 しかし使わなければパスワードなどを忘れてしまうことがあります。 設定をリセットする時などには必要となるのですが、Apple IDが忘れたためリセットできないこともあるでしょう。 そこでAppleIDがない、Apple IDのパスワードを忘れたのでリセットできない時の対処法を考えてみます。 Apple IDなしでiPhoneを工場出荷時の状態に戻す• iTunesを使ってApple IDなしでiPhoneを工場出荷時の状態に戻す iTunesを使ってApple IDなしでiPhoneをリセットする方法を紹介します。 この方法ではApple IDは必要ありませんが、パソコンにiTunesをインストールしておく必要があるので、注意してください。 ステップ1 パソコンでiTunesを起動させて、iOSのデバイスを接続してください。 ステップ2 このコンピュータを信頼しますかと表示がでるので、イエスを選択すると、iTunesにデバイスが表示され、選択してクリックします。 ステップ3 デバイスを復元という項目がでるので、そこをクリックして画面の指示に従って操作しましょう。 以上の方法でiTunesから、iPhoneを工場出荷の状態に戻すことができます。 あらかじめインストールしておく必要がある上、iTunesが正常に動作しないこともあるので、注意しておきましょう。 この方法で必要となるのはというアプリです。 このアプリを使うことで、簡単にApple IDを削除してリセットすることができます。 機械に詳しくない人でも手軽に行えるので、とても便利なアプリです。 ステップ 1.プログラムを起動させて、Apple IDを削除をクリックしましょう ステップ 2.iPhoneをパソコンと接続すると、ソフトの画面に開始と表示されるのでクリックします。 ステップ 3.アプリが自動的にApple IDを削除してくれるので、後は本体操作でリセットができます。 工場出荷時の状態に戻るとデバイスが再起動します。 これで新しいデバイスとして設定できるようになります。 iTunesよりも挙動が安定しているため、iPhoneのリセットではサードパーティーのアプリを使う人も少なくありません。 安定していて簡単に操作でき、速いのは大きなメリットです。 まとめ iPhoneをApple IDなしでリセットする方法でした。 iTunesを使った方法もありますが、やはりあらかじめインストールしておく必要があるため、の方が使い勝手がいいです。 操作もシンプルで、素早くIDを削除してリセットできるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

次の

Apple IDなしでiPhoneを工場出荷時の状態に戻す(初期化する)対処

アップル id 忘れ た 初期 化

最近は、指紋をはじめとしたバイオメトリクス認証が主流になり、パスコードを必要とする場面は少なくなっています。 しかし、「iPad」を使っているうちに何かの拍子に電源が切れたときや、iPadを再起動したときは、指紋認証と同時にパスコード入力を求められます。 とはいえ、普段使う機会がないパスコードやパスワードを思い出せない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、iPadのパスコードを忘れた場合の対処方法として、初期化や復元の方法を解説します。 今まさに困っている方は、ぜひ一読ください。 iPadにおけるパスワードの種類 iPadを不自由なく使うためには、パスワードの種類について知っておく必要があります。 そこで、普段あまり使わないものも含めて、iPadの使用で必要になる3種類のパスワードについて今一度確認していきましょう。 パスコード 「iPhone」同様、iPadも指紋認証によるログイン方式が普及しています。 そのため、パスコードでログインする機会が少なくなり、いざパスコードが必要になった時に忘れていることがあります。 特に、iOSのアップデート時は絶対にパスコードが必要になります。 アップデートがおこなわれるとiPadは自動的に再起動し、パスコードによるロック解除を要求されます。 パスコード入力を6回続けて間違えると、デバイスからロックアウトされ、iPadを使用できないというメッセージが表示されます。 パスコードを思い出せない場合はiPadをリセットすることになりますが、その場合はデータや設定もすべて削除されます。 iPadから消失したデータは、バックアップをとってあるもの以外は「Apple社」でも復元できません。 Apple ID 「Apple ID」は、Apple製品とさまざまなサービスにサインインする際に使用するアカウントです。 Apple IDとパスワードがあれば、Appleのサービスをすべて利用できます。 また、Apple IDには、連絡先や支払情報、セキュリティ情報などが記録されています。 Apple公式サイトでは、Apple IDで最もよく使われるサービスとして以下を挙げています。 App Storeおよび Apple Arcade• Apple Books• Apple Musicおよび音楽の購入• Apple Store(オンライン)• Apple Pay、Apple Card、Apple Cash• Apple Podcast• Apple Store 直営店のサービスやプログラム(コンシェルジュ、Joint Venture、ワークショップ、ジュニア向けプログラムなど)• Apple Store App• Apple サポートコミュニティ• FaceTime• ファミリー共有• Game Center• iCloud• iMessage• iTunes• これはiPadのスクリーンタイムを設定変更する際に必要となるパスコードです。 スクリーンタイムの時間の延長や設定内容の変更を保護するのに便利です。 たとえば、子どもが使用するiPadに、コンテンツとプライバシーの制限を設けることが可能です。 また、ファミリー共有を使えば、保護者のデバイスから直接、子どものiPadのスクリーンタイム・パスコードを設定したり、レポートを確認したりもできます。 パスコードを忘れた時の対処法 iPadのパスワードは複数ありますが、問題はパスコードを忘れてしまった場合です。 設定者が思い出す以外に手立てがないので、どうしても思い出せない場合はiPadを初期化することになります。 バックアップがなければ、iPad内のデータを取り戻す方法はありません。 ここではiPadを初期化する方法と手順をご紹介します。 「iTunes」を使って初期化 iPadがiTunesで同期している場合は以下の手順で、iPad内のデータとパスコードを消去します。 事前にiTunesが最新のバージョンになっているか、自動同期が停止状態になっているか、[iPadを探す]がオフになっているかを確認してください。 iTunesが入ったPCにiPadを接続します。 iTunesを開きます。 iPadのパスコードの入力を求めるメッセージが出た場合は、他のPCで試します。 iPadがコンピュータに表示されたら選択します。 iTunesでiPadを同期し、バックアップが作成されるまで待機します。 同期・バックアップが終了したら、[iPadを復元]をクリックして、初期化します。 復元中に[設定]の画面が表示されたら[iTunesバックアップを復元]をクリックします。 iTunes内に表示されたiPadを選択し、バックアップの内容(日付・サイズなど)を見比べて適切なものを選択し、復元します。 「iCloud」または「iPhoneを探す」で初期化 [iCloud]または[iPhoneを探す]から初期化する場合、PCやタブレットからリモート操作し、iCloud上にある最新データの復元が可能です。 [iCloud]からiPadを初期化する手順は以下のとおりです。 [すべてのデバイス]をクリックし、初期化するiPadを選択します。 [iPadの消去]をクリックし、データを削除します。 初期化したiPadの電源を入れ、[Appとデータ]画面が表示されるまで進みます。 [iCloudバックアップから復元]をタップします。 復元するバックアップデータを選択します。 表示に従って進むとデータの復元が完了します。 また、パスコードが分からなくなったiPadの[iPadを探す]機能がオンになっていれば、[iPhoneを探す](iOS 13以降は[探す]App)アプリで初期化が可能です。 iPhoneやiPadなど、ほかのAppleの端末にインストールされたアプリから操作します。 [iPhoneを探す]でiPadを初期化する場合の手順は以下のとおりです• [デバイスを探す]リストで、消去したいiPadをタップします。 [このデバイスを消去]をタップしてから、[このデバイスを消去]をタップします。 Macの場合は、パスコードを入力してロックをかけます。 [消去]をタップします。 Apple IDとパスワードを入力してから[消去]をもう一度タップします。 「リカバリーモード」で初期化 PCでiPadが認識されない、またはリカバリーモードであると表示される場合は、リカバリーモードを使った復元が必要です。 この場合もiTunesを最新バージョンにし、自動同期を停止してください。 iPadをPCに接続して、iTunesを開きます。 iPadを接続している状態で、iPadを強制的に再起動します。 「アップデートまたは復元を必要としている~」というメッセージが表示されたら、[復元]を選択します。 ソフトウェアがダウンロードされます。 ダウンロードが完了したらiPadを再び設定します。 バックアップが存在する場合は、再設定時に「このバックアップから復元」の選択肢が出現します。 Apple IDを忘れた時の対処法 Apple IDは通常、メールアドレスを設定します。 一度でもサインインしていれば、Apple ID を持っていることになり、Appleのデバイスの[設定]>[iCloud]または[iTunesとApp Store]に表示されます。 Apple IDがあれば、パスワードをリセットしてアクセスを復旧することも可能です。 しかし、Apple IDを忘れてしまい、なおかつデバイスでの確認もできない場合があります。 そこで、Apple IDを忘れた時の対処手順は以下のとおりです。 icloud. [Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?]をタップします。 [Apple IDをお忘れになった場合は、こちらで検索できます]に進みます。 氏名とメールアドレスを入力し、Apple IDを検索します。 以下がその手順です。 [設定][スクリーンタイム]の順に選択します。 [スクリーンタイム・パスコードを変更]を2回タップします。 [パスコードをお忘れですか?]を選択して、スクリーンタイム・パスコードの設定時に使った Apple ID とパスワードを入力します。 新しいスクリーンタイム・パスコードを入力します。 バックアップをとっておく iPadをバックアップしておけば、デバイスの交換や紛失、損傷などの際も大切な情報を再現できて安心です。 バックアップをとる方法は2種類あります。 iCloud でバックアップをとる方法• デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続します。 [設定][ユーザー名][iCloud]の順番でタップして進みます。 [iCloud バックアップ]を選択します。 オンになっていれば、電源が入っていてWi-Fi ネットワークに接続されている時に自動でバックアップされます。 [今すぐバックアップを作成]をタップするとバックアップが開始されます。 バックアップ中はネット接続が切れないように配慮しましょう。 コンピュータでバックアップをとる方法• iPadをPCに接続します。 Mojave 10. 14 以前のmacOSであれば、iTunesを開きます。 それ以降のOSであれば、Finderを開きます。 PC上でiPadを選択します。 iPad上のヘルスケアとアクティビティのデータを保存しておく場合は[デバイスのバックアップを暗号化]というチェックボックスを選択します。 保存する必要がなければ、[今すぐバックアップ]をクリックします。 パスワードを忘れないためにできること パスワードを忘れてしまうと慌ててしまいます。 一番安心できるのはメモを取っておくことですが、アナログ的な保存はなくしてしまうと意味がありません。 最近は、パスワード管理アプリもありますので、活用してはいかがでしょうか。 ここでは、パスワードを忘れないための方法をいくつかご紹介します。 自分だけのルールを設定する 文字列や数字の並べ方に自分独自のルールを設けることです。 自分がパスワードとして使い回している共通ワードに、誰もが知るサイト名などを足し、さらに個人的な情報を加えると万全です。 例えば、「sakura」「google」を一定の場所で切り、「sa-goo-kura-gle」などのようにつなげ、最後に覚えやすい数字を追加します。 組み合わせを変えれば、バリエーションはいくらでも増やせます。 セキュリティの低いパスワードを頻繁に変えるよりも安全で、ルールさえ覚えていれば忘れにくいのもメリットです。 計算式を作る 記念日や親しい人の誕生日など絶対に忘れない数字を足したり、掛け合わせたりする方法です。 結果に出た数値は上からでも下からでも利用できますし、計算に用いる数字や計算式を変えていけば、いろいろ試すことができるでしょう。 自分以外の人の情報を活用する 友人や同僚などの生年月日や電話番号を利用するのもひとつの方法です。 直接自分の情報に結びつかないものであれば、セキュリティ面の心配も軽減できます。 ただし、複数の違う情報を使用すると、パスワードを取り違えてしまう可能性があるので注意が必要です。 iPadが故障した時には iPadが故障した場合は、持ち込みか配送での修理になります。 Apple StoreまたはApple正規サービスプロバイダへ持ち込む方法もありますが、近くになかったり、修理金額が高かったりするケースもあります。 また、Appleでは配送も受け付けていますが、日数がかかることもあって躊躇する人も多いでしょう。 そうした際に活躍するのが、近くにあるiPadの修理店を検索できる「最安修理ドットコム」です。 さらに、修理にかかる費用の目安や保証期間なども比較できて便利でしょう。 口コミ情報も満載ですので、iPadが故障した時の参考にしてください。 まとめ iPadには3種類のパスワードがありますが、いずれも忘れてしまった時は一度リセットして再設定する必要があります。 この時に問題になるのが、iPadに保存していたデータ類でしょう。 パスワードを忘れただけで写真やアドレスなどすべてを失わないように、バックアップは必ずとっておくことをおすすめします。 また、バックアップデータの抽出などを希望する際は、修理店に相談してもよいでしょう。

次の