ピロリ ジジン アルカロイド。 食品中のピロリジジンアルカロイド類に関するQ&A:農林水産省

アルカロイドは・・・アルカロイドの分類、特徴

ピロリ ジジン アルカロイド

An Entity of Type : , from Named Graph : , within Data Space : ピロリジジンアルカロイド(英: Pyrrolizidine alkaloid、略称: PA)はピロリジジンを基本骨格とするアルカロイドであり、これまでに300種類以上の天然物が知られている。 ピロリジジンアルカロイドはムラサキ科、キク科、ラン科、マメ科植物によく含まれている他、まれにヒルガオ科やイネ科植物でも見つかる。 シソ科では少なくとも一種がピロリジジンアルカロイドを産生している。 ピロリジジンアルカロイドには肝毒性がある。 また、肝中心静脈血栓症や肝癌を引き起こす。 そのため、ピロリジジンアルカロイドを含む薬草(ヒレハリソウやフキタンポポ)やある種の中国の薬草の使用、純粋エキウム蜂蜜(ブルガレ、プランタギウム)にはリスクが伴う。 フキやツワブキを食する際に灰汁抜きが必要な理由でもある。 ナルトサワギクなどは、これを食べた家畜が中毒死したなどの報告がある。 アサギマダラなどのマダラチョウの仲間は、一部の植物の花の蜜から特定のピロリジジンアルカロイドを摂取して体内に蓄えている。 これは、敵からの防衛のためであると共に、オスが放出する性フェロモンの原料ともなっていることが明らかとなっている。 Data Table Property Value• ピロリジジンアルカロイド(英: Pyrrolizidine alkaloid、略称: PA)はピロリジジンを基本骨格とするアルカロイドであり、これまでに300種類以上の天然物が知られている。 ピロリジジンアルカロイドはムラサキ科、キク科、ラン科、マメ科植物によく含まれている他、まれにヒルガオ科やイネ科植物でも見つかる。 シソ科では少なくとも一種がピロリジジンアルカロイドを産生している。 ピロリジジンアルカロイドには肝毒性がある。 また、肝中心静脈血栓症や肝癌を引き起こす。 そのため、ピロリジジンアルカロイドを含む薬草(ヒレハリソウやフキタンポポ)やある種の中国の薬草の使用、純粋エキウム蜂蜜(ブルガレ、プランタギウム)にはリスクが伴う。 フキやツワブキを食する際に灰汁抜きが必要な理由でもある。 ナルトサワギクなどは、これを食べた家畜が中毒死したなどの報告がある。 アサギマダラなどのマダラチョウの仲間は、一部の植物の花の蜜から特定のピロリジジンアルカロイドを摂取して体内に蓄えている。 これは、敵からの防衛のためであると共に、オスが放出する性フェロモンの原料ともなっていることが明らかとなっている。 1936784 xsd:integer• 7268 xsd:integer• 101 xsd:integer• 50273354 xsd:integer• ピロリジジンアルカロイド(英: Pyrrolizidine alkaloid、略称: PA)はピロリジジンを基本骨格とするアルカロイドであり、これまでに300種類以上の天然物が知られている。 ピロリジジンアルカロイドはムラサキ科、キク科、ラン科、マメ科植物によく含まれている他、まれにヒルガオ科やイネ科植物でも見つかる。 シソ科では少なくとも一種がピロリジジンアルカロイドを産生している。 ピロリジジンアルカロイドには肝毒性がある。 また、肝中心静脈血栓症や肝癌を引き起こす。 そのため、ピロリジジンアルカロイドを含む薬草(ヒレハリソウやフキタンポポ)やある種の中国の薬草の使用、純粋エキウム蜂蜜(ブルガレ、プランタギウム)にはリスクが伴う。 フキやツワブキを食する際に灰汁抜きが必要な理由でもある。 ナルトサワギクなどは、これを食べた家畜が中毒死したなどの報告がある。 アサギマダラなどのマダラチョウの仲間は、一部の植物の花の蜜から特定のピロリジジンアルカロイドを摂取して体内に蓄えている。 これは、敵からの防衛のためであると共に、オスが放出する性フェロモンの原料ともなっていることが明らかとなっている。 ピロリジジンアルカロイド• is of• is of•

次の

ピロリジジンアルカロイド : Mag's DiaryⅢ

ピロリ ジジン アルカロイド

An Entity of Type : , from Named Graph : , within Data Space : ピロリジジンアルカロイド(英: Pyrrolizidine alkaloid、略称: PA)はピロリジジンを基本骨格とするアルカロイドであり、これまでに300種類以上の天然物が知られている。 ピロリジジンアルカロイドはムラサキ科、キク科、ラン科、マメ科植物によく含まれている他、まれにヒルガオ科やイネ科植物でも見つかる。 シソ科では少なくとも一種がピロリジジンアルカロイドを産生している。 ピロリジジンアルカロイドには肝毒性がある。 また、肝中心静脈血栓症や肝癌を引き起こす。 そのため、ピロリジジンアルカロイドを含む薬草(ヒレハリソウやフキタンポポ)やある種の中国の薬草の使用、純粋エキウム蜂蜜(ブルガレ、プランタギウム)にはリスクが伴う。 フキやツワブキを食する際に灰汁抜きが必要な理由でもある。 ナルトサワギクなどは、これを食べた家畜が中毒死したなどの報告がある。 アサギマダラなどのマダラチョウの仲間は、一部の植物の花の蜜から特定のピロリジジンアルカロイドを摂取して体内に蓄えている。 これは、敵からの防衛のためであると共に、オスが放出する性フェロモンの原料ともなっていることが明らかとなっている。 Data Table Property Value• ピロリジジンアルカロイド(英: Pyrrolizidine alkaloid、略称: PA)はピロリジジンを基本骨格とするアルカロイドであり、これまでに300種類以上の天然物が知られている。 ピロリジジンアルカロイドはムラサキ科、キク科、ラン科、マメ科植物によく含まれている他、まれにヒルガオ科やイネ科植物でも見つかる。 シソ科では少なくとも一種がピロリジジンアルカロイドを産生している。 ピロリジジンアルカロイドには肝毒性がある。 また、肝中心静脈血栓症や肝癌を引き起こす。 そのため、ピロリジジンアルカロイドを含む薬草(ヒレハリソウやフキタンポポ)やある種の中国の薬草の使用、純粋エキウム蜂蜜(ブルガレ、プランタギウム)にはリスクが伴う。 フキやツワブキを食する際に灰汁抜きが必要な理由でもある。 ナルトサワギクなどは、これを食べた家畜が中毒死したなどの報告がある。 アサギマダラなどのマダラチョウの仲間は、一部の植物の花の蜜から特定のピロリジジンアルカロイドを摂取して体内に蓄えている。 これは、敵からの防衛のためであると共に、オスが放出する性フェロモンの原料ともなっていることが明らかとなっている。 1936784 xsd:integer• 7268 xsd:integer• 101 xsd:integer• 50273354 xsd:integer• ピロリジジンアルカロイド(英: Pyrrolizidine alkaloid、略称: PA)はピロリジジンを基本骨格とするアルカロイドであり、これまでに300種類以上の天然物が知られている。 ピロリジジンアルカロイドはムラサキ科、キク科、ラン科、マメ科植物によく含まれている他、まれにヒルガオ科やイネ科植物でも見つかる。 シソ科では少なくとも一種がピロリジジンアルカロイドを産生している。 ピロリジジンアルカロイドには肝毒性がある。 また、肝中心静脈血栓症や肝癌を引き起こす。 そのため、ピロリジジンアルカロイドを含む薬草(ヒレハリソウやフキタンポポ)やある種の中国の薬草の使用、純粋エキウム蜂蜜(ブルガレ、プランタギウム)にはリスクが伴う。 フキやツワブキを食する際に灰汁抜きが必要な理由でもある。 ナルトサワギクなどは、これを食べた家畜が中毒死したなどの報告がある。 アサギマダラなどのマダラチョウの仲間は、一部の植物の花の蜜から特定のピロリジジンアルカロイドを摂取して体内に蓄えている。 これは、敵からの防衛のためであると共に、オスが放出する性フェロモンの原料ともなっていることが明らかとなっている。 ピロリジジンアルカロイド• is of• is of•

次の

ピロリジジンアルカロイドとは

ピロリ ジジン アルカロイド

構造 及びの結果によると、ピロリシンは4-メチルピロリン-5-カルボン酸がリシンのN末端とアミド結合した構造をしている。 触媒作用 付加したピロリン環は、いくつかののに取り込まれ、比較的自由に回転することができ、が作用しやすくするためにのメチル基を正しい場所に配置し、広げる作用を持っていると考えられている。 提案されているモデルでは、近接するグルタミン酸残基のカルボキシル基がされ、このが環の窒素原子に転移されて、隣接する環の炭素原子が露出し、メチルアミンによるが起きるとされている。 この反応で生じた正の電荷を持つ窒素原子は、続いてしたと作用し、環の配向が変化してメチルアミン由来のメチル基を活性部位に向ける。 その後メチルアミン由来のが解離し、元のイミンに戻る。 コドン や、等のを受けた他のリシン誘導体とは異なり、ピロリシンはタンパク質を構成する20種のアミノ酸と同様にコドンから翻訳される。 通常の生物ではとなっている UAGの配列でmRNAにコードされている。 これには、CUAで異常tRNAをコードする pylT遺伝子及びII型のアミノアシル-tRNAシンターゼをコードする pylS遺伝子の存在が必要である。 UAGコドンの後には、ステム-ループ構造を作るPYLIS配列が続く。 このtRNA-aaRS対は、のその他のシンターゼやtRNAとは独立であり、その後の過程にも比較的制約がない。 そのため、タンパク質の官能基を自由に改変することができる魅力的なツールとなっている。 Ferguson, Carey M. James, Joseph A. Krzycki, Michael K. Chan 2002. 296 5572 : 1462—1466. Jitesh A. Soares, Liwen Zhang, Rhonda L. Pitsch, Nanette M. Kleinholz, R. Benjamin Jones, Jeremy J. Wolff, Jon Amster, Kari B. Green-Church, and Joseph A. Krzycki 2005. Biol. Chem. 280 44 : 36962—36969. Biochimie 87 9-10 : 813—7. Hao B, Zhao G, Kang PT, Soares JA, Ferguson TK, Gallucci J, Krzycki JA, Chan MK 2004. Chem. Biol. 11 9 : 1317-1324. Li WT, Mahapatra A, Longstaff DG, Bechtel J, Zhao G, Kang PT, Chan MK, Krzycki JA 2009. Mol. Biol. 385 4 : 1156-1164.

次の