木崎 優太。 木崎優太の経歴(年収等)や生い立ちがやばい?倒産で現在は無職?

木崎優太

木崎 優太

木崎優太(きざきゆうた)のプロフィール 生年月日:1986年8月31日 出身地 :東京都昭島市 現住所 :東京都港区(本人フェイスブックより) 木崎優太さんは、2020年4月10日に44億円の負債を抱えて自己破産申請を行っている「MJG接骨院」の設立者で、代表取締役CEOを務めていた実業家です。 木崎優太さんは国家資格「柔道整復師」を取得後、整形外科や接骨院での実務を経験したのち、2011年6月に接骨院などの店舗を展開する「株式会社MJG」を起業。 2012年から2013年にかけ、「MJG接骨院」「MJG整体院」を屋号にした多店舗チェーン展開に注力して、「MJG」を急成長させ、一時は「接骨・整骨業界の勝ち組」とまで持て囃されました。 MJGは44億円の負債を抱えて2020年4月に破産 しかしその後、木崎優太さんがCEOを務める「MJG」はこの急激な多店舗展開戦略が裏目に出る結果となり、管理体制が悪化して不採算店舗が急増し、次第に資金繰りを悪化させました。 これに追い討ちをかけるように、2019年11月18日には、「MJG」のホームページなどで説明されていた「やせプログラム」に施術根拠がないとして、埼玉県から再発防止を求める措置命令を受けた事で信用度が低下し、さらに売り上げを悪化させてしまいます。 全国で接骨院を展開する「MJG」(東京都、木崎優太社長)が自社ホームページで説明した「やせプログラム」の施術効果などに根拠がないとして、埼玉県は18日、景品表示法違反(優良誤認)で違反の事実を公表し、同社に取り消すよう命じた。 そして2020年2月、「MJG」社員が、受付社員の雇い止め(事実上のリストラ)などの労使問題、接骨院での「部位数水増し」による不正な請求、高額な「施術回数券」の販売促進の強要などを記者会見で告発。 その翌3月には給与遅配も発生しています。 そして2020年4月、今度は新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受け、「MJG接骨院」への来店者がさらに激減。 これにとどめを刺される形で「MJG」は44億円の負債を抱えて破産を申請し倒産する事になりました。 会社が倒産したことで、現在は無職になっていると思われます。 木崎優太と元AKB板野友美の愛人関係の噂が浮上 2020年4月に倒産することになった「株式会社MJG」ですが、同社の財務状況が悪化したのには、CEOの木崎優太さんの無茶苦茶な浪費も関係していたと「週刊文春」が報じています。 週刊文春によれば、木崎優太さんは、日焼けした肌に高級スーツを着込み、キャバクラで1日800万円を使って、それを社長室経費に計上するなどしていたとの事。 そして、木崎優太さんの浪費の中で目立つのが、元AKB板野友美さんとの「密接な関係」だったという衝撃的内容も報じているのです。 「木崎社長は飲み会などで『板野には年間数千万払っている』と豪語していました。 記事によれば、木崎優太さんは飲み会などで「板野に年間数千万払っている」と発言していたという事です。 これを読む限り、木崎優太さんは板野友美さんを愛人として囲っていたのでは?との疑惑を感じますが、板野友美さんの所属事務所は週刊文春の取材に対し「男女関係は一切なく、仕事上の関係です」と愛人関係を否定しています。 しかし実際には、「MJG」の経営が急激に悪化していた2019年にも板野友美さんへの不可解な支援が続けられていたようなのです。 「MJG」の元社員が、週刊文春の取材に以下の証言をされています。 「MJGが社用車としてリースしていた高級車『ポルシェ・マカン』を19年11月から、板野さんの専用車として供与していたのです。 最低でも700万円以上する車です。 同月末には、受付スタッフ全員を事実上のリストラ処分にしていたので、余裕のある状況ではなかったはずですけど……」 これが事実であれば、木崎優太さんは、自社の資金繰りを悪化させ、受付スタッフ全員を解雇(少なくとも300人が解雇されたとの情報も)しておきながら、板野友美さんに高級車を供与していたという事になります。 これでは、木崎優太さんと板野友美さんの愛人関係が疑われるのも無理はありません。 木崎優太は板野友美の家族への援助もしていた 木崎優太さんと板野友美さんの関係は事実かなり密接なものだったようで、なんと木崎優太さんは板野友美さんの母親や妹などの家族への援助も行っていた疑惑も週刊文春によって報じられています。 さらに板野さんの母親が社長を務める会社が横浜市内のMJG整体院のオーナーとなっています。 この店舗は、社長案件となっており、他のフランチャイズ店舗よりも優遇されていた。 2000万円弱かかる初期費用のほか、広告費用も免除され、赤字補填もする。 経営リスクはほとんどゼロです。 板野さんの妹でグラビアアイドルの成美さん(24)もMJGの従業員として登録されており、給料が支払われていました」 こちらもかなり衝撃的な内容です。 板野友美さんの母親が横浜市内の「MJG整体院」のオーナーだったという事ですが、経営の失敗により不採算店舗が急増する状況の中で、2000万円もの初期費用などを免除され、赤字補填までもされていたというのは常軌を逸しています。 さらに、板野友美さんの妹のグラビアアイドル板野成美さんを従業員扱いで給与が支払われていたというのも違和感しかなく、木崎優太さんと板野友美さんが密接な関係だったとの疑惑が浮上するのも当然だと感じます。 これが事実であれば、給与未払いのままで突然解雇されてしまった「MJG」の元従業員達はとても納得がいかないのではないでしょうか。 「日刊サイゾー」が「木崎社長は既婚者」と書いているので、木崎優太さんが結婚している事は間違いなさそうです。 もともと、板野は若いころからパトロンを見つけるのが得意だった。 日焼けした肌を高級スーツで包み成り金丸出しの木崎社長は、まさに板野が好きそうなイメージ。 木崎社長は既婚者だが、不適切な関係がないか、周囲はやきもきしているようです しかし、木崎優太さんの嫁がどういった人なのか、嫁との間に子供はいるのかなどの詳細な情報については明らかにされていません。 木崎優太さんはキャバクラで1日800万円使っていたなどの情報も出ており、かなり派手に遊んでいた様子なので嫁との関係は良くなかったのかもしれませんね。 昭島市市議会議員 木崎親一ですよ。 叔父は八王子市長と言う話です。 — miok hokkorishitai 木崎優太さんは東京都昭島市出身なので、木崎親一氏が父親というのはかなり信ぴょう性を感じますが、公表されている情報ではなく、あくまでもネット上の噂であり真偽は不明です。 また、上のツイートにもあるように木崎優太さんの叔父が東京都八王子市長との情報も出ているようですが、こちらについても真偽不明です。 木崎優太の実家の自宅が豪邸の噂も浮上 木崎優太さんの実家の自宅が凄い豪邸との噂も出ています。 ネット上には木崎優太さんの実家の自宅の豪邸だとされる画像が出回っていたのですが、現在そうした書き込みは全て削除されており、間違った情報だったか、あるいは何らかの抗議があった可能性があるためここでは掲載しません。 また、仮に木崎優太さんの実家の自宅が豪邸だったとして、あくまでも実家です。 木崎優太さんのフィエスブックによれば、本人の自宅は東京都港区のようです。 とはいえ、派手な生活ぶりを盛んにアピールしていた木崎優太さんなので、この港区の自宅もかなりの豪邸なのではないかと想像されます。 「MJG接骨院」が突如倒産し、従業員の大量リストラや給与未払い問題などが発生しているため、代表取締役だった木崎優太さんへの恨みや怒りからこうした噂が次々と浮上してくるのは無理からぬ事です。 ただ、明確な証拠が示されていない情報を無闇に拡散する事は避けた方が良いでしょう。 まとめ 今回は、2020年4月に倒産した「MJG接骨院」の元CEO木崎優太さんについてまとめてみました。 木崎優太さんは接骨院などの店舗を展開する「株式会社MJG」を企業し、一時は「接骨院業界の勝ち組」とまで持て囃されましたが、経営に失敗して資金繰りが悪化、理不尽なリストラや給与未払いなどの問題を起こし、その広告内容などへの行政指導や、新型コロナの影響などもあってついに倒産させてしまいました。 さらに「週刊文春」によれば、木崎優太さんは「MJG」の経営が悪化していたにもかかわらず、元AKBの板野友美さんやその家族への不可解な金銭的な援助をしていたという事でした。 この衝撃的な報道に、「MJG」の元従業員や債権者などは怒り心頭のようです。 現在、木崎優太さんは行方をくらませているという事ですが、今後の展開にも注目が集まります。

次の

木崎優太社長のMJG接骨院は何故破産した?業界の現状も詳しく解説!

木崎 優太

株式会社MJG(よみ:エムジェージー、本社:東京都新宿区、代表:木崎優太、以下当社)の代表取締役CEOである木崎優太は、初の書籍『社員を勝者にする経営』(幻冬舎)を2019年10月15日(火)に全国書店にて発売いたしました。 2011年に東京・昭島市に開業した1軒の接骨院が、わずか8年で全国に180店舗(開業前店舗を含む)を展開するまでに成長した、その軌跡とマネージメント論を語った同書は、大型書店『丸善 日本橋店』、『三省堂 有楽町店』10月27日付のビジネス書売上ランキングで1位を獲得。 都心オフィス街でビジネスパーソンの注目を集めています。 株式会社MJG 代表取締役CEO 木崎 優太 柔道整復師として接骨院、整形外科での勤務を経て、2011年に独立。 出身地・東京都昭島 市で『昭島整骨院』を開業し、1年で1日来院数が160人を超える人気院となる。 接骨技術 の普及と、柔道整復師の社会的地位向上を目標に、2013年より『MJG接骨院』の多店舗展 開を開始。 接骨業界のリーディングカンパニーとして邁進を続ける。 柔整師は地域の人々の健康に携わる必要な人材であるにも関わらず、その労働環境は一般に比べ良いとは言えない状況にあります。 低賃金やハードワーク、保険適用の厳格化による業界全体のネガティブなイメージなど、若き柔整師が明るい未来を抱きにくいのが現状です。 木崎は自身も資格取得後、個人院勤務~整形外科勤務を経験しましたが、柔整師の辛い・きつい・安い労働環境に疑問を持ちました。 現状のままでは接骨業界は伸びないと感じた木崎は、起業を機に、柔整師を「夢のある仕事」「ちゃんと稼げる仕事」にするための経営に取り組みました。 仕事にはやりがいや楽しさ、社会的な使命があります。 しかしそれは社員一人ひとりの人生の目標とイコールではありません。 社員が意欲をもって生き生きと働き、その報酬で豊かな人生を送る。 そのポジティブなマインドが、組織を成長させる。 「夢を持とう、そのために稼ごう」という木崎のメッセージは、時として「稼ぐ」という言葉のイメージから誤解を生むこともありました。 しかし、健全なビジネスにおいて「稼ぐ」ことは「顧客の満足を得る」ことであり、経営者と社員、顧客がすべてWin-Winとなる好循環を生みます。 「今はあらゆる業界で人手が足りないと言っています。 しかし、それは人をちゃんと処遇していないからではないでしょうか。 自分にだけ都合の良い事業計画に沿って設定した待遇が評価されないから、人が来てくれないのです。 内部保留ばかり積み上げて、従業員に払うべきものを払っていない。 そういう気がします。 きちんと処遇したら、人は来るのです。 会社と従業員がきちんとWin-Winの関係をつくったら、必ず来ます。 」(本書抜粋) 『社員を勝者にする経営』(幻冬舎) 木崎 優太 著 全国書店、ECサイト等にて販売中 書籍分類 : 単行本 カテゴリー : ビジネス・経営 ISBN-10 : 4344924827 ISBN-13 : 978-4344924826 Cコード : 0034 定価 : 1,500円(税抜) Amazonページ: 【画像 】 【当社概要】 商号: 株式会社MJG(エムジェイジー) 代表: 代表取締役CEO 木崎 優太 本社所在地: 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル36階 電話: 03-6258-0145 設立: 2011年6月2日(2012年3月2日法人化) 資本金: 50,000,000円 売上高: グループ合計30億円(2018年実績) 店舗数: 180院(開業前店舗を含む) 従業員数: 1,700名 事業内容: ・接骨院の経営 ・鍼灸院の経営 ・整体サロンの経営 ・スパサロンの経営 ・教育事業 ・FC事業 ・MJG接骨師会の運営 ・療養費審査請求代行サービス 本リリースに関するお問い合わせ先 株式会社MJG 広報事務局 担当:黒田(携帯080-4900-7949) TEL:03-5411-0066 FAX:03-3401-7788 e-mail:pr netamoto.

次の

木崎優太

木崎 優太

はじめに こんばんは!つぼちゃんです! 日本で最大規模の接骨院数を誇っていたMJGグループが倒産したというニュースが入ってきました。 正直、そんな会社があった事すら知らない方も多いと思うのですが このニュースが一躍有名になったのは、元社長である木崎優太さんが、元AKBの板野友美さんに貢いでいたと放送されたからですね。 MJGグループの負債総額は約44億円。 従業員約800人は4月15人付けで解雇。 モットーは『社員に夢を見させたい』 結果的に 社員に悪夢を見させてしまった木崎社長。 しかし一時期は報酬が2億5千万程あり 板野友美や真剣佑、亀田興毅など超有名人とも親しかった事もあり 稼いでいたのは本当だと思うのですが・・・ 一体どうしてここまで落ちてしまったのでしょうか。 調べてみました! スポンサードリンク MJGの破綻理由 主な破産要因は過剰投資による財務悪化や、行政処分による売り上げの低迷、そしてコロナウイルスによる客足の現象との事です。 MJGは開業から8年で180店舗も出店しており、過剰投資でかなり無理していた事が伺えます。 そして「行政処分による売り上げの低迷」ですが、これは自社ホームページに掲載していた「やせプログラム」に根拠が無いとして県から取り消しを求められたそうです。 又、これとは別に診療報酬についても圧力をかけていたそうです。 鍼灸接骨院業界の現状 診療報酬について話をする前に、業界のお話を少し…。 実は数十年程前まで、鍼灸資格又は柔整資格を取得した施術者が 鍼灸/接骨院を開業すると、かなりの収入を得る事ができました。 『慢性的に肩こりで接骨院通ってる〜』 『1回500円くらいでマッサージ受けられるから、週一回行ってる』 なんて言ってる人、周りにいませんでしたか? 実はこれ、かなりの割合で保険が適用されています。 本当は何千円も払わないといけないのに、保険が適用されて数百円で済んでいるんです。 しかし、現在の日本の健康保険制度は昔のように余裕がありません。 国のメスが入り、だんだんと保険適用が厳しくなっているのです。 でも、仕方ない事です。 今まで保険適用されていたのがおかしかったのですから。 筆者も昔から慢性的な肩こりですが、きちんと自費で施術を受けています。 少々高いですが、施術して貰っている院がきちんとしていて、信頼できる院だからです。 正く努力している施術所であれば、お客さんはついてくると思います。 しかし、木崎優太社長は悪き習慣、診療部位の水増しを社員に要求します。 『レセプトに対して診療報酬が低すぎる』 『平均部位数2. 6はいくはず』等・・・ 無茶苦茶な理論です。 そもそも顧客が要求していない所を無理やり聞き出して処置しようとするなんて 立派な水増し請求になると思います。 こんな無理やりなことを社長が続けていれば、コロナなんか無くても潰れるのは時間の問題だったでしょう。 スポンサードリンク まとめ 以上、今回はMJG整骨院の元社長、木崎優太さんと破産理由について調べて見ました。 やはり商売はきちんと地に足をつけてやっていく事が いつの時代も大切なのだと感じましたね・・・。 以上、最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の