ふきのとう 食べ 方。 ふきのとうの採り方と下ごしらえと食べ方と保存方法

ふきのとうの美味しい食べ方・レシピ!下処理・下ごしらえ、保存方法や賞味期限も

ふきのとう 食べ 方

ふきのつぼみがふきのとう 雪が溶け始める頃にひょこっと顔を出す、春の山菜「ふきのとう」。 寒さを超えて、花が咲き、葉が大きくなりながら茎が育つと「ふき」になります。 日本原産のふきは日本全国の山野に育ち、3〜6月にかけて出回ります。 独特の香りと苦味、シャキシャキとした食感が特徴で、うまみを効かせた出汁を使った「ふきの青煮」は代表的な料理です。 味付けは少し甘めで、ほろ苦さが春の訪れを感じさせます。 ふきをそのまま茹でていませんか? そんな春を知らせてくれる「ふき」ですが、アクと苦味が残り、食べづらい思いをしたことはありませんか?実は茹でる前の「下ごしらえ」が美味しさの鍵を握っています。 そこで今回は、アクをきちんと取り除く方法をご紹介します。 ふきを茹でる材料• ふきの茎:1束• 塩:大さじ山盛り1杯 ふきの下ごしらえ/ゆで方 1. ふきを切る 家にある口径が一番大きいフライパン(または鍋)に合わせて、ふきを切ります。 板ずりする まな板の上にふきをおき、塩を全体に振りかけます。 両手のひらでふきを抑え、ふき同士をこすり合わせるように前後に転がします(「板ずり」と言います)。 塩がついたまま茹でます。 塩は多すぎると塩辛くなり、少ないとアクがちゃんと抜けません。 ふきをゆでる フライパンに湯を沸かし、塩がついたままのふきを入れます。 茹で時間は細いものは3分、太いものは5分が目安。 大きいボウルに冷水を用意し、柔らかく茹で上がったふきから順に取り出して冷水にとります。 皮をむく ふきを回しながら、爪の先またはペティナイフで皮をつまみ、3〜4cmほどむきます。 1周したら皮の先を一つにまとめて端までむき、反対側も同様です。 皮をむき終わったふきは、水をはった密閉容器に入れる。 翌日使う場合は冷蔵庫で保存する。 1日1回水を変えると3〜4日は日持ちします。 蕗を下ごしらえした後に、すぐに調理する場合は10分ほど水にさらしてから使うといいです。 和え物に使う際は、和え衣やドレッシングが絡みやすい斜め切りに。 混ぜご飯には小口切りに、煮物には4cm長さのぶつ切りに。 ふきは冬に体に溜まった老廃物も体外に排出してくれる優しくて頼もしい存在です。 ひと手間かけて、春の訪れを味わってみてはいかがでしょうか。

次の

ふきのとうの花は食べられる?ふきのとうの食べ方、下処理と保存方法。

ふきのとう 食べ 方

もくじ• 表面の皮を一枚剥がして、変色している部分を取り除く。 水の色が変わるまで、水に浸す。 水の色が変わったら、水を換える。 水に浸す時間を長くすると、苦味をやわらげることができます。 アク抜き ふきのとうはアクが強いので、おひたしなどにする場合にはアク抜きをする必要があります。 アク抜きの方法には、• 沸騰したお湯でアクを抜く方法• 塩をかけて揉むことでアクを抜く方法• 重曹水でアクを抜く方法 上記の3つの方法があります。 方法1 沸騰したお湯でアクを抜く方法の手順は以下の通りです。 1の沸騰させた塩水にふきのとうを入れて、落し蓋をして、3~4分茹でる。 茹で終わったら鍋から出して、30分から2時間ほど冷水にさらす。 冷水にさらす時間が長いほど苦味を抑えることができます。 しっかりと苦味を取りたい場合は時々水を換えて、2時間~一晩おいておきましょう。 ふきのとうに塩をかけて板ずり(まな板の上で転がすこと)、あるいは手で揉む。 30分から2時間ほど冷水にさらす。 板ずりや塩揉みすることによって、アクが黒く出てきます。 こちらも、冷水にさらす時間で苦味を調節することができます。 方法3 重曹水でアクを抜く方法の手順は以下の通りです。 1リットルの水に小さじ1杯の重曹を入れた重曹水を沸騰させる。 沸騰させた重曹水にふきのとうを入れて、1~2分茹でる。 茹で終わったら鍋から出して、30分から2時間ほど冷水にさらす。 重曹でアクを抜く方法は、塩水よりも短時間でアク抜きをすることができます。 茹ですぎると重曹の影響でふきのとうが溶けて形が崩れてしまうので、注意しましょう。 天ぷら• おひたし• ふきのとう味噌 などがあります。 ふきのとうのふりかけ• 蕗の薹の万能オイル漬け• ふきのとうの甘辛煮• フキノトウのチーズ焼き などがあります。 ふきのとうが沢山ある場合には、定番の食べ方だけでは少し飽きてしまいますよね。 ふきのとうは、水洗いをしてしっかりと汚れを落としておく。 沸騰させたお湯で3分ほど茹でる。 茹で終わったら冷水にひたしてアク抜きをする。 しっかり水気を切って、小分けにしてラップにつつみ、ジップロックなどのファスナー付の袋に入れて、冷凍させる。 冷凍保存の場合、1ヶ月ほど保存することができます。 冷凍する時は、急速冷凍すると、解凍した時の色や味が損なわれることを防ぐことができます。 ふきのとうを金属トレイの上に置くことで、早く冷凍することができるのでおすすめです。 解凍方法 解凍するときは、できるだけ自然解凍をおすすめします。 新聞紙やキッチンペーパーを軽く湿らせる。 湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで、ふきのとうを包む。 包んだふきのとうをポリ袋に入れて、野菜室で保存する。 冷蔵保存の場合、1週間ほど保存することができます。 冷蔵保存で風味を保つには、乾燥から守ることがポイントになります。 新聞紙やキッチンペーパーを湿らせる事を忘れないようにしましょう。 常温 当日、または翌日に食べてしまうのであれば常温でも大丈夫ですが、基本的には常温保存はおすすめできません。 前述したように、ふきのとうは乾燥から守ることがポイントになります。 気温が冷蔵庫のように低い場合であっても、寒い時期は空気が乾燥しやすいので、やはり常温保存には向いていません。 1週間ほど保存したい場合は冷蔵保存、長期保存したい場合は冷凍保存するようにするといいですね。 2月下旬頃~3月下旬頃は、季節でいうと 初春にあたります。 ハウス栽培のものは12月下旬頃から店頭に並ぶようになります。 ふきのとうというと、雪の中から顔を出している姿を想像する方も多いのではないでしょうか。 そのイメージの通り、 ふきのとうの旬の時期は、雪解けの時期と重なります。 東日本(関東~東北地方)では、2月から3月が旬となります。 ですから、天然物のふきのとうが出回るのはこの時期が一番多くなります。 東日本の中でも、 関東地方は2月ごろから。 そして 東北地方は3月ごろからと、暖かい地域の方が早く旬を迎えます。 西日本では、1月~2月が旬 西日本では、東日本よりも少し早く、1月から2月が旬となります。 北海道では、3月から4月が旬です。 寒いので、旬の時期が一番遅くなっています。 日本全国の旬をまとめると、ふきのとうは1月から4月ごろまで楽しめるということが分かりますね。

次の

ふきの食べ方って知ってる?蕗の下ごしらえ/ゆで方

ふきのとう 食べ 方

また、そのアクの強さから、切るとすぐ印断面が茶色く変色してくるので、切ったらすぐに水に浸しておくようにします。 それでも特有の香りと苦味は春を感じさせてくれる食材としてとても美味しいです。 茹でる湯には塩を加えます。 沸騰させているところにフキノトウを投入し、キッチンペーパーなどで落し蓋をして3~4分ほど茹で、その後すぐに冷水に放ち、しばらくさらしておくことで冷ますと共にアクが抜けます。 アク抜きをする必要が無く、生のまま小麦粉をまぶし、生地を絡めてさっと揚げます。 独特の香りがあり、苦味が少しありますが大変美味しい食べ方です。 沢山は食べませんが、春を感じる一品になります。 色々なものに付けて食べたり、ご飯の上に乗せて食べられます。 フキノトウ味噌の作り方はいろんなレシピがありますが、おおむね、フキノトウを掃除し、変色した部分を切り取って水に浸しアクを抜き、塩を加えた熱湯で茹でてから細かく刻み、味噌とみりんを合わせたものと一緒に炒めて出来上がりです。 魚料理や肉料理の付け合わせに使える他、パスタの具材としても季節感があって良いです。 参考にされると良いでしょう。

次の