鼻うがいデメリット。 鼻うがいのやり方とコツ・回数/鼻づまり・蓄膿・副鼻腔炎の洗浄効果

鼻うがいは風邪の予防だけじゃない?風邪の予防以外の効果って?

鼻うがいデメリット

あんなに暑かった日々はどこへやら、日中の陽射しに心地よさを感じたりもしますが、朝晩はすっかり涼しくなってきました。 これからは、涼しさよりも「寒さ」が強まってきます。 こうなってくるといよいよあの季節、「風邪の季節」の到来です。 寒くて乾燥しがちな冬は、風邪予防がとても大事! 冬の訪れを感じるようになる要素には、大きく2つあります。 1つは気温、1つは湿度です。 体感温度が「涼しい」から「寒い」に変化してくると、厚めの上着を出したり、家の中に暖房器具を用意しますよね。 では、湿度の変化はどうでしょうか。 湿度が低くなってくると、常に外気と接している顔や手などが肌荒れを起こします。 女性は特に気になるところかもしれません。 しかし、乾燥は顔や手以外にも、影響を及ぼしています。 それはのどや鼻などの不調です。 こうした器官もやはり乾燥しやすくなるのです。 わたしたちが「風邪」と呼んでいる病態のほとんどは、上気道(=鼻~口・のどまでの範囲のこと) が、ウイルスなどに感染することによって起こります。 症状としては、くしゃみや鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳や痰、発熱などがあり、正確には「風邪症候群」といいます。 乾燥や低温の環境は、特にウイルスの活動や飛散を活発にします。 さらに乾燥によって、ウイルスが地面に落ちるまでの速度がゆっくりになることで、ヒトはそのウイルスを吸い込みやすくなってしまいます。 さらに、のどの粘膜は、乾燥によって炎症を起こしやすくなり、病原体から防御する力が弱くなってしまうのです。 風邪は年中いつでも発症しますが、暖房の影響もあり、乾燥が進むこの季節は、特に積極的な予防が必要になってくるのです。 のどの不調、どうすれば良い? 風邪をひかないようにするには、手洗いやうがいをこまめに行い、衛生的な生活を心がけることが重要です。 バランスの良い食事や十分な睡眠など、日ごろから免疫力を高める努力も大切です。 免疫力が高ければ、ウイルスや細菌に感染しても、軽症で済むことが多いのです。 そうは言ってもかかってしまうのが風邪というもの。 のどの違和感や、ちょっとした痛みなど、「あ、これは風邪をひいたかな」と感じたときに有効な対策としておすすめしたいのが、「鼻うがい」です。 鼻うがいとは、鼻の中に生理食塩水を入れて異物を洗い流す方法のことです。 異物とはウイルスやほこり、花粉や細菌のことを指しています。 鼻うがいは、こうした異物を直接洗い流すうがい法です。 「のどなのに鼻をうがいするの?」と思いましたか? たとえば、鼻づまりが続くと口呼吸になるため、のどを痛めてしまい、風邪をひきやすくなります。 また、鼻水の一部がのどに流れてしまう「後鼻漏」という症状は、のどの不快感やのどや気管を刺激して、咳の原因になることもあります。 このように、のどと鼻はつながっていて、密接に関係しているのです。 正しい鼻うがいで、お手軽に風邪予防! 鼻うがいは、ウイルスなどの異物や溜まった鼻水を洗い流せたり、鼻の粘膜を湿らせておくことで鼻腔内の乾燥を防ぐことができ、ウイルスの侵入を防ぐこともできます。 ただし、効果をしっかり出すには、適切な濃度・温度の食塩水を使用することと、正しい方法で行う必要があります。 誤った方法はかえって症状を悪化させたり、別の症状をひき起こすこともあります。 市販品で専用の器具がありますので、そういったものを利用すると安心かもしれません。 鼻うがいのやり方と注意 1. 生理食塩水を使用する 濃度0. 洗浄液が耳管に入り中耳炎を起こすことがあるため注意する。 勢いよく注入すると、鼻の粘膜を傷つけることがあるため、水圧にも注意する。 鼻うがいは、慣れるまでは鼻の奥にツンとした痛みを感じたり、むせてしまうことがあります。 しかし慣れてくると、意外とスッキリして、気持ち良さを感じるかもしれません。 これかの季節、風邪やインフルエンザなどの予防に向け、鼻うがいを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

次の

鼻うがいのやり方。塩水などの準備と効果的な方法|eo健康

鼻うがいデメリット

前置きの話が長いので、適当に読み飛ばしてください。 みなさんは鼻は好きですか? 鼻。 そう、鼻。 自分の。 禅智内供は嫌いだそうだが、私は好きです。 何を隠そう私の鼻は高いのです。 鼻は高いし鷲鼻ってヤツで、気に入っています。 ついでに言うと鼻の頭にホクロもあります。 非常にチャーミングです。 ホクロフェチの気がある自分のお気に入りのホクロの1つです。 一方で、私のこの鼻は非常に詰まりやすいことで有名でした。 地元じゃみんな知ってます。 何度かメディアにも取り上げられました。 嘘です。 鼻づまりがひどかったのは事実で、小さい頃から常にグスグスやっていました。 鼻血もよく出ました。 高校に入る頃、耳鼻科へ通院。 見かねた両親に勧められ、耳鼻科へ通うことになりました。 慢性副鼻腔炎との診断でした。 よく覚えてないけど薬を2種類もらい、ネブライザーで吸入、というのを2週に1回やりに、通学路から少し逸れた耳鼻科へ数年通いました。 大きな改善は見られませんでした。 ついに手術での解決に踏み切った。 どこかからウワサを仕入れた両親に連れられ、学生時代最後の春休み、入院手術してくれる耳鼻科へ。 もう めちゃくちゃドチャクソ美人さんな看護師さんが1人いました。 看護師コスの女優だと言われても違和感がありませんでした。 白衣の天使は実在したのです。 前の病院には5年位通いましたが、もっと早くこっちの病院にすればよかったと本当に心の底から思いました。 普段血圧低いんだけどその看護師さんが測ってくれたときはやたら高かったです。 鼻中隔湾曲症となんかのアレルギー そもそも私は鼻の穴を区切っている鼻中隔というのが曲がっているらしかった。 それが大きな原因となって、鼻詰まり・鼻血・慢性副鼻腔炎などに繋がっていたのだそう。 あと何かのアレルギー。 なんのアレルギーだかは教えてくれなかったのか忘れたかのどちらか。 鼻中隔湾曲症を治すため、曲がってる骨を切る。 そういう手術を受けることになりました。 果たしてやってきた手術日 全身麻酔、というか麻酔自体初めてだったし、そもそも入院も手術も初めてでした。 全身麻酔はすごかった。 気付いたら終わってたし、気付いたらめっちゃくちゃ気分が悪かった。 目を覚まして即吐きました。 血がたくさん出てめちゃくちゃ焦りました。 ナースコールを押してやってきた看護師さん(この人はこの人で美人だった)はこともなげに「鼻切って上向いて寝てたんで血を飲み込んでたんですねー」と言い、大した処置はなかった。 ノドがひたすら気持ち悪かった。 術後の経過もよく、1週間くらい後に退院し、そのまま就職先へ旅立った。 ドチャクソ美人さんな看護師さんとはそれっきりです。 いよいよ本題、鼻うがい あれ、何の話だったっけ。 いや、鼻うがいだ。 そんなこんなで、 投薬治療も手術もやってみた私の鼻ですが、症状は改善しているような気がするものの、 完治には至らなかったのが正直なところ。 その後も鼻は詰まるし鼻血は出るし。 ただ鼻血の頻度は下がった気はします。 たぶんそれでも普通の人よりは多いですけど。 たぶん。 いまのところ花粉症ではないのは不幸中の幸いですが、 何度「鼻外して洗いたい…」と思ったか知れない。 花粉症の人は同じことを考えたことがあるのではないかと思います。 そんな私の願いを叶えてくれたのが鼻うがいです。 妙な宣伝記事みたいになりましたが、妙かどうかは置いておいて宣伝記事なのには違いないので仕方ないですね。 3年ほど前、ついに出会いました。 ようやく紹介できます。 rakuten. 水の入った容器の先端を鼻に突っ込んで容器を握り潰すことで、水が鼻にビューッといって反対の鼻の穴とかから出てくるのです。 スゴいでしょう。 そしてめちゃくちゃ痛そうだと思ったでしょう? 0. そもそも真水や海水が鼻に入るとなぜ痛いかというと、 極端な話「体がビックリするから」です。 急に冷たいプールや海に入ると、最悪の場合そのまま心臓が止まってしまいますよね?鼻の奥も同じで、急に冷たい水に触れるとビックリするわけです。 また、水と体液の塩分濃度が違えば浸透圧が発生して、真水と体液の塩分濃度を同じにしようと水分子が移動しようとします。 これも、体液と同じ塩分濃度すなわち0. 例えば鼻水。 鼻水が鼻の奥に潜んでいても痛くないですよね?温度も塩分濃度も体液と同じ鼻水が鼻の奥にあろうと、鼻の奥はビックリしないからです。 だったら体がビックリしない鼻水のように、温度も塩分濃度も体液と同じくらいの水なら、痛くないんでしょうか? そのとおり、痛くないんです。 そういうわけで、水道水やミネラルウォーターではなく、 人肌程度に温めた0. さて、私が数ある鼻洗浄器の中からハナクリーンSを選んだ理由は、何よりも 温度計付!という点。 快適かつ効率よく鼻うがいをするには塩分濃度だけでなく温度も大切です。 もちろんそれはやってみて初めて実感するわけですが…。 めちゃくちゃ気持ちいいです、鼻うがい そういうわけでポチってみたハナクリーンSを試してドハマりしたのが3年ほど前。 それ以来、けっこう飽きっぽくて習慣づけるのが苦手な私が、毎日欠かさずとは言いませんが、就寝前後の1日2回続いてます。 鼻うがいしてから寝るのとそうでないのとじゃ、寝付きも眠りの深さも全然違うんですよ!そして起きてから鼻うがいするのとしないのとじゃ、1日中鼻の調子が違うんですよ!! というわけで私が感じているメリット・デメリットは以下。 寝る前にやると寝付きがよく、眠りも深い 鼻が詰まって寝付けなかったり、夜中に鼻詰まりで起きてしまったり、ということがあったんですが、それがなくなりました。 もちろん寝る前にやるのを忘れると、寝付きも悪いし途中で目が覚めることもあります。 起きてからやると1日中鼻スッキリ ごめんなさい1日中は言い過ぎかも知れません。 でもやるのとやらないのとじゃ大違いです。 鼻毛が出やすい…? 真面目に統計取ったわけではありませんが、鏡見たときに鼻毛出てる率が上がってるような…?というのも、私は「片方の鼻から食塩水を入れて、もう片方の鼻から出す」というやり方なので、鼻毛はヒョッコリする方向に動くわけですよね…。 これはちょっともう、気を付けるしかありませんが。 そんなこんなで、鼻毛リスク以外は本当にオススメです、鼻うがい。 やってみてください。 騙されたと思って、鼻うがいを。 私のルーティンを紹介 ハナクリーンSには、サーレSという「一定量の水に溶かすとミント風味のちょうどいい食塩水になる薬」が別売りされているのですが、常用しようとするとけっこうな出費になってしまいます。 ちょうどそれなりの精度の料理用の秤があったので、食塩水は普通の食塩を使って自分で作ることにしました。 せっかくなので流れを説明するとこんな感じ。 という感じでかれこれ3年ほどやってますが、いまのところ身体にもハナクリーンSにも異常は現れてません。 が、真似る場合は自己責任にてお願いします。 旅行行ったりするときもこっそり持っていって洗面所でやってます。 レンジ使えなかったら常温で。 習慣になってしまえば、マジで寝ぼけながら電子レンジで食塩水温めてるレベルになります。 なりました。 「もう、これのおかげで風邪知らずです!」 みたいなサイトを見かけるけど、ぶっちゃけそんなことはなく普通に風邪は引いてます。 先週も引きました。 ははん。 やりすぎ注意!間違ったやり方にも注意! ただし、やりすぎや誤ったやり方には要注意です。 最悪中耳炎になってしまうこともあるのだとか。 その辺はきちんと調べてからやりましょう。 慢性副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎や花粉症に悩むそこのあなた。 点鼻薬が手放せないそこのあなた。 「鼻を外して洗いたい!」と思ったことのあるそこのあなた。 本当にオススメだからやってみてください。 騙されたと思って鼻うがいを。

次の

【画像あり】鼻うがいによる中耳炎に注意。子どもに教えたい正しいやり方。

鼻うがいデメリット

>家庭でできる鼻のケア>鼻うがい:医師の場合 鼻うがい:医師の場合 昔は耳鼻科で頻繁に行われていた鼻洗浄=鼻うがい。 花粉症対策でも人気がありますが、お医者様の考えは昔と変わってきたようです。 鼻うがいは、鼻をかんだだけでは出ない粘りけのある鼻汁を洗い流す効果があり、アレルギー性鼻炎の原因になる花粉や埃にも効果があると言われます。 ということで、鼻うがいの効果は高いような気もするのですが、安易に行うと鼻粘膜の線毛や粘膜面の機能を損ないやすいため、最近では鼻うがいを推奨しない医師も増えています。 鼻うがいの注意点:耳鼻科編 専門家の先生方によると、鼻洗浄の注意点は概ね以下のようです。 鼻洗浄は、鼻腔内を清浄化することで鼻粘膜および自然口の状態を改善するために行う。 副鼻腔内に洗浄液が達することはない。 鼻洗浄器を使用して鼻うがいをする場合、粘膜に与える影響を少なくするため、洗浄液は25度〜30度の生理食塩水(0. 普通の水道水を使うと、浸透圧の関係で鼻粘膜に非常な悪影響を与える。 これは水道水に含まれる残留塩素の影響を遙かに上回る。 多少濃度が違っても、必ず食塩水を使うこと。 洗浄は前屈みになって時々休憩しながら行い、片側の鼻穴から注入した液がもう一方の鼻穴から流れ出るようにする。 洗浄管先端の方向は鼻の穴の向きに合わせる。 鼻底と平行にし、前方(鼻背)には傾けないこと。 水圧が高かったり、注入中に唾や洗浄液を飲み込もう(嚥下運動)とすると、開いた耳管に洗浄液が入り中耳炎などの原因になることがある。 洗浄終了後は、前屈みのまま頭を左右に傾け、鼻腔内に残っている洗浄液を鼻から排出すること。 鼻腔内に洗浄液が残っている状態で鼻をかむと、中耳炎の原因になる。 一日に何度も洗浄することは避け、鼻や喉に急性炎症がある時も鼻洗浄は中止する。 後鼻漏がある場合は鼻腔内に洗浄液が残りやすいので、鼻洗浄を行わない方が良い。 なかなか手間がかかりますが、鼻粘膜や耳を守るためです。 気をつけましょう。 ついでに・・・ 私は子供の頃、鼻うがいの後で中耳炎になった記憶があるので、それ以降、どうも積極的にやる気になれませんでした。 ハナクリーンEXはポンプで、ハナクリーンSは手でボトルを押すことで水圧を上げる仕組みですね。 専用の洗浄剤も付属していますし、特にハナクリーンEXは医療機器の認可を受けているので、安全性はそれなりに高そうです。 中耳炎の心配はしなくても大丈夫なのか? 鼻の中に残った洗浄液を出す方法については『』でも少し調べてみましたが、口を開けながら鼻から息を吐くと、うまくいくという意見が見つかりました。 しかし、やはり耳鼻科医のアドバイスを受けてから鼻洗浄器を使用されることを、個人的にはおすすめします。 参考リンク 『』 『』 『』 『』 『』 |||.

次の