ブルー カレント 3 82。 【楽天市場】ヤマガブランクス ブルーカレント3 82B 82/B ベイトモデル:タックルアイランド

【万能ロッド】ブルーカレントⅢ82!スーパーライトショアジギングに使いたいリール選び!

ブルー カレント 3 82

タングステンモデル登場!「クレイジーオーシャン メタラーTG」が入荷しました! Xブレイド続々登場!「よつあみ Xブレイド オードラゴン、キャストマン、アブソーバー」が入荷しました! ブランク新製法「TAF」を採用!「アブガルシア エラディケーター ゼノモーフ ウォーリアー」が入荷しました! 外で飲むコーヒーは最高!「ベルモント チタンドリッパー&クッカーセット」が入荷しました! 釣果に驚く!「MCワークス キラージグ5 240g」が入荷しました! グレ釣り専用超高感度中通しウキ!「ソルブレ アバカス」が入荷しました! 沈め釣りに最適!「ソルブレ エリプス」が入荷しました! 大物釣りにも対応!「グレックス NAMIDA」が入荷しました! 新作ウキやお徳用小物!「ガルツ 沈めシリーズとお徳用小物」が入荷しました! 中が見える!「ハリミツ アクアライブバケツMBT08」が入荷しました! 仕切板2種付属!「デプス タックルボックス」が入荷しました! 釣るならこれ!「ガルツイカ釣りセット 3号フックSサイズ」が入荷しました! 今度はスパイラル!「オーシャンスピア スパイラル、ストレート」が入荷しました! バトルウィップ2020年新作!「ヤマガブランクス バトルウィップiMとOR」が入荷しました! リニューアルで更に進化!「よつあみ アップグレード、スーパージグマン」が入荷しました! カッコ良さをぶら下げる!「オーシャングリップ OG2510」が入荷しました! 料に関してのご注意 北海道・一部離島の送料は1200円となります。 送料無料商品も1200円が発生します。 ご了承のうえご注文をお願い致します。 商品情報 抜群のキャストフィールで圧倒的な飛距離を弾き出すロングレングスベイトモデル。 しっかりと曲がりながらも収束が速く、7ft半ば程度のキャストフィールで抜群の飛距離を稼ぎ出すロングレングスモデル。 アングラーの意図した通りの細やかなルアー操作を可能にする、繊細なティップを備えながら、テトラ帯等に於ける足元での急な突っ込みや、根の荒いエリアに於ける良型の走りに対しても、ブランク全体がしっかりと曲がり、強い復元力を持つバットで「止め」、ベイトリールの巻き上げる力と相まって、主導権を渡さずにアングラー優位のファイトで「寄せる」事ができます。 アジ・メバルはもちろん、サーフィスゲームからロックフィッシュまでカバーする、ベイトシリーズのパワーフィネスモデルです。 抜群のキャストフィールで圧倒的な飛距離を弾き出すロングレングスベイトモデル。 しっかりと曲がりながらも収束が速く、7ft半ば程度のキャストフィールで抜群の飛距離を稼ぎ出すロングレングスモデル。 アングラーの意図した通りの細やかなルアー操作を可能にする、繊細なティップを備えながら、テトラ帯等に於ける足元での急な突っ込みや、根の荒いエリアに於ける良型の走りに対しても、ブランク全体がしっかりと曲がり、強い復元力を持つバットで「止め」、ベイトリールの巻き上げる力と相まって、主導権を渡さずにアングラー優位のファイトで「寄せる」事ができます。 アジ・メバルはもちろん、サーフィスゲームからロックフィッシュまでカバーする、ベイトシリーズのパワーフィネスモデルです。 リールシートトリガーからグリップエンドまでの長さ b. リールシートトリガーからグリップエンドまでの長さ b. その他 【あすつく対応】 配送料につきまして この商品は大型商品となります。 2020年NEW 2020年、春よりブルーカレントIIシリーズがブルーカレントIIIへと生まれ変わります。 このIIIは単なるモデルチェンジではなく、初代から続くブルーカレントの設計が第3世代に入ったということのナンバリングでもあります。 ヤマガブランクスにおいてカーボンブランクスで最も重要なものは設計と製造する自社工場の特性です。 この2つの組み合わせは唯一無二のものであり、積み重ねていくことが大きな意味を持ちます。 その上で、軽く、よく飛び、強いというシンプルな基本性能を最も顕著に体現させてきたブルーカレントシリーズのモデルチェンジは、根幹となる設計が進化したという意味を持ちます。 ブルーカレントIIIで目指した進化は、より投げやすくするためのリリースポイントの広さ、テンション抜けを防ぐシームレスな曲がり、そしてアングラーの手の延長となるためのレスポンス速度の向上です。 新しい設計により、全ての性能の向上を目指し、長いテスト期間を経て完成したスピニング8機種とベイト3機種は現在のヤマガブランクスの到達点でもあります。 「使いやすさ」こそが最高の性能である、というヤマガブランクス普遍のスピリットを、ぜひ新しいブルーカレントIIIで体感して下さい。 250g 静荷重比較 新世代ブルーカレントIIIシリーズ(SiC-S・ステンガイドシリーズ)に250gの静荷重を掛けた竿曲がり比較です。 ブルーカレントIIIシリーズは従来のIIシリーズから設計を再構築し、キャストフィール・操作性の向上を実現しました。 711と76Streamの違いを明確にするために76Streamは青色で表示しています。 緑で表示しておりますベイトモデル3機種はスピニングと同ブランクですが、比較起点はスピニングはリールフット、ベイトはトリガーにしており、またグリップ・ガイド仕様の違いにより曲がり比較では差異が生じています。 この比較画像はロッドにリールをセットした状態でオモリを静かにぶら下げたものです。 ロッドの瞬間的な反発力やルアー操作時の使用感は表現されません。 あくまでロッドのパワーと調子の比較としてご覧ください。 注意事項 商品在庫、パッケージについて 当店では店頭販売と通信販売で商品を共有しております。 商品在庫には注意しておりますが、店頭での在庫数とホームページ上の在庫数にタイムラグが発生し、欠品する場合がございます。 欠品の場合、メーカー取り寄せ可能な商品か否か、納期等をご連絡致します。 また、店頭陳列しておりますので、パッケージ等に日焼けなどの劣化が見られるものもあります。 誠にご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承ください。 お支払いについて 配送について ・お支払いは、 電子マネー決済・クレジットカード・ケイタイ決済・PayPay・銀行振込(前払い)がご利用頂けます。 カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心下さい。 【クレジットカード不正使用防止にご協力ください】 安全なお取引をさせていただくため、クレジットカードでのお支払いにつきまして、お電話で本人確認をさせていただくことがございます。 ご注文時に記載していただきましたお電話番号で確認がとれなかった場合は、商品出荷を中止させていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。 クレジットカードご利用の際は必ず、カード契約者ご本人がご注文ください。 ・配送は佐川急便、ゆうパック(配送業者の指定は出来ません)でお届け致します。 ・ご注文確認(前払いの場合はご入金確認)の翌日発送を 心がけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合は メールでご連絡致します。 ・また、時間指定も承ります。 指定できる時間帯は[午前中]、[12:00-14:00] [14:00-16:00][16:00-18:00][18:00-21:00]です。 お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。 メールの返信は翌営業日となりますのでご了承下さい。 お客様から頂いた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。 当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。 Copyright-Hikoboshi-Fishing-All Rights Reserved.

次の

2020年2月下旬発売 ブルーカレント3

ブルー カレント 3 82

こんにちは、まるなかです。 ネットを見ていたらちょうど良いタイミングで遅めに入荷したお店があり、運よく購入できました。 港湾部でのアジング・メバリングを中心に、カマスやメッキなど 何でも狙えるオールランド的なスペックを持つモデル。 前置きはこれくらいに、早速インプレッションを始めていこう!• 飛距離・トラブルレス性:向かい風爆風でもライントラブルはゼロ• 穂先 ティップ :チューブラーらしく、程よい反発力がある• 反発力:ビンビン系のロッドではなく、程よい操作感の中に粘っこさがあるタイプ• パワー:ブルーカレントらしく、綺麗に曲がり込むロッド。 バットの粘りは意外とある• 適合ルアー:軽量ジグヘッドの釣りはもちろん、シンペンやミノー、トッププラグまで対応可能• シチュエーション:港湾部のライトゲーム全般。 比較的開けた場所向き 私なりの使用感としてはこんな感じかな。 追記:その後メバリング・アジングにも使用したが、無事メバル・アジの釣果も出す事ができた。 飛距離・トラブルレス性 まずは、ロッドを使用する上で非常に厄介なライントラブルやルアーの飛距離について。 ラインのバタツキは非常に少なく、ライン素材も各種対応 私はPEライン0. 3号をメインラインに使用しているが、ライン放出時の抵抗感などは非常に少なくてスムーズ。 若干張りが強めのアイテムを使用したが、ラインがブランクスを叩く感じも無くて無問題。 ガイドサイズなどに対する不満はなく、満足して使えている。 本来ライトゲームを楽しむのは非常に困難な状況だったが、シンペンなどのプラグをメインに使って釣りをしたがライン絡みはゼロ。 シンペンは引き抵抗が小さい為、向かい風の時は糸フケが出やすい。 なので比較的ライントラブルになりやすい印象があるが、 面倒なトラブルが一度も発生しておらず好感触。 ガイドセッティングと自分の癖の相性が悪いと、トップガイドや一番ガイドにラインが絡む現象が発生しやすい。 ライントラブルの少なさについては予想以上に良い感じだ。 穂先 ティップ の特性 次はライトゲームロッドの使用感を大きく左右する穂先の質感について。 繊細さのあるチューブラーティップ ブルーカレントシリーズはチューブラーティップを搭載しているアジング・メバリングロッド。 しかし、あくまでもチューブラーティップのロッド。 1g前後の軽量ジグヘッドを使用するのであれば、ルアーの操作感を重視してPEラインよりもエステルやフロロカーボンラインの方が良いだろう。 私が69を使用した印象としては、「PEラインを使うならジグヘッドは1. 5g程度」の重さがあった方が繊細な操作がしやすい感じはするね。 一方でプラグ系の操作感は抜群に良く、シンペンやシャロー系ミノー、トッププラグなどをロッドアクションで操作するのは非常に快適。 ソリッドティップのロッドよりもアクションにキレが出しやすく、小さなロッドアクションでもキビキビルアーを動かしやすかった。 チューブラーティップを搭載していることもあり、ロッドの反響感度が高くなっている。 実際に私は向かい風爆風の中シンペンのドリフトなどを多用したが、微妙なショートバイトも「コツン」という衝撃として手元にアタリが伝わってくる。 この点はソリッドティップのロッドよりも優れているのは間違いなく、衝撃を伝える感度はロッドの価格を考慮したら十分ある。 ただし、「ある程度の遊びが有って曲がり込むブランクス特性」がブルーカレントシリーズの特徴なので、 感度を重視するだけならもっといいロッドは他にある とか。 魚が掛かると曲がり込む特性はそのままに、ベリー付近のシャキッと感が少し上がったような感覚。 これによって軽量ジグヘッドやシンペンなどの操作感が前モデルよりも良くなっており、ルアーの微妙な引き抵抗や操作感が分かりやすくなっている。 ティップ:若干柔らかくて繊細になった• ベリー:反発力がアップし、シャキッと感が増した• バット:ベリーとの境目が若干マイルドに、スムーズに曲がり込むようになった こんな感じかな。 簡単に言うと、繊細さは増しているものの ブレが少なく・シャキッと感が増したロッドになっている印象だ。 繋ぎ目の無い曲がり込みは健在! ブルーカレントシリーズの面白さは、魚を掛けてからの曲がり込みにある。 20cm前後の魚でも綺麗にロッドは曲がり、繋ぎ目付近も変に硬くなる事なくスムーズ。 強めの負荷が掛かるとバットからロッドが入るが、ロッド全体がバネのようにしなって魚の引きを吸収するタイプ。 ライトラインを使用してもラインブレイクは起こりにくく、魚も比較的暴れにくいロッドに仕上がっていると感じる。 私はライトなシーバスゲームに使用したので、ロッドにはアジングやメバリングよりも強い負荷が掛かる。 それでもロッドが巻ける感じはなく、 40cm以上のセイゴ・フッコクラスでもやり取りに余力はある。 当然バットからロッドは曲がった状態になるが、「そこから持ちこたえてくれる」感じでしっかり止まるっていうのかな。 PEラインを使用してもライン強度をしっかり引き出してやり取りができ、使っていて面白いロッドだね。 軽量級ジグヘッド・プラグに最適! 私が購入したブルーカレント69だが、適合ルアーとしてはワーム・プラグ全般に使えてまさにオールラウンドといった所。 メインに使うルアーとしてはジグヘッドリグをはじめ、ショートリップのミノー・シンペン・ペンシルベイトなどの小型のトッププラグといった感じかな。 バイブレーションやメタルジグも使うことはできるが、 重たくても5g~6g程度までの物の方が使い易い印象。 バイブレーションやメタル系のルアーの使用頻度が高いのであれば、もうワンランク反発力の強いロッドの方が快適に釣りができると感じる。 港湾部の堤防を中心に、小磯や内海のサーフ程度までは対応できるはず。 テトラ帯や磯で使用するのであればかなりギリギリな長さになり、ちょっと足場が悪い場所だと魚を寄せることはできてもキャッチに手こずる感はある。 ブルーカレントシリーズは曲がり込む特性があるので、足元まで魚を寄せると思った以上にロッドが入る。 足場が悪い場所での使用を考慮するなら、「69よりも長さのあるモデル」を選ぶ方がおすすめ。 綺麗に曲がるロッドでアジやメバルの引きを楽しみたい方に、非常におすすめなロッドだね。

次の

ヤマガブランクス「ブルーカレント」がⅡに生まれ変わって新登場!

ブルー カレント 3 82

ヤマガブランクス 以下、ヤマガブランクスHPより ヤマガブランクスは釣竿製造の株式会社 山鹿釣具のオリジナルブランドとして2008年に誕生したロッドメーカーです。 ブランクの設計から巻きつけ、塗装、組み立て、出荷まで全てを国内自社工場で一貫生産しております。 個人的に、ヤマガブランクスのロッドには、さすがMADE IN JAPANという安心感があり、製造、フィールドテストもそうですが、ロッドのデザインもよく、洗練されたイメージがあります。 特にこのブルーカレントシリーズは、しっかり曲がるという竿の役割からライトゲームの楽しさを引き立ててくれるロッドだと思います。 スピニングモデルが53、510、63、69、74、76Stream、711、82。 今回はスピニングモデルをご紹介します。 (HPをコピペしても仕方ないので詳細なスペックはHPを確認してください。 ご了承ください。 実際のインプレも後日記事にします。 こちらもお楽しみに。 ショートロッドのメリットは操作性と高感度にあります。 漁港で豆アジを狙う場合や軽量ジグヘッドを用いた接近戦に威力を発揮することでしょう。 漁港で船の間を狙ったテクニカルなキャストも得意かと思います。 ブルーカレントTZシリーズに53がありました(廃盤)が、こちらは1ピースモデルでした。 携行性を高めた2ピースは軽自動車等への積み込みや自宅での保管、メンテナンスにありがたい機能です。 ショートロッドをお探しであれば、53と比較される方も多いと思います。 53と比較し、ベンドカーブを見る限り、こちらの方が少し張りのあるモデルかと思います。 なので、53よりも少し重めのリグが快適かと思います。 63というショートレングスながらオールラウンドにも使える長さが絶妙です。 510では少し短いと感じるテトラエリアにいいと思います。 510より張りがありそうなので、510で扱うよりも少し重めのリグや テクニカルなアクションが必要とされるメバルプラッギングに良さそうです。 69もオールラウンドに使えるレングスで、63よりも張りがあるため、 2g前後のジグヘッドやライトワインド、プラッギングに最適かと思います。 ややスローなベンドカーブなので、スプリットやキャロは快適ではないかもしれません。 (もちろん使用はできると思います。 ややファーストよりのテーパーなので、ターゲットはアジ、メバル等問わず、 リグもジグヘッド、スプリット、キャロ、プラグ、フロートとオールラウンドに使用可能です。 レングスも74と使いやすい長さですので、よほど漁港で小型のターゲットとのかけひきを楽しむ以外は活躍してくれることでしょう。 個人的に、前作からどう変わったのか、気になるところです。 メインターゲットをチヌを設定しており、ポッパーやミノー等のチニングやアジ、メバルのプラッギングゲームにいいかと思います。 個人的な感想ですが、前作はライトワインドやスプリットに良さそうでした。 76も74同様オールラウンドに使えるレングスなので、74よりシャッキっとしたロッドが好みの方にはこちらがおすすめです。 74、76に比べ、ややスローよりなベンドカーブのため、ジグヘッド単体の遠投に最適な設計となっています。 反面、キャロやスプリットなどの操作性は落ちると思います。 テトラエリアや遠浅なエリアにはこのモデルが活躍してくれるでしょう。 今回のほぼ同様のコンセプトで設計されています。 大型アジやメバル、裏ワザ的にバチ抜けシーバスやタチウオワインドにおすすめなロッドです。 (リグによってはカタログ表記よりオーバースペックです。 自己責任でお願いいたします。 実際に触った感じが、本内容と異なる場合もあるかと思いますので、参考程度に読んでください。 2020年2月発売予定です。 発売が待ち遠しいですね。 ブルーカレントシリーズは全体的に完成度が高く、様々なフィールドやシチュエーションで高いパフォーマンスを発揮してくれます。 82で少し裏ワザ的な使い方も記載しましたが、色々な使い方が楽しめるロッドだと思います。 こんな使い方しているよ!等、是非コメントで教えてください。 ロッドのパフォーマンスを引き出して、楽しみましょう。 ベイトモデルについても、また記事にしようと思います。 こちらも是非ご覧ください。

次の