不安 で しょうが ない。 無意味な行為が止められない〜強迫性障害

全般性不安障害

不安 で しょうが ない

「不安」って何でしょうか? 考えたことはありますか? 不安を抱えている人は「不安とは何か?」を分かっていません。 不安の本質が分かれば不安は、不安ではなくなります。 不安がなぜ発生するのかを知るだけで、不安ではなくなります。 では不安とは何でしょうか? 不安とは? 不安とは「未来の悪い想像」のことです。 不安とは未来に起こることを悪く想像することです。 悪い妄想は精神的に良くありません。 思い返してください。 また、今不安があるなら考えてください。 恐らく未来を想像して悪い方向(失敗)を考えていませんか? そうなんです。 頭の中で未来を想像し、勝手に失敗し落ち込むことなのです。 実際に起こっていない まだ、実際に起こっていません。 起こっていない事を想像する必要はありません。 何度も言います。 「想像です」 未来の失敗を想像して落ち込むことは本当に時間の無駄です。 もしかしたら、起こらないかもしれませんし、成功するかもしれません。 成功を想像しよう だったら、成功を想像した方が楽しいし、気も楽になります。 落ち込むこともなく、むしろ前向きに過ごせます。 失敗を想像しようが、成功を想像しようが、未来は変わりません。 だったら、成功を想像した方が楽しく過ごせます。 失敗の想像と成功の想像 考えてください。 「失敗を想像して落ち込む毎日」 「成功を想像して楽しい毎日」 どちらで毎日を過ごしたいでしょうか? 答える必要もありませんね。 未来は変わらない 失敗と成功の想像のどちらをしても未来は変わりません。 結果が変わらないのなら成功する想像をした方が良いに決まっています。 まとめ 不安とは「悪い未来を想像すること」だと知り、「想像だ」と理解できれば不安ではなくなります。 原理がわかれば不安も怖くなくなります。 楽になったのではないでしょうか? 最後に 「失敗する未来の想像」から「成功する未来の想像」ができるようになると、更に良い未来にするため、努力することができます。 失敗を想像し、ため息をつくなら、もっと良い未来にするにはどうしたら良いかを考え想像以上に良い未来を作るために努力しましょう。

次の

不安でしょうがない

不安 で しょうが ない

「気持ちが落ち着かない」「どきどきして心細い」といった症状は、「不安」や「緊張」といわれるもので、誰でも感じる感情の一種です。 何か心配事や気がかりなことがある時、目上の人や初対面の人に会う時、試験の前などにこのような症状を感じることは正常な反応で、別に病気ではありません。 原因となる心配事などがなくなれば、症状も自然に消えてしまいます。 問題は、そのような理由がないのに「落ち着かない」「どきどきして心細い」などの症状が起こる場合です。 この場合は「病的な不安」である可能性が考えられます。 「病的な不安」は「正常な不安」と違って、理由がないのに生じる、あってもそれと不釣り合いに強い、原因がなくなってもいつまでも続く、などの特徴があります。 「正常な不安」が危険に備え、問題解決へ向かって行動を起こす原動力になるといった、人間にとって必要な側面をもっているのに対し、「病的な不安」は何らかの精神的・身体的な疾患の徴候である可能性があります。 上記のような症状を感じ、それが「病的な不安」ではないかと思ったら、精神科か心療内科で診断してもらいましょう。 その前に予備知識として、不安とはどういう症状か、どんな病気の場合にみられるかについて、ひと通り知っておくのはよいことです。 不安は、精神医学的には「対象のない恐れの感情」と定義されています。 似たような言葉に「恐怖」がありますが、こちらは「対象がある場合」に用います(区別しない場合もあります)。 不安は身体症状を伴っていて、「どきどきする」(動悸)というのもそのひとつですが、ほかにも「胸がしめつけられる」「息が苦しい」「冷汗が出る」「体が震える」「ふらふらする(めまい感)」「手足のしびれ」「脱力感」「頻尿」「のどが渇く」「眠れない」「頭痛」など、さまざまな症状が現れます。 これらは主として自律神経、特に交感神経の働きによるものです。 感情と、交感神経、副交感神経などの自律神経の働きは、脳の中で密接に関連しているからです。 不安にはいろいろな種類があります。 急性、突発性の強い不安をパニック(繰り返す場合はパニック発作)といいます(不安発作ともいう)。 「パニック障害」で典型的にみられる不安症状で、突然理由もなく強い不安に襲われ、胸がどきどきする(動悸)、脈が速くなる(頻脈)、胸苦しさ、息苦しさ、めまいなど、上に述べた身体症状も同時に襲ってきて、今にも死んでしまうのではないかと思うほどです。 ただし、時間がたつと自然に消えてしまいます。 発作が繰り返される場合は、「また来るのではないか」という不安が生じ(予期不安という)、そのため発作が起きた時そこから逃げられない、助けてもらえないような場所や状況を恐れ避ける「広場恐怖」という症状が伴ってきます。 これは「恐怖症」という不安障害の一種にあたります。 恐怖症には、ほかに「社交恐怖(人前で異常に緊張し、恥をかくことを恐れる)」「特定の恐怖症(高所、閉所、動物、暗闇など、特定の対象や状況を異常に恐れる)」があります。 パニック発作とは対照的に、それほど強くない不安が慢性的に続くタイプの不安症状もあり、全般性不安といいます。 全般性不安は、全般性不安障害の場合に典型的にみられます。 そのほか、なども不安障害に属する精神疾患で、それぞれ特徴的な不安症状が現れます。 詳しくはそれぞれの解説ページを参照してください。 不安障害は不安を主症状とする精神疾患のグループで、パニック障害がその代表的なものですが、上に挙げたもののほかに、不安障害の中には一般身体疾患や物質などが原因で起きる疾患もあります。 原因となる一般身体疾患は、甲状腺機能亢進症や低血糖などの内分泌疾患、心不全、肺塞栓症、不整脈、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの心血管系・呼吸器系疾患、前庭機能不全、脳炎などの神経系疾患などで、原因となる物質はカフェインや覚せい剤その他違法薬物の中毒、アルコールや医療で投薬された鎮静剤、睡眠薬、抗不安薬などを急にやめた時に生じる離脱症状などです。 これらは、見かけは不安という精神症状でも、原因は身体疾患や物質によるものですから、きちんと検査・診断してもらうことが大切です。 場合によっては、直接命にかかわってくるからです。 医師を受診した時は、薬物を摂取していたことを必ず報告するようにしてください。 不安症状を呈する精神疾患は、不安障害のほかにもたくさんあります。 不安症状のない精神疾患はないといってもよいでしょう。 中でもうつ病や統合失調症では、不安が主症状である場合もあります。 うつ病ではしばしば焦燥(いらいら、あせり)、苦悶(苦しい)、罪責感、絶望感などが、うつ症状と入り混じった形で現れます。 統合失調症では、妄想気分、被害妄想、幻聴など、特有の精神病症状に伴う不気味で深刻な不安感が体験されます。 そのほか、心気症(身体表現性障害)では体や病気に対する過剰な不安がみられます。 ストレスに対する反応である「適応障害」では、不安症状はうつ症状とともに、最もありふれた症状です。 また子どもに特有の不安障害として、親や愛着のある人から引き離されることへの強い不安を示す「分離不安障害」があります。

次の

将来に不安しかないときに覚えておきたい13のこと

不安 で しょうが ない

将来に不安しかない状態に陥ってしまう4つの理由とは? 将来のことを考えていてワクワクすることもあれば不安になってしまうこともあります。 ワクワクしているうちは良いのですが、 不安しか無い心境になってしまうとつらいものがありますよね。 ではなぜそんなに不安しかない状態に陥ってしまうのでしょうか。 将来起こりうるリスクを回避するため まず挙げられるのが リスク回避をするためということ。 つまり、将来起こりうる様々な危険やリスクに遭遇した状況を想像して、危険な状態に陥らないようにしたり対処方法を考えるために思いをめぐらして行くのです。 将来に不安を覚えるときはこの場合が多いと思われますが、「もしこんなことになったらどうしよう」「こんなことにならないためにはどうしたら良いだろうか」というように想像して、 これから危険に巻き込まれないように 一種の防衛本能が働いているのですね。 危険・リスク回避をするため、といった点では将来に不安を覚えるというのは至極まっとうなことですし、必要なことだと思います。 しかしながら、あまりにも考え込みすぎて何も手につかない状態に陥ってしまうと辛いかもしれません。 周囲の人に言われて不安が大きくなるから 将来に対して不安をいだいているとき、それは自分のことだけでなくさまざまなしがらみから生まれた不安であることも多いでしょう。 親や兄弟、友人や同僚、その他の知り合いと自分を比較したり周りからあーしろこーしろと言われたり、 今のままで大丈夫なのか、もっと将来のことを考えたらどうだと急かされたり責められたりして不安が増殖してしまうことは無いでしょうか。 自分一人で生活している分には感じることがあまりないのに、ひとたび周りから色々とつつかれてどんどん不安になってしまう。 周囲の人は自分のことを心配して良かれと思って言ってくれているのだとしてもどんどん不安にさせられてしまうようでは気が滅入ってしまいますよね。 不安に感じていることが漠然としすぎているから 不安に感じる原因の一つとして、 不安の内容が自分でも把握しきれていないことも大きく関わってきます。 具体的に不安に感じていることが分かっていればそれに対して対策を考えることもできますが、 『将来』というあまりにも大きなカテゴリーの中で何が不安なのかと問われるとその内容が漠然なものになってしまいます。 なんだかわからないけどどうなるかわからないからとにかく不安だ、将来のことがまったくわからないから不安だ、これから大きなことに巻き込まれてしまうかもしれないから不安だ、 大きな失敗をしてしまうかもしれないから不安だといった漠然とした不安が私達を襲っているのではないでしょうか。 教育やメディアによって不安を植え付けられているから 幼い頃からの教育やテレビなどメディアによる将来に対するイメージの植え付けも大きな要因と言えるでしょう。 教育では親や教師に 「将来大変なことになりたくなかったらしっかり準備しなさい」「失敗してはいけません」「安全策だけとりなさい」などと教えられ続けて入れば、 自分の道が狭まってしまいそれが不安を駆り立て不自由な気持ちになってしまいます。 また、 テレビなどのメディアの影響も大きいです。 ドラマやニュース番組で「将来はこうあるべき」「日本の将来は暗い」「不安だらけの将来の生活」などといったイメージを植え付けられてしまい、 そこに向かっていくことが決められてしまったような気持ちになってしまいます。 また、それらのイメージから自分が離れてしまった場合には自分を責めたり必要以上の不安を感じてしまうきっかけになってしまいます。 将来の不安の3つのジャンルとは? では、そういった将来の不安には具体的にどのような内容のものがあるのでしょうか。 お金に対する不安 最も大きな不安は 『お金に対する不安』では無いでしょうか。 人生はお金だけではないとしても、やはり無一文になってしまった場合にどのように生活すればいいのかを考えれば不安になってしまいます。 他にも 家族を持ったときや将来自分が高齢になったときにうまく生活できるだけのお金があるのかも心配になってしまうでしょう。 過度のお金は必要ないとしても、毎日不自由なく生活できるだけのお金があって欲しいと思うことが多いのではないのでしょうか。 仕事に関する不安 お金を得るための手段のひとつでもある 『仕事に関する不安』というものも大きいでしょう。 将来自分の仕事がなくなったり会社が潰れたり、給料が良くなかったり休みが無かったりなど、 人生の多くを占めるであろう「仕事」について真剣に考えれば考えるほど不安になってしまうことも多いかもしれません。 また、仕事をしていなければ周りの目が気になるかもしれませんし自分のスキルを磨かなくてはならないのではないかなど、考えれば考えるほどキリがありません。 人間関係への不安 家族や友人・同僚その他の 『人間関係への不安』というものも挙げられます。 将来どのような人と過ごして、どのような人と仕事をしているのか、人間関係について考える事も多いでしょう。 特に結婚や家族についてもしうまくいかなかったらどうしよう、楽しくなかったり離婚してしまったらどうしよう、などの不安があるかもしれません。 生まれてから完全に一人で生きていくということはありませんし、人間関係に対する不安の大きさは当たり前のことですね。 スポンサーリンク 不安への6つの対処方法とは? このような多くの不安に対処する方法はどのようなものが挙げられるでしょうか。 いくつかご紹介していきましょう。 とことん味わう シンプルにしてベストな方法がこちら。 一見すると何を言っているんだという感じかもしれませんが、 不安や恐怖を徹底的に味わうということは実はとても大切なこと。 不安や恐怖はそこから逃れようとすればするほど実態がわからなくなり余計に不安になっていってしまいます。 しばらくの間じっとして不安に感じている自分に対して客観的になれればそこまで不安が増幅しないことに気が付きますし、 不安な自分を責めることもないので必要以上の自己否定に陥ってしまうこともありません。 不安の正体を書き出す こちらもシンプルですが王道の対処方法。 ノートやパソコンのメモ機能などに自分が不安に感じていることを一気に書き出してみましょう。 書き出すだけでストレスや不安が軽減されますし、不安に感じていることが文字で分かれば対策を練りやすくもなります。 自分の考えていることや不安を整理するためにも一度自由に書き出してみましょう。 親しい人やカウンセラーに話す こちらは少しハードルが高くなるかもしれませんが、 『話す・相談する』ということも一つの手です。 自分の思っていることを外に出すとスッキリしますし、不安な気持ちを少しでも誰かと共有できれば安心感も随分と違ってくることでしょう。 親しい人(家族や恋人、友人など)に話してみても良いですし、カウンセラーなどプロの手を頼ってみるのも良いでしょう。 とかく一人で抱え込んでしまいすぎているな、誰かに話したいなと感じたときは思い切って打ち明けてみましょう。 打ち明けるのが不得意な場合は、無理せずノートに思いを書き出すなどしてリラックスできるように努めてみてください。 できる範囲で対策・準備をしていく 不安の正体がわかれば、そこに対して何らかのアクションを起こしてみるのはどうでしょうか。 人間関係や仕事に対しての不安でしたら現段階でできる限りの 交流や勉強をしてみたり、お金の不安でしたら貯蓄や資産・収入源を増やすことも考えてみましょう。 現代はインターネットなどを使って個人でビジネスを立ち上げたり収入源を確保したりすることが容易になってきています。 少しでも 「自分で稼ぐ」というスキルを身につけたり、貯蓄のスキルを身につけることはお金の不安に対する具体的な準備と言えるでしょう。 今できること・楽しめることに打ち込む 将来に対して過度の不安を抱いているときは今現在の自分の状況に対して不安や不満をいだいていることが多いと思います。 今がとても不安で不満だからこれから先も同じように不安なことが多く起きてしまうのではないか。 そう考えている場合は、 何よりも『今現在』できることに打ち込んでみましょう。 それは仕事であっても遊びであっても人間関係であっても、とにかくなんでも良いので今現在が楽しめていないとこれからに対する不安を拭うことはなかなかできません。 一度休んでみることもアリですし、思い切って環境や人間関係を変えてみることも良いのではないでしょうか。 何もかにもがんじがらめにこれからのことを決めてしまってそこから外れてしまった自分を責めることはこれから常に人生の予定外の出来事に不安を覚える原因にもなってしまいますし、 他にやりたいことができたときに自分の自由さを奪ってしまうものにもなりかねません。 「なんとなく、こんな感じになれたらいいな」といった具合で気軽に将来のことを考え、途中で方向転換することもできる身軽さを手に入れてみましょう。 人生は往々にして良くも悪くも思い通りになることはありません。 突然嬉しいことがあったり悲しいことがあったり、予定通りに進むことなんてほとんどありません。 私自身不安になることもありますし、どうしようかと焦ることもしばしば。 しかしながらいつも思うのは 「いくら考えても未来のことはわからないんだな」ということ。 昨日まで不安だった自分がいたと思えば今日はカラッと元気になっていたりして、「なんだ、思い過ごしかな」と感じることがあります。 不安に感じることを避けていくのではなく、不安や不満を感じたときはちょっと立ち止まって感じ取って、改めて自分が今したいことや行きたい方向に向かって歩いて行く。 もし不安にかんじている方が居たとして、それは少なくとも自分一人だけでは無いと思いますし、だからこそ周りの人を頼りながらあまり自分一人で気張りすぎず 『今現在』を楽しんで生きていくのが良いのではないでしょうか。

次の