魔 人 ブウ 純粋 悪。 [ドラゴンボールZ真武道会]ゴジータやべジットよりも強い魔人ブウ

フィギュアーツZERO 魔人ブウ(純粋)

魔 人 ブウ 純粋 悪

《出典:ドラゴンボール》 善ブウは、本来の魔人ブウ(純粋ブウ)が、かつての界王神を二人吸収した姿です。 南の界王神を吸収してパワーアップするものの、温和な大界王神を吸収してパワーダウンし、代わりに無邪気な心を手に入れました。 実力は、超サイヤ人2の悟空やベジータでは歯が立たないほど。 超サイヤ人3の悟空が少しの間だけ戦ったときは、お互いにほとんどダメージを受けていない互角の勝負でした。 戦闘力が非常に高い上、一度戦っただけで相手の技を瞬時に自分のものにできる才能、どんな攻撃を食らっても再生し体力を消費しないところが特に驚異的。 しかし後に悟空は、超サイヤ人3ならふとっちょの魔人ブウは倒せていたと発言しています。 悟天とトランクスという若者に倒してほしいためにあえて倒さなかったとのこと。 事実、悟空は善ブウの攻撃で全くダメージを負っておらず、悟空が全力で気を溜めて攻撃すれば完全消滅できていた可能性は十分あります。 ただこの世にいられる時間が限られていたので、悟空自身も言っていましたが善ブウを倒しきる前に時間切れになっていたかもしれません。 実力的には倒せるけれども、時間的に倒せるかどうかは怪しいところだったので、今後のことも考えて悟天とトランクスに託したのではないかなと思います。 悪ブウの強さ 《出典:ドラゴンボール》 善ブウから悪の心が分離し、それによって生まれたガリガリのブウが善ブウを吸収しスリムな姿に変化したのが悪ブウ。 善ブウよりもすべてが上回っているとピッコロに言われています。 マヌケなところはありますが、無邪気だった頃の善ブウとは違ってより攻撃的な性格にもなっています。 悟空は悪ブウのことを、「俺たち(悟空とベジータ)にはとても敵わない強さ」と言っており、超サイヤ人3の悟空でも勝てない強さとのことでした。 悟空は界王神界で悪ブウの戦いを見ているので、その見込みは正確だと思います。 悪ブウに勝てたのは、単独では悟飯のみ。 それから超サイヤ人3のゴテンクスと、ベジットの二人。 善ブウより強いことは間違いないですね。 悟空の「ふとっちょの魔人ブウなら倒せていた」という発言からも、こちらのブウは倒せなかったということがわかります。 純粋ブウの強さ 《出典:ドラゴンボール》 悪ブウの中にいる善ブウが体内から剥がされたことにより、元の姿に戻ったのが純粋ブウ。 純粋悪でなんの躊躇いも無く地球を破壊しようとするなど、性格的には最も厄介であることは間違いのない存在です。 超サイヤ人3の悟空は1分間気を溜めて攻撃すれば完全に消滅できたものの、実際は超サイヤ人3のエネルギー消耗が激しいためにそこまで気を溜めることができず、悟空単独では勝てませんでした。 超サイヤ人2のベジータでは全く歯が立たず、「なんという速く重い攻撃だ。 カカロットはこんな奴と戦っていたのか」と発言しています。 善ブウとの戦闘経験もあるベジータのこの反応は、善ブウよりも純粋ブウの方が強く思えますね。 悟空も善ブウの攻撃でダメージを負ったシーンがありませんが、純粋ブウの攻撃ではそれなりにダメージを受けています。 善ブウより純粋ブウの方が強いのは間違いないでしょう。 悪ブウと純粋ブウではどちらが強いのか? ゲーム作品ではラスボスの純粋ブウの方が強く設定されていることは多いですが、ゲーム上の都合のためそうせざるを得ないと思います。 作中での描写から悪ブウと純粋ブウの強さを比較してみます。 悪ブウから純粋ブウへの変化時の反応 悪ブウは悟天、トランクス、ピッコロ、悟飯を吸収し、最後はベジットをも吸収しました。 しかしベジットはバリヤーを張っていたため体内に入っただけで完全に吸収されることはなく、内部の吸収された人たちをブウから剥がして、元の悪ブウに戻すことに成功します。 最後にベジータが、体内にいた善ブウを引き剥がすことで純粋ブウに変化します。 これは、悟飯たちと同じく善ブウとの合体が解けたことで、善ブウがかつて吸収した二人の界王神たちとの合体も解けたためでした。 悪ブウから純粋ブウへの変化時、悟空は「これ……気が増えてるんじゃねぇか?」と述べています。 見た目は筋肉でムキムキのごついブウになりました。 界王神が「戻ってる」と発言している通り、昔の界王神との合体が逆順で解けているためだと思われます。 最後に吸収した界王神が温和な大界王神で、パワーダウンはしたが心を手に入れた原因となった人物。 善ブウが剥がされたことでこの界王神との合体が解け、パワーダウンしていた力が戻り、気が増えていたのでしょう。 見た目がごつくなったのは最初に吸収した南の界王神の影響が色濃く出たため。 その後南の界王神との合体も解けて、元々の純粋ブウへと変化することになります。 悟空が「気が増えている」と発言したのはごついブウへの変化時であるため、おそらくごついブウから純粋ブウへの変化時はパワーダウンしているはずです。 南の界王神の分の力がなくなったわけですからね。 悟空も「あれならなんとかなるかもしれねえぞ」と言っていますし、悪ブウより弱くなっていると思われます。 悟空との戦闘描写 悟空は悪ブウとの戦闘経験はありません。 ですが悪ブウの戦いは界王神界で見ていたため、実力は分かっています。 ゴテンクスを吸収した魔人ブウを倒しに悟空がこの世にやってきて、悟飯とポタラで合体しようとします。 するとゴテンクスのフュージョンがブウの体内で解けたことで、ブウの力が大きくパワーダウンしました。 このとき悟空は「それなら悟飯だけでも勝てちまうぜ」と言っているため、悟空では勝てないのだと判断できます。 ベジットとして体内に侵入した後にみんなを剥がしたときも、自分たちでは敵う相手じゃないと言っているので、 基本的に悟空では悪ブウに勝てるとは思えません。 対して純粋ブウとは、実際に戦ってみて勝てなかったものの、十分に良い勝負をしているんですよね。 悟空も自信はあったみたいですし、超サイヤ人3の持続性が高ければ勝ててもおかしくなかったと思います。 この悟空との戦いの描写を見る限り、悪ブウの方が純粋ブウより強く見えますね。 元気玉で倒した理由 最後に気になるのが、純粋ブウを倒す方法が元気玉だったこと。 元気玉を作るために地球にいた人たちを蘇らせているため、ポルンガに頼むなり界王神に頼むなりして、悟飯たちを界王神界に連れて来ることができました。 実際悟空もベジータがそうするのかと最初は思っていました。 悪ブウを圧倒していた悟飯であれば、純粋ブウが悪ブウより弱いなら悟飯を呼べば確実に勝てます。 それをせずにわざわざ苦労して元気玉を作ったのは、悟飯でも勝てないとベジータたちが判断していたからでは? と思える描写。 しかし、このときベジータが悟飯を呼ぶのではなく元気玉に賭けたのは、悟飯では勝てないからという理由以外にも考えられます。 悟空とベジータは純粋なサイヤ人で、戦闘に関しては強いプライドを持っています。 全宇宙を賭けた戦いなのにポタラを破壊し、じゃんけんして順番に戦おうとしていたことからもそれは明らか。 ベジータはその後、悟空のことをナンバー1と認め、「がんばれカカロット」と応援しています。 悟空一人では気を溜めることができないと分かったら手を貸すことも厭わなかったことを見ても、 ベジータは悟空にだけは、プライドを越えた友情を感じていると思います。 それまでにも度々、純粋なサイヤ人として仲間意識を感じている描写はありましたからね。 セル戦で悟空が仙豆を食べればと言うトランクスに「お前にはサイヤ人としての誇りがないらしいな」と言ったり、ポタラを破壊した悟空のことを褒めていたり。 こういった点を見てもベジータは悟空を認めており、また悟空となら共闘しても良いと思っているんでしょう。 しかしそれが悟飯たちにも感じているかと言えば、やはり違います。 悟飯を呼べば勝てたにしても、それなら最初からポタラで悟空とベジータが合体しておけば良かった話であり、元々二人にその発想はなかったんだと思います。 ブウを倒すのは「俺たち(特に自分がナンバー1と認めた悟空)」とベジータが考えていてもおかしくありません。 そのため悟空の技である元気玉で倒そうとしたという考えは十分にできます。 そもそももし悟飯でも純粋ブウに敵わないとするのであれば、そんな純粋ブウと悟空が善戦できていたのはいくらなんでも考えられません。 悟飯を呼ばなかったのは純粋ブウに勝てないからではなく、二人のプライドの問題だったのではないでしょうか。 まとめ 作中の描写を見る限り、悪ブウが最も強いと思われます。 次に純粋ブウ、一番弱いのは善ブウです。 悪ブウはゴテンクス、悟飯、ベジットと多くのキャラクターにボコボコにされたのでなんか弱いイメージがありますが、戦闘力は一番高かったのだと思います。 悟空が単独では無理だと判断した相手ですからね。 ラスボスの割には色んなキャラにボコボコにされた魔人ブウ。 威厳だけならフリーザの方がラスボス感があったなあ。 《魔人ブウ編は36巻から!》.

次の

BLU魔人ブウ純粋悪おすすめフラグメント/ドラゴンボールレジェンズ

魔 人 ブウ 純粋 悪

Contents• 魔人ブウ(純粋)の正体に存在する善と悪の関係2つの考察 魔人ブウには善と悪の両要素が備わっていました。 見た目はまるで少年のようですが、敵である地球の戦士を次々と吸収してはその力を自分のものとして取り込んでいき、戦いは困難を極めたのです。 自制心を持たない「破壊を好む獣」だとして、キビト神から「最も厄介」と言われていた通り、 本能に従って破壊と殺戮の限りを尽くしていました。 地球の戦士達は力を合わせ、戦いの終盤では悟空が作った超元気玉を打ち込むことでようやく消滅に至りますが、その際に悟空から ある時、自分の強さを認めさせようと1人の少年に話しかけたところ、彼は盲目であるためその強さが見えないのだと言いました。 するとブウは彼の眼を治し、さらにミルクを与えるという、 慈悲に似た行動に出たのです。 何より興味深いのは、これまで殺戮と破壊にしか興味がなかったと思われたのに、 サタンにだけは好意を持ち、友情まで育んだのです。 魔人ブウ(純粋)の強さが地球の戦士を超える2つの理由 どんなに強い戦士でも「敵わない」と思うほど、魔人ブウの戦闘力には圧倒的な差がありました。 それでは、 魔人ブウ(純粋)の強さが地球の戦士を超える2つの理由についてご紹介していきます。 つまり強さの段階としては以下のようになるのです。 スポンサーリンク 純粋悪 純粋悪になると、 殺戮と破壊をコントロールするどころかその 行為に喜びを見出します。 そもそも、 「理性やコントロールが効かない善と悪」とは、 人間の本能そのままともいえる要素です。 ごく幼い子供などは、自分の感情に任せて怒ったり物を壊したりすることが多々あり、興味から虫等を殺して遊ぶこともあります。 人間が生まれながらに備えている 「理性の効かない善と悪」をとことん際立たせていくと、魔人ブウ(純粋)という存在になるのです。 魔人ブウ(純粋)から誕生したウーブに表れる2つの特徴 魔人ブウを倒した後、悟空たちはウーブという善人に出会います。 それでは、さっそく 魔人ブウ(純粋)から誕生したウーブに表れる2つの特徴についてご紹介していきます。 地球人として転生し、家は貧しいが礼儀正しく真面目な性格を持っています。 まだ子供だった頃に天下一武道会で悟空と対戦した際、対等な戦いぶりを見せたことからも、 前世での善の部分と戦闘力を引き継いだことが想像されます。 いずれも、戦いを通して強さを認め合い、共通の敵を前にやむなく力を合わせ、協力しあううちに仲間となりました。 ベジータはやや特殊ですが、 どのキャラも心根は穏やかで 平和主義なのです。 魔人ブウが 善と悪の極端な性質を持つのも、 人間が本能的に愛情を感じたり攻撃性を発揮したりするのと同じことであり、理性がない分、表現方法が極端にストレートではありますが、非常に 人間臭い存在だとも言えます。 つまり、サタンとの交流を考えれば、ブウの心の中にも「仲間と平和に過ごす喜び」が芽生え、他の戦士達と同様に平和主義である様子がうかがえるのです。

次の

魔人ブウ

魔 人 ブウ 純粋 悪

《出典:ドラゴンボール》 善ブウは、本来の魔人ブウ(純粋ブウ)が、かつての界王神を二人吸収した姿です。 南の界王神を吸収してパワーアップするものの、温和な大界王神を吸収してパワーダウンし、代わりに無邪気な心を手に入れました。 実力は、超サイヤ人2の悟空やベジータでは歯が立たないほど。 超サイヤ人3の悟空が少しの間だけ戦ったときは、お互いにほとんどダメージを受けていない互角の勝負でした。 戦闘力が非常に高い上、一度戦っただけで相手の技を瞬時に自分のものにできる才能、どんな攻撃を食らっても再生し体力を消費しないところが特に驚異的。 しかし後に悟空は、超サイヤ人3ならふとっちょの魔人ブウは倒せていたと発言しています。 悟天とトランクスという若者に倒してほしいためにあえて倒さなかったとのこと。 事実、悟空は善ブウの攻撃で全くダメージを負っておらず、悟空が全力で気を溜めて攻撃すれば完全消滅できていた可能性は十分あります。 ただこの世にいられる時間が限られていたので、悟空自身も言っていましたが善ブウを倒しきる前に時間切れになっていたかもしれません。 実力的には倒せるけれども、時間的に倒せるかどうかは怪しいところだったので、今後のことも考えて悟天とトランクスに託したのではないかなと思います。 悪ブウの強さ 《出典:ドラゴンボール》 善ブウから悪の心が分離し、それによって生まれたガリガリのブウが善ブウを吸収しスリムな姿に変化したのが悪ブウ。 善ブウよりもすべてが上回っているとピッコロに言われています。 マヌケなところはありますが、無邪気だった頃の善ブウとは違ってより攻撃的な性格にもなっています。 悟空は悪ブウのことを、「俺たち(悟空とベジータ)にはとても敵わない強さ」と言っており、超サイヤ人3の悟空でも勝てない強さとのことでした。 悟空は界王神界で悪ブウの戦いを見ているので、その見込みは正確だと思います。 悪ブウに勝てたのは、単独では悟飯のみ。 それから超サイヤ人3のゴテンクスと、ベジットの二人。 善ブウより強いことは間違いないですね。 悟空の「ふとっちょの魔人ブウなら倒せていた」という発言からも、こちらのブウは倒せなかったということがわかります。 純粋ブウの強さ 《出典:ドラゴンボール》 悪ブウの中にいる善ブウが体内から剥がされたことにより、元の姿に戻ったのが純粋ブウ。 純粋悪でなんの躊躇いも無く地球を破壊しようとするなど、性格的には最も厄介であることは間違いのない存在です。 超サイヤ人3の悟空は1分間気を溜めて攻撃すれば完全に消滅できたものの、実際は超サイヤ人3のエネルギー消耗が激しいためにそこまで気を溜めることができず、悟空単独では勝てませんでした。 超サイヤ人2のベジータでは全く歯が立たず、「なんという速く重い攻撃だ。 カカロットはこんな奴と戦っていたのか」と発言しています。 善ブウとの戦闘経験もあるベジータのこの反応は、善ブウよりも純粋ブウの方が強く思えますね。 悟空も善ブウの攻撃でダメージを負ったシーンがありませんが、純粋ブウの攻撃ではそれなりにダメージを受けています。 善ブウより純粋ブウの方が強いのは間違いないでしょう。 悪ブウと純粋ブウではどちらが強いのか? ゲーム作品ではラスボスの純粋ブウの方が強く設定されていることは多いですが、ゲーム上の都合のためそうせざるを得ないと思います。 作中での描写から悪ブウと純粋ブウの強さを比較してみます。 悪ブウから純粋ブウへの変化時の反応 悪ブウは悟天、トランクス、ピッコロ、悟飯を吸収し、最後はベジットをも吸収しました。 しかしベジットはバリヤーを張っていたため体内に入っただけで完全に吸収されることはなく、内部の吸収された人たちをブウから剥がして、元の悪ブウに戻すことに成功します。 最後にベジータが、体内にいた善ブウを引き剥がすことで純粋ブウに変化します。 これは、悟飯たちと同じく善ブウとの合体が解けたことで、善ブウがかつて吸収した二人の界王神たちとの合体も解けたためでした。 悪ブウから純粋ブウへの変化時、悟空は「これ……気が増えてるんじゃねぇか?」と述べています。 見た目は筋肉でムキムキのごついブウになりました。 界王神が「戻ってる」と発言している通り、昔の界王神との合体が逆順で解けているためだと思われます。 最後に吸収した界王神が温和な大界王神で、パワーダウンはしたが心を手に入れた原因となった人物。 善ブウが剥がされたことでこの界王神との合体が解け、パワーダウンしていた力が戻り、気が増えていたのでしょう。 見た目がごつくなったのは最初に吸収した南の界王神の影響が色濃く出たため。 その後南の界王神との合体も解けて、元々の純粋ブウへと変化することになります。 悟空が「気が増えている」と発言したのはごついブウへの変化時であるため、おそらくごついブウから純粋ブウへの変化時はパワーダウンしているはずです。 南の界王神の分の力がなくなったわけですからね。 悟空も「あれならなんとかなるかもしれねえぞ」と言っていますし、悪ブウより弱くなっていると思われます。 悟空との戦闘描写 悟空は悪ブウとの戦闘経験はありません。 ですが悪ブウの戦いは界王神界で見ていたため、実力は分かっています。 ゴテンクスを吸収した魔人ブウを倒しに悟空がこの世にやってきて、悟飯とポタラで合体しようとします。 するとゴテンクスのフュージョンがブウの体内で解けたことで、ブウの力が大きくパワーダウンしました。 このとき悟空は「それなら悟飯だけでも勝てちまうぜ」と言っているため、悟空では勝てないのだと判断できます。 ベジットとして体内に侵入した後にみんなを剥がしたときも、自分たちでは敵う相手じゃないと言っているので、 基本的に悟空では悪ブウに勝てるとは思えません。 対して純粋ブウとは、実際に戦ってみて勝てなかったものの、十分に良い勝負をしているんですよね。 悟空も自信はあったみたいですし、超サイヤ人3の持続性が高ければ勝ててもおかしくなかったと思います。 この悟空との戦いの描写を見る限り、悪ブウの方が純粋ブウより強く見えますね。 元気玉で倒した理由 最後に気になるのが、純粋ブウを倒す方法が元気玉だったこと。 元気玉を作るために地球にいた人たちを蘇らせているため、ポルンガに頼むなり界王神に頼むなりして、悟飯たちを界王神界に連れて来ることができました。 実際悟空もベジータがそうするのかと最初は思っていました。 悪ブウを圧倒していた悟飯であれば、純粋ブウが悪ブウより弱いなら悟飯を呼べば確実に勝てます。 それをせずにわざわざ苦労して元気玉を作ったのは、悟飯でも勝てないとベジータたちが判断していたからでは? と思える描写。 しかし、このときベジータが悟飯を呼ぶのではなく元気玉に賭けたのは、悟飯では勝てないからという理由以外にも考えられます。 悟空とベジータは純粋なサイヤ人で、戦闘に関しては強いプライドを持っています。 全宇宙を賭けた戦いなのにポタラを破壊し、じゃんけんして順番に戦おうとしていたことからもそれは明らか。 ベジータはその後、悟空のことをナンバー1と認め、「がんばれカカロット」と応援しています。 悟空一人では気を溜めることができないと分かったら手を貸すことも厭わなかったことを見ても、 ベジータは悟空にだけは、プライドを越えた友情を感じていると思います。 それまでにも度々、純粋なサイヤ人として仲間意識を感じている描写はありましたからね。 セル戦で悟空が仙豆を食べればと言うトランクスに「お前にはサイヤ人としての誇りがないらしいな」と言ったり、ポタラを破壊した悟空のことを褒めていたり。 こういった点を見てもベジータは悟空を認めており、また悟空となら共闘しても良いと思っているんでしょう。 しかしそれが悟飯たちにも感じているかと言えば、やはり違います。 悟飯を呼べば勝てたにしても、それなら最初からポタラで悟空とベジータが合体しておけば良かった話であり、元々二人にその発想はなかったんだと思います。 ブウを倒すのは「俺たち(特に自分がナンバー1と認めた悟空)」とベジータが考えていてもおかしくありません。 そのため悟空の技である元気玉で倒そうとしたという考えは十分にできます。 そもそももし悟飯でも純粋ブウに敵わないとするのであれば、そんな純粋ブウと悟空が善戦できていたのはいくらなんでも考えられません。 悟飯を呼ばなかったのは純粋ブウに勝てないからではなく、二人のプライドの問題だったのではないでしょうか。 まとめ 作中の描写を見る限り、悪ブウが最も強いと思われます。 次に純粋ブウ、一番弱いのは善ブウです。 悪ブウはゴテンクス、悟飯、ベジットと多くのキャラクターにボコボコにされたのでなんか弱いイメージがありますが、戦闘力は一番高かったのだと思います。 悟空が単独では無理だと判断した相手ですからね。 ラスボスの割には色んなキャラにボコボコにされた魔人ブウ。 威厳だけならフリーザの方がラスボス感があったなあ。 《魔人ブウ編は36巻から!》.

次の