洒落にならない怖い話 まとめ。 【死ぬ程洒落にならない怖い話】リンフォン

www.videocon.com: 【恐怖】シャレにならない怖い話2CHまとめ洒落怖: Android アプリストア

洒落にならない怖い話 まとめ

33 ID:5bhGXyAe0. 所属していたのは、心霊DVDなどを作ったりしてるプロダクションで、 業界でもそれほど胡散臭くはないところです。 他にもお守りや、 占いグッズの通販もしています。 有名どころでもちろん今もあります。 私が担当していたのは、ヴードゥ系の呪いで、 依頼者から呪う相手の爪や髪の毛を送ってもらい、 ブードゥの泥人形に入れて呪文を唱えながら針で刺す、というものです。 これはその過程をきちんと写真に撮り、依頼者に送ります。 料金は3段階あってそれなりに高額ですが、 3ヶ月たって効果がなかった場合はきちんと返金します。 ・・・返金率は7割くらいでしょうか。 81 ID:5bhGXyAe0. 発疹は病院で診断を受けましたが、内臓からきているものといわれました。 それからは私の身の回りで奇妙なことが続きました。 まず、飼い猫が私を避けるようになったのですが、 これはまあ元々可愛がってはいませんでした。 ある日突然、熱帯魚の水槽が濁って全滅する。 庭の一本の木が立ち枯れる。 周囲にゴキブリや蠅などの虫が増える・・・ 一度などは開いた本の間に大きなムカデが挟まっていたこともありました。 でもまあ、家は郊外にあるので、 偶然が続いてるだけかもしれないとも思っていました。 63 ID:5bhGXyAe0. 父はまだ五十代で、固いところに勤めているサラリーマンなのですが、 夜中の3時過ぎに、パジャマのまま家の外に出て行くようになりました。 そして1時間ほどして帰ってくると、 泥まみれで爪の間などにびっしりと土が入り込んでいるのです。 しかも大きな音を立てて出て行くのに、 朝に聞いてみると本人はどこへも行っていない、と言うのです。 94 ID:5bhGXyAe0. もちろんこれらはすべて偶然でかたずけられることでしょうが、 その頃から私は毎晩同じ夢を見るようになりました。 それは・・・自分は部屋のベッドに寝ていて、その周りをぐるっと (ここが少し現実とは違って、ベッドは壁にくっついてる) 7人の人が取り囲んでいるのです。 まったく見たことのない人たちなのですが、 みな和服の寝巻きのようなものを着て、私を見下ろし、 何も言わずに首を振ったりしています。 この夢は2週間ほど続けて見ました。 76 ID:5bhGXyAe0. 友達にこの話をしたら、知り合いに占いをやっているという人がいて、 能力が高い?から見てもらったら、と言われ、ビルの一室で会いました。 そしたらやはり、呪詛のためにどんどん悪い気が集まってきていて、 特にヴードゥ系は、自分よりも、 自分の大切にしているものに災いが降りかかるのだそうです。 私を夢の中で見下ろしている7人は「みさき」といって、 私を守っている7人の先祖ではないか、とのことでした。 54 ID:5bhGXyAe0. ・・・その後お盆になり、家族で近くにある菩提寺に墓参りにいきました。 すると、奥まったところにある墓の周囲が、納骨する空間(何というか知らない) が見えるほど周囲の土が掘り返されていました。 ・・・これで終わりです。 あまり怖くはなくてすみません。

次の

見えた人

洒落にならない怖い話 まとめ

人気のゾッとした話を中心に『死ぬ程洒落にならない~』洒落怖 シャレコワ 2chやネットで話題の怖い話シリーズを4つのジャンルでお楽しみ頂けます。 この夏おすすめのアプリです。 登録なしで全て無料でお楽しみ頂けます。 【アプリの特徴】 怪談話や恐ろしい話は全て実録 ほん怖 !更に、超絶怖いGIF動画も収録!怖いBGM付きで雰囲気を演出! <収録内容> ・洒落にならない怖い話 ・洒落にならない恐怖GIF画像 ・洒落にならない不気味体験談 ・洒落にならない自然にまつわる怖い話 厳選された300話以上の恐い話しと怖い画像などが満載! <アプリの主な機能> 【ブックマーク機能】TOP右上のドクロマーク お好きな話をお気に入りに記録、いつでも閲覧できる。 もっと楽しみたい方はイヤホンがオススメ!怖い雰囲気たっぷりに楽しめます。 【既読機能】 一目で既読・未読が見分けられます。 または真相を理解した人間からの説明でも理解出来る。 ・「心霊現象」「怪談」「不気味」「オカルト」「サスペンス」のいずれか要素を含む内容である。 (「恐怖」の定義は困難であるため、ジャンルとしての前提) ・所謂「読んだら不幸になる」系統のものでは無い。 四・人によってどの話が怖いのかは個人差がある為、一概に「この話は絶対に怖い」ということはない。 このアプリを閲覧するにあたって、夜が眠れないなど万が一何か起こっても自己責任でお願いします。

次の

【超閲覧注意】洒落にならない「怖い話」まとめ…最強レベルの短編怪談

洒落にならない怖い話 まとめ

後編 土曜日。 携帯ショップに行ったが大した原因は分からずじまいだった。 そして、話の流れで気分転換に「占いでもしてもらおうか」って事になった。 市内でも「当たる」と有名な「猫おばさん」と呼ばれる占いのおばさんがいる。 自宅に何匹も猫を飼っており、占いも自宅でするのだ。 所が予約がいるらしく、 電話すると、運よく翌日の日曜にアポが取れた。 その日は適当に買い物などして、外泊した。 日曜日。 昼過ぎに猫おばさんの家についた。 チャイムを押す。 「はい」 「予約したた00ですが」 「開いてます、どうぞ」 玄関を開けると、廊下に猫がいた。 俺たちを見ると、ギャッと威嚇をし、 奥へ逃げていった。 廊下を進むと、洋間に猫おばさんがいた。 文字通り猫に囲まれている。 俺たちが入った瞬間、一斉に「ギャーォ!」と親の敵でも見たような声で威嚇し、 散り散りに逃げていった。 流石に感じが悪い。 彼女と困ったように顔を見合わせていると、 「すみませんが、帰って下さい」 と猫おばさんがいった。 ちょっとムッとした俺は、どういう事か聞くと、 「私が猫をたくさん飼ってるのはね、そういうモノに敏感に反応してるからです。 猫たちがね、占って良い人と悪い人を選り分けてくれてるんですよ。 こんな反応をしたのは始めてです」 俺は何故か閃くものがあって、彼女への妙な電話、俺の見た悪夢をおばさんに話した。 すると、 「彼女さんの後ろに、、動物のオブジェの様な物が見えます。 今すぐ捨てなさい」と渋々おばさんは答えた。 それがどうかしたのか、と聞くと 「お願いですから帰って下さい、それ以上は言いたくもないし見たくもありません」とそっぽを向いた。 彼女も顔が蒼白になってきている。 俺が執拗に食い下がり、 「あれは何なんですか?呪われてるとか、良くアンティークにありがちなヤツですか?」 おばさんが答えるまで、何度も何度も聞き続けた。 するとおばさんは立ち上がり、 「あれは凝縮された極小サイズの地獄です!!地獄の門です、捨てなさい!!帰りなさい!!」 「あのお金は…」 「入 り ま せ ん ! !」 この時の絶叫したおばさんの顔が、何より怖かった。 その日彼女の家に帰った俺たちは、 すぐさまリンフォンと黄ばんだ説明書を新聞紙に包み、ガムテープでぐるぐる巻きにして、 ゴミ置き場に投げ捨てた。 やがてゴミは回収され、それ以来これといった怪異は起きていない。 数週間後、彼女の家に行った時、アナグラム好きでもある彼女が、紙とペンを持ち、こういい始めた。 「あの、リンフォンってRINFONEの綴りだよね。 偶然と言うか、こじ付けかもしれないけど、 これを並べ替えるとINFERNO(地 獄)とも読めるんだけど…」 「…ハハハ、まさか偶然偶然」 「魚、完成してたら一体どうなってたんだろうね」 「ハハハ…」 俺は乾いた笑いしか出来なかった。 あれがゴミ処理場で処分されていること、 そして2つ目がないことを、俺は無意識に祈っていた。

次の