大阪 緊急 事態 宣言 内容。 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

新型コロナ:緊急事態宣言を発令 首相「接触を8割削減」 :日本経済新聞

大阪 緊急 事態 宣言 内容

5月21日、「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」が解除されました。 多くの方がり患され、一時は、感染爆発も心配されましたが、今回は危惧された医療崩壊を起こすことなく、ひとつの波を乗り切れたのは、医療従事者の方をはじめ、市民や事業者のみなさんのご理解、ご協力のおかげです。 心より感謝申し上げます。 5月23日から、これまで法に基づきお願いしてきた、さまざまな自粛が大きく緩和されます。 しかし、ここで気を緩めると、これまでの努力が無駄になってしまいます。 緊急事態宣言は解除されても、ワクチンや治療薬が開発されるまで、非常事態が続きます。 市民のみなさんは、引き続き、人と人との距離の確保やマスクの着用、手洗いなど、基本的な感染対策をしてください。 いわゆる「3つの密」の場所への外出や、府県をまたいだ不要不急の移動は控えていただき、仕事では在宅勤務(テレワーク)等の活用をお願いします。 イベントについては、全国の緊急事態宣言の状況に応じて、規模の縮小や感染予防対策などを行い開催してください。 これまでにクラスターが発生した施設では、引き続き休止をお願いしなければなりませんが、それ以外の再開される事業者の方は、業種別の感染拡大予防ガイドラインを守り、対策の徹底をお願いします。 コロナとの戦いは長期戦を覚悟しなければなりません。 これから、感染の防止と社会経済活動を両立させていくステージに移りますが、ご自身が感染した場合の影響を考え、緊張感を持って、少しずつ普段の生活を取り戻していただきたいと思います。 今回のコロナの影響により、生活や事業活動等で厳しい状況におかれている方もたくさんおられますが、本市は必要な支援をスピード感をもって届け、みなさんの暮らしを支えてまいりたいと考えております。 市民のみなさん、事業者のみなさんには、引き続きのご理解、ご協力をよろしくお願いします。

次の

立命館大学全キャンパスの入構禁止と授業の休講について(2020年4月8日~5月6日) |立命館大学

大阪 緊急 事態 宣言 内容

大阪府は10日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い、府内の事業者に休業要請する場合、対象となる業種のリストを公表した。 東京都と同じ内容で、キャバレーやパチンコ店など幅広い業種を対象にした。 吉村洋文知事は同日、休業要請に踏み切るかどうか13日に判断する考えを表明。 一方、事業者に協力金を支払うのは困難との認識を示した。 公表したリストには、ネットカフェやライブハウス、スポーツクラブなどが含まれた。 居酒屋など飲食店も東京と同じく、営業時間を午前5時から午後8時に制限し、酒類の提供は午後7時までとした。 休業に伴う「ネットカフェ難民」などの発生を防ぐため、宿泊事業者に協力を求める方針も打ち出した。 保育所や放課後児童クラブ(学童保育)は継続し、府内の市町村にも同様の対応を求める。 吉村知事は10日、府庁で記者団に「来週月曜日(13日)に休業要請を発令するかどうかの最終判断をする」と述べた。 休業要請の対象となる事業者には「週末に準備をお願いしたい」と呼び掛けた一方、東京と同様に協力金を支給するのは「府独自の財源でやるのは難しい」と語った。 休業要請をするかどうかは、国が求める「人と人との接触を7割から8割削減」の達成状況などを見て決めると説明。 吉村知事は「達成できないのであれば、広くもっと強い措置をする必要がある」と強調した。 事業者への休業要請をめぐっては、福岡県の小川洋知事も10日、「今後の感染状況や外出自粛の効果を踏まえ、週明けにもお願いするかどうか判断したい」と述べ、大阪と同じく13日に決める考えを示した。 一方、大阪と隣接する兵庫県の井戸敏三知事は「週明けに判断して、お願いする状況ではない」としつつ、「大阪と兵庫は交流も深く、隣り合わせ。 (県の判断の)動機付けになる」とも語り、大阪と歩調を合わせる可能性に含みを残した。

次の

新型コロナ:緊急事態宣言を発令 首相「接触を8割削減」 :日本経済新聞

大阪 緊急 事態 宣言 内容

大阪府は10日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言に伴い、府内の事業者に休業要請する場合、対象となる業種のリストを公表した。 東京都と同じ内容で、キャバレーやパチンコ店など幅広い業種を対象にした。 吉村洋文知事は同日、休業要請に踏み切るかどうか13日に判断する考えを表明。 一方、事業者に協力金を支払うのは困難との認識を示した。 公表したリストには、ネットカフェやライブハウス、スポーツクラブなどが含まれた。 居酒屋など飲食店も東京と同じく、営業時間を午前5時から午後8時に制限し、酒類の提供は午後7時までとした。 休業に伴う「ネットカフェ難民」などの発生を防ぐため、宿泊事業者に協力を求める方針も打ち出した。 保育所や放課後児童クラブ(学童保育)は継続し、府内の市町村にも同様の対応を求める。 吉村知事は10日、府庁で記者団に「来週月曜日(13日)に休業要請を発令するかどうかの最終判断をする」と述べた。 休業要請の対象となる事業者には「週末に準備をお願いしたい」と呼び掛けた一方、東京と同様に協力金を支給するのは「府独自の財源でやるのは難しい」と語った。 休業要請をするかどうかは、国が求める「人と人との接触を7割から8割削減」の達成状況などを見て決めると説明。 吉村知事は「達成できないのであれば、広くもっと強い措置をする必要がある」と強調した。 事業者への休業要請をめぐっては、福岡県の小川洋知事も10日、「今後の感染状況や外出自粛の効果を踏まえ、週明けにもお願いするかどうか判断したい」と述べ、大阪と同じく13日に決める考えを示した。 一方、大阪と隣接する兵庫県の井戸敏三知事は「週明けに判断して、お願いする状況ではない」としつつ、「大阪と兵庫は交流も深く、隣り合わせ。 (県の判断の)動機付けになる」とも語り、大阪と歩調を合わせる可能性に含みを残した。

次の