シルエット 錯視。 Reversible figures

シルエット錯視

シルエット 錯視

3月 1, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020• 1月 4, 2020.

次の

あんさんもきっと騙される。日常で使える「錯視」の世界を体感しよう

シルエット 錯視

The Spinning Dancer. 地面に接している方の脚を左足と見れば、女性は時計回りに回転しているように見え、右足と見れば反時計回りに回転しているように見える。 シルエット錯視(シルエットさくし、: silhouette illusion)または スピニング・ダンサー(: The Spinning Dancer)は、する女性ダンサーのようなである。 この錯視はウェブデザイナーの茅原伸幸によって最初に作られた。 この図形の女性はに回転しているようにも見えるが、反に回転しているようにも見える。 この現象は、この錯視に奥行きの視覚手がかりが存在しないことにより生じる。 例えば、彼女の腕は彼女の前を通って回転するようにも、後ろを通って回転しているようにも見え、どちらと見るかによって、回転が時計回りに見えるか反時計回りに見えるかが決まる。 さらに、このシルエットには表面の情報も無いため、ある時点で彼女がこちら側を向いていると見るか、あちら側を向いていると見るかによって、彼女がどちらの脚を地面についているのかが変化する。 同様の視覚的曖昧性を利用した錯視は複数存在する。 その例としてがある。 双安定性知覚 [ ] 見る人の知覚によって、見かけ上の回転の方向が度々変化する。 また、人によっては回転の方向がまったく変化しない人もいるだろう。 知覚される回転の方向を変化させる方法の一つとして、一旦目線を他方に移し、回転の向きを逆方向にイメージした後にゆっくりと目線を戻す方法がある。 人によっては、回転する脚や女性の下にある影などの図形のある特定の領域に視線を集中させた後、ゆっくりと目線を上に上げるだけで、容易に知覚される回転の向きを変化させることの出来る人もいるだろう。 新たに視覚手がかりを付け足すことにより、とに知覚される回転を変化させたバージョンも存在する。

次の

Wikizero

シルエット 錯視

Reversible figures 有名な 反 転 図 形 Famous reversible figures 多義図形、両義図形、曖昧図形などともいう。 反転図形には、単純反転図形、図地反転図形、運動反転図形などが区別できる。 反転図形は正しい知覚がさまよっているだけなので、あまり錯視とは言わない。 両眼闘争は見えが反転するが、反転図形とは言わない。 右に回転して見える時は、右足を上げているように見える。 この場合、上げている手は右手に見える。 一方、左に回転して見える時は、左足を上げているように見える。 この場合、上げている手は左手に見える。 The oldest book I find this image is Gregory's "Intelligent Eye", the Japanese version, published in 1972 the original was published in 1970 page 13. Life Magazine February 19, 1965, p. 120. from Rafael Grompone CVNet October 19, 2012 (Duck-rabbit figure) There seems to be a rabbit facing right and a duck facing left. 1899. The mind's eye. Popular Science Monthly, 54, 299-312. (My wife and mother-in-law) Either of a young girl or an old woman "wife" and "mother in law" appears. This image was copied from , which shows that this image was drawn by British cartoonist W. Hill in 1915 in Puck humor magazine, an American magazine inspired by the British magazine Punch. However, there had been such figures before him. (Necker cube) The image appears to be either of the two shown below. by A. Kitaoka 2005 February 15 It is said that this image was developed in 1832 by the Swiss chrystallographer L. Necker. ルビンの盃 (北岡が勝手に作ったので、原図と顔の感じが異なる) (Face and Liar) Liar という文字で顔を描いてある。 ポール・アグール(Paul Agule)の1987年の作品らしい。 他にも錯視本等で作者名の引用はある。 (今のところ作者の許諾なく掲載。 インターネット上では作者名ナシで広まっていることを是正するための掲載。 作者の連絡先調査中。

次の