よろしい かと 存じ ます。 「よろしいでしょうか」の敬語表現が使用される理由

「よろしいです」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現

よろしい かと 存じ ます

「よろしいでしょうか」の漢字 「よろしいでしょうか」は漢字だと「良ろしいでしょうか」「宜しいでしょうか」と書くことができます。 「宜しく」「良ろしい」と書くことはあまりなく、一般的には、 「よろしいでしょうか」とひらがなで表記することが多いです。 「宜」は音読みだと「ギ」、訓読みだと「よろしい」と読みます。 「宜」は「程よくかなっている」を意味しています。 元々「よろしく」は、相手に便宜をはかってもらう時などに、適切な配慮を願ったり期待したりして言う語です。 そこから「宜」をとって、「宜しく」と書くようになりました。 「宜」は、「適宜」「時宜」「便宜」といった使い方が正しいので、「宜しい」といった使い方は本来は正しくありません。 「よろしい」といったように、ひらがな表記の方が適切となります。 「よろしいでしょうか」の使い方・用法 「よろしいでしょうか」は相手の意志を確認したり、同意・許可を求めるときに使う表現です。 例えば「来週休みをいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、許可を求める言い方になり、「今お時間をいただいてもよろしいでしょうか」といった場合は、相手に支障がないか尋ねる言い方になります。 「よろしいでしょうか」はビジネスメールでも使うことが多く、「明日の会議で使用する資料は、以下の内容でよろしいでしょうか」などと相手に確認を取りたいときに使用します。 「よろしいでしょうか」は電話対応などでもよく使われ、忙しい相手に急を要する用件を伝える時に「お時間少しだけよろしいでしょうか」と使うことができます。 「よろしいですか」は敬語として誤用 「ですか」は「今何時ですか」や「ここはどこですか」などと、何かを質問するときに使う言葉です。 「よろしいですか」が敬語ですが、少々砕けた言い方になるので上から目線に感じてしまう人もいます。 ですので「よろしいですか」は、取引先など目上の人に対しては不適切になります。 目上の人に対しては「よろしいですか」ではなく「よろしいでしょうか」と言った方が良い印象を与えます。 「よろしかったでしょうか」も敬語として誤用 飲食店などで注文の際に、「ご注文は以上でよろしかったでしょうか」と店員さんに聞かれたことがある方も多いと思います。 「よろしかったでしょうか」は間違った表現ではありませんが、何となく違和感を感じる表現です。 「よろしかったでしょうか」は過去形なので、前提となる内容があって、それに対して確認の意味で用いるのが適切な使い方になります。 ですので、何の前提もない状態で「よろしいでしょうか」を使うと不自然です。 例えば、お客様が商品を購入したことを再度確認する場合に「こちらでよろしかったでしょうか」と使うのが適切です。 こういったように、お聞きした注文内容を忘れてしまい再確認をする場合に使えます。 「よろしかったでしょうか」は過去のこと、済んでいることに対して使います。 「よろしいでしょうか」は正しい敬語 「よろしい」は「よい」を丁寧にした表現で、「でしょうか」は「ですか」を丁寧にした表現です。 「よろしいでしょうか」は丁寧な表現なので、目上の人に対して使うことができます。 例えば、目上の人に対して「こちらでいいですか」というのは、ぶっきらぼうで少し失礼な印象を与えてしまいます。 「こちらでよろしいでしょうか」と尋ねた方が丁寧な感じがしますよね。 また「よろしいでしょうか」をより丁寧にした「よろしゅうございますか」という表現もありますが、はあまり使われる表現ではありません。 ただ 「よろしいでしょうか」は丁寧語であって、謙譲語ではありません。 「よろしいでしょうか」の前に来る言葉に尊敬語や謙譲語を用いるようにしましょう。 「よろしいでしょうか」の例文 ・お時間少しだけいただいてもよろしいでしょうか。 ・お名前をお伺いしてもよろしいでしょうか。 ・申し訳ありませんが体調が優れないので、休ませていただいてよろしいでしょうか。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、こちらの資料を訂正していただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらの案で進めていきたいのですがよろしいでしょうか。 ・恐れ入りますが、こちらの方にご署名のほどお願いしてもよろしいでしょうか。 ・今呼んできますので、こちらでお待ちいただいてもよろしいでしょうか。 ・こちらにお座りいただいてもよろしいでしょうか。 ・一点だけ質問してもよろしいでしょうか。 ・お手洗いをお借りしてもよろしいでしょうか。 また、親しい間柄の相手に対しては、 ・はい、大丈夫です ・はい、OKです ・はい、いいです と返すのが良いでしょう。 「よろしいでしょうか」の類語・言い換え いかがでしょうか 「いかが」は、成り行きや結果を危ぶむさまを表す形容動詞になります。 「いかがでしょうか」は、相手の気分や状態、意見を聞く場合に使うこと多い表現です。 「いかがでしょうか」は「どうでしょうか」をベースにした表現になります。 例えば、「今のお気分はどうでしょうか」と尋ねるよりも「今のお気分はいかがでしょうか」と聞いた方が丁寧な感じがします。 また「いかがでしょうか」は、「お飲み物はいかがでしょうか」といったように、何かをすすめる場合にも使うことができます。 「いかがでしょうか」には改まって聞くという意味が含まれているので、取引先やお客様など目上の人に対して使うことができます。 例文 ・お体の調子はいかがでしょうか。 ・御社に明日の14時にお伺いしたいのですが、ご都合の方はいかがでしょうか。 お間違いないでしょうか 「お間違いないでしょうか」は相手に対して、良いのか確認する場合に使います。 また「お間違いないでしょうか」は、相手に対してこの解釈で間違いないか尋ねるときにも使います。 「お間違いないでしょうか」は丁寧な表現ですが、「お間違いないでしょうか」となると「あなたの言っていることは合っていますか」と指摘するような意味合いが含まれます。 「お間違いないでしょうか」を使用する際は、注意する必要があります。 ・ご注文は以上でお間違いないでしょうか。 ・こちらのハンカチはお客様のものでお間違いないでしょうか。 構いませんでしょうか 「構わない」は「差し支えない」「気にしない」を意味しています。 「構いませんでしょうか」の意味は「差し支えないでしょうか」です。 例えば「あなたの年齢を尋ねても構いませんでしょうか」といった場合は、「あなたの年齢を聞いても不都合はないでしょうか・問題ないでしょうか」という意味合いになります。 「構いませんでしょうか」は、行ったら相手にとって少し不都合になりそうなことに対して許可を求める場合に使います。 例文 ・ここでタバコを吸っても構いませんでしょうか。 ・今晩お宅にお邪魔しても構いませんでしょうか。 ・当日ご連絡しても構いませんでしょうか。 可能でしょうか 「可能」は「ある物事ができる見込みがあること」を意味しています。 「可能でしょうか」は、相手に対して可能かどうか確認をする場合に使います。 ただ「〜は可能でしょうか」という言い方は少々強気なニュアンスが含まれるので、使う際は注意する必要があります。 「〜可能でしょうか」は「〜いただけますか」「〜いただけますでしょうか」と言った方が丁寧になります。 例文 ・弊社までお越しいただくことは可能でしょうか。 ・代わりに参加いただけることは可能でしょうか。

次の

「存じます」の意味とは?正しい敬語の使い方や類語を例文で紹介

よろしい かと 存じ ます

「存じます」という言葉の意味 「存じます」は、「思う」の謙譲語である「存じる」に丁寧語の「ます」が付いた形の言葉で、自分の動作をへりくだることで相手を立てる際に使われることから、職場の上司や取引先の相手などの目上の人に対して使われます。 もとの言葉からも分かるように、自分が思っていることを相手に伝える際に使われる言葉のため、「お目にかかりたく存じます」のような使い方をします。 また、「私もそのように存じます」のような使い方をすることで、相手の考えに対して同意を表すこともできます。 やや硬いイメージのため、どちらかといえばメールなどのビジネス文章でよく使われる言葉ですが、相手への敬意を表しやすいため、顔が見えない電話でのやり取りで使うと便利です。 「存じます」の使い方とは? 「存じます」のおおまかな意味が分かったところで、次に具体的な使い方について解説していきます。 まず、使う際の基本ルールとして押さえておきたいのが、「存じます」という言葉は、「思う」という自分の動作や状態をへりくだって表現する謙譲語だということです。 そのため、「存じておられる」「存じていらっしゃる」のように、尊敬を表す表現をつけても敬語にはなりせん。 また「存じます」は、自分の意見を述べる時や謝罪をする時、お礼の言葉を使いたい時などに使われる言葉ですが、基本的には「~と思います」という文章にある「思います」の部分を「存じます」に置き換えればいいと覚えておけば問題ありません。 具体的には、「存じます」には次のような使い方があります。 ここからは、そんなメールに活用することができる「存じます」の例文をご紹介します。 ビジネスメール等の冒頭の挨拶に使われる言葉には、清栄・盛栄・発展・隆昌・繁栄のような相手の発展を称える言葉を使った、次のような文章が一般的です。 そのほかに、「近日中にご挨拶にお伺いしたいと存じます」のように自分の意向を伝える場合や、「ありがたく存じます」のように感謝の気持ちを伝える場合にも、「存じます」は大いに役立ちます。 このように、そのままではやや直接的な表現になりがちですが、「存じます」を付けることによって、相手に敬意を払った表現になるのです。 「存じます」と「思います」の使い分けについて 「存じます」という言葉は「思います」という言葉の謙譲語なので、上司や取引先の担当者などの目上の人に対して使われる言葉ですが、それでは「思います」を目上の人に使うのは失礼にあたるのでしょうか? 実は、「思います」は「思う」という動詞の丁寧語のため、必ずしもぞんざいな言い方だというわけではないのです。 ただし、丁寧語とはあくまでも丁寧な言い方をしているだけなので、ビジネスなどの改まった場では、相手を立てるためにはやはり謙譲語を欠かすことはできません。 そのため、二つの言葉を使い分け方としては、目上の人には「存じます」を使い、同僚や部下などに対しては「思います」と使うのが望ましいといえます。 知っておくと便利な「存じます」の類語 「存じます」という言葉は「思う」や「知っている」の謙譲語のため、それぞれの二通りの意味を持つ類語があります。 ここからは、ニュアンスが異なる二つの類語について紹介していきます。 「~と思います」を意味する「存じます」の類語 「存じます」に近い言葉としては、「存ずる所」という表現からきている「所存です」があげられます。 「~しようと思っています」「~するつもりです」という意味として使えるため、「今後も仕事に励む所存でございます」のように、決意や意向を示す際に使うことができます。 また、「存じます」は、シンプルに「~でございます」という表現に置き換えることができる場合があります。 例えば、相手に対する感謝の意の述べる「恐悦至極に存じます」のような表現については、「恐悦至極でございます」にしても意味に違いはありません。 「知っています」を意味する「存じます」の類語 「知っている」という意味の「存じます」の場合、を「存じております」にすることにより敬意を強調することができます。 また、同じような意味で使われる「存じ上げております」は、「私もそのように存じ上げております」というように、既に知っていることを伝えたい場合に使われます。 また、相手の置かれている状況を知っているという意味の類語として、「心得ております」「承知しております」や「~とお察しします」というような言い方があります。 「存じます」は口語としても使えるの? 基本的に「存じます」という言葉は堅苦しい印象を受けますが、口語であるため日常的な会話において使うことには何ら問題はありません。 ビジネスシーンでは、メールや書面だけで使うものだと考えずに、特に相手が目上の人の場合は会話で大いに役立てましょう。 ただし、使い方を間違えないように気を付けてください。 会議などの改まった場での発言には効果的ですが、しつこく使いすぎると馬鹿の一つ覚えと思われてしまう可能性があるので、類語を上手に活用しながら、ワンランク上の敬語を目指しましょう。 ・「ご多忙と存じます」 ・「I know you are busy」 そのほかに、相手から褒められた場合の謙遜の表現として、「I esteem it~」(光栄に存じます)があります。 「存じます」の丁寧度をアップするおすすめのフレーズ 「存じます」は、敬語として色々な場面で役立つ言葉ですが、更に「存じます」を使って、敬意をさらに高めることもあります。 ここでは二つのフレーズをご紹介します。 一つめは「幸甚に存じます」という表現です。 ビジネスメールなどで見かけた事があるかもしれませんが、メールなどの書面でのやりとりに使われる言い回しで、「とてもありがたい」「心から感謝している」といった意味を持っています。 日常会話ではあまり使われない堅苦しい言い方なので、使い方には注意が必要です。 二つめは、「~したく存じます」の「たく」が「とう」に変化した「~しとう存じます」という表現です。 やや時代がかった言い方ですが、「存じます」の正しい使い方のひとつです。 ただし、使われるのは稀であるため、よほどのことがない限りは使う機会はないかもしれません。 「存じます」を使うだけで敬意を表すことができる 「存じます」という敬語はとても便利であるという事がお分かりいただけたのではないでしょうか。 一工夫することによって、文章で相手への深い敬意を表すことが可能になるということがよく分かりましたね。 普段、ビジネスの場で何気なく使っている言葉にも、それぞれに意味があり、正しい使い方が求められることから、円滑なコミュニケーションをとるために相手に敬意を表すには、敬語についてしっかりと理解を深めることが大切なのです。

次の

よろしいでしょうかのメール例文!返答方法や敬語の言い換え・英語表現も

よろしい かと 存じ ます

日常会話で使うことの多い「~と思います」という言葉。 上司やお客さまに対しても、そのまま使用していい表現なのでしょうか。 そこで今回は、ビジネスシーンにふさわしい「~と思います」の表現方法をご紹介します。 メールの文面が「~と思います」ばっかりになってない? 「思う」の尊敬語は「お思いになる、おぼし召す」、謙譲語は「存じる、存ずる」になります。 「~と思います」も敬語ですから、ビジネスシーンで使用しても問題ありません。 しかしながら、より丁寧に接したい相手や、かしこまるような場面では、自分を下げることで相手を立てる謙譲語を用いた方が良いでしょう。 ・きっと、お気に召していただけると存じます。 ・この件は、もっと慎重に対応した方が良いかと存じます。 ・ご期待に添えるよう、精一杯努力してまいりたいと存じます。 また、相手に何かを頼みたいときにも「存じます」を使います。 ・変更がございましたら、前日までに申し出ていただきたく存じます。 ・他のプランもございますので、ご覧いただけましたら幸いに存じます。 さらに、感謝の気持ちを伝えたい場合にも使うことができます。 ・このプロジェクトの一員になれたことを、大変光栄に存じます。 ・弊社のプランを採用していただき、大変ありがたく存じます。 また、「知っています」の謙譲表現には「存じ上げております」という表現もありますが、「存じております」と「存じ上げております」の使い方には注意が必要です。 まずは、例文を見てみましょう。 ・御社の製品の良さは、よく存じております。 ・タイに支店ができるのをご存じですか? はい、存じております。 ・社長が退任することをご存じですか? はい、存じ上げております。 両者の違いが何か、お気づきでしょうか? 前者の「存じております」は、対象が人物以外であり、 「存じ上げております」は、対象が人物に関する場合に用いられています。 両者の使い方にはこのようなルールがありますので、覚えておきましょう。 今回は、「~と思います」の言い換えについてお話ししました。 敬語は、使い方を間違えると相手に失礼なだけでなく、自身の評価を下げてしまうことになりかねません。 自分の敬語表現が正しく使えているかどうか、これを機に見直してみてはいかがでしょうか。

次の