うまい棒ランキング。 うまい棒ランキングワースト&売り上げベスト5は?納豆は子供・大人に人気?

【うまい棒】ソムリエが超絶本気でテイスティングした全19種類ランキング

うまい棒ランキング

そもそもうまい棒は、10円で利益が出るのでしょうか?利益を計るときに重要なのが「原価」です。 原材料含め、1本のうまい棒を作るのにいくらの原価がかかっているのかご存知でしょうか? 実は1本のうまい棒を作るのに7円ほどと言われています。 一見ほとんどが原価のように見えますが、しっかりと3割の利益を出しているのです。 単価が低いので利益幅がわかりにくいですが、利益はしっかりと出ていると言えるのです。 原材料に関しては決して妥協することなくよいものを使用しており、他のところで企業努力の末、コストを原価以外のところでカットすることに成功しているため、この原価率で利益をしっかりと出していくことができていると言えるのです。 うまい棒には多くの種類が存在しています。 その中でも原価が高いものから低いものまで幅広くあります。 ちなみにそんなうまい棒たちの中で一番原価が高いとされているのは、「たこ焼き味」のうまい棒です。 たこ焼き味のうまい棒は二度漬けをしており2度にわたり味をつけているため、味がしっかりとしており、外側はカリッと香ばしく中のコーンがふんわり柔らかい食感に仕上がっているのです。 たこ焼き味のうまい棒は1本の原価が9円と言われており、利益率も1割と低くなっているのですが、これにはからくりがあります。 結局他のうまい棒と抱き合わせで購入されることが多いため、最終的にうまい棒全体の利益は上がっているというわけなのです。 うまい棒は原価率が非常に高いことから、景気に大きく左右されやすいお菓子でもあります。 原材料の高騰や原油価格の高騰などによって、うまい棒もその影響を受けているのです。 うまい棒はどんなに景気が悪化したり良くなったりしても10円という値段を保ち続けています。 そのため、景気が悪くなった際にはうまい棒の原価率も上がってしまいます。 企業として原価率が上がり売り上げが赤字になってしまっては意味がありません。 そのため、うまい棒は景気が悪化することでほとんどわからないぐらいに、長さと重さを変化させているのだそうです。 元々の単価が低いことから少しの変化で原価率を下げることが可能になり、これによって景気が悪い時でも10円という値段を保ち続けることができるのです。

次の

うまい棒おすすめ味ランキング!1番美味しい人気フレーバーは?ワーストランキングも…

うまい棒ランキング

駄菓子の中でも抜群の人気を誇る「うまい棒」。 1979年に発売が開始されて以来、おやつやおつまみとして多くの人に親しまれてきました。 そんなうまい棒の魅力の一つといえばフレーバーの多さ。 そこで今回は、うまい棒の人気フレーバーについて探ってみました。 1992年に新フレーバーとして登場し、甘さと塩気の絶妙なバランスが男女問わず幅広い世代に愛されています。 うまい棒の原料がとうもろこしだけに、コーンポタージュ味は生地との相性が抜群。 表面にはしっかりパセリがちりばめられ、素材の香りとクリーミーな味わいがくせになりますね。 1982年に発売が開始され、濃い目のパウダーが後を引くしょっぱい系うまい棒の代表格。 そんなめんたい味、実はある社員が「九州出張で食べためんたいこで何かできないか」と考えたことがきっかけで開発に至ったのだそう。 ちなみにめんたい味にはめんたいこそのものは使用されておらず、ちょっとリッチな20円の「プレミアムうまい棒(明太子味)」にはめんたいこが使用されています。

次の

『うまい棒』最強ランキングが発表!!おまえらの好きな味は?: 思考ちゃんねる

うまい棒ランキング

『 うまい棒』が好きすぎて東京都墨田区横川の やおきん本社の近くに家を建ててしまったSanzzoですどうもこんにちは。 ちなみに食欲がない暑い日なんかは『 うまい棒 めんたい味』をパンチ5発ほどで粗く砕いてご飯の上にのせ、ほうじ茶をかけて食べると美味しいですよ。 やった事ないので分かりませんが、たぶん美味いはずです。 なんてったって『うまい棒』って言うくらいですからね。 …さて、今回は『 うまい棒』です。 通常のノーマルうまい棒16種に、今回はプレミアムうまい棒3種をくわえた 全19種類でランキングを作成しています。 テイスティングは意外と時間がかかるので、毎晩2〜3本ずつ実施しなんと1週間以上の ムダな時間がかかってしまったのですが… みなさんの期待を裏切らない ガチで本気のランキングを作ることができたので、個人的にはとても満足しております。 コメントをあらためて読み返してみると、 自分でもイラッとするくらい上から目線でいちいちムカつく口調なのですが、 読者のみなさまにもおなじイライラをお見舞いして差し上げたいと思い、そのままアップさせていただいております。 その点あらかじめご了承ください。 ではさっそく19位から発表していきたいと思います。 ランキングは全5. 0ポイント中で何ポイント獲得できるかで順位付けしております。 総合評価:4. 8ポイント 1位|モッツァレラチーズ&カマンベールチーズ味 Wテイスト(プレミアムうまい棒) 味の厚み:フルボディ 味の濃さ:しっかり 味わい:2種類のチーズが絡み合う濃厚なハーモニー 袋を開けると濃厚なチーズ臭。 全体がしっとりしていて、チーズパウダーの量が多いことにも驚く。 口に含むとモッツァレラの透き通った風味が広がり、すぐにカマンベール独特のクセのある香りがジュワッと追いかけてくる。 ノーマルうまい棒のチーズ味とくらべよりチーズを感じるとともに、風味の異なるチーズを使用することで味のグラデーションを再現している点も素晴らしい。 ややソルティだがしつこくはなく、口あたりはジューシーでクリーミーである。 総合評価:4. 9ポイント うまい棒 全19種類ランキング一覧表 さて、いかがだったでしょうか? あらためてランキングの結果を一覧表でまとめてみました。 順位 フレーバー 種類 評価 1位 モッツァレラチーズ&カマンベールチーズ味 プレミアム 4. 9 2位 わさびソースの和風ステーキ味 プレミアム 4. 8 3位 うまい棒 シュガーラスク味 ノーマル 4. 7 4位 明太子味 プレミアム 4. 6 5位 うまい棒 めんたい味 ノーマル 4. 5 6位 うまい棒 チキンカレー味 ノーマル 4. 4 7位 うまい棒 チーズ味 ノーマル 4. 3 8位 うまい棒 ピザ味 ノーマル 4. 2 9位 うまい棒 なっとう味 ノーマル 4. 1 10位 うまい棒 コーンポタージュ味 ノーマル 3. 9 11位 うまい棒 チョコレート ノーマル 3. 7 12位 うまい棒 やさいサラダ味 ノーマル 3. 6 13位 うまい棒 たこ焼味 ノーマル 3. 5 14位 うまい棒 サラミ味 ノーマル 3. 3 15位 うまい棒 テリヤキバーガー味 ノーマル 3. 2 16位 うまい棒 エビマヨネーズ味 ノーマル 3. 1 17位 うまい棒 とんかつソース味 ノーマル 3. 0 18位 うまい棒 やきとり味 ノーマル 2. 9 19位 うまい棒 牛タン塩味 ノーマル 2. 8 今回は『プレミアムうまい棒』をふくめてのランキングでしたので、どうしてもプレミアム3種が上位を独占してしまっておりますが、 その中でもノーマルうまい棒の「 シュガーラスク味」「 めんたい味」「 チーズ味」あたりはかなり善戦したと言えますね。 個人的に注目したいのが、「 チキンカレー味」「 ピザ味」「 たこ焼き味」。 ちなみに今回の記事のために購入した全種類の詰め合わせパックはこちら。 さて、ランキングに関してはここまでですが、次章からはより「うまい棒」をくわしく知りたい人や、 うまい棒の販売元である「 やおきん」さんや、製造メーカーである「 リスカ」さんの豆知識を気がむいたときに順次追記していきますので、 暇で暇でしょうがない人は、ぜひ続けてお読みいただければと思います。 実は50種類以上もある!うまい棒の歴史 1979年(Sanzzoが3歳のころ)、この世に初めて「うまい棒」が誕生しました。 ファーストシリーズで生産されたうまい棒は「 ソース味」「 サラミ味」「 カレー味」の3つ。 以来40年近くに渡りうまい棒は トライ&エラーを繰り返しつつ進化を続けてきました。 3度の製造中止を得て4度目の復活を遂げている「なっとう味」や… 工場の火災によって姿を消した「キャラメル味」「ココア味」など…。 いままでに開発されたうまい棒のフレーバーは、なんと 50種類以上にものぼります。 うまい棒 黒糖味• うまい棒 オニオンサラダ味• うまい棒 マーボー味• うまい棒 キャラメル味• うまい棒 ココア味• うまい棒 ぶたキムチ味• うまい棒 かばやき味• うまい棒 さきいか味• うまい棒 梅おにぎり味• うまい棒 餃子味• うまい棒 カニシューマイ味• うまい棒 ちょい辛パンチ味• うまい棒 豆リカン味• うまい棒 オムライス味• うまい棒 カニチャンコ味• うまい棒 DX カニ味• うまい棒 レッドロブスター味• うまい棒 チョコピー味• うまい棒 マリンビーフ味• うまい棒 アメリカンホットドッグ味• うまい棒 バーガー味• うまい棒 ヤサイ味• うまい棒 抹茶クリーム味• うまい棒 ホルモン味• うまい棒 きりたんぽ味• うまい棒 もんじゃ味• うまい棒 お好み焼き味 etc. 「きりたんぽ味」とか「さきいか味」とか「レッドロブスター味」とか… かなり 独創的で奇天烈なフレーバーもありますが、これはこれで味見してみたい気もしますよね。 いつか復活して欲しいなぁ。 うまい棒の生みの親「やおきん」「リスカ」とは? ちなみに、実は「うまい棒」には 2つの会社がたずさわっています。 「うまい棒」を企画・販売しているのが 株式会社やおきんで、「うまい棒」を製造しているのが リスカ株式会社です。 1979年に株式会社やおきんの石井俊夫常務により「うまい棒」が企画立案されましたが、その際に製造を依頼したのがリスカ株式会社というわけです。 やおきんはもともと菓子卸(問屋)なので 自社で生産設備をもっていません。 なので製造は他社に発注しているとうことですね。 で、実はやおきんの石井俊夫常務は、製造をおこなうリスカの武藤則夫社長とは 親戚同士。 この2社の協業によって、「うまい棒」という史上稀に見る駄菓子の傑作は誕生したのですね。 yaokin. riska.

次の