今後 この よう な こと が ない よう。 敬語「以後気をつけます」のビジネスでの使い方や類語・言い換えまとめ

内容別始末書の書き方と例文|事故/紛失/遅刻・寝坊など

今後 この よう な こと が ない よう

私は日本語を勉強中の中国人です。 お礼を書くときに困った表現があります。 私の拙い質問文を親切に添削していただいた皆様に、このような間違いを今後しないようと伝えたいときに、普通どのように書くべきでしょうか。 謙譲語を使いたいのですが、「心がけます」と「気をつけます」の謙譲語は何だろうか、と一瞬戸惑ってしまいました。 「お心がけします」と「お気をつけします」は普通使うでしょうか。 また、私の下記の言い方を添削していただいた上に、ネイティブ同士で使われる自然な書き方も教えていただければ大変嬉しいです。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 よろしければ、質問文の不自然な部分の添削もお願い致します。 「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しません。 絶対に使いません。 いま用いてらっしゃる表現で十分でしょう。 あえて謙譲語を入れるなら、たとえば「これからは確と心がけて同じ誤りを繰り返さぬようにいたします。 」なんてこともできますけどね。 「確と」は「しかと」と読みます。 この副詞はこの際なくても構いませんが「しかとこころがける」は一塊りのようなもんです。 「しかとは分かりませんが」というのも頻用されますが、もしかすると老人語かもしれない。 新明解はそうしてないけど。 1は「よう」が至近で反復されるのが気になります。 それがなくとも「同じような」は「同じ」のほうが良いでしょう。 「しないように」は「に」を省いて「しないよう」でもよい。 どちらかと言えば省いたほうがいいかも。 「今後同じ間違いをしないよう(に)気をつけます。 」 2はどうかなあ。 3の言い方のほうが良いのは確かでしょう。 「しないことを」よりも「しないよう」のほうが「心がける」としっくり噛み合うと思います。 「心がける」と言うとき、いったい何を心に懸けておくのでしょう。 「間違えないこと」でしょうか。 そうかもしれない。 だけど、「正を取り誤を退けるべく与えられた新知識」と考えたほうがいいような気もするんですが、どうですか。 どうも「心がける」のは、というか「心がけられる」のはポジディブなものではないかと思うんですが。 否定形で表現されるものを心がけることができるかどうか、疑わしいような気がします。 例えば「遅れないことを心がける」なんて言えないんじゃないかな。 「遅れないよう心がける」はセーフ。 「心がけて遅れないようにする」ならどこからも文句は来ないでしょう。 3は何の問題もなし。 4は「表現を」を「表現は」とするべきです。 「こんな」はこの場合は「このような」よりもむしろ適切じゃないですか。 なにしろ次に来るのが「失礼な」なんだから。 例えば「こんな馬鹿なことがあっていいものか」を「このような馬鹿なことがあってもいいものでしょうか」に変えたらいかにも間延びして聞こえませんか。 質問文の添削を少々。 >お礼を書くときに困った表現があります。 「お礼を書くときに困る表現があります。 」毎度のことであればこうでしょう。 「お礼を書きながらいつも悩む表現があります。 」でもよし。 >私の拙い質問文を親切に添削していただいた皆様に、このような間違いを今後しないようと伝えたいときに、普通どのように書くべきでしょうか。 「質問文を添削してくだすったかたに、お教えを銘記して同じ間違いを二度とするまいと思う心入れをお伝えするにはどう書けばよいのでしょう。 」 「心入れ」も老人語くさいので「気持ち」のほうが無難かも。 「くだすった」は「くださった」の東京方言(だと思う)。 こっちのほうがそこはかとなくかっこいいと感ぜられます。 >と一瞬戸惑ってしまいました。 この「一瞬」はいただけませんな。 確かに若い人たちはこういう言い方をするようですが。 >また、私の下記の言い方を添削していただいた上に、ネイティブ同士で使われる自然な書き方も教えていただければ大変嬉しいです。 「下の四つは私がこれまで実地に使った文です。 不備の点をご指摘ください。 加えて別の発想による言い回しもお教えください。 「気をつけます」「心がけます」は、これだけで「指導して頂いたことをきちんと守るように、自分の気持を切替えていきますよ」という心を現していますので、これ以上手を加える必要は無いと思います。 それよりも、教えて頂いたことや指導して頂いたことに対する言葉遣いに気を配ることをお勧めします。 次の例文添削です。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 とはっきり言う方が良いでしょうね。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 これからも頑張って下さい。 #5です。 「お礼」文を添削してみましょう。 (ちょっと丁寧度を落としてみます。 ) >いつもお世話になっております。 毎度お世話になります。 >ご親切に教えていただき誠にありがとうございます。 いつも変わらぬ懇篤なお教えに感謝します。 >「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しないんですね。 確認してくださり、安心できました。 「お心がけします」も「お気をつけします」も存在しませんでしたか。 変かもとは思わないでもありませんでしたがこれですっかり安心できました。 >私がこれまで実地に使った文を一つ一つ説明していただき、本当に感謝しております。 「よう」、「ように」、「こと」などがまさにすっきりしていない、説明していただきたい箇所です。 実地に使用したところを踏まえて説明していただいたこと、まことに有り難く存じます。 「よう」、「ように」、「こと」など、どうもすっきりしない、なにか説明が欲しい箇所でした。 これだけは絶対にこうじゃなきゃ駄目なところです。 今回の添削の中での眼目です。 くどいようだがここは絶対、「でした」でなきゃいけない。 ) >また、拙い質問文への添削にも感謝いたします。 例文として繰り返して読みます。 また、つたない質問文への叱正に感謝いたします。 お手本として繰り返し巻き返し読みます。 (「また」を頭に使うなら「添削にも」の「も」は不要、というより「にも」とするのは可ながら不可としたいという感じ。 「も」はないほうがよいってことです。 ) >いろいろと本当にありがとうございました。 ありがとうございました。 「心がける」「気をつける」は、そのままで使います。 他の回答者さまの言うように、これ以上謙譲する形は特にありません。 これは知っておいた方が便利だと思うので紹介いたしますが、「お~する」「ご~なる」の形は、謙譲ではなく尊敬の形です。 ですから、自分が「今後気をつけよう」と思っているときに「これからはお気をつけします」と言ってしまうと、自分に尊敬語を使っていることになり、大変失礼な言葉遣いになります。 本来の使い方の例として、たとえば「気をつける」に「お」をつけるなら、 (夜、お客様が帰られるときに) 「暗いですから、足元にお気をつけて」 などのように使います。 尊敬語ですので、必ず相手の動作に対して使います。 自分が気をつけるときには決して「お」を付けません。 「ご~なる」は、「見る」の尊敬語「ご覧になる」などがあります。 1.今後同じような間違いをしないように気をつけます。 2.これから同じような間違いをしないことを心がけます。 「しないように」が正解。 3.同じ間違いをしないよう心がけます。 4.今後こんな失礼な表現をぜひとも避けたいと思います。 ある程度改まった言い方で、畏まりすぎない表現なら、 「今後こんな失礼な表現をしないように気をつけます。 」 のような言い方が自然でしょう。 もっと丁寧で改まった言い方が良いなら、 「今後このような失礼がないよう、充分に気をつけてまいり(たいと思い)ます。 」 などでしょうか。 「(たいと思い)」は、あっても無くても通じますが、「思います」が入ると「まだ間違うかもしれない」という不安があることを意味しますし、それが無ければ毅然とした意思を感じさせる文章になりますね。 あとは、「今後」の代わりに「以後」、「心がける」などの代わりに「注意する」も使えると思いますよ。 「お心がけする」「お気をつけする」のように、「気をつける」「心がける」を直接謙譲表現することはありません。 そんな場合は敬語表現可能な他の表現を下にくっつければよいでしょう。 たとえば、軽い敬語表現ですむ場合なら、以下のようなパターンです。 …心がけたいと思います。 …心がけようと思います。 …気をつけようと思います。 …気をつけていこうと思います。 すこし重くなって、 …心がけたいと思っております。 …心がけようと思っております。 …気をつけようと思っております。 …気をつけていこうと思っております。 かなり重い敬語表現として、 …心がけたいと存じます。 …心がけようと存じます。 …気をつけようと存じます。 …気をつけていこうと存じます。 どの程度の敬語表現を使うかは状況しだいです。 重ければいいというものでもありませんから。 もちろん、No5の方の「…いたします」を上手に使うのも正解です。 A ベストアンサー 「気をつけます」と「注意します」はほとんど同じです。 「注意します」のほうが少しだけ堅苦しいですね。 「心がけます」は「気をつけます」や「注意します」と同じように使えますが「心がけます」しか使えない場合があります。 どれも「失敗や事故などの悪いことが起きないように意識する」という否定のニュアンスで使います。 なので 「仕事で失敗しないように気をつけます(注意します)(心がけます)」 というように使います。 一方「心がけます」だけは「何かをする」という肯定のニュアンスにも使えます。 「安全運転を心がけます」とは言いますが 「安全運転を気をつけます」や「安全運転を注意します」とは言いません。 つまり 「(事故や失敗などを)しないように意識する」と言いたい場合は3つとも使えます。 しかし 「(良いことを)するように意識する」場合は「心がけます」を使います。 ただ、ややこしいですが次の場合は「気をつけます」や「注意します」も使えます。 「安全運転で気をつけます(注意します)」 なぜかというと、この文章は「安全運転(をすること)で(事故を起こさないように)気をつけます」という文章を縮めたものだからです。 「気をつけます」と「注意します」はほとんど同じです。 「注意します」のほうが少しだけ堅苦しいですね。 「心がけます」は「気をつけます」や「注意します」と同じように使えますが「心がけます」しか使えない場合があります。 どれも「失敗や事故などの悪いことが起きないように意識する」という否定のニュアンスで使います。 なので 「仕事で失敗しないように気をつけます(注意します)(心がけます)」 というように使います。 一方「心がけます」だけは「何かをする」という肯定のニュアンスにも使えま... A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。 そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。 ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。 「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。 「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。 そこで、質問です。 謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。 皆様のアドバイスをお願いいたします。 Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー 昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、 形容詞や動詞には付かないとされていました。 (ただし推量の「でしょう」は例外的に許容) しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形 として認められています。 その根拠は、昭和27年4月の 国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。 -------------------------- これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし て認めているはずです。 半世紀以上も前のことです。 ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。 なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。 (ただし推量の「でしょう」は例...

次の

【ケース別】お詫びの手紙の書き方・例文・お詫びの品について

今後 この よう な こと が ない よう

注意する / 類義語には、「用心する」「集中する」「警戒する」「留意する」などがあります。 今後は梱包などに十分にご注意くださいまうようお願いいたします• 時節柄ご健康には一段とご留意のほどお願い申し上げます• このたびは小生の不注意によりご迷惑をかけ、面目次第もございません• 厳にご注意いただきたく、お願い申しあげる次第です• 料金不足にはくれぐれもご注意願います• 不覚にもにのようなことになり、誠に申し訳ございません• 今後は梱包などに十分にご注意を賜りたくお願いいたします• 今後このような事態がなきようご注意申し上げます• 小生の不注意にて権田様の名刺を紛失してしまいました• 今後再びこのような不始末のないよう、十分注意して業務に精励することをお誓い申しあげます• 今後はこのような不手際が起こらぬよう、十分に注意を払う所存でございます• 風邪など引かないようくれぐれもご用心ください.

次の

お詫びメールの書き方と例文 誠意を伝えるためのポイントは?

今後 この よう な こと が ない よう

注意する / 類義語には、「用心する」「集中する」「警戒する」「留意する」などがあります。 今後は梱包などに十分にご注意くださいまうようお願いいたします• 時節柄ご健康には一段とご留意のほどお願い申し上げます• このたびは小生の不注意によりご迷惑をかけ、面目次第もございません• 厳にご注意いただきたく、お願い申しあげる次第です• 料金不足にはくれぐれもご注意願います• 不覚にもにのようなことになり、誠に申し訳ございません• 今後は梱包などに十分にご注意を賜りたくお願いいたします• 今後このような事態がなきようご注意申し上げます• 小生の不注意にて権田様の名刺を紛失してしまいました• 今後再びこのような不始末のないよう、十分注意して業務に精励することをお誓い申しあげます• 今後はこのような不手際が起こらぬよう、十分に注意を払う所存でございます• 風邪など引かないようくれぐれもご用心ください.

次の