マリー ゴールド ギター コード 簡単。 あいみょん【マリーゴールド】簡単コードでアコギ弾き語り

五番街のマリーへ〜初心者向け簡単コードVer.〜(高橋真梨子) / コード譜 / ギター

マリー ゴールド ギター コード 簡単

Advertisement ギター初心者にとって自分でも弾ける練習曲を探すのは結構大変ですよね。 調べてみても「この曲はコードが簡単!」って言われて全く知らない曲を紹介されることも多く、ギターを練習する前に曲を覚えなければいけないということもしばしば。 できたら既に知っている曲で、ギターが簡単な曲を知りたいという人も多いんじゃないでしょうか。 ということで、今回はギター歴10年以上の筆者サッキー()が、日本で結構有名な曲の中からギター初心者にもオススメできるコードが簡単な曲を選んでみました! 最初は練習曲の選び方から解説していくので、「選び方は知ってるから早くオススメ曲が知りたい!」という方は下からジャンプしてみてください。 テンポが速すぎない曲• 繰り返しが多い曲• コードが単純な曲• 好きな曲 それぞれざっくりと解説していきましょう。 テンポが速すぎない曲 やっぱりテンポが速すぎるととギターはどんどん難しくなっていきます。 速すぎる曲をいきなり選んでしまうと、すぐに挫折してしまうので、ミドルテンポやバラードの曲を選ぶのがおすすめです。 繰り返しが多い曲 早く曲を弾けるようになりたい場合は繰り返しが多い曲を選んでみてください。 例えば洋楽などは、邦楽に比べて比較的同じパターンの繰り返しが多いので、1箇所が弾けるようになると他の箇所も弾けるようになりますよね。 逆に、コードやギターのフレーズが変則的な曲を選んでしまうとそれだけ覚えることも多くなるので、弾けるまでに時間がかかってしまいます。 コードが単純な曲 ギターを弾くにあたってコードを押さえられることは重要になってきます。 しかし、いきなり「Fコード」や「Bコード」など難しい押さえ方が連発するような曲は初心者にとって難しすぎますよね。 最初はもっと単純なコードが多い曲を演奏していき、慣れてきたら徐々に難しい曲にチャレンジしましょう。 好きな曲 ギターが上達するためには、楽しんで練習できることが一番大事です。 これまで紹介した条件にマッチする曲であったとしても、好きになれない場合はその曲の練習はやめた方がいいかもしれません。 逆に、少し技術的に難しい曲を選んだとしても、好きという気持ちがあれば、練習も楽しくできて、いつのまにか弾けるようになっていることも多いです。 ぜひ「自分が好きな曲か」というのも頭に入れながら練習曲を選んでみてくださいね。

次の

マリーゴールド (初心者向け簡単コード ver.) (動画プラス) / あいみょん ギターコード/ウクレレコード/ピアノコード

マリー ゴールド ギター コード 簡単

Dメジャー を見てみましょう。 まずはイントロのコード進行を見てみましょう。 数字に置き換えると、onコード(オンコード)のベース音の役割も見えてきますね。 ベースラインが滑らかに動いています。 決して、何でもonコードのほうが良いというわけではありません。 ちなみに、ここではメロディアスなエレキギターがイントロを奏でています。 (シ~ラ~、レド#レミ~、シ~ラ~、ド#レミ hiド#~ラ~、ミミ~レ~) もしコード進行を暗記したい方がおられましたら、 ディグリー数字だけをまず覚えてしまうという手法もあります。 そのためにはダイアトニックコードの理解は必須です。 Aメロのベース音はレから始まり、ラまで下がり、次はレから始まり、Dコードの の音のファ#に行って、ドミナントコードのラまで上がっていきます。 始めの4小節はベース音が順々にラまで下がっていきます。 なぜ次のコードがBmなのに、わざわざonコードのF を入れたかといいますと、このベース音のファ とBmコードのベース音のシがドミナントモーションの関係にあるからです。 もっとわかりやすくいいますと、シから見てファ#はメジャー5度の関係。 つまりベース音はドミナントの進行。 これもアプローチの1つの手法。 実は逆もまたしかりで、メジャー5度に向かうという進行も多いです。 サビの出だしでは、DコードからAコードに進行。 我々人間は、この1度から5度に進む進行が大好きです。 それは音楽を聴いてきた経験が記憶に積み重なり、劇的に感じるようになっています。 例えばサビの5小節目のGコードからDコードも、Gを1度と見たら5度のDに進行。 これはなにもコード進行だけに限った話ではなく、メロディラインでもよく見られます。 例えばJ-POPで多用される手法で、サビの始まりが1度から始まり、次の音に5度を持ってくるというメロディライン。 カラオケで人気な曲でも、1度から5度に飛ぶというメロディは多いです。 仮にキーがCだとしたら、ド~ソ~というメロディの動き。 簡単アコギ弾き語りコード Dキーのままでも弾きやすい「マリーゴールド」ですが、ギター初心者さんのためにさらに簡単にしてみましょう。 まずご用意してもらいたいのが、 カポタストです。 演奏するキーがCになり、初心者の方にはさらに演奏が簡単になるでしょう。 もしonコードを覚えるのも負担でしたら、onコードを取り除いて演奏しても大丈夫です。 決して、イメージがガラッと変わることはないのでご安心ください。 補足としまして、カポタストを2フレットに装着した時の、onコードとsus4コードの押さえ方もチェックしておきましょう。 押さえ方は、5弦2フレットを左手人差し指、4弦と3弦を開放、2弦3フレットを薬指、1弦3フレットを小指で押さえ、6弦はミュートします。 2弦3フレットで押さえている音はレですが、2弦を押さえずに開放のシとしても利用可能です。 ローポジションのCコードフォームに、6弦開放のミを加えれば成立です。 6弦は開放、5弦3フレットは左手薬指、4弦2フレットは中指、3弦は開放、2弦1フレットは人差し指、1弦は開放です。 5弦を押さえている左手薬指が、6弦に触れてしまわないよう注意しましょう。 sus4コード 続いてGsus4コードです。 Gsus4コードも様々なポジションがありますが、ここでは3つ解説します。 まずはこちらのG7sus4コードです。 Gコードのm7thの音のファが追加されていますが、Gsus4コードの代用として使用できます。 押さえ方は、6弦3フレットを左手薬指、4弦と3弦は開放、2弦と1弦を人差し指でベタッと寝かせて押さえ、5弦はミュートです。 続いては上記でご紹介したG7sus4コードのコードフォームに、左手小指で1弦3フレットを押さえたGsus4コードフォームです。 上記で説明したG7sus4コードフォームと比べると、1弦3フレットのソを押さえることによって、1弦1フレットで鳴っていたm7thの音のファが無くなり、G7sus4コードがGsus4コードとなります。 続いてはこちらの、親指握り型フォームのGsus4コード。 こちらのコードフォームは、ポジション移動で他コードとして応用可能なコードフォームです。 6弦3フレットを、左手親指でネックを握り込むように押弦。 4弦5フレットは薬指、3弦5フレットは小指、2弦と1弦は人差し指でベタッと寝かせて押さえます。 5弦は、4弦を押さえている薬指の先で触れてミュートです。 1弦3フレットのソは、6弦3フレットと4弦3フレットもソなので、押さえずにミュートして省略可能。

次の

あいみょんのマリーゴールドのギターについて

マリー ゴールド ギター コード 簡単

Dメジャー を見てみましょう。 まずはイントロのコード進行を見てみましょう。 数字に置き換えると、onコード(オンコード)のベース音の役割も見えてきますね。 ベースラインが滑らかに動いています。 決して、何でもonコードのほうが良いというわけではありません。 ちなみに、ここではメロディアスなエレキギターがイントロを奏でています。 (シ~ラ~、レド#レミ~、シ~ラ~、ド#レミ hiド#~ラ~、ミミ~レ~) もしコード進行を暗記したい方がおられましたら、 ディグリー数字だけをまず覚えてしまうという手法もあります。 そのためにはダイアトニックコードの理解は必須です。 Aメロのベース音はレから始まり、ラまで下がり、次はレから始まり、Dコードの の音のファ#に行って、ドミナントコードのラまで上がっていきます。 始めの4小節はベース音が順々にラまで下がっていきます。 なぜ次のコードがBmなのに、わざわざonコードのF を入れたかといいますと、このベース音のファ とBmコードのベース音のシがドミナントモーションの関係にあるからです。 もっとわかりやすくいいますと、シから見てファ#はメジャー5度の関係。 つまりベース音はドミナントの進行。 これもアプローチの1つの手法。 実は逆もまたしかりで、メジャー5度に向かうという進行も多いです。 サビの出だしでは、DコードからAコードに進行。 我々人間は、この1度から5度に進む進行が大好きです。 それは音楽を聴いてきた経験が記憶に積み重なり、劇的に感じるようになっています。 例えばサビの5小節目のGコードからDコードも、Gを1度と見たら5度のDに進行。 これはなにもコード進行だけに限った話ではなく、メロディラインでもよく見られます。 例えばJ-POPで多用される手法で、サビの始まりが1度から始まり、次の音に5度を持ってくるというメロディライン。 カラオケで人気な曲でも、1度から5度に飛ぶというメロディは多いです。 仮にキーがCだとしたら、ド~ソ~というメロディの動き。 簡単アコギ弾き語りコード Dキーのままでも弾きやすい「マリーゴールド」ですが、ギター初心者さんのためにさらに簡単にしてみましょう。 まずご用意してもらいたいのが、 カポタストです。 演奏するキーがCになり、初心者の方にはさらに演奏が簡単になるでしょう。 もしonコードを覚えるのも負担でしたら、onコードを取り除いて演奏しても大丈夫です。 決して、イメージがガラッと変わることはないのでご安心ください。 補足としまして、カポタストを2フレットに装着した時の、onコードとsus4コードの押さえ方もチェックしておきましょう。 押さえ方は、5弦2フレットを左手人差し指、4弦と3弦を開放、2弦3フレットを薬指、1弦3フレットを小指で押さえ、6弦はミュートします。 2弦3フレットで押さえている音はレですが、2弦を押さえずに開放のシとしても利用可能です。 ローポジションのCコードフォームに、6弦開放のミを加えれば成立です。 6弦は開放、5弦3フレットは左手薬指、4弦2フレットは中指、3弦は開放、2弦1フレットは人差し指、1弦は開放です。 5弦を押さえている左手薬指が、6弦に触れてしまわないよう注意しましょう。 sus4コード 続いてGsus4コードです。 Gsus4コードも様々なポジションがありますが、ここでは3つ解説します。 まずはこちらのG7sus4コードです。 Gコードのm7thの音のファが追加されていますが、Gsus4コードの代用として使用できます。 押さえ方は、6弦3フレットを左手薬指、4弦と3弦は開放、2弦と1弦を人差し指でベタッと寝かせて押さえ、5弦はミュートです。 続いては上記でご紹介したG7sus4コードのコードフォームに、左手小指で1弦3フレットを押さえたGsus4コードフォームです。 上記で説明したG7sus4コードフォームと比べると、1弦3フレットのソを押さえることによって、1弦1フレットで鳴っていたm7thの音のファが無くなり、G7sus4コードがGsus4コードとなります。 続いてはこちらの、親指握り型フォームのGsus4コード。 こちらのコードフォームは、ポジション移動で他コードとして応用可能なコードフォームです。 6弦3フレットを、左手親指でネックを握り込むように押弦。 4弦5フレットは薬指、3弦5フレットは小指、2弦と1弦は人差し指でベタッと寝かせて押さえます。 5弦は、4弦を押さえている薬指の先で触れてミュートです。 1弦3フレットのソは、6弦3フレットと4弦3フレットもソなので、押さえずにミュートして省略可能。

次の