糸島 市 コロナ ウィルス。 新型コロナウイルス感染症対策に伴う中小企業者への支援

新型コロナウイルス感染症ポータルページ

糸島 市 コロナ ウィルス

コロナ関連業務に対応する常勤職員について、西日本新聞が各保健所を設置する福岡県(9カ所)、福岡市(7カ所)、北九州市(1カ所)、久留米市(同)に対し、3、4月の残業状況を尋ねた。 3月の残業が月100時間以上だったのは北九州市の6人だけ。 平均残業時間も福岡市は4月に3倍近くなり、県、久留米市もほぼ倍増。 北九州市は3月からほぼ横ばいだった。 残業が最も多かったのは北九州市の職員で3月に214時間、4月に206時間だった。 それぞれ別の職員という。 市の担当者は「冬に再び感染者が増えれば、季節性インフルエンザ対応と重なり、現場が混乱する恐れがある。 できるだけ早い時期に、人員増などの態勢強化を検討したい」と話した。 識者「マンパワーの強化を」 新型コロナウイルスの感染が急速に拡大した今春、各地の保健所では過重な時間外労働(残業)に追われた。 専門家は背景について、コロナ対応業務の集中に加え、保健所の統廃合が進んだ公衆衛生行政の変化があると指摘。 「大幅な統廃合や職員削減が裏目に出た。 第2波に備え、人員を増やすなどの対応が必要だ」と指摘する。 「熱が出たのは、何日前ですか?」 6月上旬、福岡県糸島市の糸島保健福祉事務所(糸島保健所)。 感染疑いがある人から相談を受ける「帰国者・接触者相談センター」の担当者が問い合わせに応じていた。 最近は相談件数が減りつつあるものの、4月上旬には1日100件近くが寄せられ、回線がパンク状態となった。 「夜中にすぐ対応が必要な場合もあり、一晩に2、3回は起こされた」。 宮崎親所長が振り返る。 保健所は、発熱患者が受診する医療機関を調整。 職員は医療機関で採取したPCR検査の検体を受け取り、同県太宰府市の研究所に運搬する。 感染が確認されると、発熱までの行動歴や健康状態の観察、濃厚接触者を調査する。 感染者を入院先に搬送し、その車両を消毒する作業まで担う。 「保健師などの専門職以外でもできる業務は、できるだけ事務職に割り振っている」と宮崎所長。 ピーク時は感染症担当の職員4人に加え、別部署からも応援を集めて計8人態勢で乗り切ったという。 県内では残業が200時間を超える職員もいた。 なぜ、業務が逼迫(ひっぱく)したのか。 「1990年代から進む保健所の統廃合や職員削減が背景にある」。 県内で保健所長を務めた経験がある福岡国際医療福祉大の財津裕一教授(保健行政)は、こう指摘する。 保健所を公衆衛生の第一線機関として位置付けた戦後の「保健所法」は、94年に「地域保健法」に改正。 住民に密着した保健サービスは、感染症対策や精神保健などを除いて市町村に移管した。 これに伴い全国に850カ所以上あった保健所は469カ所に減少。 自治体の行財政改革で職員削減も進み、しわ寄せが強まった側面があるという。 本格的に第2波が発生すれば、再び業務過多に陥りかねない。 財津教授は「全国的に感染が拡大すれば、今の態勢で対応するのは厳しい。 緊急時に備えてマンパワーを増やし、平時にも集団感染リスクの高い施設の指導にあてるなどの対応が必要だ」と話した。 (山下真).

次の

新型コロナウィルス感染症対策 国家緊急事態宣言発令に伴う対応について

糸島 市 コロナ ウィルス

日本でも新型コロナウイルスが猛威を振るっています。 糸島市の方で不安を感じている方も多いでしょう。 実際のところ何人が感染しているのか?っていうのも分からず、何を信じていいのかも分からずという感じで先が見通せない状況ですね・・・。 この新型コロナウイルスは人体に影響を及ぼすだけでなく、糸島市の企業の売り上げにも影響を及ぼしています。 特に観光業はひどくて、その他、製造業や卸売業、飲食業などいろいろな分野の企業が売上減を余儀なくされているのです。 糸島市の方の自己予防策として、人のいるところには出かけないようにしていますので、消費しなくなっていますのでどうしても売り上げは下がってきますよね。 起業としては売り上げは下がるけど、経費は変わらず毎月支払っていかないといけませんので、この新型コロナウイルスの影響が続けば続くほど厳しくなってきます。 現に倒産してしまったか企業も出ていますからね。 もし、経営が資金的に厳しいという場合には、融資制度を検討するといいでしょう。 新型コロナウイルス日本政策金融公庫や都道府県などで、低金利で融資を受けることが出来る可能性があります。 日本政策金融公庫 日本政策金融公庫は昔「国金」とかと呼ばれていた国の融資制度ですね。 今は日本政策金融公庫という名前になっています。 すでに、日本政策金融公庫からお金を借りたことがあるという糸島市の企業の方も多いでしょうね。 日本政策金融公庫は、新型コロナウイルスにより業績悪化して次の状況に該当する旅館業、飲食店業及び喫茶店営業を営む方が貸付制度を利用できる可能性があります。 最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して10%以上減少しており、かつ、今後も売上高の減少が見込まれること• 中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれること 色々と状況によって変わってくると思いますので、まずは各地域にある日本政策金融公庫で相談してみるといいでしょう。 都道府県 都道府県でも新型コロナウイルスに影響を受けた企業に対して相談や融資制度やしています。 ただ、すべての都道府県ではなく一部になりますので、とりあえず今のところ相談・融資制度のある都道府県を以下に記載しておきますね。 増えている可能性もあるので、自分の住んでいる地域の役場などでも確認しておいてください! 以下、都道府県をクリックするとコロナウイルスによる事業悪化の融資・相談についての詳細ページが開きます。 北海道地方 【】 東北地方 【】【岩手県】【】【】【】【】 関東地方 【茨城県】【】【】【】【】【】【】 中部地方 【】【】【】【】【】【長野県】【】【】【】 近畿地方 【】【】【】【】【】【】【】 中国地方 【鳥取県】【島根県】【】【】【】 四国地方 【】【香川県】【】【】 九州・沖縄地方 【】【】【】【】【】【】【】【】 ビジネスローン 以上のようなコロナウイルスによる売り上げ低下による融資制度があり、金利も低いですのでまずはこれらの融資制度を検討してください。 ただ、こちらの融資制度も必ず受けられるという訳ではないのと、実際の融資までに時間がかかるという事もデメリットの一つになります。 低金利での融資ですので、その分審査もしっかり行われますからね。 ですので、とりあえず急いで事業資金が必要という場合は、国の日本政策金融公庫や都道府県のの融資制度で融資を受けられるまでのつなぎ資金として、以下のビジネスローンを利用するのもありです。 日本政策金融公庫や都道府県の融資審査に通らない時も、以下のような糸島市の方も利用できるビジネスローンを利用するようになりますね。

次の

糸島のカフェ観光情報。新型コロナウィルスで臨時休業や営業時間変更

糸島 市 コロナ ウィルス

通常は約10種類のマスクが並ぶ棚に、商品が一つも見当たらない=25日、糸島薬局 国内の新型コロナウイルスの感染は日を追って拡大しており、重症化し肺炎になると死亡のリスクもあることから、糸島の医療、高齢者施設の関係者の警戒感は強まるばかり。 市民の多くは不安に包まれている。 3カ所の出入り口に加え食品納入業者の搬入口にも、手指消毒用アルコールを設置。 職員に風邪の症状の熱、せき、だるさのうち一つでもあれば自己申告し、出勤しないよう求めている。 同市浦志のやました小児科医院は、子どもたちが手で触るだけでなく口に入れたりすることもある玩具へのアルコール消毒を、特に注意し、天日干しも行っている。 25日、マスク売り場には「マスク1家族1袋にご協力ください」の掲示があるだけで、1袋も掛かっていなかった。 新型コロナウイルスの感染リスクを下げると推奨されるマスクや消毒液が、ほとんどの店で売り切れ状態という。 市内のドラッグストアやスーパーを探し回る人も少なくないとか。 同薬局スタッフによると、国内の感染件数が1桁だった1月末からマスクの確保が難しくなり、2月上旬からはマスクと消毒液が欠品、うがい薬や体温計も品薄状態が続くそうだ。 20日以降は、マスクを求めて訪れる人が後を絶たなくなった。 販売できない時は、うがいと手洗いの徹底を呼び掛けている。 「うちの従業員も手に入れられない。 SARS(重症急性呼吸器症候群)のときもここまではなかったと思う。 前代未聞」と同店。 今後の入荷や品薄の解消見込みは不透明という。 市主催の行事のうち不特定多数が参加するものについては、発症後の感染ルートの追跡調査ができない恐れがあるため、原則「当面中止、または延期」と決定。 子どもが前原地区の小学校に通う母親は25日、学校から届いたメールに驚いた。 同市教委が同日、市内の全小中学校に「今後の学習参観、集会を中止する」と通知したのだ。 市内の中学校は3月13日、小学校は17日に卒業式を控え、市教委は25日の時点で「実施」の方針。 もちろん、手洗いやマスク着用を励行しての上。 だが、担当者は「(感染拡大の)状況を見ながら、今後も開催について検討していく」と予断を許さない構え。 県がん感染症疾病対策課によると、県内各地の保健所にかかってくる相談の中には、「持病があるので心配だ」「風邪気味なので会社を休むべきだろうか」など、感染することや他人にうつすのを恐れる内容も多いという。 県糸島保健福祉事務所には、20日に15件、21日は12件の相談があった(22〜24日は1〜3件で推移)。 設置販売店 ファミリーマート• 二丈福吉店、前原末永店、糸島加布里店、志摩可也小学校前店、JR筑前前原駅前店、福岡周船寺1丁目店 糸島新聞社 1917年(大正6年)創刊 福岡県糸島市前原東1-8-17 TEL: 092-322-2220 FAX: 092-324-5115 Copyright ITOSHIMA Newspaper Office All rights reserved.

次の