十二国記。 十二国記シリーズはなぜ人気なの?長年のファンがその魅力を熱く語ります

十二国記の登場人物

十二国記

新刊は254万部突破! 小野不由美さんのベストセラーファンタジー「十二国記」シリーズが「第5回吉川英治文庫賞」を受賞したことが、本日、公益財団法人吉川英治国民文化振興会より発表されました。 同財団の主催、講談社の後援で2016年に創設された吉川英治文庫賞は、毎年12月1日から翌年11月30日までに文庫最新刊が刊行された5巻以上のシリーズ作品のなかから、もっとも優秀な大衆シリーズ文学作品に贈られる賞で、今回は15の候補作品から、約50人の選考委員の投票で受賞作が決定しました。 昨年10月、11月に刊行された『白銀の墟 玄の月 しろがねのおか くろのつき 』全4巻 新潮文庫 は、「十二国記」シリーズの「18年ぶり」の新作とあって、一昨年末の刊行予告以来、ウェブ上で大きな反響を呼び、刊行後わずか1カ月で累計部数は254万5000部、シリーズ累計は、1200万部を突破しました 講談社刊行分も含む。 いわば社会現象化した「十二国記」シリーズは、「Yahoo! 検索大賞2019」小説部門賞も受賞しています。 【小野不由美「十二国記」シリーズとは】 1991年に『魔性の子』 新潮文庫 刊行で始まったこのシリーズは、我々の棲む世界とも繋がる異界〈十二国〉を舞台とした壮大なファンタジー。 そして同時に、多くの謎に満ちたミステリでもある。 かの世界では、天意を受けた霊獣「麒麟」が王を選び、王と共に国を治める。 十二国の一つ・戴国では、武人の驍宗が王として選ばれたが、玉座に就いて半年、州の争いを鎮圧に出掛けたまま還らない。 そして、麒麟・泰麒も忽然と姿を消した。 王不在で荒廃する国を救うため、女将軍が各国に協力を仰ぎ、ようやく泰麒が戴国に戻り、いよいよ王の行方を捜すのだが……果たして、この国の運命は?.

次の

十二国記

十二国記

2番目以降はepisode2から順番通りに episode1「月の影 影の海(上・下)」 を読み終わったら、次はepisode2から順番に読み進めるのをおすすめします。 途中、スピンオフや短編集なども入ってきますが、すべて読めばそれだけ面白いのが十二国記です。 では、初めに飛ばした、episode0の魔性の子はどうするの?というのが、読者でも見解が分かれているところです。 魔性の子はどこで読むのか? 新潮文庫ではepisode0、文庫の帯には「 この物語は、ここから始まる すべてのプロローグです」と作者自らの言葉として紹介されている「魔性の子」については、 ファンの間でも見解が分かれています。 十二国記シリーズの中のスピンオフ作品• episode3• episode6 基本的にはepisode順に読んでいけばいいのですが、取り急ぎ先に本編だけを追って読んだ場合や、長い本編に取り掛かる前にまずは人気の高いスピンオフを読んで雰囲気をつかんでみたい、という人もいるでしょう。 では、上記の2作品「」と「」はどのタイミングで読むのがおすすめでしょうか。 この2作品は、本編とは時代がかなり異なり、独立性の高い作品です。 そのため、本編の進行状況とは切り離して考えて大丈夫です。 ただ、初めて十二国記シリーズを読む場合には、その世界観や仕組み(王と麒麟の関係など)を理解する必要があります。 よって、イントロダクションとして「月の影 影の海」だけは先に読んでおいた方がいいです。 「月の影 影の海」さえ読んでおけば、十二国記の世界についてある程度知識が入るため、どのタイミングで読んでも楽しめると思います。

次の

十二国記

十二国記

十二国記シリーズ一覧 episode0 episode1 (・) episode2 episode3 episode4 (・) episode5 episode6 episode7 episode8 episode9 (・・・) 十二国記の世界では 12の国に12人の王がおり、その王を選定する12人の麒麟がいます。 麒麟は普段は人の形を取っていますが人ではなく、最高位の霊獣。 王は麒麟に選定され、契約をした時点で人ではなくなり神仙となり、長く国を治めていくことができる。 王は天意に背かぬよう、正しく国を導かねばならず、王が惑い、民をないがしろにするようになると国が乱れ、王がいいなければそれだけで国は荒れ果て滅びる。 十二国記の世界観はざっとこんな感じです。 この、我々の世界とは違う異世界においても、人は争い、迷い、懸命に生きている。 中華風のテイストを持ちながら全く別の世界のディティールが細かく設定され、破綻なく整っているため、読者は十二国記の世界にどっぷりと埋没することができるのです。 十二国記の魅力、人気の理由2:強いメッセージ性 十二国記物語は、当初はティーンズ文庫として刊行されていましたが、 物語の重厚性、強いメッセージ性から、読者層が大人へと拡大し、一般向けの文庫本として刊行されたという経緯があります。 十二国記のテーマとして『 生きるとはどういうことなのか。 人は、人としてどう生きるのか。 自分を生きるとは、自分の居場所を見つけるとはどういうことか。 正しいは、正義とは、忠義とは何なのか』といった、非常に重厚なメッセージ性が根底にあります。 冒険や妖魔や麒麟といったファンタジックな世界観は十二国記の大きな魅力ではありますが、ここまで人気が広がり、ファンを引き付けてやまないのは、ファンタジーに装飾されて入るものの非常に骨太な人間ドラマにあるといえます。 十二国記の魅力、人気の理由3:多彩で情感たっぷりのキャラクター 十二国記の世界では、人以外にもいろいろな生き物が登場します。 麒麟や、麒麟が使役する妖魔も言葉を話しますし、半獣という人の形も獣の形も取れる生きもの重要な役回りで出てきます。 主要キャラクターがそれぞれキャラがたっており、特に人気のキャラクターはいるものの、人によって好きなキャラクターが幅広く分かれている作品です。 それぞれに愛すべき存在で、きっと1人は強く感情移入したくなるキャラクターが見つかると思います。 十二国記の魅力、人気の理由4:イメージを補完する素晴らしい山田章博氏のイラスト 十二国記には様々な架空の妖魔や獣が出てきます。 文章で説明されるのに従って、読者はそれぞれにイメージしますが、架空の生き物のイメージはつきにくいことがあります。 現在刊行中の新庁舎文庫の十二国記は文庫本でありながら、挿絵入りです。 イラストは、当初からずっと 山田章博氏。 表紙のイラストと、文中に差しはさまれるイラストの数々によって、登場人物や架空生き物のイメージが補完されて、より生き生きと動き出し、読者は物語に没頭できます。 十二国記の魅力、人気の理由5:長編でも中だるみしないスピード感あふれる展開 十二国記は基本、長いです。 episode1「月の影 影の海」十二国記のスタートになる物語ですが、たっぷり文庫本2冊分あります。 十二国記は短編集を除いては、本編の小説はどれもサラッと読み流せるような小説ではありません。 しかし、読みだせば一瞬です。 ページをめくる手を止められない、スピード感あふれる展開で、ぐいぐいと終盤まで物語は進みます。 十二国記は長いのに中だるみしないので、読んでいて途中で飽きることはないです。 十二国記の魅力、人気の理由6:簡潔で小気味よい文章リズム 文章のリズムというのは人によって好みがあり、好き嫌いは分かれるものです。 十二国記の文章は、決して緩くふわふわしたものではない、硬派なところがあるのですが、簡潔で小気味よいため私はとても読みやすくて好きです。 物語の性質上、いろいろ特殊設定があるため、ところところ説明がされていくのですが、無駄を省いて無駄に長くなることもなく、全体的に引き締まっています。 十二国記は魅力にあふれたファンタジー小説、未読の方には是非おすすめしたい! 十二国記の魅力はたくさんあって、なかなか説明しきれません。 だからぜひ、未読の方は手に取ってみてほしいのです。 もともとティーンズ小説、ライトノベルなんでしょ、そういう軽い小説は読みたくないんだよね、という方。 ファンタジーとかってふわふわしてるから苦手なんだよね、という方。 ぜひ、偏見を捨ててこの十二国記を、ぜひ一度! 十二国記は、ファンタジー小説というよりは架空の歴史小説といっていいと思います。 そのくらい、物語は時に重く、壮絶で、躍動感があります。 2019年10月には、ファンが待ち焦がれた(半ばあきらめていた)新作がなんと奇跡的に18年ぶりに書き下ろされるのです。 ぜひこの機会に、十二国記の世界にはまってみてください。 それでは。

次の