マツダ 3。 マツダ|100周年特別記念車|100周年

Chevron

マツダ 3

今年の「世界で最もデザインが優れた車」、注目のベスト3はマツダ、ポルシェ、プジョーの順!? 2020年4月8日に、「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」が発表され、マツダ3が受賞。 これはワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)の部門賞で、いわば世界で最もデザインが優れた車ともいえる。 デザインの良し悪しは、個人の好みが影響する部分があるとはいえ、ポルシェの最新モデルよりも評価された、という事実はある意味、驚きの結果でもある。 これはいったいどのような賞で、どんな車が歴代受賞しているのか? それを見ていけばある程度、マツダ3がどのような評価を受けているかも見えてくるというもの。 ベストカー本誌で元日産自動車デザイナーの故・前澤義雄氏と「デザイン水掛け論」を、長年連載していた経験もある清水草一氏とともに、以下、歴代受賞車を見ていきたい。 文:清水草一 写真:MAZDA、Porsche AG、Jaguar Land Rover 世界カーオブザイヤー 日本車は過去4度受賞 2006年にWCOTYの大賞を受賞した先代デミオ。 従来型とコンセプトをガラリと変え、正統派の欧州流コンパクトとし、SKYACTIVエンジンも初採用した意欲作だった 新型コロナの影響もあって、あまり注目は集めなかったが、先月、マツダ3が「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」を獲得した。 これは、ワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)が選ぶデザイン部門の大賞。 今年の選考は当然のように、ネット投票・ネット発表でありました。 WCOTYの歴代の大賞および各賞の受賞車の顔ぶれを見ると、とても良識ある選考がなされていると感じる。 まだ創設から十数年と歴史が浅いので、そのぶん余計なしがらみなく、世界のカーマニアたち(23国・82人の国際的自動車ジャーナリストによる選考)が、とても素直に選んでいる印象だ。 日本車も公正公平に扱われており、過去4回、大賞を受賞している。 せっかくなので、歴代の大賞(WCOTY)受賞車を列挙しよう。 2005/アウディ A6 2006/BMW 3シリーズ 2007/ レクサス LS460 2008/ マツダ デミオ 2009/フォルクスワーゲン ゴルフ VI 2010/フォルクスワーゲン ポロ 6R 2011/ 日産 リーフ 2012/フォルクスワーゲン UP! 2013/フォルクスワーゲン ゴルフVII 2014/アウディ A3 2015/メルセデスベンツ Cクラス 2016/ マツダロードスター 2017/ジャガー F-PACE 2018/ボルボ XC60 2019/ジャガー I-PACE 2020/キア テルライド 個人的には。 2006年の先代デミオの受賞が特に「わかってらっしゃる!」と感じる。 あれはデザインも操縦性も実に秀逸なコンパクトカーだった。 もちろん、2016年のロードスターの受賞もスバラシイ。 ただ、今年のキア・テルライドの受賞はサッパリわかりません。 見たこともありませんので……。 今年はマツダ3が受賞! デザインオブザイヤーの歴代受賞車は? 今年のデザイン最優秀車となったマツダ3。 マツダ車としては2016年のロードスター以来、2度目の受賞となる 一方、過去、ワールドカー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞した日本車はというと、2016年のマツダ ロードスターだけだった(この年、併せて大賞も受賞)。 今年再びマツダが、マツダ3で受賞したのは、日本人としてとても喜ばしい。 こちらも、歴代受賞車を挙げてみよう。 2006/シトロエン C4 2007/アウディ TT 2008/アウディ R8 2009/フィアット NUOVA500 2010/シボレー カマロ 2011/アストンマーティン ラピード 2012/レンジローバー イヴォーク 2013/ジャガー Fタイプ 2014/BMW i3 2015/シトロエン C4カクタス 2016/ マツダ ロードスター 2017/ジャガー F-PACE 2018/レンジローバー ヴェラール 2019/ジャガー I-PACE 2020/ マツダ3 ほとんど納得のラインナップだ。 いかにも知的でハイブロウな選択だが、近年は、ジャガー・ランドローバーグループとマツダが、9回中合計7回受賞している。 こちらは2013年受賞車のジャガー Fタイプ。 イアン・カラム氏によるシンプルで美しいデザインが特長。 特にクーペは流麗なボディラインが美しい これは、この2社が近年、自動車デザイン界のリーダーであるということを表しているのではなかろうか。 両社のデザインに共通するのは、「シンプルな美」という点である。 決して大衆の好みではなく、時代の先端という感じですね。 1位がマツダで2位がポルシェ! 今年のベスト3&マツダ3の評価は? マツダ3に2点及ばず2位となったポルシェ タイカン。 ただ、過去の受賞車から見れば、ことデザインにおいてマツダがポルシェを上回るのはさほど珍しい話ではない ちなみに今年の採点はこういうものだった。 僅差だったが、当然と言えば当然の勝利だろう。 タイカンのデザインは、ポルシェのEVと言われれば「うーむ、なるほど」ではあるが、パナメーラの派生車種のように見えないこともなく、フォルムにそれほどの斬新さがあるわけではない。 最低地上高が猛烈に低いように見えるけど大丈夫? なんて思ったりして。 こういうスポーティなクルマは、シャコタンにすると自動的にカッコよく見える部分もあるので。 素人目には、「マツダがポルシェに勝ったの!? 」とビックリかもしれないが、近年の実績を見れば、デザインでマツダがポルシェに勝つのは当然と言っていい。 3位に入った新型プジョー208。 日本ではまだ発売されていないが、こちらもプジョー復活を印象付ける小粋なデザインを纏う プジョー208も魅力的なデザインで、「プジョーらしいプジョーが帰ってきた!」という感じはする。 ただその良さは、あくまでプジョーらしい小粋さの復活というレベルで、マツダ3には比べるべくもない。 マツダ3のデザインは、猛烈にシンプルでありながらインプレッシブで美しく、邪念を徹底的に排除してたどり着いた悟りの境地のようなもの。 考え抜いた末の無念無想とでも申しましょうか。 もはや、どこか宗教的にすら感じる。 マツダ3 ファストバックのリアスタイル。 キャラクターラインを廃したボディラインが印象的。 世界的にもデザインは好評ながらパワートレーンが物足りない? 海外でもマツダ3のデザインに対する評価は高い。 その割にパワートレインが物足りない(SKYACTIV-Xを含め)という評価も日本と同じだが、デザインだけを見ればピカイチで、タイカンに勝つのは当然ではないだろうか! ということで、マツダ3が2020年のワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは、至極順当だと思います。

次の

マツダ3 にターボ、250馬力の「SKYACTIV

マツダ 3

消費税率10%に基づく価格を表示しています。 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。 価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。 自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。 ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。 詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。 メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。 また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。 詳しくは営業スタッフにおたずねください。 令和2年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について• 申請対象となる車両の初度登録期間:2020年2月22日~2021年2月19日• 申請書受付期間:2020年4月27日~2021年3月1日(必着)• 個別車両ごとの補助金申請書の提出期限:• 初度登録日が2020年2月22日~4月30日の車両の提出期限は、2020年6月30日まで(消印有効)。 初度登録日が2020年5月1日以降の車両の提出期限は、車両代金の支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月の前日)まで(消印有効)にに申請書類を送付いただく必要があります。 ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日の翌々月の末日まで(消印有効)。 補助金の申請が予算枠を超過する場合の受付期間は、別途定める終了日までとなります。 補助金の支給を受けるためには、原則として、定められた期間(自家用乗用車の場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。 詳しくは営業スタッフにおたずねください。

次の

Chevron

マツダ 3

とはいえ、日本人としてはまったく興味がありません。 なぜなら、すでに日本で発売されているクルマだから。 日本では街を走っているので「北米でデビュー」と言われても、これといってグッと来るものはなにもありませんでした。 気になるといえば、ガソリンエンジンの排気量が2. 5Lで走りにゆとりがあるというくらいでしょうか(日本仕様は2. 0L)。 しかし、マツダブースに行ってみるとずいぶんとカッコいいクルマが。 オーバーフェンダーが美しいマツダ3のレース仕様 車体は低く構え、バリッと張り出したオーバーフェンダーにより全幅は1950mmまでワイド化(ノーマル比だと145mmも増している)。 そのオーバーフェンダーの美しさと言ったらもう、水族館で出会った人魚みたいですよ(意味不明)。 エンジンはターボを追加した直4ガソリン(排気量は不明)で最高出力は350hp。 7000rpmまで回るそうです。 タンパーはビルシュタインが標準でオプションとしてオーリンズも用意。 ブレーキはブレンボ、ホイールはレイズ製なのだとか。 フェンダーは145mmワイド化されている フロントバンパー下にリップスポイラーが追加されている しかもなんと、マツダはこのクルマを市販するのだとか。 とはいえ、販売は一般ユーザー向けではなくレース出場者が対象ですけどね。 そして、もちろんナンバーは取得できませんけれど。 実は「TCR」という国際ツーリングカーレースに出場するレギュレーションを満たしたモデルで、プライベート参戦するチームへ2020年内に販売を開始するそうです。 フェンダーの造形が美しい このスタイルで市販される。 ナンバープレートは取れないが クルマ好きの一人として思うのは、このモデルのイメージをいかした市販車のホットバージョンを開発してほしいということ。 その時の車名は「マツダ3 マツダスピード」でどうでしょうかね? (工藤貴宏).

次の