お盆 の 送り火 は いつ。 お盆に『迎え火』と『送り火』をしますが、いつやるのですか?お盆の期間中...

お盆の迎え火と送り火はいつ?7月と8月それぞれの日にちと時間、やり方を紹介!

お盆 の 送り火 は いつ

お盆には、ご先祖様が現世に戻って来ると言われ、 法要やお墓参りなどをする習慣があります。 このような習慣はどのように生まれたのでしょうか? こちらでの項目で簡単にご説明します。 お盆の仏教的意味 まず、お盆の仏教的な意味をご説明します。 お盆とは略語で、正式名称を「盂蘭盆会」 うらぼんえ と言います。 盂蘭盆会とは、祖先を供養する仏教行事のことで、 盂蘭盆経の説話に起因しています。 その説話とは、お釈迦様の弟子が旧暦の7月15日に、多くの僧にお布施をし供養したことで、餓鬼道にいた母親を極楽往生させることができたというものです。 この説話に由来し、地獄や餓鬼道に落ちて苦しんでいる先祖を旧暦の7月15日に供養する盂蘭盆会が始まり、一般大衆にも広く受け入れられ現在に至ります。 多くの家庭でお盆に法要を行うのには、このような仏教的背景があります。 お盆の由来 お盆には「故人や祖先があの世から帰ってくる」と言われ、ご先祖様の霊を迎える準備をします。 しかし、このような考え方は仏教の中にはありません。 それではこちらの考え方は何に由来しているのでしょうか? 実は、仏教の盂蘭盆会の考え方が入ってくる前から、日本には旧暦7月頃は、祖先の霊たちが帰ってくるという思想がありました。 そのため各地で鎮魂のための「みたま祭」や「精霊祭」が開催されていました。 このような元々の習わしが、 新しく入った仏教の盂蘭盆会と徐々に融合し、お盆にはご先祖様が帰ってくる・法要をする・お墓参りをするなどの現在のお盆の形となったのです。 送り火・迎え火について それでは本題の送り火・迎え火について見ていきましょう。 送り火・迎え火の 意味・やり方・日にちをご説明します。 送り火・迎え火とは 迎え火とは、あの世から ご先祖様の霊が迷わずに家まで帰ってこれるように焚く火のことです。 昔はお墓や菩提寺に家族全員で提灯を持って行き、お墓の前で提灯に火を入れ、その火を消さずに持ち帰り、火を仏壇に移すという流れを迎え火としていました。 しかし現代ではお墓や菩提寺が遠い場合が多く、火を持って移動ということも困難なため、ご自宅の玄関先でオガラなどを燃やすなどして、迎え火をすることが一般的です。 送り火とは、ご先祖様がこの世からあの世へ迷わずに帰ることを願い、焚く火のことです。 昔は仏壇の火を提灯に移し、それを消さずにお墓や菩提寺へ持参し、お墓の前で提灯の火を消して、ご先祖様の霊を送り出すという流れを送り火としていました。 しかしこれも現代では困難なため、迎え火同様、ご自宅でオガラなどを燃やし送り火とすることが一般的です。 送り火・迎え火のやり方 送り火・迎え火も手順は一緒です。 その方法は、玄関先や門口などで焙烙 ほうろく という素焼きのお皿の上に折ったオガラなどを積み重ね、それに着火し、煙を立たせます。 焙烙はホームセンター、オガラはスーパー等でも買うことができますが、 通信販売もあります。 時代や家の形態の変化に合わせて、迎え火・送り火の方法も様々なものになってきます。 送り火・迎え火の日にちは? お盆の日にちは地域により違いますが、多くは 7月13日~7月16日、もしくは8月13日~8月16日です。 この期間のうち、いつの日にちに送り火・迎え火をするのかご説明します。 迎え火 迎え火の日にちは、お盆の 初日の13日の夕方、または前日の12日の夕方であることが一般的です。 地域によってはお盆がある月の1日~7日に迎え火を焚く習慣があります。 迎え火をするお盆初日のことを「迎え盆」「お盆の迎え日」などと呼びます。 送り火 続いて送り火の日にちをご説明します。 ご先祖様の霊は16日の午前中までは家に滞在するとされるため、送り火の日にちは 16日の午後、多くは夕方に行われます。 16日に送り火をすることが難しければ、15日に送り火をする場合もあります。 送り火をするお盆最終日のことを「送り盆」「お盆の送り日」などと呼びます。 盆に送り火・迎え火の他にすること お盆には送り火・迎え火以外にも 準備することや行事があります。 その中の代表的なものを見てみましょう。 盆提灯や精霊棚を飾る 精霊棚や盆提灯をお盆には飾ります。 精霊棚とは、お盆にお供えものをしてご先祖様の霊を祀る棚で、 仏壇の前に設置されます。 マコモという植物で作ったゴザの上に精霊棚を置き、精霊棚の上にはホオズキ、水の子や季節の果物・素麺などの飲食物、精霊馬などを飾ります。 また、精霊棚の横には盆提灯を飾り付けます。 この提灯も、迎え火同様、ご先祖様の霊が迷わず家に帰ってくるための目印としての意味があります。 精霊流し 精霊流しとは、 長崎県の各地・熊本県の一部・佐賀市で行われるお盆の行事です。 現在では禁じられていますが、以前の精霊流しでは、故人の霊が乗るとされた精霊船と供物を海に流していました。 昔は海の彼方に死後の世界があると考えられていたため、このような形で、故人をあの世へ送っていたと考えられています。 盆踊り 夏の風物詩である盆踊りですが、こちらもお盆の仏教行事の一つです。 盆踊りの起源は、躍念仏や、神事の際の巫女舞や白拍子と言われています。 このような踊りと、盂蘭盆会の考えが融合し、 死者の供養のための盆踊りが誕生したと言われています。 迎え火・送り火の日にちのまとめ• 現在のお盆の習慣は、仏教行事である盂蘭盆会と、仏教が入る前から行われていた各地の鎮魂祭が融合してできたものである。 お盆の迎え火とは、ご先祖様の霊が迷わず家に帰ってくるために焚き、送り火とは迷わずあの世に帰るために焚く火である。 迎え火・送り火は玄関や門口で、焙烙の上のオガラなどを燃やす方法が一般的だが、火を使えない場合は、提灯に明かりを灯し玄関で黙祷する方法もある。 迎え火の日にちは7月か8月の12日、もしくは13日、送り火の日にちは7月か8月の16日に行う地域が多い。 以上のことを中心に解説してきました。 この記事が迎え火・送り火の日にちや方法などを知りたい方のお役になてれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 「終活ねっと」では、お盆の準備やしきたりについても詳しく解説しております。 ぜひこちらもご覧になってください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

迎え盆/送り盆とは|意味や迎え火や送り火をする時間などを解説

お盆 の 送り火 は いつ

お盆送り火のやり方は? そもそもどんな意味があるの? お盆は7月もしくは8月の13日から16日ごろに行われる夏の風習ですが、 お盆の初めの日と終わりの日が迎え盆、送り盆と呼ばれることはご存知でしたか? お盆送り火とは、そんな送り盆に行われる風習です。 そのため、お盆送り火には対となって、お盆迎え火という言葉もあります。 文字通り、お盆になると帰ってくるというご先祖様の霊を「迎える火」と「送る火」というわけです。 中でも送り火は、 お盆の期間が終わった後にご先祖様たちが道に迷わずにあの世へ帰れるようにという思いを込めて焚かれるもの。 そこには懐かしいご先祖様たちとの「出会い」と「別離」のためや、この世に残る者たちの「けじめ」としてという意味が込められているようです。 どんなに懐かしくても、いつまでも一緒にいるわけにはいきませんが、来年もまた会うことが出来るように、という願いを込めて、送り火は焚かれるのですね。 また具体的な手順としては、まず、 仏に線香を供えたあと、その火を提灯に移してお墓に向かいます。 そして その火でつけたお線香を供え、自宅でもお線香を供えた後に玄関前で送り火を焚きます。 玄関前でお線香から麻の茎をはいだ「オガラ」に火を移すのが一般的なようです。 ちなみに、マンション住みで火を焚くのはちょっとという場合は、提灯に火を入れて玄関先に立ち、一礼して黙祷を捧げる、という方法もあるようです。 小さい子がいたり、火気厳禁な場合は電気タイプの提灯も売っているので安心ですね。 遠方から来ている親戚が帰る前に行いたいから、ということなら早めに、出来るだけご先祖様にのんびりしていってもらいたい、ということであれば 遅めに行えば良いのだそうです。 だから、家によって時間帯もまちまちになってくるんですね。 ただ、火を焚くのは仏様が暗くなってから行動を起こすため、とも考えられているので、日が落ちて薄暗くなり始めた後の方が良いかもしれません。 悩んだら、 日暮れから二十時頃までに済ませるくらいがちょうど良いのではないでしょうか。 2016年のお盆送り火はいつ? とりあえず調べてみた まずお盆の期間の確認からですが、お盆は元々 旧暦の7月13日から16日ごろにかけて行われていた風習です。 そのため、地域によってその期間は二通りあります。 現代の暦に合わせて、7月13日から16日まで• ひと月遅らせて、8月13日から16日まで また、地域によっては8月末ごろに行うところもあるようです。 ただ、お盆休みでいうと、世間では 8月13日から16日がお休みになる場合がほとんどですね。 そんなお盆の最終日に行われるのがお盆送り火なので、 7月もしくは8月の16日に行うということになります。 今年で言うならば、7月16日は土曜日、8月16日は火曜日にあたります。 今年の7月16日は土曜日ということなので、例年は仕事で顔を出せない方も今年は参加できそうですね。 ご先祖様もきっと喜んでくれるのではないでしょうか。 お盆送り火 まとめ 様々なしきたりのあるお盆ですが、地域によっては お盆送り火の上を跨ぐという風習もあるようです。 これは、家族の健康を願って行うものなのでとか。 迎え火や送り火意外にも、精霊馬と呼ばれるナスとキュウリの牛や馬を供えたり、盆棚、精霊棚を設けてお食事を並べたりとやることが多くて小難しく感じる部分もあるかもしれませんね……。 とはいえ、一番大切なのは ご先祖様に感謝の気持ちをもって供養をすること。 無理のない範囲で、素敵なお盆を迎えてください。

次の

迎え火と送り火の日にち!時間は?いつやればいいの?

お盆 の 送り火 は いつ

曹洞宗のお盆の飾り方は? 曹洞宗のお盆の飾りについてご紹介します。 こも…稲の一種を編んだもので作った敷物です。 お盆中お供え物の下に敷く。 苧殻(おがら)…迎え火、送り火用の薪、お供えに箸として添える。 精霊馬(しょうりょううま)…なすやきゅうりで作った馬(もしくは牛)亡くなった人が行帰りに乗る乗り物• 盆提灯…基本は2つで対になっている。 割箸を割って半分に切れば馬と牛の足8本分になります。 作り方はとっても簡単です。 きゅうり(なす)のバランスの良い位置に割箸(爪楊枝)をさしてそれぞれ足を作ります。 うまく立てば完成です。 最近はお盆間際になると精霊馬を作るセットが売っているのでそんなのを買うと手っ取り早いですね。 迎える時は仏壇に向けて置きます。 送るときは仏壇の外に向けて置きます。 でもせっかく飾るんですから、きちんとした向きに飾りたいですよね! 曹洞宗の盆棚の準備とは?! お盆の際はお仏壇に外に盆棚を用意します。 そんな棚なんてないよ!用意していないという人も安心してくださいね。 専用の盆棚を用意する必要はなく、小机に白い布をかけたもので良いです。 中央にこもを敷き、お供え、そうめんなどを備えます。 キュウリの馬となすの牛(精霊馬)を飾ります。 仏壇と別に盆棚を祀る場合はお位牌は盆棚にうつしておきましょう。 たいていは初盆の際などにお寺の方から飾り方などを知らせてくれるので、それらを参考にされれば良いです。 ちなみに… 私の実家では、朝昼晩の3食と10時と15時におやつを供えます。 お供えしたものは全て保管して送り火の後まとめてお寺に持って行っています。 息子も手伝ってこんな感じに結んでいきます。 外に巻いているのはお盆の飾りに使ったこもです。 お寺でまとめてお焚き上げしてもらうんですよね。 ちょっとぐらい手を抜いても父は怒らないんじゃないかと思いますが、お寺に持っていかなきゃいけないからさぼれないんだって言ってました。 お盆の準備についてはこちらの記事もおすすめです。 焙烙(ほうろく)がなければ、代用できるものでも良いと思います。 ただ調べてみるとこの方法については特段出てこないのでこの地特有の決まりごとなのかもしれません。 都合の良い方またはお寺などで指定のある場合はその日に行えば良いでしょう。 送り火もやり方は迎え火と同様です。 先ほどもご紹介しましたが、送り火をたいた後に お盆中にお供えしたものを包んでまとめたものをお寺に持っていき焼いてもらいます。 この時、きゅうりとなすの精霊馬も一緒に包みます。 昔は川に流したりしたそうですが、最近は禁止されているのでお寺でまとめて焼いて処分してくれるという事なんですかね。 今まではお盆と言えば休みだ何しようって思ってたけど、お盆は亡くなった人が帰ってきて家で一緒に過ごす大切な時間なんですね。 あ~でもお盆は仕事休みだからお出かけしたいって思っちゃいますが… 曹洞宗のお参りのマナーは? 宗派によって仏壇などのお参りの仕方も違いますよね。 未だにどれが正しいのかわからず、お葬式とか行っても前の人がしている方法を真似ているという人も多いのではないでしょうか。 知人の葬儀に出席した際には座席に焼香の仕方なんてメモが置いてありました。 正しいやり方というよりは、心がこもっていればよいという考えもありますしね。 でもせっかくですから曹洞宗のお参りのマナーをご紹介します。 お焼香の作法 葬儀でお焼香をする際に迷ったことってないですか? 私は前の人とか見て真似てなんてする事結構あります。 仏前で対象者(仏像、位牌など)をみて合掌礼拝します。 右手の親指、人差指、中指でお香を1つまみして左手を右手に添えて額のあたりに軽く押すようあげます。 香を炭の上にのせたきます。 同じようにもう一度お香をつまみ、今度はそのまま炭の上にのせたきます。 再度対象者を見て合掌礼拝します。 宗派によっては香を配する回数が決まっていなかったり、1回のところ3回のところもあったりします。 参列者が多い場合は曹洞宗であっても1回で済ませても良いです。 こちらも形式よりも心が大事だという事は忘れないでくださいね。 曹洞宗のお線香の本数は? 仏壇にお参りする際の線香の本数も決まりがあります。 曹洞宗のお線香の本数は、 1本と言う人、3本と言う人、意味によって本数を変えるなど様々な説がありました。 地域によっても違ったりするのかもしれませんね。 ちなみに 我が家の場合は3本立てています。 お線香を3本にするのは「三宝」と言って仏様・法の教え・僧のすべてを大切に供養するという考えによるものだそうですよ。 仏壇にお参りする際の作法は? お供えする線香の本数がわかったところで、仏壇にお参りする際の作法をお伝えしますね。 仏壇にお参りする際には• おりんの内側を3度ならして合掌します。 「南無釈迦牟尼仏(なむしゃかむにぶつ)」とお唱えします。 これが正式です。 でもこれも個人的には1回でも2回でも良いのではと思います。 正式な作法を知らなければ3度もならしたらやりすぎだと思われちゃうかもしれません。 しきたりを重んじるようなおうちの場合は確認してからお参りされると良いかもしれませんね。 まとめ 日本には仏教の宗派ってかなりたくさんあります。 そのすべてがわかっている人なんてたぶんいないと思います。 自分の作法と違うなと思えばそこの作法を真似るでも良いし、自分の知っている方法でも心がこもっていればよいって事だと思います。 お盆って言うとお休みだ何しようと私の様に思う人も多いと思いますが、たまにはのんびり亡くなった人を偲んでみるというのも良いのではないでしょうか。

次の