ファミリー リンク iphone。 ファミリーリンクの設定方法と使い方~スマホの利用時間制限アプリにおすすめ!

‎「保護者向け Google ファミリー リンク」をApp Storeで

ファミリー リンク iphone

この記事の目次• 子供にもスマホを持たせたいけれど、利用時間や不審なアプリの利用などが心配になる方は多いと思います。 そんな時はGoogleが提供している子供向けの管理アプリ Googleファミリーリンクがおすすめです。 Googleファミリーリンクでは下記の管理が可能になります。 アプリの管理• Chrome、Youtubeのフィルタの管理• スマホの利用時間の管理• スマホの位置情報の管理 アプリの管理機能が優れていて、新規アプリのインストールの制限も可能ですし、Google Playで検索できるコンテンツの制限もできます。 すでにインストールされているアプリの利用を不可にする事もできます。 Googleファミリーリンクは、かなりすぐれた管理アプリだと思います。 今回は、その初期設定の方法を紹介したいと思います。 ちなみに、アプリの制限の設定方法については スポンサーリンク Googleファミリーリンクの初期設定 Googleファミリーリンクの保護者側のスマホはAndroidでもiOSでも、どちらでも利用可能です。 しかし、 子供側のスマホはAndroidでないと使えませんので注意してください。 先に、 子供用のGoogleアカウントの作成をしておくことをお勧めします。 まずは、保護者と子供のスマホに、GoogleファミリーリンクをGoogle Playからインストールしてアプリを開いてください。 保護者側の設定作業 保護者のスマホのGoogleファミリーリンクで 「保護者」をタップします。 子供のスマホを手元に用意して 「次へ」をタップします。 画面が変わりますので、 「ファミリーグループを作成」をタップします。 子供用のGoogleアカウントを用意している場合は 「はい」をタップします。 ファミリーリンクの設定コードが表示されますので、子供のスマホに 「XXX-XXX-XXX」を入力してください 子供側の設定作業 子供用のスマホでGoogleファミリーリンクを開いて、 「お子様」をタップします。 確認画面が表示されますので、 「このデバイス」をタップします。 子供用スマホの 「子供のGoogleアカウント名」をタップします。 保護者のスマホと接続するために、保護者のスマホで表示されている設定用コード 「XXX-XXX-XXX」を入力します。 パスワード入力画面が表示されますので、子供のGoogleアカウントの 「パスワード」を入力してください。 次に、 保護者のスマホの画面を確認してください。 保護者側の設定作業 管理する子供のアカウントが問題なければ 「はい」をタップします。 子供のスマホでの設定が残っているので、 子供のスマホの画面を確認します。 子供側の設定作業 保護者の設定しているファミリーグループに参加するために 「参加」をタップします。 保護者が管理できる内容について確認できますので、 「もっと見る」をタップします。 「有効にする」をタップします。 スマホの名前を設定しますので 「次へ」をタップします。 好きな名前を入力して 「次へ」をタップします。 保護者側の設定作業 ひとまずは 「デフォルトの保護者による使用制限を使用する」を選択して 「次へ」をタップします。 子供のスマホの監視ができるようになりましたので「続行」をタップします。 子供のスマホ画面を確認してください。 子供側の設定作業 子供に使わせても良いアプリを ONにして 「次へ」をタップします。 「次へ」をタップします。 子供のスマホでの設定が完了したので 「完了」をタップします。 これで、ひとまず初期設定が完了しました。 まとめ 子供側のスマホはAndroidでないと、Googleファミリーリンクは使えないので、注意が必要です。 初期設定に少し時間が掛かりますが、子供に安心してスマホを使わせる事ができるので、きっちりと設定を済ませましょう。 Googleファミリーリンクのインストールから初期設定までは、下記の記事を参考にしてください。

次の

Googleファミリーリンクの設定方法!子供の端末をフィルタリング【Android】

ファミリー リンク iphone

この記事の目次• ファミリー共有とは? ファミリー共有というのは、家族の中で親と子供などがそれぞれiPhoneを使用していた場合に、成人である 誰か1名が管理者となってiTunes、iBooks、App Storeでコンテンツを購入し、それを皆で共有できる機能です。 家族それぞれが別々のApple IDを使用している場合でも、 同じコンテンツをそれぞれが購入する必要もなく、ファミリー共有の登録ユーザー間で共有できます。 また、コンテンツの購入だけではなく、位置情報や写真、カレンダー、そして追加料金を支払うことでiCloudストレージプラン(200GB以上の場合)も共有できます。 ファミリー共有のメリット ファミリー共有のメリットとしては購入したコンテンツの共有の他にも例えば、未成年の子供に対して成人した親が管理者である場合、コンテンツの購入を管理することも可能です。 ファミリー共有に参加している未成年の子供が新たにアプリを購入しようとすると、管理者(親)のiPhoneに『(アプリ名)の購入を承認しますか』と事前承認のメッセージが届きます。 そのアプリが適正か判断してから承認できますので、好ましくないアプリの購入や、高額なアプリの購入も 事前に確認判断することが可能です。 ファミリー共有のデメリット コンテンツの共有という点では、共有しているユーザー間(家族間)で、管理者側からは購入コンテンツの管理という点でメリットの多そうに見えるファミリー共有ですが、管理される側(未成年の子供)にはコンテンツの購入が煩雑になるというデメリットや、位置情報を共有した場合、家族間といえどもプライバシーの面で気になる点も出てくるかもしれません。 ファミリー共有を設定しても、どこまでの情報を共有するかは参加ユーザー間で事前に話し合っておいた方が良さそうです。 ファミリー共有の設定 ファミリー共有を開始するには管理者になろうとする方から各ユーザーへの 参加依頼が必要です。 コンテンツの購入もファミリー共有への参加ユーザーを代表して、管理者の登録したクレジットカードなどにて行われます。 管理者として登録するユーザーは事前に購入用のクレジットカードなどの登録を完了しておきましょう。 ファミリー共有に参加させるiPhone側に、『家族を追加』で送信した宛先欄のApple IDでサインインし、招待を承認します。 【後日、ファミリー共有する家族を追加する場合】 既にファミリー共有の設定と招待と承認が完了した状態で更に別の家族を招待する場合を確認します。 お子さんの側でもアプリを購入できないというわけではなく、有料アプリであっても学習アプリなどの管理者(親)と話し合って購入する場合はクレジットカードなどで支払って頂けますので、購入が簡便だというメリットもあります。 また、位置情報の共有も、塾の帰りの待ち合わせなどに用いればお互いに便利に使うことができます。 ファミリー共有を開始する前に家族で、何が出来るかを確認し、ルールを決めて使い始めてみてはいかがでしょうか。

次の

Googleファミリーリンクの初期設定【これで安全に管理】

ファミリー リンク iphone

この記事の目次• 子供にもスマホを持たせたいけれど、利用時間や不審なアプリの利用などが心配になる方は多いと思います。 そんな時はGoogleが提供している子供向けの管理アプリ Googleファミリーリンクがおすすめです。 Googleファミリーリンクでは下記の管理が可能になります。 アプリの管理• Chrome、Youtubeのフィルタの管理• スマホの利用時間の管理• スマホの位置情報の管理 アプリの管理機能が優れていて、新規アプリのインストールの制限も可能ですし、Google Playで検索できるコンテンツの制限もできます。 すでにインストールされているアプリの利用を不可にする事もできます。 Googleファミリーリンクは、かなりすぐれた管理アプリだと思います。 今回は、その初期設定の方法を紹介したいと思います。 ちなみに、アプリの制限の設定方法については スポンサーリンク Googleファミリーリンクの初期設定 Googleファミリーリンクの保護者側のスマホはAndroidでもiOSでも、どちらでも利用可能です。 しかし、 子供側のスマホはAndroidでないと使えませんので注意してください。 先に、 子供用のGoogleアカウントの作成をしておくことをお勧めします。 まずは、保護者と子供のスマホに、GoogleファミリーリンクをGoogle Playからインストールしてアプリを開いてください。 保護者側の設定作業 保護者のスマホのGoogleファミリーリンクで 「保護者」をタップします。 子供のスマホを手元に用意して 「次へ」をタップします。 画面が変わりますので、 「ファミリーグループを作成」をタップします。 子供用のGoogleアカウントを用意している場合は 「はい」をタップします。 ファミリーリンクの設定コードが表示されますので、子供のスマホに 「XXX-XXX-XXX」を入力してください 子供側の設定作業 子供用のスマホでGoogleファミリーリンクを開いて、 「お子様」をタップします。 確認画面が表示されますので、 「このデバイス」をタップします。 子供用スマホの 「子供のGoogleアカウント名」をタップします。 保護者のスマホと接続するために、保護者のスマホで表示されている設定用コード 「XXX-XXX-XXX」を入力します。 パスワード入力画面が表示されますので、子供のGoogleアカウントの 「パスワード」を入力してください。 次に、 保護者のスマホの画面を確認してください。 保護者側の設定作業 管理する子供のアカウントが問題なければ 「はい」をタップします。 子供のスマホでの設定が残っているので、 子供のスマホの画面を確認します。 子供側の設定作業 保護者の設定しているファミリーグループに参加するために 「参加」をタップします。 保護者が管理できる内容について確認できますので、 「もっと見る」をタップします。 「有効にする」をタップします。 スマホの名前を設定しますので 「次へ」をタップします。 好きな名前を入力して 「次へ」をタップします。 保護者側の設定作業 ひとまずは 「デフォルトの保護者による使用制限を使用する」を選択して 「次へ」をタップします。 子供のスマホの監視ができるようになりましたので「続行」をタップします。 子供のスマホ画面を確認してください。 子供側の設定作業 子供に使わせても良いアプリを ONにして 「次へ」をタップします。 「次へ」をタップします。 子供のスマホでの設定が完了したので 「完了」をタップします。 これで、ひとまず初期設定が完了しました。 まとめ 子供側のスマホはAndroidでないと、Googleファミリーリンクは使えないので、注意が必要です。 初期設定に少し時間が掛かりますが、子供に安心してスマホを使わせる事ができるので、きっちりと設定を済ませましょう。 Googleファミリーリンクのインストールから初期設定までは、下記の記事を参考にしてください。

次の