水野雄太 医師。 スタッフ紹介

スタッフ一覧 血液内科

水野雄太 医師

医学博士• 日本内科学会総合内科専門医• 日本消化器病学会消化器病専門医• 日本肝臓学会肝臓専門医• 日本がん治療認定医機構がん治療認定医• 認知症サポート医 経歴 History 1993年 慶應義塾大学医学部 卒業 1993年 慶應義塾大学 初期臨床研修 1997年 慶應義塾大学医学部消化器内科 1999年 国立アルコール症センター久里浜病院 2004年 稲城市立病院内科医長 2007年 University of California,Los Angeles 2009年 慶應義塾大学医学部クリニカルリサーチセンター 2010年 慶應義塾大学医学部消化器内科 最近多いのは大腸ポリープだとか大腸がんなどです。 大腸内視鏡の要望が増えており、当院では大腸内視鏡の件数を大幅に増やしました。 受診日の翌日にも検査できるよう、努力しています。 また、大腸に限らず、相変わらず胃がんも多い疾患です。 最近は内視鏡で早期胃がんや大腸がんを治療できる技術が発達し、当院でもESDという技術を使い治療を行っています。 早期胃がん治療以外にも、膵臓がんや肝臓がんを含めた進行がん患者も徐々に増えてきていて、がんに対する治療を行いながら最後のときをいかに過ごしていくかを日々患者やスタッフと話し合いながら診療をしています。 付け加えるならば、当院には杉並、練馬のご高齢の患者さんが多く来ます。 例えば、90歳の人が専門化された都心の大学病院に毎月通うというのは無理があるので、やはり何かあれば地元の総合病院にかかるという形になるのではないでしょうか。 荻窪病院の消化器内科の特徴や強みのようなものはありますか。 消化器内科の医師はみな専門医の資格を持っています。 そういう意味では、ある確立されたレベルを維持している専門医で構成しています。 みな、消化器専門医に限らず内科学会の認定医資格も持っているので、そういう意味では消化器疾患以外のことも安心して来ていただいていいです。 強みになりますが、当院は救急外来と内視鏡処置室が隣にあります。 もし吐血で来た患者さんも、例えば胃潰瘍の場合、その場ですぐ治療が可能だということです。 普通、救急外来が1階、内視鏡室は3階など、緊急ですぐ内視鏡をしなければいけない場合でも時間がかかりますが、当院は動線に恵まれており対応しやすいです。 小さな病院で何もかも、というのはやはり難しいですが、消化管出血の治療を迅速に最後までケアできる環境を揃えています。 普段の診察で注意されていることは何かありますか。 患者さんの立場に立って治療していくということに気をつけています。 患者さん本人は治療をしたくないけれども子供さんたちは治療してほしいと、家族の意見が統一されないことがよくあるのですが、あくまでも患者さんの希望に沿って診るという姿勢を取っています。 また、日々注意していることは、各科連携し、必要があれば専門の部署に回して、病院全体として患者さんに対応するということです。 例えば在宅診療、看護が必要ならば、在宅に一番詳しい医師や看護師を呼んで説明してもらうとか、食事のことは栄養士さん、薬のことは薬剤師さんに説明してもらうなどです。 できるだけ多くの部署のスタッフが1人の患者さんの治療にあたれるように考えています。 色々な立場の目が入ると医療の質が向上します。 また医師だけが関わるよりも、まちがいのないいい治療ができ、チームワークとして医療を行っていくようなことに心がけています。 先生は研修医の先生方への教育も熱心と伺いました。 そのことについてもお話を聞かせていただけますか。 ところが、電気メスの熱のせいで腫瘍が焼き切れてしまい、術後に顕微鏡で病理医の先生が確認する際、診断の評価ができないというデメリットがあり、多分大丈夫でしょうと言われた人が数年後に再発するということがありました。 ESDと言われている手技は1つのものを綺麗に切り取ることができるため、その後の顕微鏡の診断が正確になり、結果的にもう完全に治ったのか、様子をみていいのか、追加で手術しなくてはいけないのかというその白黒が非常にはっきりするところが1番のメリットだと思います。 また、ある程度のご高齢の方にも受けていただけますし、完全に根治術が期待できる病変であればそれを充分に完遂できるような術式です。 () ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)についても教えていただけますか。 日本内科学会認定内科医• 日本糖尿病学会糖尿病専門医• 日本内分泌学会会員• 日本医師会認定産業医 経歴 History 1999年 大阪医科大学医学部 卒業 1999年 京都大学医学部附属病院 内科研修医 2000年 静岡市立静岡病院 内科研修医 2002年 洛和会音羽病院 代謝内分泌科 医員 2004年 京都大学医学部附属病院 内分泌・代謝内科 医員 2005年 海老名総合病院・糖尿病センター 医員 2008年 JCHO東京鎌田医療センター健康管理センター 医長、内科外来、嘱託産業医 2016年 啓仁会新宿野村ビルクリニック 内科 院長、嘱託産業医 2017年 医療法人財団南葛医協 扇橋診療所 副所長、内科、在宅往診.

次の

部門紹介 呼吸器センター スタッフ

水野雄太 医師

月 火 水 木 金 土 備考 午前 担当医師 担当医師 武田 大樹 担当医師 柏原 裕樹 担当医師 午後 牧野 義文 担当医師 担当医師 担当医師 牧野 義文 担当医師• 予めご了承ください。 15歳未満のお子様の診療は、事前に電話連絡をお願い致します。 ご了承ください。 ご了承ください。 担当医師や診察時間が変更となる場合がございます。 詳しくはお問い合わせください。 診療受付時間 平日 午前8時 ~ 午前11時30分 午後1時 ~ 午後4時30分 土曜 午前8時 ~ 午前11時30分 診療科により、時間に変更がある場合がございますので、詳細はお問い合わせください。 当院は救急告示病院です。 急患は上記に限らず、24時間365日診療を行っています。

次の

専門医コース医師 救命救急センター 水野雄太

水野雄太 医師

死者・行方不明者が63名と戦後最悪の火山災害となった御嶽山噴火から2年がたちました。 お亡くなりになられた方のご冥福を心からお祈りするとともに、行方不明になられた方々が1日でも早くご家族のもとに戻れる日が来ることを心から願っております。 この災害ではドクターヘリ活動のお手伝いで当院からも長野県にDMATを派遣しましたが、あらためて自然の力の脅威をまざまざと見せつけられました。 最近は群馬でも交通災害より自然災害の発生が多く、気を引き締めて万が一の事態にしっかり備えていきたいと思います。 昨日アップした宮﨑先生に引き続き、先週末に当科での研修を終了した先生の紹介です。 長野県の相澤病院 救命救急センターから4月に来られた水野雄太先生が半年間の研修を終了しました。 124• 175• 130• 149• 148• 230• 310• 395• 101• 215• 253• 252• 244• 261• 261• 248• 192• 220•

次の