アクサ 損害 保険 株式 会社。 世界の保険会社総資産ランキング

企業概要|任意保険のアクサダイレクト

アクサ 損害 保険 株式 会社

沿革 [編集 ] 概要 [編集 ] アクサ損害保険株式会社は、(平成10年)6月に設立された世界最大級の保険・資産運用グループであるアクサグループの損害保険会社である。 略称である「 アクサダイレクト」と呼ばれることが多い。 年表 [編集 ]• 1998年• 10月 - 損害保険事業免許取得• 11月 - ユニオン・デ・ザシュランス・ド・パリ・イ・ア・エール・デ(UAP保険会社)日本支社の保険業務を包括移転により継承• 1999年• 5月 - 有明にコールセンター開設• 10月 - 「アクサダイレクト総合自動車保険」の販売を開始• 2002年2月 - ローヤル・エキスチェンジ・アッシュアランス(REA)日本支店の保険業務を包括移転により継承• 2004年• 2月 - にコールセンターを開設• 12月 - 株式交換により親会社がアクサ・エス・アーからアクサ ジャパン ホールディング株式会社(持株会社)へ変更• 2005年• 4月 - リスク細分型によるバイク保険の販売を開始• 6月 - にコールセンターを開設• 2010年• 4月 - 近畿オフィス(大阪)を開設• 5月 - 東京都台東区へ本社を移転• 2011年• 2月 -• ネクスティア生命保険株式会社(現・株式会社)との間で代理店委託契約が締結され、当社Webサイトにて同社の生命保険の取り扱いを開始。 九州オフィス(福岡)を開設• 4月 - 「ペット保険」の販売を開始• 6月 - アリアンツ火災海上保険株式会社からペット保険契約を包括移転により継承• 9月 - 中部オフィス(名古屋)を開設• 2012年5月 - 東北オフィス(仙台)を開設• 2013年• 3月 - 北海道(旭川)にコールセンターを開設• 11月 - 北海道オフィス(札幌)を開設• 2014年• 6月 - 中国オフィス(広島)を開設• 8月 - 専用任意バイク保険の販売を開始。 2015年12月 - 「YAMAHA SPORTS PLAZA」専用任意バイク保険の販売を開始。 2016年2月 - 専用任意バイク保険の販売を開始。 2018年6月 - 北海道オフィス(札幌)を旭川コンタクトセンターへ併合。 主力商品 [編集 ]• バイク保険• なお、関連会社のアクサダイレクト生命保険とは相互で保険委託契約が締結されており、同社の(医療保険・死亡保険等)商品も取り扱っている(当社が募集代理店となり、保険契約締結の媒介を行う)。 関連会社 [編集 ]• アクサ・エス・アー(フランスの親会社)• アクサ・ホールディングス・ジャパン株式会社• 株式会社• 株式会社(2010年5月12日にSBIアクサ生命保険からネクスティア生命保険へ商号変更、2013年5月14日にネクスティア生命保険から現社名へ商号変更)• 株式会社• 株式会社• 株式会社• アクサ・リアル・エステート・インベストメント・マネージャーズ株式会社• 株式会社 広告 [編集 ]• 主なCM出演者(過去に出演した人物も含む)• - ペット保険(2014年)• - 自動車・バイク保険(2013年 - 2017年)• - コールセンター男性役 2012年 ・チームAXAリーダー役 2013年・2014年)・ナレーション(2015年)• - 自動車・バイク保険(2006年10月-)• - (顔出しあり)• 池田美憂 - ラジオCMのみ• 長谷川瞳• (2005年 - 2006年)• 浅井みくり- 自動車・バイク保険(加藤夫婦編 妻役) など 提供番組 [編集 ] 現在の提供番組はいずれもカラー表記である。 (同上、2019年4月-)• (同上、2018年-)• 過去の提供番組 [編集 ]• (同上、2019年1月-8月)• (系列) 脚注 [編集 ] [].

次の

取引保険会社・提携代理店一覧

アクサ 損害 保険 株式 会社

沿革 [ ] 概要 [ ] アクサ損害保険株式会社は、(平成10年)6月に設立された世界最大級の保険・資産運用グループであるアクサグループの損害保険会社である。 略称である「 アクサダイレクト」と呼ばれることが多い。 年表 [ ]• 1998年• 10月 - 損害保険事業免許取得• 11月 - ユニオン・デ・ザシュランス・ド・パリ・イ・ア・エール・デ(UAP保険会社)日本支社の保険業務を包括移転により継承• 1999年• 5月 - 有明にコールセンター開設• 10月 - 「アクサダイレクト総合自動車保険」の販売を開始• 2002年2月 - ローヤル・エキスチェンジ・アッシュアランス(REA)日本支店の保険業務を包括移転により継承• 2004年• 2月 - にコールセンターを開設• 12月 - 株式交換により親会社がアクサ・エス・アーからアクサ ジャパン ホールディング株式会社(持株会社)へ変更• 2005年• 4月 - リスク細分型によるバイク保険の販売を開始• 6月 - にコールセンターを開設• 2010年• 4月 - 近畿オフィス(大阪)を開設• 5月 - 東京都台東区へ本社を移転• 2011年• 2月 -• ネクスティア生命保険株式会社(現・株式会社)との間で代理店委託契約が締結され、当社Webサイトにて同社の生命保険の取り扱いを開始。 九州オフィス(福岡)を開設• 4月 - 「ペット保険」の販売を開始• 6月 - アリアンツ火災海上保険株式会社からペット保険契約を包括移転により継承• 9月 - 中部オフィス(名古屋)を開設• 2012年5月 - 東北オフィス(仙台)を開設• 2013年• 3月 - 北海道(旭川)にコールセンターを開設• 11月 - 北海道オフィス(札幌)を開設• 2014年• 6月 - 中国オフィス(広島)を開設• 8月 - 専用任意バイク保険の販売を開始。 2015年12月 - 「YAMAHA SPORTS PLAZA」専用任意バイク保険の販売を開始。 2016年2月 - 専用任意バイク保険の販売を開始。 2018年6月 - 北海道オフィス(札幌)を旭川コンタクトセンターへ併合。 主力商品 [ ]• なお、関連会社のアクサダイレクト生命保険とは相互で保険委託契約が締結されており、同社の(医療保険・死亡保険等)商品も取り扱っている(当社が募集代理店となり、保険契約締結の媒介を行う)。 関連会社 [ ]• アクサ・エス・アー(フランスの親会社)• アクサ・ホールディングス・ジャパン株式会社• 株式会社• 株式会社(2010年5月12日にSBIアクサ生命保険からネクスティア生命保険へ商号変更、2013年5月14日にネクスティア生命保険から現社名へ商号変更)• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 株式会社 広告 [ ]• 主なCM出演者(過去に出演した人物も含む)• - ペット保険(2014年)• - 自動車・バイク保険(2013年 - 2017年)• - コールセンター男性役 2012年 ・チームAXAリーダー役 2013年・2014年)・ナレーション(2015年)• - 自動車・バイク保険(2006年10月-)• - (顔出しあり)• 池田美憂 - ラジオCMのみ• 長谷川瞳• (2005年 - 2006年)• 浅井みくり- 自動車・バイク保険(加藤夫婦編 妻役) など 提供番組 [ ] 現在の提供番組はいずれもカラー表記である。 (同上、2019年4月-)• (同上、2018年-)• 過去の提供番組 [ ]• (同上、2019年1月-8月)• (系列) 脚注 [ ] [].

次の

アクサ損害保険

アクサ 損害 保険 株式 会社

アクサ損害保険株式会社とアクサダイレクト アクサダイレクトという単語、名称を耳にしたことのある人は、多いと思います。 けっこう高い頻度で、通販型自動車保険のアクサダイレクトのCMが流れています。 では、自動車保険のアクサダイレクトという商品を販売している会社は、どこでしょう。 自動車保険ですから、損害保険。 となると、アクサダイレクト損害保険株式会社か、アクサ損害保険株式会社じゃないかと、推測できるかと思います。 実際のところ、アクサダイレクトという自動車保険を販売しているのはアクサ損害保険株式会社で、アクサダイレクト損害保険株式会社という会社は、これを書いている2016年12月時点では存在しません。 現時点・・・と断り書きをあえてつけているのは、アクサグループの会社は、けっこう社名、商号の変更をやっていたりして、何が正しかったんだっけ?と、保険マップの管理人などは、調べなおすことが時々あります。 アクサダイレクト損害保険株式会社は、今のところは存在しませんが、アクサダイレクト生命保険株式会社というのがあります。 アクサダイレクト生命保険株式会社は、インターネット専門の生命保険会社です。 CMでよく見かける自動車保険のアクサダイレクトは扱っていません。 勿論、アクサダイレクト生命保険株式会社も、アクサ損害保険株式会社の関連会社です。 注意しましょうね、アクサダイレクト生命保険株式会社ではなく、アクサ生命保険株式会社です。 アクサダイレクト生命保険株式会社のところでは、さらに詳しく書きますが、SBIホールディング、ソフトバンク、アクサジャパンホールディングが、合弁事業の生命保険会社を作りました。 それがSBIアクサ生命保険株式会社です。 その後、SBIホールディングが、保有株式を全部、アクサに譲渡して、合弁じゃなくなりました。 その時に、社名をネクスティア生命保険株式会社に変更しました。 SBI抜けたので新しい名前にしたんですね。 でも3年後には、今のアクサダイレクト生命保険会社にしました。 で、ややこしいのは、さらに1年後、親会社であるアクサジャパンホールディング株式会社がアクサ生命保険株式会社と名称を変更することになりました。 結局、• 日本におけるアクサの親分の会社• SBIアクサ生命保険株式会社 今では存在しません。 ネクスティア生命保険株式会社 今では存在しません。 ・・・ということになっています。 商品展開 アクサ損害保険株式会社の保険商品の簡単な説明をしておきましょう。 それぞれの商品についての細かい説明は、商品ごとのページに記載しますので、ここでは概要だけにします。 何といってもアクサ損害保険株式会社を代表する、あるいは、すぐにイメージされるのは、アクサダイレクトの名前で知られる自動車保険ですよね。 アクサ損害保険株式会社と言えなくても、アクサダイレクトを知っている人は多いでしょう。 CMの力というのは恐ろしいものです。 こう書いてしまうと、アクサ損害保険株式会社を代表する保険はアクサダイレクト自動車保険であるというのは、CMで作られた虚像だと言いたいのか、と怒られそうなので、ハッキリ書いておききますが、1998年に、アクサ損害保険株式会社が設立され、1999年に、アクサダイレクト総合自動車保険の販売を開始しています。 事実上、創業とともに、アクサダイレクト自動車保険でやってきてます。 社名が、アクサ損害保険株式会社で、アクサ自動車保険株式会社ではありませんから、自動車保険の他にも、損害保険であれば、扱うことができる会社です。 1998年、創立の年に損害保険事業免許取得してますし。 しかし、アクサ損害保険株式会社が、アクサダイレクト自動車保険の他の商品を扱い始めたのは、2005年を待ってのことでした。 それまで、自動車保険一筋。 まあ、わずか5年と言えば、5年なんですけどね。 2005年に販売を開始したアクサ損害保険株式会社の新商品とは、バイク保険。 勿論、インターネット、電話などによるダイレクト型販売の商品です。 自動車保険とバイク保険。 そんなに話題性のある商品展開とは思えないような、普通に関係があって兄弟商品の話・・・に聞こえるかもしれません。 ですが、当時は、ちょっとは話題になりました。 それは、アクサ損害保険株式会社が出したダイレクト型バイク保険は、本格的なリスク細分型のバイク保険として、国内の業界では初めて!と華々しくデビューしたのです。 まあ・・・華々しくといっても、業界紙に大きく扱われただけ・・・といえば、それだけですけど。 保険マニアの管理人にとっては、大きな扱いですw もうひとつ、管理人は見落としていたのですが、アクサ損害保険株式会社は、ペット保険を販売しています。 つい最近の2011年から販売を開始していますが、時、同じくして、アリアンツ火災海上保険株式会社からペット保険の契約を継承しています。 ペットのうち、犬と猫が対象となっていますが、猫は、血統種と雑種(ミックス)で保険料が変わるのですが、犬はそれに加えて、ブリード種というのが設定されています。 管理人は、そんなに詳しいわけではないのですが、カタカナで、なかかな扱いの難しそうな犬種が並んでいます。 アクサ損害保険株式会社の自動車保険、バイク保険の特徴のひとつに、リスク細分化というのがありますが、ペット保険にも、その一端が見られるように思います。 最後に、アクサ損害保険株式会社の商品には、アクサダイレクトの入院手術保険というのがありますが、現在では新規募集を終了しています。 (すでに契約している人には、今でも付帯サービスなども継続しています。 ) まあ、医療保険もアクサじゃなきゃいや・・という人がいたら、アクサ損害保険株式会社じゃなくて、アクサダイレクト生命保険会社の商品を検討してね・・ということ・・なんでしょうかね。 いずれ、アクサダイレクト生命保険についてまとめますので、その時にちゃんと書きたいと思います。

次の