ダイフェアリー。 【対戦メモ】ダイマックスの効果が多すぎるのでまとめました【ポケモンソード・シールド】

【ポケモン剣盾】ダイマックス技と追加効果一覧【情報元明記】

ダイフェアリー

概要 したポケモンが覚えている技はダイマックスわざとなる。 の場合は対応したタイプのダイマックスわざに、の場合は全てに変化する。 ダイマックスわざ一覧 ダイマックスわざはタイプごとに異なる効果がある。 威力は。 ダイマックスわざ タイプ 効果 相手全体のを下げる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる 味方全体のが上がる を状態にする 相手全体のを下げる 相手全体のを下げる 味方全体のが上がる を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする を状態にする 相手全体のを下げる 相手全体のを下げる を状態にする ダイマックスわざを含んだほぼ全てのわざを防ぐ 注釈• タイプによらず、すべてのはノーマルタイプのダイウォールとなる。 キョダイマックスわざ一覧 キョダイマックスしたポケモンの特定のタイプの攻撃技はキョダイマックスわざになる。 キョダイマックスわざは通常のダイマックスわざとは異なる効果を発揮する。 相手全体を・・状態のいずれかにする。 相手全体を状態にする。 相手全体を状態にする。 戦闘終了後にが拾える。 味方全体のランクが1段階上がる。 相手全体を状態にする。 相手全体のを下げる。 味方の場を状態にする。 相手全体の使用者とが異なるポケモンを状態にする。 相手全体を状態にする。 相手のの影響を受けない。 相手のの影響を受けない。 相手のの影響を受けない。 相手の場の・・、両方の場の、を消し去る。 場を状態にする。 相手の場を状態にする。 相手全体のを下げる。 場にいる味方全体のを治す。 相手全体をすなじごくに閉じ込め状態にする。 相手全体をか状態にする。 相手全体をほのおのうずに閉じ込め状態にする。 相手全体を状態にする。 相手全体が最後に使った技のを2減らす。 いちげきのかた 状態やを無視してダメージを与える。 れんげきのかた 状態やを無視してダメージを与える。 威力 ダイマックスわざの威力は、基本的に元の技の威力に応じて決まる。 ダイマックスわざの・・分類はダイマックス前の技に準拠する。 元の技の・・その他技の効果などは考慮されなくなる。 ダイマックスわざは元の攻撃技によらず必中し、ではなくなる。 このため技の効果も発動する。 ただしはほぼ全てのダイマックスわざを完全に防ぐことができる。 ダイウォールで防がれたダイマックスわざの効果は発動しない。 ダイマックスわざは味方に使用することができない。 ただし・は味方のダイマックスわざも吸収し、無効化する。 ダイマックスわざによる効果は一般技のとは少し仕様が異なる。 ダイマックスわざによるダメージは1体のみであっても、効果は全体に作用する。 特性のポケモンが使用するダイマックスわざでも技の効果が発動し、ちからずくの効果で威力が増えることは無い。 ダイマックスわざによる能力下降の効果や、の付加効果等は特性で防ぐことができない。 ダイマックスわざのダメージは状態で防ぐことができるが、発動する効果はみがわり状態では防げない。 通常の技と同じようにやで技が無効化されたときや、すでに対象がになっていたため技が失敗したときではダイマックスわざの効果は発動しない。 状態などで姿を隠していることでダイマックスわざは回避できる。 このとき技の効果も発動しない。 隠れているポケモンの味方のポケモンがダイマックスわざを受けた場合は、隠れているポケモンも技の影響を受ける。 ダイマックスわざによる能力変化は特性・の影響で変わる。 状態になったポケモンが使用する攻撃系ダイマックスわざ、および状態の場にいるポケモンが使用するタイプのダイマックスわざは全てに変わり、追加効果もになる。 影響を受けたポケモンがキョダイピカチュウかキョダイストリンダーである場合、ダイサンダーではなくそれぞれ専用のキョダイマックスわざを出し、追加効果もそれに合わせて変わる。 のポケモンはノーマルタイプの攻撃技をにして使用できる。 このときフェアリースキンによる威力補正は無くなる。 ・・・ はダイマックスわざにしても元の技と同じ条件でタイプが変わる。 ダイマックスわざに対する・は失敗する。 ダイマックスわざに対するは、そのベースとなった技を使用する。 ダイマックスわざは・・状態の影響を無視して出すことができる。 状態の影響は受ける。 ダイマックスする前、これらの状態で出せる技がないポケモンが「たたかう」を押すと自動的にを出すことになるためダイマックスさせることはできない。 ダイマックスが解除されたポケモンに対してが使用された場合、その前に使用したダイマックスわざのベースになったわざにアンコールがかかる。 ダイマックスが解除されたポケモンに対してが使用された場合、かなしばりは失敗する。 分類 - - - - - - - - - - - - - システム - - - - - - 一覧 わざ一覧 - - - - - -.

次の

ダイフェアリー

ダイフェアリー

ダイマックスの効果 まとめると• ダイマックス技に変化。 威力は元の技によって決定。 3ターンでダイマックス解除。 交代でダイマックス解除• HPが上昇 ダイマックスレベルによって変化• ひるまない• 所持しているこだわり系のアイテムは解除。 ダイマックス終了後は再びこだわり直す• ダイマックスしても、とつげきチョッキの効果は続く ダイマックス時でも特防は1. 5倍のまま、ダイウォールを使用できない• 重さの関係する技、一撃必殺技、交代させる技、きのみを潰す技は効かない。 みちづれ、アンコールは無効。 ダイマックス技は必ず命中する。 定数ダメージは元のHPで計算される。 怒りの前歯のダメージも元のHPで計算される。 ダイマックスレベルについて ダイマックス飴を使用すれはダイマックス時のHPを上げることができる。 5倍と2倍の違いは段違い。 対戦に大きく影響する要素の一つ。 よって、上げておかない理由とかないので、ランク戦に潜る前に全員カンストしておくこと。 ダイマックスレベル HPの変化 0 1. 5倍 1 1. 55倍 2 1. 6倍 3 1. 65倍 4 1. 7倍 5 1. 75倍 6 1. 8倍 7 1. 85倍 8 1. 9倍 9 1. 95倍 10 2倍 ダイマックスでこだわり系の道具は全て解除 こだわりメガネ、こだわりハチマキ、こだわりスカーフが対象。 この道具を持たせることで同じ技しか出せなくなるが、ダイマックスすることでその効果も解除できる。 同時にその道具の効果を失ってしまうので注意 例えばこだわりスカーフの1. 5倍の効果。 ダイマックスが終了すると再びこだわり直す。 ここで注意して欲しいのが、 ダイマックスの解除後、ダイマックス前に使用していた技と同じ技しか使えないということ。 例えばダイマックス前に地震を使っていたとすると、解除した後も地震しか使えない。 技のこだわりは解除されない。 技の選択ごと解除されると勘違いする人がいないので一応紹介。 ダイマックスに対して、一部の技は無効 以下の技はダイマックスポケモンには効果なし。 ターンを無駄にするので注意。 重さの関係する技• けだぐり• ヘビーボンバー• ヒートスタンプ• くさむすび 交代させる技• ふきとばし• ほえる• すてゼリフ きのみを潰す技• むしくい• ついばむ• やきつくす 一撃必殺技• じわれ• ぜったいれいど• つのドリル• ハサミギロチン その他• みちづれ• アンコール 定数ダメージは元のHPで計算される これもわかってもらえないことが多いのでいのちのたま持ちのポケモンで解説。 いのちのたま…自分のくりだす技のダメージが1. 定数ダメージを受けるもの• 天候などのダメージ• いのちのたま• 毒、火傷。 ダイマックス技効果一覧。 ダイアタック: ノーマル 相手のすばやさを1段階下げる。 ダイウォール: ノーマル 全ての技から身を守る。 ダイマックス技も含む ダイバーン: 炎 天候を晴れ状態にする。 ダイストリーム: 水 天候を雨状態にする ダイソウゲン: 草 フィールドをグラスフィールドにする ダイサンダー: 電気 フィールドをエレキフィールドにする ダイアース: 地面 味方の特防を1段階上げる ダイアイス: 氷 天候をあられ状態にする ダイジェット: 飛行 味方の素早さを1段階上げる ダイロック: 岩 天候をすなあらし状態にする ダイアシッド: 毒 味方のと特攻を1段階上げる ダイワーム: 虫 相手の特攻を1段階下げる ダイナックル: 格闘 味方の攻撃を1段階上げる ダイサイコ: エスパー フィールドをサイコフィールドにする ダイホロウ: ゴースト 相手の防御を1段階下げる ダイアーク: 悪 相手の特防を1段階下げる ダイドラグーン: ドラゴン 相手の攻撃を1段階下げる ダイスチル: 鋼 味方の防御を1段階上げる ダイフェアリー: フェアリー フィールドをミストフィールドにする 注目のダイマックス技は? ダイジェット これが一番注目されていると言っても過言ではない。 素早さを1段階上昇させるぶっ壊れ能力の1つ。 飛行タイプポケモンの評価が検討され直されている。 この技の恩恵を受け、ギャラドスが環境で大暴れ。 ギャラドスのダイジェットでポケモンを倒すと特性じしんかじょうで攻撃1段階上昇。 攻撃に加えて、りゅうのまいと同じ効果を受けられるとか強すぎ。 ダイアイス、ダイロック この技のせいでタスキ潰しの手段が増えた。 てダイアイスなら環境に多いタスキ持ちのドラパルドを潰すことができる。 タスキ潰しが手軽にできるので、パーティによるがステルスロックとか採用しなくていいかなと思ってしまっている。

次の

ダイマックスわざ

ダイフェアリー

ダイマックスの効果 まとめると• ダイマックス技に変化。 威力は元の技によって決定。 3ターンでダイマックス解除。 交代でダイマックス解除• HPが上昇 ダイマックスレベルによって変化• ひるまない• 所持しているこだわり系のアイテムは解除。 ダイマックス終了後は再びこだわり直す• ダイマックスしても、とつげきチョッキの効果は続く ダイマックス時でも特防は1. 5倍のまま、ダイウォールを使用できない• 重さの関係する技、一撃必殺技、交代させる技、きのみを潰す技は効かない。 みちづれ、アンコールは無効。 ダイマックス技は必ず命中する。 定数ダメージは元のHPで計算される。 怒りの前歯のダメージも元のHPで計算される。 ダイマックスレベルについて ダイマックス飴を使用すれはダイマックス時のHPを上げることができる。 5倍と2倍の違いは段違い。 対戦に大きく影響する要素の一つ。 よって、上げておかない理由とかないので、ランク戦に潜る前に全員カンストしておくこと。 ダイマックスレベル HPの変化 0 1. 5倍 1 1. 55倍 2 1. 6倍 3 1. 65倍 4 1. 7倍 5 1. 75倍 6 1. 8倍 7 1. 85倍 8 1. 9倍 9 1. 95倍 10 2倍 ダイマックスでこだわり系の道具は全て解除 こだわりメガネ、こだわりハチマキ、こだわりスカーフが対象。 この道具を持たせることで同じ技しか出せなくなるが、ダイマックスすることでその効果も解除できる。 同時にその道具の効果を失ってしまうので注意 例えばこだわりスカーフの1. 5倍の効果。 ダイマックスが終了すると再びこだわり直す。 ここで注意して欲しいのが、 ダイマックスの解除後、ダイマックス前に使用していた技と同じ技しか使えないということ。 例えばダイマックス前に地震を使っていたとすると、解除した後も地震しか使えない。 技のこだわりは解除されない。 技の選択ごと解除されると勘違いする人がいないので一応紹介。 ダイマックスに対して、一部の技は無効 以下の技はダイマックスポケモンには効果なし。 ターンを無駄にするので注意。 重さの関係する技• けだぐり• ヘビーボンバー• ヒートスタンプ• くさむすび 交代させる技• ふきとばし• ほえる• すてゼリフ きのみを潰す技• むしくい• ついばむ• やきつくす 一撃必殺技• じわれ• ぜったいれいど• つのドリル• ハサミギロチン その他• みちづれ• アンコール 定数ダメージは元のHPで計算される これもわかってもらえないことが多いのでいのちのたま持ちのポケモンで解説。 いのちのたま…自分のくりだす技のダメージが1. 定数ダメージを受けるもの• 天候などのダメージ• いのちのたま• 毒、火傷。 ダイマックス技効果一覧。 ダイアタック: ノーマル 相手のすばやさを1段階下げる。 ダイウォール: ノーマル 全ての技から身を守る。 ダイマックス技も含む ダイバーン: 炎 天候を晴れ状態にする。 ダイストリーム: 水 天候を雨状態にする ダイソウゲン: 草 フィールドをグラスフィールドにする ダイサンダー: 電気 フィールドをエレキフィールドにする ダイアース: 地面 味方の特防を1段階上げる ダイアイス: 氷 天候をあられ状態にする ダイジェット: 飛行 味方の素早さを1段階上げる ダイロック: 岩 天候をすなあらし状態にする ダイアシッド: 毒 味方のと特攻を1段階上げる ダイワーム: 虫 相手の特攻を1段階下げる ダイナックル: 格闘 味方の攻撃を1段階上げる ダイサイコ: エスパー フィールドをサイコフィールドにする ダイホロウ: ゴースト 相手の防御を1段階下げる ダイアーク: 悪 相手の特防を1段階下げる ダイドラグーン: ドラゴン 相手の攻撃を1段階下げる ダイスチル: 鋼 味方の防御を1段階上げる ダイフェアリー: フェアリー フィールドをミストフィールドにする 注目のダイマックス技は? ダイジェット これが一番注目されていると言っても過言ではない。 素早さを1段階上昇させるぶっ壊れ能力の1つ。 飛行タイプポケモンの評価が検討され直されている。 この技の恩恵を受け、ギャラドスが環境で大暴れ。 ギャラドスのダイジェットでポケモンを倒すと特性じしんかじょうで攻撃1段階上昇。 攻撃に加えて、りゅうのまいと同じ効果を受けられるとか強すぎ。 ダイアイス、ダイロック この技のせいでタスキ潰しの手段が増えた。 てダイアイスなら環境に多いタスキ持ちのドラパルドを潰すことができる。 タスキ潰しが手軽にできるので、パーティによるがステルスロックとか採用しなくていいかなと思ってしまっている。

次の