滋賀 梅雨明け予想。 2020年(令和2年)梅雨入り梅雨明け予報まとめ!平均雨量や気温など例年比較予測!

関東の梅雨入り・梅雨明け予想!2020年はいつ?

滋賀 梅雨明け予想

ここでは滋賀県の梅雨入り、梅雨明けを気象庁予報や独自の見解で予想していきます。 せっかく滋賀県に行くのならスカッと晴れた日に行きたいですよね! 今年の滋賀県は、いつ梅雨入りしていつ梅雨明けするのか? 早速、予想に入っていきたいと思います。 スポンサーリンク 梅雨入り・梅雨明け正しく予想するために覚えておきたいポイント! 毎年のことですが、梅雨入りや梅雨あけの時期に、よく天気予報士や気象庁が「今年は平年並みなら~」と言いながら、思い切り外れる場合があります。 梅雨入りや梅雨明けの時期に関しても、天気予報と同じように「よく、外れよるよな~」と思ったことはありませんか? 実はその理由には、気象庁も採用している「平年」という言葉にポイントがあります。 よく、天気予報士が「平年(へいねん)では~」「平年並みなら~」などと、当たり前に口にしている言葉。 これは、 「気象庁が過去30年間のデータを基に、その数値を平均化した数値や時期のこと」 を指しています。 さらに極端に分かり易く、その「平年」という言葉を梅雨入りした時期で例として挙げてみます。 例えば、過去30年間で実際に梅雨入りした時期が「5月1日頃に15回」、「5月30日頃に15回」あったとします。 すると、「平年」とは、この30回に対する平均値ですので、間の 「5月15日頃」が気象庁の梅雨入り予想になるわけです。 実際には「5月1日と「5月30日」しか梅雨入りしていないのに、間をとって「5月15日頃」というのは、ちょっと曖昧ですね。 このことを理解した上で、2019年の滋賀県の「梅雨入り」を予想していきましょう! また、「梅雨入り」と「梅雨明け」にはある「基準」がありますので、「梅雨入り明けの基準」をご存知で無い方は、下記の記事を併せて読まれてみてください。 2019年の滋賀県の「梅雨入り」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) それでは、実際に滋賀県が梅雨入りした時期を「過去30年間」で見ていきましょう! 年 梅雨入り 降水量(%) 1989年 6月 8日頃 90 1990年 5月31日頃 80 1991年 5月26日頃 111 1992年 6月 7日頃 75 1993年 5月30日頃 155 1994年 6月 8日頃 41 1995年 6月 3日頃 123 1996年 6月 7日頃 92 1997年 6月 2日頃 125 1998年 6月 2日頃 108 1999年 6月 3日頃 128 2000年 6月 9日頃 61 2001年 6月 5日頃 74 2002年 6月11日頃 71 2003年 6月10日頃 106 2004年 6月 6日頃 61 2005年 6月11日頃 76 2006年 6月 8日頃 142 2007年 6月14日頃 111 2008年 5月28日頃 71 2009年 6月 3日頃 95 2010年 6月13日頃 137 2011年 5月22日頃 95 2012年 6月 8日頃 126 2013年 5月27日頃 81 2014年 6月 3日頃 49 2015年 6月 3日頃 144 2016年 6月 4日頃 103 2017年 6月20日頃 81 2018年 6月 5日頃 162 気象庁が公表している実際の梅雨入り時期で、 一番早い時期に滋賀県が梅雨入りしたのは2011年 「 5月22日頃(過去30年間による)」 一番遅い時期で、2017年 「 6月20日頃 (過去30年間による)」 30年間で実に 「約1ヶ月弱」も梅雨入りの時期がズレていることが分かります。 さらに細かく、このデータを 「直近10年間」として見てみると、 年 梅雨入り 降水量(%) 2009年 6月 3日頃 95 2010年 6月13日頃 137 2011年 5月22日頃 95 2012年 6月 8日頃 126 2013年 5月27日頃 81 2014年 6月 3日頃 49 2015年 6月 3日頃 144 2016年 6月 4日頃 103 2017年 6月20日頃 81 2018年 6月 5日頃 162 一番早い時期で、2011年 「 5月22日頃 」一番遅い時期で2017年 「 6月20日頃 」ですので、直近10年間においても、梅雨入りの時期は「 約1ヶ月弱」のズレがあります。 しかし、直近10年間のデータでは、5月が「22日、27日」に1回ずつ6月が「4日、5日、8日、13日、20日」に1回ずつ梅雨入りしているので、 「5月よりも6月の方が梅雨入りする傾向にある」 ということが理解できます。 また、最も梅雨入りが多い日で見ると 「 6月3日頃 が 3回」という実績を見て取れます。 このことは30年間という長い年月で平均化するよりも、信憑性があるのではないでしょうか。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、滋賀県の梅雨入り時期」を見てみると、 平年並みなら 6 月7日頃と予想されています。 そんなに差はありませんが、 当サイト独自の見解では、 「6 月3日頃」もしくは、 「平年と同じ時期」と予想しています。 あくまでも「予測」ですので、決して正確な情報とは捉えずに「梅雨の時期が到来するおおよその期間」という認識で準備しておきましょう! 2019年の滋賀県の「梅雨明け」を過去データから読み解く!(独自予想あり!) 続いて、同じように気象庁が公開している過去データ30年間の梅雨明け時期を見てきましょう! 梅雨明けの時期を狙って予定を立てたい方は必見です。 年 梅雨明け 1989年 7月19日頃 1990年 7月18日頃 1991年 7月21日頃 1992年 7月21日頃 1993年 - 1994年 7月10日頃 1995年 7月23日頃 1996年 7月11日頃 1997年 7月18日頃 1998年 7月31日頃 1999年 7月22日頃 2000年 7月18日頃 2001年 7月19日頃 2002年 7月20日頃 2003年 8月 1日頃 2004年 7月13日頃 2005年 7月18日頃 2006年 7月27日頃 2007年 7月24日頃 2008年 7月12日頃 2009年 8月 3日頃 2010年 7月17日頃 2011年 7月 8日頃 2012年 7月16日頃 2013年 7月 8日頃 2014年 7月20日頃 2015年 7月24日頃 2016年 7月18日頃 2017年 7月13日頃 2018年 7月 9日頃 気象庁が公表している実際の梅雨明け時期で、 一番早い時期に滋賀県が梅雨明けしたのは2001年「 7 月 8日頃(過去30年間による)」 一番遅い時期で、2009年「 8月3日頃(過去30年間による)」 30年間の過去データを見てみると梅雨入りと同じく 「約1ヶ月弱」のズレがあります。 また、このデータを 「直近10年間」として見てみてると、 年 梅雨明け 2009年 8月 3日頃 2010年 7月17日頃 2011年 7月 8日頃 2012年 7月16日頃 2013年 7月 8日頃 2014年 7月20日頃 2015年 7月24日頃 2016年 7月18日頃 2017年 7月13日頃 2018年 7月 9日頃 過去30年間のデータと同じく、一番早い時期で、2011年「 7月 8日頃」一番遅い時期で、2009年 「 8月3日頃」となります。 直近10年間と30年間の過去データの梅雨明けは同じく「 約1ヶ月弱」のズレがあることが分かります。 しかし、直近10年間のデータでは 、7月が「8日」が2回、「9日、13日、16日、17日、18日、20日、24日」が1回、8月は「3日」の1回のみとなっております。 つまり、直近1年間のデータでは 「7月初旬から下旬にかけて梅雨明けしている」ということが分かります。 また、直近10年間では「 7月8日 が 2回」ありますので、このあたりが梅雨明けの予想として考えられます。 これを踏まえた上で、「気象庁が公表の2019年、滋賀県の梅雨明け時期」を見てみると、 平年並みなら 7月21 日頃と予想されています。 当サイト独自の見解では、 「7 月8日頃」もしくは、 「平年と同じ時期」と予想しています。 梅雨明けの滋賀を狙われている方は、この期間を参考にされてみてもいいかもしれませんね。 まとめ この記事では、滋賀県の梅雨入りと梅雨明けについて気象庁予報と独自の見解で予想してまいりました。 もう一度、お伝えすると「気象庁が公表の2019年の滋賀県の梅雨入り時期」は、平年並みなら 6月7日頃 当サイト独自の見解では、 「6 月3日頃」もしくは、 「平年と同じ時期」と予想しています。 また、「気象庁が公表の2019年の滋賀県の梅雨明け時期」は平年並みなら、 7月21日頃 当サイト独自の見解では、 「7 月8日頃」もしくは、 「平年と同じ時期」と予想しています。 天気予報と同じように「おおむね」の意味はありますが、より滋賀県の梅雨入りと梅雨明けの時期は把握して頂けたかと思います。 よろしければ参考にされてください。 スポンサーリンク.

次の

新型コロナウイルス感染症に関する滋賀県の状況について|滋賀県ホームページ

滋賀 梅雨明け予想

5月下旬:11回• 6月上旬:36回• 6月中旬:19回• 6月下旬:2回 6月上旬に梅雨入りするのが多いとわかりますね。 だいたい、平年通りに梅雨入りしているようです。 しかし、沖縄が平年の5月9日よりも2日遅く、5月11日に梅雨入りしました。 沖縄の梅雨入り時期と、先ほどご紹介しました滋賀県の平年の梅雨入り時期を考慮すると… 滋賀県の梅雨入り時期は、平年通りの6月7日~6月21日頃を見ておくと良いでしょう! この時期までに、大きな洗濯物を洗ったり、天日干しにすることをおすすめします。 2020年はジメジメ暑い梅雨に注意 梅雨は例年、肌にまとわりつくようなジメジメした湿気の上に、暑い日々が続きますよね。 2020年の梅雨は、平年よりも気温が高くなる予想がされています。 参照元: 滋賀県もびわ湖があって多少涼しい風が吹くものの、例年より気温は高い予想です。 皆さんも熱中症などにお気をつけください。

次の

【2020年】滋賀県の梅雨入り予想はいつ?過去のデータから徹底予測

滋賀 梅雨明け予想

今年は、何故か週末になると雨模様といった感じで、 お出かけが雨だとうんざりしますね。 さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいです。 さて、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はどうなっているのでしょう? 今回は気象庁が公開している過去69年分のデータを紐解きながら、 今年、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期の 予想を紹介していきたいと思います。 ちなみに関東地方・甲信地方とは、一般的には 関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 甲信地方:山梨県、長野県 を指します。 昨年、2019年の梅雨時期の雨量は、平年の7割ほどでした。 今年の梅雨はいかに…!? 梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているの? 実は気象庁が公開している過去のデータにも「頃」と書かれている通り、 梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想 中期予報 を出し、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 2020年 令和2年 の関東の梅雨入り時期を予想! それはで、過去69年分のデータを紐解いて 関東地方の梅雨入り時期を予想していきたいと思います。 気象庁の1951年から2019年までの 関東地方の梅雨入り時期のデータを見ると 最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日頃でした。 何と一ヶ月半のもの開きがあります! 1951年から2019年までの69年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃。 平均値を表す黒い線が右下がりになっていることから 若干ですが関東の梅雨入り時期は 早くなっている傾向が見て取れますね。 そして、そして、直近2年間のデータを見てみると 一昨年 2018年 は6月6日、 昨年 2019年 は6月7日が梅雨入りということでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月16日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 の関東の梅雨明け時期を予想! 一方、関東の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと、 最も早い梅雨明けは昨年2018年の6月29日頃で、 最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 関東の梅雨明け時期の平均値を見てみると おおよそ7月18日頃となっています。 また、平均値を表す黒い線が右下がりになっているため 関東の梅雨明け時期は早くなっている傾向が見て取れますね。 梅雨入り、梅雨明けともに早まっているので 関東の梅雨は早くはじまり、早く終る傾向があるといえるでしょう。 さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね。 関東の梅雨の特徴は? 関東の梅雨の特徴といえば ジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 過去の例を見ても、 関東では九州の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、 天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いです。 しかし、梅雨時期は、 朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、 降ったり止んだりと言うよりはあまりないようです。 カラッと晴れた暑い夏が待ち遠しいですね!.

次の