右 下 腹部 痛み 張り。 【下腹部痛.com】左・右・男性・女性の下腹部の痛みの原因と病気

右下腹部を押すと痛い…。この違和感の原因は?

右 下 腹部 痛み 張り

まずは女性特有の病気から見ていきましょう。 下腹部は 腸管などの異常でも痛みを感じやすい部位ですが、女性であれば 婦人科疾患の疑いは外すことができません。 通常、婦人科疾患の診察や検査は 婦人科・産婦人科で行われます。 内科や胃腸科では腸の疾患と間違われることは珍しくありませんし、それくらい両者の鑑別は難しいことがあります。 月経の異常がなかったか、 痛みの経過はどうであったか、自身の症状について把握しておくことが誤診を防ぐ第一歩です。 また、症状が改善されない場合は、 消化器科と 婦人科の両方から病気の鑑別をしていく必要があるでしょう。 右下腹部痛を起こしうる婦人科疾患には以下の病気が挙げられます。 子宮付属器炎• 子宮筋腫• 子宮内膜症• 排卵痛• 卵巣出血• 卵巣嚢腫茎捻転• 卵巣過剰症候群• 子宮外妊娠 など では、一つ一つ見ていきましょう。 子宮付属器炎 まず 卵管についてご説明しましょう。 卵管とは子宮の両端にある細い管である臓器です。 卵管は、卵巣から排出された卵子を子宮や体外に向かって運ぶ場所でもあり、子宮から卵管を通ってきた精子と受精し子宮に運ぶ場所でもあります。 この卵管に炎症が起きたものが 「卵管炎」です。 炎症の主な原因は 細菌感染。 炎症が軽いうちは 無症状で気づかないことも少なくありません。 少しおりものが増えたと感じるくらいがほとんどです。 卵管炎に加えて、卵巣にも炎症が及ぶことがあります。 卵管と卵巣を併せて子宮付属器と言います。 ですので、両者を併せて 子宮付属器炎と呼びます。 (図では左側に炎症が起こっていますが、右側に起こった時に右下腹部痛を起こすことがあります) 炎症が重くなると、 下腹部痛や 性交痛、さらにお腹全体に炎症が広まると 骨盤腹膜炎となり、発熱や 響く様な腹痛が生じます。 卵管炎は卵管の通りが悪くなるため、 不妊症や 子宮外妊娠の原因になることもよくあります。 はっきりした症状がなくても、病気の鑑別は内診や超音波、性感染症検査などで行うことができます。 子宮筋腫 子宮の筋層を構成する平滑筋にできる良性の腫瘍を、子宮筋腫といいます。 婦人科疾患の中で最も起こりやすい疾患で、約95%子宮体部に発生し、60〜70%の確率で多発することが多く、悪性化することは0. 5%以下と稀です。 1) 以下のような様々な症状をきたします。 下腹部痛• 鉄欠乏性貧血• 月経過多• 不正性出血• 月経困難症• 腹部腫瘤• 頻尿 そして、この子宮筋腫がなるために、不妊に悩まされる方も多くいます。 子宮内膜症 子宮内膜様組織が、子宮腔内面以外の場所に生じる疾患を子宮内膜症といいます。 とくに卵巣に生じるチョコレートのう胞、骨盤に生じる骨盤内膜症が有名です。 この子宮内膜症になると、通常月経周期とともに子宮内膜組織が増殖と剥離を繰り返すものが、違う場所で子宮内膜様組織が増殖を繰り返し、 炎症や癒着を引き起こすのです。 症状としては、 月経痛(どんどんひどくなる)・ 性交痛・排便痛・慢性骨盤痛のほか、不妊の原因ともなります。 排卵痛 卵胞(卵巣内にある)が成熟し、排出されることを排卵といいます。 通常、月経後14日目にこの排卵が起こりますが、この排卵した卵子が精子と月に一度のタイミングで結びつくことで、受精し着床すると妊娠成立となるのです。 個人差があり全く何も感じない人もいれば、排卵時に以下のような症状に悩まされる人もいます。 下腹部痛• ごく少量の出血 卵巣出血 卵巣出血は月経のどの時期に起こるかによりますが、最も多いのが、月経中期から後半期に起こる黄体出血です。 黄体出血は卵巣にとどまらず、腹腔内に出血を起こすことがあり、その場合は 出血性ショックに陥ることもあり注意が必要です。 この黄体出血は右側に多いとされており、性行や外傷が原因になることがあります。 卵巣内にとどまる出血の場合は、右側の場合は 右下腹痛となりますが、腹腔内に出血した場合は、 痛みは腹部全体に広がります。 卵巣のう腫茎捻転 卵巣は女性の左右の下腹部に子宮と骨盤との間でじん帯につながるような形で存在しています。 卵巣のう腫ができると子宮とつながっている部分が捻じれることがあります。 それが 卵巣のう腫茎捻転です。 主な症状は 腹痛です。 捻じれによって完全に血液が卵巣へ運ばれなくなると壊死が起きて 激痛となります。 右卵巣のう腫茎捻転で右下腹部の激痛が起きた場合、虫垂炎と間違えやすいので鑑別しなくてはなりません。 卵巣過剰症候群 hCGによって排卵誘発を行った際などに起こるもので、 多数の卵胞が発育・排卵するものを卵巣過剰症候群といいます。 それにより、• 呼吸困難• 腹部膨満感• 血栓症(脳梗塞)• 低Na. 高K血症• 乏尿(急性腎不全) などが起こる可能性があります。 妊娠に至らなかった場合は、症状は自然と改善しますが、妊娠が成立した場合、これらの症状は重症化するのです。 また、卵巣がねじれてしまう場合もあり、そうなると 急激な腹痛が起こります。 子宮外妊娠 上の図のように、本来子宮で妊娠するはずが、子宮以外の場所で妊娠してしまうことを 子宮外妊娠と言います。 子宮外妊娠も通常の妊娠と同じような症状がありますが、子宮外では赤ちゃんを育て続けることができません。 そのため胎嚢が大きくなるにつれ、下腹部の痛みが生じることがあります。 (図では左側に子宮外妊娠が起こっていますが、右側に起こった時に右下腹部痛を起こすことがあります) さらに、卵管妊娠が破裂に至ると、大量出血を起こしてしまう危険があります。 検査薬などで妊娠と判定できたとしても、産婦人科で 正常な妊娠であるかしっかりと確認することが大切ですね。 スポンサーリンク では、一つ一つ見て行きましょう。 急性虫垂炎 まず 右の下腹部の痛みと言えば一番に疑うのは 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)、いわゆる盲腸(もうちょう)です。 虫垂炎とは盲腸にある虫垂というくぼみに便が詰まるなどして閉塞し、細菌感染で炎症が起きた状態です。 よくある疾患でありながら診断が難しいのが厄介なところです。 初めは 上腹部痛や吐き気・嘔吐、 食欲不振などが症状として現れることがあり、急性胃腸炎と間違われやすいのです。 しかし、虫垂炎であれば数時間から半日程度で痛みは 右下腹部に移動し、お腹をかばうような前傾姿勢になったり、右足でジャンプした際に右下腹部に響くようになります。 このように痛みの部位が移動することがあるのが虫垂炎の特徴と言えます。 (ただし、最初から右下腹部痛の場合もあります。 ) 虫垂炎を起こし血流が悪くなった虫垂はやがて 壊死して破れる 穿孔(せんこう)を引き起こしてしまいます。 そのとき、膿が流れ痛みが和らぐことがありますが、その膿が原因で 腹膜炎を起こすとさらに深刻な状況になります。 右下腹部が痛みだして立っていられないようなときは、虫垂炎を疑ってすみやかに 診察を受けることをおすすめします。 スポンサーリンク 上行結腸憩室炎 大腸憩室、これは大腸の内腔が外側へ袋状に飛び出してしまったものを指します。 あまり聞きなれない名称ですが、大腸検査をすると多くの人に見つかる所見です。 憩室に便が詰まるなどして 炎症を起こすとその部分に 強い痛みを感じます。 腸は右下腹部の 上行結腸から始まり、上腹部、左下腹部へとお腹をぐるりとまわるようにして肛門へとつながっていきます。 そのため、右下腹部の上行結腸の憩室に炎症が起きると 強い右下腹部の痛みが現れるわけです。 虫垂炎と似た症状で鑑別が難しく、憩室炎もまた悪化すると腸が破れる 穿孔が起こり、 腹膜炎になる可能性があります。 尿路結石 腎臓でできた結晶である 「結石」、それが尿管、膀胱などで詰まった状態を 尿路結石といいます。 右の尿路で結石がつまると右部分に 違和感や 痛みが生じます。 結石は尿とともに排泄される場合がありますが、それができず尿が停滞してしまうと腎臓が腫れた状態になり 激痛となります。 炎症性腸疾患 炎症性腸疾患とは、大腸・小腸などの消化器官で炎症が起こり、 慢性的なびらんや 潰瘍が見られる疾患です。 潰瘍性大腸炎や クローン病のことを言います。 潰瘍性大腸炎は大腸で起こり口腔方向へ連続したびらんや潰瘍が見られます。 クローン病は口腔から肛門までの消化器で起こりうるもので連続性は見られず、びらんや潰瘍が正常な臓器の中にとびとびに見られるものです。 びらんや潰瘍が起こると、 痛みや 下痢、 吐き気などの症状がでてきます。 腸間膜リンパ節炎 腸間膜リンパ節炎は、回盲部にある腸間膜リンパ節が ウイルスなどによる炎症で 腫大したものです。 虫垂炎と似た症状で病変もよく似ています。 一般的に虫垂炎より自覚症状が弱いということが言えるでしょう。 痛みの始まりの箇所や痛む場所に若干違いはあるものの、その病変を的確に問診で伝えるというのも難しくそうなると鑑別はさらに困難となります。 経過が良くない場合は虫垂炎を疑って再度 診察を受けましょう。 参考文献: 病気がみえるvol. 9 婦人科・乳腺外科 第3版P15・120〜122・132〜135・254 1)132 最後に 女性の右の下腹部が痛いときに考えられる 病気をお伝えしました。 女性の場合、• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に大きくわけることがポイントでした。 というのは、受診する科が異なるためです。 前者は婦人科、後者は消化器内科(胃腸科、もしくは消化器外科)が受けるべき科となります。 とはいえ、右下腹部痛だけで、婦人科疾患なのか、婦人科疾患以外なのかを鑑別することは困難です。 子宮筋腫・子宮内膜症があることがわかっているなどの既往などがあれば婦人科系の可能性は高くなりますが、結局調べてみると虫垂炎だったということもしばしばあります。 ですので、結局二度手間になる可能性はありますが、まずは、お近くの 婦人科もしくは、消化器内科を受診してみましょう。 参考になれば幸いです。

次の

右下腹部の痛み・違和感の原因は?女性の場合は注意が必要?

右 下 腹部 痛み 張り

腹痛の中でも下腹部に痛みを感じた場合には、おなかが痛いと表現されることが多いでしょう。 比較的よくある症状のため我慢してしまう人も多いかもしれません。 しかし、原因によってはそのままにしておいてはよくない場合もあります。 これといった原因も思い当たらないのに下腹部が時々キリキリ痛む• 下腹部の痛みと発熱が続いている• 生理でもないのに、下腹が強く痛んで治まらない このような症状が現れた場合、考えられる原因にはどのようなものがあるでしょうか。 下腹部の痛みの原因となる病気 下腹部の痛みは、なんらかの病気が原因となって起こっている場合があります。 頻度が高く注意の必要な病気 比較的頻度が高く、また注意の必要な病気には主に以下のようなものがあります。 急性胃腸炎 主にウイルスや細菌の感染によって、胃や腸の粘膜に炎症を起こした状態です。 代表的なウイルスは、やロタウイルス、細菌には 病原性大腸菌 びょうげんせいだいちょうきん や、カンピロバクターなどがあります。 原因となっているウイルスや細菌によって少しずつ症状が異なりますが、多くは腹痛や下痢、吐き気、嘔吐、発熱などを伴います。 また、細菌などが原因の場合は下血を伴うこともあります。 飲水できない、尿があまり出ない場合には脱水が疑われますので、医療機関を受診するのがよいでしょう。 急性虫垂炎 大腸の一部である 虫垂 ちゅうすい に炎症が起きる病気で、一般的には盲腸と呼ばれています。 右下腹部の痛み、吐き気、発熱などが特徴的な症状ですが、初期にはみぞおちや別の場所が痛むこともあるといわれています。 また病気が進行し、の状態になることもあります。 に至ると、高熱、歩く振動でもお腹に響いて痛いなどの症状が見られます。 憩室炎 けいしつえん ・ 腸閉塞 ちょうへいそく ・ 虚血性大腸炎 きょけつせいだいちょうえん 大腸の壁の一部に袋状になった場所ができることがあり、これを憩室と呼びます。 憩室があるだけでは何も問題はありませんが、ここに便が詰まるなどにより細菌の感染が起こると、腹痛や発熱などが見られ、の状態になることがあります。 また憩室出血といって、出血して便に血が混じることもあります。 また、腸の一部が狭くなる・細くなるなどで内容物が通過できなくなった状態であるでは、おなかの張りとともに下腹部の痛みが出ることがあります。 便秘などが原因となり大腸に血流障害が起こるも、下腹部の痛みをもたらします。 婦人科の病気 卵巣や卵管に炎症が起きる卵巣炎・卵管炎や、卵巣にできた膿腫が大きくなって回転してしまう 茎捻転 らんそうのうしゅけいねんてん 、子宮以外の場所で着床が起こるなども、下腹部の痛みを引き起こします。 いずれも激しい腹痛が特徴で、早期の治療を必要とします。 女性の激しい下腹部痛には注意が必要です。 受診の目安とポイント 耐え難いような下腹部の痛みがある場合には、すぐに医療機関を受診することが大切です。 発熱や下痢・嘔吐など、ほかの症状を伴っている、または痛みを繰り返しているような場合にも受診しておきましょう。 原因によっては一部専門科目が分かれる場合もありますが、まずは近くの内科や消化器内科への受診でよいでしょう。 医師にはいつから下腹部の痛みがあるのか、ほかにはいつからどのような症状があるのか、できるだけ詳しく説明することが大切です。 日常生活上の原因と対処法 日常生活に原因があり、下腹部の痛みを感じる場合もあります。 便秘 便秘も下腹部の痛みを引き起こす原因のひとつです。 便秘かなと思ったら 栄養バランスの整った規則正しい食事が大事です。 とくに、野菜や海藻など食物繊維を積極的にメニューに取り入れたり、十分に水分を補給したりするなどは便秘解消によいといわれています。 また、適度な運動も便秘解消に役立ちます。 生活習慣を見直しても改善しない便秘は一度医療機関で相談してみましょう。 腹部の冷え 腹部の冷えによって下腹部が痛くなることもあります。 腹部の冷えを感じたら ブランケットや腹巻きなどで腹部を温めましょう。 特に夏場は冷たい食べ物・飲み物が続きがちですが、なるべく控えるようにしましょう。 飲みすぎ・食べすぎ 暴飲暴食も下腹部の痛みを引き起こします。 飲みすぎ・食べすぎのときは 飲みすぎや食べすぎた日の翌日は、胃腸を休めるために食事は無理のない範囲にしましょう。 朝食を抜いた後、昼ごはんをたくさん食べるというような生活も胃腸に負担をかける原因となります。 三食きちんと取り、量は腹八分目を心がけましょう。 よくならないときには 自分でできる改善方法を試しても症状がよくならない場合には、何かほかの原因が潜んでいる可能性も考えられます。 そのようなときには一度病院で相談してみましょう。

次の

右脇腹肋骨下部が触ると痛い

右 下 腹部 痛み 張り

便秘によって右下腹部に痛みが生じることがあります。 大腸でいうところの盲腸にあたる部分です。 基本的には便秘による腹痛は 右下腹部と左下腹部、脇腹の3か所に痛みが起きやすいとされます。 そのまま放っておくと痛みは激しさを増すので早く対策すること求められます。 ここではなぜ便秘になると右下腹部が痛む原因と痛みを解消する方法についてお伝えしたいと思います。 便秘によって右下腹部が痛む原因 右下のお腹の痛みを発生させている正体というのは 腐敗ガスと消化物の詰まりによるものです。 大便が溜まりやすいのは S状結腸と直腸という部分なのですが、そこからガスが発生することによって大腸全体がガスを充満してお腹が張ってしまいます。 特に右下の盲腸が張ることで右下腹部痛が生じてしまいます。 また通常は右下腹部よりも左下腹部に便とガスが溜まりやすく、ほとんどは左下腹部の痛みの方が最初に発生しやすいです。 小腸から消化された、食べ物の残りカスがドロドロの状態で送り届けられる部分です。 しかしこの時によく噛まずに食べたり、肉類や固いものを食べていると消化が不十分で固形物が送られてしまいます。 すると重力の影響もあって、その消化物が盲腸で詰まってしまうことが挙げられます。 すると右下腹部に痛みが生じますし、しっかりと便を形成することができずに便秘も引き起こしてしまいます。 以上の理由から便秘によって右下腹部に痛みが生じてしまうとされています。 病気の場合 右下腹部の痛みはほとんどが便秘によるものなのですが、稀に病気によって起きる場合があるので注意してください。 病気の例としては 盲腸、尿管結石、大腸がんなどがあります。 右下腹部の痛みは耐えられないほどの痛みであったり、しっかりと便が出ているのに痛みがあるなどは病気の可能性が高いです。 この場合には早急に胃腸科や内科を受診するようにしましょう。 便秘による右下腹部の痛みのおすすめ解消法 右下腹部が痛みを解消する場合にはやはり溜まったガスを抜いてあげることが重要です。 またガスを抜くことで大腸も連動して動き出すので便秘解消に効果的です。 ここでは特に効果的なマッサージ、ポーズ、整腸剤をお伝えしたいと思います。 これは『のの字マッサージ』と呼ばれるもので外から刺激を与えることで 腸を活性化させ、腸内に溜まったガスや便を排出させるものです。 製薬会社:小林製薬 有効成分:ジメチルポリシロキサン、乳酸菌 値段:18錠入りが1050円 用法用量:1回1錠を食前や食間に1日3回飲む ガスピタンaは消泡剤によって腸内のガスを吸収させ、ガスたまりを解消させる効果があります。 (おならも出ません)早いと1日で腸内のガスを完全に消失させることができます。 またガスピタンは 乳酸菌も含まれているため 腸内環境を改善させ、腐敗した便を解消しやすくさせる効果もあります。 およそ3日~5日服用することで腸内環境は整っていきます。 そのため便秘と腹痛を同時に引き起こしてしまっている方には非常におすすめの整腸剤となっています。 もしマッサージやガス抜きのポーズが効かなければ、整腸剤を試してみてください。 副作用なども全くないので安心して服用できます。 右下腹部に痛みが生じる場合には以上の3つを試してみてください。 またご飯を食べるときはしっかりと噛んで固形状の消化物を作らないようにしましょう。 できればお肉も控えてください。 ということで便秘による右下腹部の痛みについてでした。

次の