オキシ クリーン お 風呂。 オキシクリーンでお風呂の排水溝を掃除する方法

オキシクリーンのお風呂掃除方法!オキシ漬けで浴槽・床もきれいに

オキシ クリーン お 風呂

[追記]リベンジ再び お湯が貯めらなかったわが家のバスルーム。 インスタで見かけた新たな武器でチャレンジしてみました! バスルームの排水口のフタになる100均アイテム 100均ダイソーの置くだけラップ蓋 インスタ情報では、一般的なユニットバスなら12cmサイズがピッタリとのこと。 うん!ピッタリでした! 今までビニール袋でふさいでいた方はラップ蓋が便利ですよー。 で、早速オキシ漬けリベンジします! 方法は今までと同じ。 一体どこから流れちゃうのか? 改めて検証してみたところ 写真の長方形のパーツ辺りから漏れてました。 ここはどうやってふさげば良いのか!?わからな〜い。 と言うことで。 わが家はオキシ漬けができない ことが判明しました(悲報) 「オキシ漬け」は諦めて、オキシを撒いてブラシにお湯を付けながらゴシゴシ磨こうと思います…。 手軽な漬け置きができないのは残念だけど、オキシでキレイになるんで致し方なし。 ウチと同じくお湯が貯められない方の参考になれば〜。 [追記]お湯が貯められる方法が分かりました!解決法は下記の記事で。

次の

【オキシクリーン】お風呂の浴槽オキシ漬け!分量・方法・手順を詳しく解説します

オキシ クリーン お 風呂

Contents• コストコで売っているオキシクリーンとは? 今回は第1回目ということなので、おそらくオキシクリーン自体を知らない人もいるかもしれない。 オキシクリーンは、アメリカをはじめ全世界で売れている 万能クリーナーだ。 酸素系漂白剤で、 酸素の力で汚れだけを洗浄してくれる。 しかも、人気の秘密はその洗浄力。 今までなら取れなくて諦めていたような汚れも キレイに落としてくれる! 使うのが楽しくなるほど汚れが落ちて、しかもコストコなら大容量のものが安く手に入るので 話題沸騰しているってわけだ。 オキシクリーンさえあれば、 家中ピカピカにできて年末大掃除などでも大活躍! 実は、コストコだけでなく、ホームセンターやネットでも同じ商品が販売されているのだが、値段が 3,000円くらいと結構高い。 そんなオキシクリーンがコストコでは 1,878円! 先日コストコで買ったときは、割引で 380円OFFの 1,498円だった。 コストコでオキシクリーンを買えば、すごくお得なだけに 売り切れることもあるほどだ。 ただ、内容量が 4. 99kgもあるので使い切れるかどうか不安になるコストコ初心者も多いようだ。 しかし、 その心配は全く不要だ。 なぜなら、このオキシクリーンが1つあれば家中のあちこちで使うことができるからだ。 驚きなのは、掃除だけでなく 通常の洗濯でも使えるところ。 それほど万能なクリーナーはあまりないだろう。 それだけ強力なオキシクリーンだが、ニオイが強烈かと思いきやそれほどニオイがしなくて使いやすい。 特にこの時期は 年末大掃除で大活躍してくれるアイテムだ! オキシクリーンはどこの掃除に使えるのか? オキシクリーンのパッケージにも色々な使い方が書いてある。 パッケージに書いてある使い道は以下の4つだけだ。 ・白、色物の洗濯物に ・テーブルクロス、制服等の頑固なシミのつけ置き洗いに ・カーペット、ソファーについたシミ汚れに ・タイル目地、ベランダなどに これだけしか書かれていないので、 4. 99kgも使い切れないって思ってしまうのだ。 実はパッケージに書かれている使い方は、本当に ごくごく一部。 オキシクリーンは、こんなところでも使えるので4. 99kgを使い切ることができる。 【オキシクリーンの使い道】 キッチン、トイレ、お風呂、普段の洗濯、洗濯機の洗濯槽、フローリング、洗面台、エアコン、ベランダ、玄関などなど オキシクリーンの基本的な使い方(ポイントは4つだけ) 今回はコストコのオキシクリーンのお風呂の掃除での使い方ということなのだが、第1回目なのでオキシクリーンの 基本的な使い方を紹介しようと思う。 基本さえ分かってしまえば、あとは 応用することができる。 それ以上つけおきしても効果がない 基本的にこの4つを覚えておけば問題ないだろう。 あとは、掃除する場所や汚れによって オキシクリーンを投入する量が違うだけだ。 オキシクリーンのお風呂掃除での使い方 オキシクリーンのお風呂掃除での使い方について、実際にやっている方法をお伝えしよう。 まず、お風呂掃除をスタートする ベストなタイミングはこちら ・つけおきした後の掃除は時間がかかるので、休日の前日の夜につけおきをスタートする ・深夜電力を活用できる人は23時以降につけおきをスタートする つけおきをするお湯は、お風呂に入った後の残り湯で十分なので、 夜お風呂に入った後につけおきをスタートしよう。 今回は 撮影の都合で、日中に行っているので窓の外が明るいのだが気にしないでほしい。 では、オキシクリーンの使い方を順を追って説明していこう。 寝る前の作業 1. オキシクリーンを開封しておく 追い焚きをしている間に、オキシクリーンを 開封して準備しよう 中を開けると 計量スプーンが入っている。 このスプーンは1杯あたり 4オンス(約113g)だ。 日本の一般的な粉洗剤の軽量スプーンは 大体47g程度なので、倍以上の大きさだ。 オキシクリーンを5〜6杯入れてお湯で溶かす 同梱されている軽量スプーンでオキシクリーンを 5〜6杯入れてお湯で溶かしておこう。 溶かす際の容器がなければ、 洗面器を使えば問題ない(ウチでは洗面器を使っている) オキシクリーンを5〜6杯入れていく 青いつぶつぶの入ったオキシクリーン お風呂からお湯をとって、 泡立て器でオキシクリーンを溶かしていく 4. 溶かしたオキシクリーンを追い焚きしたお風呂の湯船に入れる 5. 湯船の中に、お風呂のフタや扉、イス、洗面器、物干し竿などをいれてつけおきする とりあえず、 ここまでやって寝よう。 翌日の作業 翌日、湯船を見てみるとオキシクリーンが 透明になっているのが分かるはずだ。 中に入れたイスなどがくっきりと沈んでいるのが見える。 ここから作業をすすめていこう。 追い焚きをして、風呂釜のオキシ溶液を循環させてパイプの汚れをはき出す 2. 湯船の栓を抜いて湯船に入っているオキシ溶液を流す 3. 湯船に入れていた扉やフタ、イスや洗面器などを1つ1つ丁寧にお湯で流しながらブラシやスポンジで汚れを落とす オキシクリーンに漬けただけではとれない汚れを丁寧に落とすと、 全部ピッカピカになる! お風呂の扉は、元通りに取り付けしておこう。 壁などに ぶつけないように注意しよう! 4. 風呂釜を洗浄する 風呂釜へ続く パイプの中のオキシ溶液を洗い流して洗浄しよう そこまで終わったら、あとはいつもと同じようにお風呂を掃除していこう! オキシ漬けが終わった後のお風呂全体の掃除 1. お風呂の壁や床を洗うためのオキシクリーンの溶液をつくる バケツにお湯を入れ、オキシクリーンを 付属のスプーンで2杯入れ溶かしてオキシクリーン溶液をつくる。 その溶液を使って、湯船や壁や床、鏡などを洗っていき、最後にお湯で洗い流そう! ちゃんとオキシ溶液が流れ落ちないと、乾いた時に白くなってしまうので、 しっかりとお湯で洗い流そう。 お風呂の入り口の溝などはオキシ溶液をつけたキッチンペーパーなどで拭いて、カビがひどい部分はそのままパックする キッチンペーパーでパックする場合は 長時間放置しないように注意しよう! 目安は20分〜1時間程度だ。 それ以上放置すると、パッキンの ゴムなどが溶ける可能性があるので注意が必要だ。 またお風呂の目地にカビが生えている場合は、オキシクリーンの粉が溶ける程度の少ないお湯で ペースト状にして、直接カビが生えているいる部分に 塗り込むように塗る。 汚れが落ちたら、 お湯で洗い流せばキレイになるだろう。 コストコのオキシクリーのビフォーアフターの写真 一番気になるオキシクリーンの洗浄能力。 使用前と使用後の写真を紹介しよう。 ここからの画像は ショッキングなものもあるので、心の準備をしてから見てほしい! ビフォー アフター さすがオキシクリーンだ。 カビや皮脂の汚れなど、今までの洗剤ではとれないような汚れが ゴッソリと落ちている! 写真でみても、 明らかに汚れが落ちているのがよく分かるだろう。 ただ、どうしてもこびり付いている汚れやカビについては若干残っているのはどうしようもない。 もうこの家も 築11年だ。 ここまでくると、素材のキズなどに入り込んでいる可能性が高いからだ。 とはいっても、 見違えるほどキレイになったお風呂場はとても気持ちいい! すごいぞ オキシクリーン! 一度、お風呂場をオキシ漬けすると、その快感がたまらなくなり、 癖になるかもしれない(笑) オキシクリーンの保存方法 買ったばかりのオキシクリーンは粉状になっていて サラサラなのだが、日が経つに連れて湿気で 固まってしまうことがある。 ダンボールに入れたままだと、どうしても湿気が入ってくるので、容器などに移して 密閉したほうがいい。 以前は、密閉すると ガスが出て爆発するという噂もあったのだが、それは水を多く含んだときの話。 特に問題はないだろう。 念のため、いま実験中だ! どうしても心配な場合は、オキシクリーンの 500gのものがコストコ以外で市販されている。 例えばこちら!>>> 500gのオキシクリーンは、 キャップつきの容器に入っているので、一番最初に500gの方を使い切って、 ダンボールのほうのオキシクリーンを 詰め替えてキャップをすればいいだろう。 純正の入れ物なので、これに入れて保存して問題があるほうが問題だ(笑) まとめ 今回は記念すべきコストコの オキシクリーンの使い方第1弾ということで、オキシクリーンとは何かからスタートして、お風呂の掃除方法までを紹介した。 お風呂掃除でのオキシクリーンの使い方は 拍子抜けするほど簡単だったと思う。 ただ、お風呂場の扉をはずしたりするのは女性だとかなりハードルが高いので、もしやるなら 旦那さんがいる時にやってもらったほうがいい。 ウチの場合は3枚の スライド式の引き戸になっているので、とりはずしが簡単だった。 それでも、壁とかにぶつけたりしてしまうので、男性にやってもらったほうがいいだろう。 一晩オキシ漬けしたお風呂場のアイテムは、すべて ピッカピカになるので初めての人は ビックリするはずだ! この調子で、家中をピカピカにすれば、今年の年末大掃除は 楽しくはかどるかもしれない。 どうしてもお試しで使ってみたい人は、 ネット通販で500gのものを買って試してみよう。 楽天なら、こちらで売っている。 楽天での価格をチェックしたい人はこちら 人気記事ランキング• - 717,884 views• - 381,967 views• - 329,787 views• - 179,002 views• - 164,463 views• - 121,756 views• - 121,615 views• - 117,118 views• - 85,244 views• - 80,805 views カテゴリー• 最近の投稿•

次の

風呂釜掃除はオキシクリーンにおまかせ!4ステップと追い焚きでオキシ漬けに挑戦!

オキシ クリーン お 風呂

オキシクリーンの主な効果としては、除菌、漂白、油の分解という3つが挙げられます。 お風呂掃除に使用することで、湯垢を分解し、黒ずみ汚れを漂白、雑菌やカビを除菌する効果が期待できることが特徴です。 オキシクリーンは弱アルカリ性であり、酸性の油汚れを分解・除去できます。 お風呂の掃除をする際には、こびりついた皮脂汚れ、湯垢など油分が付着した汚れを効率良く分解し、除去できることがメリットです。 また、オキシクリーンは酸素の泡が発生することが特徴であり、お風呂の床の黒ずみ汚れを漂白・分解できます。 長期間の使用でお風呂の床が黒ずんでいる場合でも。 新品同様の状態にする効果が期待できるのです。 お風呂にはカビが発生しやすいですが、オキシクリーンのアルカリと酸素によって漂白・除菌し、雑菌が繁殖しているカビもしっかり分解して洗い流せます。 オキシクリーンを使ったお風呂掃除に使う道具は5つです。 浴槽や床、天井など掃除する場所によって使用する道具は異なりますが、すべて用意しておけばお風呂全体を掃除できます。 ・オキシクリーン ・歯ブラシ ・ゴム手袋 ・計量スプーン ・フロアワイパー ・スクイジー 『オキシクリーン』と呼ばれる商品にはいくつかの種類があり、商品によってはオキシクリーンを計量スプーンで測るタイプと、付属のキャップで測るタイプなど異なることが特徴です。 一般的な500~1500gのオキシクリーンに対しておよそ30gの計量スプーンもしくはキャップ、業務用の4. 98kgのオキシクリーンにはおよそ120gの計量スプーンが付属しています。 また、 オキシクリーンには刺激成分は配合されていないものの、手荒れが不安な場合にはゴム手袋を使用しましょう。 オキシクリーンを使ってお風呂の浴槽をきれいにしたい場合は、 「オキシ漬け」と呼ばれる掃除方法が有効です。 最初に、浴槽の残り湯を半分程度までに調整し、オキシクリーンを300g程混ぜます。 オキシクリーンが溶けるように、しっかり混ぜることがポイントです。 次に、風呂釜の奥にオキシクリーンを流すために数分間追い焚きをして、2時間程度時間をおきます。 放置した後はお湯を抜き、再度半分程度水を入れて5分ほど追い焚きをしたら、浴槽をシャワーで流しましょう。 最後に、浴槽のフィルターを取って歯ブラシでこすり洗いをしたら終了です。 オキシクリーンを使った浴槽掃除をする際には残り湯を使用しても良いですが、お湯を足す、もしくは追い焚きをして45度程度の温度にしても良いでしょう。 オキシ浸けをしている間も、追い焚き機能を活用してお湯の温度をキープすると、より汚れを落としやすいといえます。 また、 お風呂で使う小物を浴槽に入れることでまとめて掃除することが可能です。 洗面器、お風呂のイス、蓋、子どもが遊ぶおもちゃなどを浴槽に入れて2時間放置したらしっかり洗い流します。 手軽に小物類の除菌も行えるでしょう。 オキシクリーンでお風呂場の床を掃除したい場合にも、 「オキシ漬け」をする方法が有効です。 排水口に処理をすることで、床全体をオキシクリーンで洗う「床の浸け置き洗い」ができます。 床をオキシ漬けする場合は、まず排水口に栓をすることが大切です。 蓋がない場合は、ビニール袋を2重にしてヘアキャッチャーを入れ、ビニールを閉じて排水口に戻しましょう。 加えて、水を入れて縛ったビニール袋を排水口に置くことで、オキシ液が流れないように蓋をすることが可能です。 次に、洗面器におよそ30gのオキシクリーンと熱湯を入れ、しっかり混ぜます。 お風呂の床に40~50度程度のお湯を溜めましょう。 1cm程お湯を溜めたら、洗面器で溶かしたオキシ液を入れて混ぜます。 2時間程度時間をおいたら、オキシ液を流し、分解された汚れをブラシでこすり洗いしたら完了です。 オキシ液でお風呂の床をオキシ漬けする際、水に濡れた箇所があるとしっかり漬からないため、床が乾いた状態で行いましょう。 お風呂の天井にカビが生えている、目立った汚れが蓄積しているという場合にも、オキシクリーンでオキシ漬けをする方法がおすすめです。 まず、洗面器にオキシクリーンおよそ30gと、40~60度のお湯を入れてしっかり溶かします。 オキシ液はゴム手袋を使って混ぜるか、棒を用意して混ぜるとスムーズに作れるでしょう。 オキシクリーンはお湯でしっかり溶かすことによって洗浄効果を得られるため、 60度と高い温度で混ぜると泡立ちが良くなります。 ただし、60度のお湯を使う際には火傷に注意が必要です。 オキシ液ができたら、雑巾やキッチンペーパーに染み込ませて天井の端から順に拭きましょう。 台に乗るのは危険なため、手が届かないのであればフロアワイパーを使用することが大切です。 天井全体を拭いたら、雑巾やキッチンペーパーをきれいなものに交換して、水拭きとから拭きをします。 壁にオキシ液が流れて付着した箇所もシャワーで洗い流しましょう。 スクイジーを使って水切りをしたら完了です。 お風呂場のドアパッキンはカビが発生しやすい箇所です。 しかし、オキシクリーンを使って浸け置きすることが難しいといえるでしょう。 ドアパッキンをはじめとした細かな箇所の掃除は、 オキシクリーンをペースト状にしたものを使う方法がおすすめです。 最初に、50~60度のお湯大さじ1とオキシクリーン30gを容器に入れてしっかり混ぜ、オキシクリーンのペーストを作ります。 オキシクリーンペーストをドアパッキンの汚れが目立つ場所に塗り込み、ラップで覆って汚れの奥まで浸透させることがポイントです。 1時間ほど時間をおいたら、ドアとパッキンの細かな部分を歯ブラシ丁寧に擦って汚れを落とし、水で洗い流しましょう。 粘度が高いオキシクリーンのペーストで汚れをパックすることで、細かな部分の目立った汚れやカビを除去することが可能です。 お風呂の壁の掃除は、オキシクリーンの液体を使ってオキシ漬けができませんが、オキシクリーンを溶かした液で掃除をすることでスムーズに汚れを落とせます。 洗面器にオキシクリーンおよそ30gと、40~60度のお湯を入れてオキシ液を作りましょう。 手荒れが気になる場合にはゴム手袋を着用し、雑巾やスポンジをオキシ液に浸して絞ったら、壁や設置されている棚を擦り洗いします。 力を入れずに擦すだけでも、壁の汚れや棚のぬめり汚れを除去することが可能です。 ただし、 オキシクリーンでは鏡に付着した水垢を落とせないため注意しましょう。 オキシクリーンはどのようなガンコな汚れでもスムーズに落とせるというイメージを持つ人も多いですが、壁にかけた鏡の水垢は落とせないのです。 鏡だけではなく、蛇口にも付着する 水垢汚れはアルカリ性の汚れであり、オキシクリーンもアルカリ性の性質があるため汚れを落とせません。 しかし、 水垢以外はオキシクリーンを使って落とすことが可能です。 そのため、お風呂を掃除したい場合には「最初にオキシクリーンを使い、除去できなかった汚れに対して他の洗剤を使用する」と考えることで、洗剤選びの手間を省けます。 なお、 鏡についた水垢を掃除する際にはレモン汁を付けてスポンジで擦り洗いをすると、レモンの酸性の成分で水垢汚れを落とすことが可能です。 お風呂の汚れやカビを予防するためには、1カ月に1度はオキシクリーンを使って掃除をすると良いでしょう。 綺麗なお風呂の状態をキープできるため、毎日の入浴を楽しむことにもつながります。 しかし、1カ月に1度オキシクリーンでオキシ漬けやペーストパックをするのが難しい場合には、入浴剤ではなく重曹を使う方法が有効です。 重曹は掃除アイテムという印象がありますが体に害がなく、体を温める効果が期待できます。 加えて、湯垢の付着も予防できることがメリットです。 重曹を入浴剤代わりにした場合、残り湯を使ってお風呂掃除や洗濯ができるので経済的なメリットもあります。 お風呂全体のメンテナンスとしては、椅子や洗面器を床に置かず、使用した後はフックに吊り下げることでカビや湯垢の付着を予防できるでしょう。 また、お風呂に入った後は全体に水をかけることがポイントです。 水のシャワーをかけたら、水滴を拭き取って換気扇をつけ、お風呂全体を乾燥させます。 壁や鏡のメンテナンスのためにスクイーズを置いておき、入浴後に水滴をふき取ることで水垢汚れの付着を予防することが可能です。 子ども用のおもちゃは、棚や浴槽に置いたままにせず水ですすぎましょう。 洗ったらネットに入れ、フックに吊るします。 入浴をした後のメンテナンスを習慣化することで、汚れを予防できるでしょう。 オキシクリーンを使ってお風呂場全体を掃除することが可能ですが、オキシクリーンはトイレやキッチン、ベランダなど様々な場所の掃除や洗濯にも使用できます。 オキシクリーンは自宅のあらゆる場所で活用でき、特にカビやこびりつき汚れが気になるお風呂場で重宝するでしょう。 力を入れて擦り洗いをしても除去できなかった汚れを分解できます。 また、除菌効果も期待できるため、掃除に使用することで汚れやカビの発生を予防できることが魅力です。 オキシ液を作ってオキシ漬けをすると広い範囲を1度に掃除できるため、時間に余裕ができて他の箇所の掃除を効率的に行えます。 これまでは掃除する場所に適した洗剤を個別に買っていたという人でも、オキシクリーンを1つ購入すれば良いため、経済面でもメリットが大きいといえるでしょう。

次の