ジャパネット ウォーターサーバー 解約金。 ウォーターサーバーの主な解約理由|皆がやめたのはなぜ?

リスクなしで始めたい!解約金が無料のウォーターサーバー3選

ジャパネット ウォーターサーバー 解約金

ウォーターサーバー解約時の注意点 レンタルウォーターサーバーはメーカーによって契約期間の有無があり、それによって解約時にかかる費用も異なります。 解約時のトラブルを防ぐ為にも契約前にしっかりチェックしておきましょう。 解約時にかかる費用は主に2つ…• 解約手数料としての解約金• レンタルサーバーを返却の為の返送料 ウォーターサーバー導入の際は、上記のような費用がかかるかどうかもしっかり把握した上で選ぶようにしましょう。 解約金がかかるのはどんな場合? 解約金を取られるのは、契約期間のあるウォータサーバーを契約期間内に解約した場合です。 よって、契約期間がないメーカーの場合は取られませんし、契約期間があるメーカーでも契約期間が過ぎれば無料で解約出来ます。 ウォーターサーバー返送費用 解約すればレンタルしているウォーターサーバーを返却しなければいけません。 基本的にはメーカー側で無料回収してくれるようですが、メーカーによっては返送費用が自己負担のところもあるので事前にチェックが必要です。 通常サイズのサーバーでもかなりの大きさなので、返送費用が自己負担の場合はそれなりの送料がかかるので、前もって送料を調べ、返送費用を踏まえた上で各メーカーの料金を比較するようにしましょう。 解約時にかかる費用を各メーカー毎に比較 各メーカーの解約金・サーバー返送費用を比較してみました。 メーカー名 解約金 サーバー返送料 申込みから1年未満で解約の場合、解約金16,200円(税込)。 1年経過後、2年未満の解約の場合、解約金9,720円(税込)がかかる。 2年以上は解約金無料。 レンタルサーバー返送は客側の実費となる。 フレシャス側にサーバー回収をお願いした場合は、梱包料・送料込みで3,240円(税込み)のサーバー回収料金がかかる。 利用期間2年。 2年未満の解約・サーバー交換の場合料金がかかる。 サーバー引取手数料:9,000円(税込9,720円)。 サーバー交換手数料:5,000円(税込5,400円)。 1年プラン、2年プラン、3年プランと3つの契約プランが存在します。 プラン毎に水1パックあたりの料金が割引される他、長く使えば使うほどお得になる長期割引もあります。 期間内の解約はそれぞれ回収手数料という名の解約金がかかります。 1年プランは5,000円、2年プランは13,000円、3年プランは18,000円。 メーカー側で無料回収。 スタンダードサーバー・エコサーバーは設置後1年以内の解約で解約金5,000円~10,000円(税別)がかかる。 地域によって5,000円だったり1万円だったりするので、申込み前にお住まいの地域の解約金を確認するようにしましょう。 水素水サーバー(水素水キット)の場合、設置後1年以内に水素水サーバーの引上げを行う場合、1台に付き解約手数料10,000円(税別)がかかる。 両サーバーとも1年以降の解約については、一切無償で撤去・回収。 2年未満の解約でウォーターサーバー返却手数料として10,000円(税抜)。 【基本プラン】の場合は2年未満の解約で1万円~2万円の早期解約手数料がかかります。 料金はサーバーの種類によって変わります。 【PREMIUM3年パック】の場合は3年未満の解約で1万5千円~2万円の早期解約手数料がかかります。 料金はサーバーの種類によって変わります。 【PREMIUM WATER MOM CLUB(プレミアムウォーターマムクラブ)】の場合、3年未満の解約で2万円の早期解約手数料がかかります。 6ヶ月(180日)以内に退会される際、退会手数料(3,000円+消費税)が発生。 アドバンス、ベビアクアは1年毎の更新なので、更新時期以外の解約で別途(3,000円+消費税)が発生。 サーバー設置後1年以内に解約する場合は10,000円(税別)の解約金が発生しますが、やむを得ない事情が発生した場合にはこの限りではありません。 また、1年以降の解約につきましては一切無償で撤去・回収。 1年未満での解約の場合のみ、ウォーターサーバー引取り手数料として5,400円(税込)。 1年以上使用後の解約時は無料。 設置月から12ヶ月経過前に中途解約された場合、機材1台あたり15,000円(税抜)。 また、設置月から12ヶ月経過後24ヶ月経過前に中途解約された場合、機材1台あたり9,000円(税抜)の中途解約手数料がかかります。 サーバーを購入した場合の解約について 購入なのでサーバーを返却する必要はありません。 しかし、購入時の支払い方法が分割払いで残高が残っている場合などは、解約時に一括返済を求められるケースがあります。 各メーカーに確認するようにしましょう。

次の

auのウォーターサーバー水の口コミは?解約金が高い?

ジャパネット ウォーターサーバー 解約金

家庭用ウォーターサーバーを導入するとき、決め手はさまざま。 安さや味などさまざまな決め手がありますが、メーカーの知名度で選んでいる方も少なくありません。 毎日飲む水を買うところなので、信頼あるメーカーを選びたいと思うのは当たり前です。 とはいえ、ウォーターサーバーのメーカーの多くはウォーターサーバーがメイン事業で、一般的な知名度はない会社がほとんど。 そうすると、どこのウォーターサーバーを使えばいいか悩む方も多いのではないでしょうか。 そこでおすすめなのが、通販大手の ジャパネットが提供するウォーターサーバーです。 全国区の知名度を持つ企業が提供するウォーターサーバーは多くなく、知っている企業とウォーターサーバーを契約したい方にとっては打ってつけ。 この記事を読めば、ジャパネットのウォーターサーバーの評判が丸わかりですよ! もくじ• ジャパネットのウォーターサーバーの基本情報 まずはジャパネットのウォーターサーバーの基本的なサービス情報をご紹介します。 サーバーについて ジャパネットで提供されているウォーターサーバーには、「 床置き型」と「 卓上型」があり、双方に 温水チャイルドロックが搭載されています。 また、その見た目は、スタイリッシュなシンプルデザインとなっており、インテリアにもなるでしょう。 水をセットする位置は、 サーバー上部にありますが、サーバーの 高さが1m程度とそう高くはないため、上部セット型の他社製品より利便性は高いといえます。 設置費用も、その際の配送料も すべて無料となっています。 また、以下に挙げる項目についても、無料で追加料金がかかることはありません。 水代が高額なのか? と疑問が浮かびますが、実はそんなこともありません。 ジャパネットウォーターの水代はいくら? ジャパネットのウォーターサーバーは、ボトルが 1本9. 5Lで、 2本から注文可能です。 「2本単位」ではなく、「2本から」というのが多くの他社とは異なるポイントです。 そして、値段は2本で2,980円、 1本増えるごとに1,000円ずつ加算されます。 また、注文する天然水の量が増えるほど、その 料金が安くなっていくのが特徴です。 サーバーレンタル料や配送料などが無料であるにも関わらず、この料金体系ができるのは、ジャパネットだからともいえるでしょう。 「水」• 「使い勝手」• 「コストパフォーマンス」• 「メンテナンス」• 「サポート」 といったジャンルごとにご紹介します。 ジャパネットのウォーターサーバーの水についてのいい評判 ジャパネット「ウォーターサーバー」の水についてのいい評判は、 富士山のバナジウム天然水に多くの高評価が寄せられています。 「おいしいのでとても満足しています」 「水道水と比べると冷水はちゃんと冷たく、臭みはありません。 味もすっきりしていていいです」 「血糖値を下げる効果があるといわれてバナジウム水を飲み始めました。 まだ数週間で効果はわかりませんが、水道水と比べてこんなに味が違うんだとびっくりしています」 など、口コミでも高評価が相次いでいます。 ジャパネットのウォーターサーバーの水についての悪い評判 ジャパネットのウォーターサーバーの水についての悪い評判は、ほぼありませんでした。 ジャパネットのウォーターサーバーが提供するものに限らず、富士山のバナジウム天然水は まろやかで飲みやすい軟水だと高評価を受ける傾向にあります。 バナジウム天然水自体が、日本人の口に合っているといえるでしょう。 ジャパネットのウォーターサーバーの口コミ~使い勝手編~ 続いて、ジャパネットのウォーターサーバーの使い勝手についての口コミをご紹介します。 ジャパネットのウォーターサーバーの使い勝手のいい評判 ジャパネットのウォーターサーバーの使い勝手についてのいい評判は、 飲む量の調節しやすさに多く寄せられました。 ジャパネットのウォーターサーバーでは、配送予定日の 5営業日前までに連絡すれば、いつでも自由に配送ペースを変えられます。 そのため、一人暮らしの人や出張など、家を空ける機会が多い人でも続けやすいと評判です。 「床置きタイプでは部屋が狭くなるので、カウンターにおける卓上タイプを利用しています。 5Lに1本あたりの容量が変更)を飲むので、飲料水として利用するにはちょうどいいです。 飲みたいときにすぐ冷たい水を飲めるのは嬉しいですね」 「職業上、出張が多いので休止できるのがありがたいです。 初めて飲んだとき、ペットボトルで購入する水よりはるかにおいしく感じました」 「以前使用していたウォーターサーバーは、月に1回水を頼む必要がありました。 ジャパネットのウォーターサーバーに変えてからは、2ヶ月に1回頼めばよくなり、冬は水の減りが遅いので助かります」 口コミでも上記のように、高評価を得ています。 ジャパネットのウォーターサーバーの使い勝手の悪い評判 ジャパネットのウォーターサーバーの使い勝手についての悪い評判は、ボトルの設置場所がサーバーの上にあり、 ボトルを持ち上げにくいという意見が多数寄せられました。 「ボトルを設置する位置が高く、持ち上げるのが大変」 「ペットボトルを設置する場所が、上のタイプしかないという話は聞いていましたが、妊娠中は重すぎて持ち上がりませんでした。 そこまで想定していなかったので、残念です。 普段使用するには少しくらい重くても大丈夫だと思っていましたが、妊娠中のことは考えていませんでした」 口コミでは、 主に女性から上記の意見が寄せられました。 ジャパネットのウォーターサーバーの ボトルは1本9. 5Lと、他社のウォーターサーバーで一般的な12Lボトルに比べると 小さめ。 しかし、それでも大変だという口コミは少なくなかったので、女性の一人暮らしでの利用など、女性がボトル交換をする前提の場合は注意が必要です。 また、 チャイルドロックがお湯にしか付いていないことにも批判的な意見が見られました。 「チャイルドロックが付いているから安心だと思って契約しましたが、冷水には付いていないんですね。 ちゃんと説明を読んでいなかったのが悪いのですが…。 使い始めてすぐに子供が水浸しにしてしまいました。 冷水にもチャイルドロックがついているウォーターサーバーへの乗り換えを検討しています」 温水にしかチャイルドロックがついていないのは、ジャパネットのウォーターサーバーだけに限った話ではありません。 そのため、他社製品の口コミでも悪い口コミとして見られる内容です。 小さな子供がいたりこれから出産予定があったりする場合は、チャイルドロックが冷水と温水両方についているかチェックすることをおすすめします。 ジャパネットのウォーターサーバーの口コミ~コストパフォーマンス編~ さらに、ジャパネットのウォーターサーバーのコストパフォーマンスについての口コミをご紹介します。 ジャパネットのウォーターサーバーのコストパフォーマンスのいい評判 ジャパネットのウォーターサーバーのコストパフォーマンスについてのいい評判は、 料金体系のわかりやすさと安さに集中しています。 「前に他社のウォーターサーバーで京都のお水を頼んでいましたが、そちらより価格が安いのに、味はおいしいので嬉しいです」 2本だと最低19Lからの注文ですが、一般的なウォーターサーバー注文単位は24L。 2本注文の場合は24Lあたり3,744円、4本注文で3,168円、6本で2,928と、一回の注文本数を増やせば増やすほど24L当たりの料金が安くなります。 床置タイプで 約1,847円• (床置き)エコモード使用時: 1,296円• 卓上タイプ: 約1,404円• (卓上)エコモード使用時: 1,080円 電気代が安いことで知られる他社の場合、 月額300円台前半で済むこともあるので、約1,800円となると安い他社の6倍になります。 年間20,000円以上になるので、なかなか無視できないデメリットといえるでしょう。 「水はおいしいんですが、電気代が高すぎて…。 友人が使っているウォーターサーバーの電気代は半分だったので、乗り換えようか迷っています」 このような口コミもあり、エコモード使用時も決して 安いとはいえない電気代なので、いち早い改善が待たれます。 ただし、 水代については安いので、 どちらを取るかといった判断ともなりそうです。 ジャパネットのウォーターサーバーの口コミ~メンテナンス編~ 今度は、ジャパネットのウォーターサーバーのメンテナンスについての口コミをご紹介します。 ジャパネットのウォーターサーバーのメンテナンスのいい評判 ジャパネットのウォーターサーバーのメンテナンスについてのいい評判は、 2年に一度の業者メンテナンスに寄せられました。 「選ぶ基準として、安心かつ安全に家族みんなで使えるもの、そして料金体系がシンプルでわかりやすいものを探し、ジャパネットのウォーターサーバーに決定。 また、他社のメンテナンス機能がついているウォーターサーバーは、性能はよくても人がきちんと点検せずに使い続けることが不安でした。 専門業者がメンテナンスに来てくれるのがジャパネットのウォーターサーバーの決め手です」 他社のウォーターサーバーの中には、高温水がウォーターサーバー内を循環して熱殺菌する、メンテナンス不要なウォーターサーバーも多いものです。 こうしたタイプは、業者と日程を合わせる必要がないので人気ですが、逆に業者メンテナンスがないことに不安を感じる方もいます。 ジャパネットでは、毎年ではないものの、 業者メンテナンスがあることで安心して使えるとの声が多かったです。 ジャパネットのウォーターサーバーのメンテナンスの悪い評判 ジャパネットのウォーターサーバーのメンテナンスについての悪い評判は、 特にありませんでした。 業者メンテナンスも毎年ではなく隔年なので、毎年予定を開けとく必要がないのも高ポイントのようです。 ジャパネットのウォーターサーバーの口コミ~サポート編~ 最後に、ジャパネットのウォーターサーバーのサポートについての口コミをご紹介します。 ジャパネットのウォーターサーバーのサポートのいい評判 ジャパネットのウォーターサーバーのサポートについてのいい評判は、 年中無休24時間受け付けている電話サポートに多く寄せられました。 他社では平日日中しか電話サポートできない場所も多いので、通販サービスを主戦場とする ジャパネットならではの手厚いサポートには高評価が続出。 「ゴールデンウィーク初日に温水が全然熱くならなかったときはどうしようかと思いましたが、年中無休24時間電話で対応してくれるので助かりました」 また、ジャパネットでは常時さまざまなキャンペーンを実施しています。 「契約をするときに1年に1回、水を2本サービスして送ってくれるとのことで決めました。 ちょうど夏だったので、水の減りが早い時期に2本サービスはありがたいです」 他にも 月額料金が2ヶ月無料など、その時々でキャンペーン内容は変わるので、そのときのプランが自分に合っているかよく確認しましょう。 ジャパネットのウォーターサーバーのサポートの悪い評判 ジャパネットのウォーターサーバーのサポートについての 悪い評判は、ありませんでした。 通販をメイン事業にしていることもあり、さまざまなサポート体制を敷いているジャパネット。 サポート体制については対応を批判する声は見られませんでした。 総合的なジャパネットのウォーターサーバーの口コミ&評判 総合的なジャパネットのウォーターサーバーの評判は、高評価が目立ちました。 デメリットは特に電気代に多く寄せられましたが、確かに改善が必要とされるところといえるでしょう。 また、冷水のチャイルドロックもジャパネットのウォーターサーバーだけに限った話ではありませんが、改善が待たれます。 配送ペースの調整や業者メンテナンスが高評価 その他の点については、 おおむね高評価。 特に配送ペースを自由に調節できるところや、 隔年での業者メンテナンスは高い支持を得ました。 また、ネット中心のビジネスモデルながら手厚いサポートという、通販会社ならではのメリットも人気の理由です。 ジャパネットのウォーターサーバーを申込む前にチェック! さてここまでで、ジャパネットのウォーターサーバーへの口コミを見てきました。 ただし、実際に申込みをする前には、いくつか最後に確認してほしいこともあります。 ここでは、その内容について、3つほど挙げて紹介していきます。 天然水の返品・交換について まず配送された天然水は、欠陥がある場合を除き、返品や交換はできないこととなっています。 スキップについて 先述した長期不在などで受け取りができない場合や、水が余ってしまう場合では、 配送を一時休止することができます。 しかし、 直近2ヶ月間で水の注文がなかった場合では、ウォーターサーバー1台につき、 月1,000円が必要です。 もし長期で注文する予定がない場合は、この点を理解した上で、配送を一時停止するようにしてください。 解約手数料について ジャパネットのウォーターサーバーでも、他社と同じように 解約手数料(ウォーターサーバー返却料)12,800円が発生します。 といっても、契約から 2年以上経ってしまえば、この解約手数料は発生しません。 これは、大体のウォーターサーバー会社でかかってくる料金ですので、公式HPもしっかりと確認した上で申し込むようにしましょう!.

次の

ジャパネットのウォーターサーバーの評判・口コミは?電気代が高い?

ジャパネット ウォーターサーバー 解約金

シャインウォーターの知っておきたい基本情報 まずはシャインウォーターの基本情報からみていきましょう。 水道の蛇口に取り付ける浄水器ではなく、サーバーに水道水をセットして使うサーバーです。 そのため、水の配送などはありません。 ボトル購入タイプとは違ってウォーターボトルが足りなくなったり、余ったりする心配がないのが魅力だといえるでしょう。 シャインウォーターの4つのおすすめポイント 浄水器一体型ということもあり、水道水をセットするだけで浄水が作れるのが魅力のシャインウォーター。 ここでは、シャインウォーターのおすすめポイントについて4つ紹介していきましょう。 定額制で使い放題 ウォーターサーバーを導入している方の中には、「もったいないから…」と、ウォーターサーバーの水を使うシーンを限定している方も多くいます。 ですが、水道水を使うシャインウォーターなら、たくさん使ったからといって 水道代以外に追加費用がかかることはありません。 飲み水としてだけでなく、料理などにも浄水されたきれいな水を取り入れていくことができます。 水の温度設定が細かくできる 「夏場はキンキンに冷えた水を飲みたいけれど、冬場は夏場ほど冷たくなくて良い」と感じることもありますよね。 そういった細かい要望にも応じられるように、以下のように 水・お湯それぞれで3段階の温度設定が用意されています。 エコモード搭載 基本的にウォーターサーバーは常に電源を入れておくことにより衛生的な環境を保っています。 そこで気になるのが電気代に関することですよね。 シャインウォーターにはエコモードが搭載されていて、 消費電力を抑えることが可能です。 モードの切り替えもボタンを押すだけで簡単にできるので活用しましょう。 チャイルドロック搭載 小さな子供がいたずらして熱いお湯を出してしまわないように、チャイルドロックが搭載されています。 ロックできるのはお湯のみで冷水はロックがついていないので注意が必要ですが、 火傷対策ができるサーバーを探している方でも安心です。 また、水タンクの蓋は鍵がつけられるので、タンクの水にいたずらされる心配がありません。 シャインウォーターの水道水を美味しくろ過する3つのシステム シャインウォーターは、水道水をろ過して浄水にするシステムです。 次の3つのろ過システムを取り入れることにより、安全性の高い水を作ることができます。 塩素の力でタンク内の空気をきれいにする マシンの上部に設置する水は水道水です。 この水道水の中には塩素が含まれているわけですが、マシンにセットするとタンクの中で塩素がガス化し、タンク内の空気をきれいな状態に保つために役立ってくれます。 UVランプで水を浄水 冷水タンクの中には除菌効果を持ったUV(紫外線ランプ)が設置されているのが特徴です。 紫外線の力によって常に浄水された状態を保つことができます。 高熱線で水を温め、熱処理 マシンの中には高熱線が設置されていて、水を温めることによって熱処理が可能です。 このように、それぞれの働きによって非常に高い浄水作用を誇っています。 もともと、日本の水道水はミネラルウォーターよりも多くの試験項目が定められていて、非常に品質の高いものです。 それを更にろ過して浄水にするわけなので、 水道水よりも安全性の高い水を取り入れたい方でも納得できるでしょう。 シャインウォーターの手軽に使えるサーバーの特徴 シャインウォーターのサーバーの特徴について表にまとめました。 2(冷水:約2. 0/温水:約1. 9) サーバーのタイプは床置き型のみとなっているので、この点は注意しておきましょう。 基本的な使い方 サーバーの上部に水を入れるためのタンクが設置されています。 ここに水道水を入れましょう。 水を入れる際にはやかんのほか、ピッチャーや冷茶用ボトルを使うと便利ですね。 気をつけなければならないのが、 必ず水道水を使う必要があるということ。 というのも、先述したように塩素の力を利用したクリーンシステムを搭載しているので、塩素の含まれている水道水でなければこのクリーンシステムが正常に作動しないからです。 水道水ならストックしておく必要もなく手軽に補充できるので、快適に利用できるでしょう。 シャインウォーターの気になる料金と毎月かかるコスト シャインウォーターを実際に導入して使っていく場合、具体的にどれくらいの料金がかかることになるのでしょうか。 気になるコストについて解説していきます。 初期導入費用 ウォーターサーバーの中には契約料や手数料が必要になるメーカーもありますが、シャインウォーターの場合はそういったものがありません。 工事なども必要ないため、気軽に検討できるでしょう。 レンタル料 レンタル料として、 月に3,000円(税抜)が発生します。 というよりも、シャインウォーターでかかるのはこの費用のみ。 月額レンタル料金以外の費用は一切かからないので安心ですね。 水代 水道水を使う浄水器一体型タイプのサーバーなので、水ボトルを購入するようなタイプではありません。 そのため、水代として発生するのは使った分の水道代のみということになります。 カートリッジ代 浄水器ということもあり定期的にカートリッジを交換しなければなりません。 ですが、 カートリッジの料金は月々のレンタル料金の中に含まれていて、3ヶ月に一度無料で交換用のカートリッジを送ってもらえるのです。 カートリッジは送料も無料となっているので、安心ですね。 電気代 電気代も毎月発生する費用です。 目安として、 月に800円前後かかります。 ただ、エコモードが搭載されていて、 エコモードのみで使用した場合には約500円になるので、使用しないときはできるだけエコモードに切り替えるなどして、電気代を抑えてみましょう。 毎月のランニングコスト ランニングコストとして発生する費用は、月々のレンタル料+電気代+水道代です。 レンタル料+電気代で3,500円程度になるので、これに加えどれくらいの水を飲むのか月々の水道代を参考にしながら考えてみて下さいね。 シャインウォーターのお得な特典やキャンペーン情報 今現在、シャインウォーターではキャンペーンは行っていません。 しかし、• 工事不要• 初期導入費用無料 で面倒な手続きも必要ないので、月々3,000円(税抜)で気軽に始められますよ。 WEBまたは電話で申し込み• 確認メールが届くのでチェック• 最短10日程度でサーバーをお届け• 配送業者によって希望の場所まで運搬・設置• 利用開始 設置まではしてもらえますが、 本体へのタンクのセットや水のセッティングは自分で行う必要があります。 といっても、非常に簡単な作業なので戸惑わずに完了できるでしょう。 支払い方法や引き落とし日 WEBページから申し込みをする際は、クレジットカード払いのみ選択できる形になります。 その他の支払い方法を選びたい方は、電話で相談をしてみましょう。 なお、クレジットカード払いでは各クレジット会社によって引き落とし日が異なるので、直接ご利用のクレジットカード会社の方に確認してみて下さいね。 シャインウォーターはメンテナンス不要! 基本的にメンテナンスは不要です。 日常的に使用していればそれだけでクリーンシステムによって常に衛生的な環境が保たれています。 ただし、1週間ほど使用しない時などはサーバーの利用を再開する前に一度水をすべて捨ててリセットします。 そのほうが安全性が高いので、定期的に留守にする方などは実践してみて下さいね。 簡単にできるセルフメンテナンス サーバー自体のメンテナンスは不要ですが、簡単なお手入れは自分で行わなければなりません。 タンクと受水トレーは取り外せるので、汚れが気になったときに水洗いしましょう。 サーバー交換は基本的に行っていませんが、 正しく使用していたのに不具合が発生してしまったようなケースでは無償交換に対応しています。 また、契約者側の理由があって本体の交換を希望する場合は有料での交換になるので、注意しておきましょう。 シャインウォーターのよくある3つの疑問と問い合わせ先 シャインウォーターを使用するうえで気になるトラブルや、買取などの情報について紹介します。 1. 水がでない!対処法はある? 水が出ないトラブルが発生したら、まずはコンセントが抜けていないか確認してみて下さいね。 コンセントは入っているのに水が出ないようなケースでは、何かトラブルが起きている可能性があります。 特に 冷水ボタンと温水ボタンの間にあるカートリッジの交換ランプが点滅している際にはトラブルが発生している疑いがあるので、電源プラグをコンセントから外したうえでサポートに問い合わせましょう。 2. シャインウォーターのサーバーは買取できる? シャインウォーターのサーバーは68,000円(税抜)で買取という選択肢も用意されているので、長期にわたって使用を検討している方は購入についても考えてみてはどうでしょうか。 ただし、購入した場合は3ヶ月に1度カートリッジが無料で配送されるサービスがなくなるため、1個4,500円で購入しなければなりません。 また、 購入では1年間の保証期間がついているものの、それが過ぎてから故障した際には実費での負担となります。 レンタル契約では何か不具合が起きた際に無償で交換してもらえるので、この点についてもよく考えておかなければなりませんね。 3. シャインウォーターは引越しの時にどうすればいい? 引越しをする際に、シャインウォーター側では引越しサービスがないため、自分で運ぶことになります。 自力で運ぶのが難しい場合は、引越し業者などを手配するのも良いでしょう。 水抜きについては、マニュアルで方法を確認しながらしっかり済ませておかなければなりません。 カートリッジのお届け先が変わるので、住所変更の手続きも忘れないようにして下さいね。 シャインウォーターのお客様センターの電話番号と対応時間 シャインウォーターに関してなにか相談やトラブルなどがあったら、以下の電話番号に連絡をしましょう。 ここでは退会や解約について解説します。 シャインウォーターの休止・解約方法 シャインウォーターを解約する際には、電話で連絡を入れましょう。 無理に引き止められてしまうようなこともないので安心です。 休止や解約について詳細は以下の通りです。 休止制度 なし 初めて契約した際の解約料 無料 1度解約し、再契約した場合の解約料 5,000円(税抜) シャインウォーターは、一般的なボトルを購入して利用するタイプのウォーターサーバーとは違い、水道水でおいしい水が楽しめるサーバーです。 ボトルを購入するタイプは購入をストップすることにより休止が利用できますが、シャインウォーターはサーバーレンタル料のみの定額タイプなので休止制度が用意されていません。 長期にわたって使わないようなら退会手続きをしましょう。 期間にかかわらず、 初回の解約が無料なのは嬉しいですね。 試飲会などイベントでの契約• 電話セールスでの契約• 訪問販売による契約 これらに該当する方法で契約した方は、 契約から8日以内ならクーリングオフが可能です。 自分でホームページなどをチェックして申し込んだ場合では、クーリングオフの対象外なので注意しておいて下さいね。 ただし、先述したように初回契約の場合はすぐに解約するケースでも手数料などはかかりません。 その月のレンタル料と返送料は自己負担になるので注意しておきましょう。 宅配水タイプと水道水が使えるサーバーをタイプ別に徹底比較! 宅配水を使用するタイプのサーバーと、水道水を使うタイプのサーバーを下の表で比較してみました。 月々の最低コストも載せているので、ぜひチェックしておいてください。 <比較表> 宅配タイプ 水道直結タイプ 水道水補充タイプ 代表機種 工事 不要 必要 不要 水の注文 必要 不要 不要 水交換 必要 不要 必要 エコ機能 〇 〇 〇 チャイルドロック 〇 〇 〇 赤ちゃん向き 〇 〇 〇 一人暮らし向き 〇 〇 〇 初期費用 0円 10,000円 0円 水代 12L…1,900円 12L…約2. 水道水を浄水にする浄水器一体型ウォーターサーバー• 毎月の利用料金はレンタル料3,000円+水道代+電気代のみ• 3ヶ月に一度交換が必要なカートリッジ代はレンタル料に含まれている シャインウォーターが気になっている方は、 この記事を参考にして自分に向いているサーバーなのかを見極めてみて下さいね。 シャインウォーターのウォーターサーバーの口コミ ここまでシャインウォーターの魅力についてみてきました。 実際に利用した方の意見を聞いてみたいと思われる方もいるでしょう。 そこで、シャインウォーターのウォーターサーバーを利用された方の口コミを紹介していきます。 また、当サイトではシャインウォーターの口コミを随時募集しています。 「私の口コミを紹介して欲しい!」という方は下方の口コミフォームより投稿して下さい。

次の