アイナナ ブロードウェイ。 [詐欺?]超あやしいドローンXDrone HDを知っていますか?

アイドリッシュセブン第1部メモ

アイナナ ブロードウェイ

アイナナのリセマラのやり方です。 チュートリアルを進める ストーリーを全てスキップすれば5~10分程で終了します。 [平凡な日常]衣装のアイドルを受け取る チュートリアルにて[平凡な日常]衣装のIDOLiSH7を1人貰えます。 この衣装は非常に入手難易度が低いので、気軽に好きなアイドルを選んでしまって構いません。 の入力 メニュー> で「」の入力画面が開きます。 に記載のを全て入力すると、ガシャに必要な石やチケットが大量に入手できます。 アイテムを受け取る ホーム画面右下にある「MAIL」に溜まっているメールを「すべて受信」します。 先ほどの「」入力によるアイテムもメールで届いています。 を全て入力した場合、ステラストーン約160個、ガシャチケット15枚が受け取れます。 レアオーディションを回す ホーム>オーディションで開催中のページに移動します。 期間限定衣装を含んだ「限定レアオーディション」と、常設されている「レアオーディション」があるので、欲しいアイドルがいるオーディションを回します。 ステラストーン単発は10個、11連 以上1枚確定 は100個必要ですが、限定オーディションは 初回半額になっていることも多いので、その場合はそちらを特におすすめします。 ガシャチケットは単発のみで5枚必要です。 以上確定で、ステラストーンよりもが高確率で登場します。 欲しいアイドルが出なければリセマラのやり直しです。 オーディション確率 常設の「レアオーディション」の登場確率は下記の通りです。 各オーディションの右上にある「ガシャ確率一覧」にて確認可能です。 おすすめアイドル 現在の最高レアリティはURですが、覚醒or期間限定衣装のみです。 そのためを目標にリセマラするのが良いと思います。 常設のレアオーディションにて登場するアイドルは また、このページの一番最後にカード一覧があるので、好きなカード探しの参考にしてみてください。 ここでは常設の「レアオーディション」で入手可能な衣装から、ステータス面でおすすめしたいアイドルをいくつか紹介します。 URに覚醒できるアイドル IDOLiSH7の「屋外フェス」と「ユニット」衣装は、恒常カードでありながらURへ進化することができます。 覚醒には同じカードが2枚必要&育成も大変ですが、ステータスも絵柄もかなり良いのでおすすめです。 カード名 タイプ シャウト ビート メロディ センタースキル アピールスキル シャウト 6,450 3,882 3,220 シャウトバーニング 【Lv. 1】Perfect判定を15回毎に38%の確率でスコア350UP ビート 3,101 6,387 3,723 ビートアース 【Lv. 1】コンボ判定を20回毎に38%の確率でスコア350UP シャウト 6,357 3,879 3,173 シャウトバーニング 【Lv. 1】Perfect判定を15回毎に38%の確率でスコア350UP メロディ 3,990 3,320 6,534 メロディースプラッシュ 【Lv. 1】18秒毎に38%の確率でスコア350UP メロディ 3,861 3,300 6,478 メロディースプラッシュ 【Lv. 1】18秒毎に38%の確率でスコア350UP シャウト 6,334 3,821 3,222 シャウトバーニング 【Lv. 1】Perfect判定を15回毎に38%の確率でスコア350UP メロディ 3,755 3,287 6,495 メロディースプラッシュ 【Lv. 1】18秒毎に38%の確率でスコア400UP メロディ 3,748 3,144 6,268 メロディースプラッシュ 【Lv. 1】18秒毎に38%の確率でスコア400UP シャウト 6,573 4,039 3,397 シャウトバーニング 【Lv. 1】Perfect判定を15回毎に38%の確率でスコア400UP ビート 3,244 6,329 3,723 ビートアース 【Lv. 1】コンボ判定を20回毎に38%の確率でスコア400UP メロディ 3,970 3,410 6,608 メロディースプラッシュ 【Lv. 1】18秒毎に38%の確率でスコア400UP シャウト 6,404 3,826 3,112 シャウトバーニング 【Lv. 1】Perfect判定を15回毎に38%の確率でスコア400UP ビート 3,038 6,206 3,647 ビートアース 【Lv. 1】コンボ判定を20回毎に38%の確率でスコア400UP ビート 3,321 6,523 3,921 ビートアース 【Lv. 1】コンボ判定を20回毎に38%の確率でスコア350UP 高スコアが狙えるアイドル 判定領域/縮小のスキル 判定領域を小さくする代わりに、スコアがUPするスキルです。 ハイスコア上位を狙う上で必須とも言えます。 カード名 タイプ シャウト ビート メロディ センタースキル アピールスキル シャウト 6,660 3,600 3,280 シャウトバスター シャウト 6,629 3,955 3,687 シャウトバスター 【Lv. 1】Perfect判定を22回毎に38%の確率でスコア615UP シャウト 6,653 3,936 3,444 シャウトバスター 【Lv. 1】Perfect判定を18回毎に38%の確率でスコア700UP ビート 3,178 6,565 3,912 ビートストロング 【Lv. 1】Perfect判定を24回毎に37%の確率でスコア680UP ビート 2,996 6,578 3,476 ビートストロング 【Lv. 1】Perfect判定を24回毎に35%の確率でスコア640UP メロディ 3,600 3,061 6,717 メロディトルネード 【Lv. 1】コンボ判定を28回毎に35%の確率でスコア660UP メロディ 3,822 3,352 6,504 メロディトルネード 【Lv. 1】コンボ判定を23回毎に39%の確率でスコア620UP ミスを防げるアイドル 音ゲーが苦手な方はMISSやBADを無効にしたり、判定領域を拡大してくれるカードがおすすめです。 決して初心者だけが使うカードではなく、イベントでもコンボ系のミッション、フルコンボ/パーフェクトコンボを狙う上で活躍してくれます。 パフェコンを目指す際にも非常に重要となります。 スキルLv3からは5秒間発動してくれます。

次の

アイナナ|メンバー募集|ジモティー

アイナナ ブロードウェイ

虎於は「俺は裕福な家にいるから自分のせいにして3人で続 けろ」と一人で背負おうとしますが、悠は「嘘をつくな!」と怒ります。 トウマは今まで事務所と共にTRIGGERにしてきた悪事を世間に公表し、一からアイドルを始めようと提案し4人は決心します。 悠は以前した同じ質問「 俺たちのどこが好き?」と問いかけました。 ファンの女性は「うるせえんだよ、オレはオレいんだっていうのが好き。 悠はふいに求めていた言葉を聞いて涙します。 ずっと誰かに認められたくて投げやりになって一生懸命に頑張ってきたわけでもない4人なのに、元気づけられて好きだと素直に言ってもらえてやっと聞きたい言葉が聞けて力が抜けたような、報われたような…何とも言えないたくさんの感情が込み上げている場面でした。 TRIGGERの心配事 元所属事務所で楽の父親が経営している八乙女事務所の経営状態が芳しくないことを伝えました。 八乙女事務所は窮地に立たされたTRIGGERを追い出した薄情な事務所で以前からファンより所属タレントを大事にする方針ゆえに「ファンに冷たい」と風向きが悪くなっていました。 毎年恒例のYAOTOME. Fesも今回はTRIGGER不在で悪い評判が目立つため参加者が集まらない様子でした。 楽は「親父は親父。 俺たちは三日月狼に専念しようぜ」と言いつつも心配している様子。 帰国後は多忙のIDOLISH7 ナギがノースメイアの王子だと明かしてやっと7人で活動できるようになったものの、その話題性や陸の人気が爆発してIDOLISH7はなかなか7人でゆっくり過ごす時間もないほど多忙になりました。 7人それぞれがソロやユニットで活躍するようになりましたが、多忙ゆえに少しずつ心にの距離が離れていくような、寂しいような様子が全員に現われ始めました。 小鳥遊事務所の社長はIDOLISH7ひとりひとりにマネージャーをつけることを提案します。 上を目指すかほどほどに頑張るか、どちらかの方向に向かってIDOLISH7を支えるべきだと話をします。 7人が住む寮の近所はファンでトラブルになっていました。 住む場所や考え方が今後を左右しそうな不安定な状況でした。 頑張った結果みんながみんならしくなくなっていくのも嫌だし、頑張らなくていいよって水を差したくもない…そんなマネージャー達の苦悩が吐露します。 その話はブラホワが終わったらしようと決意しますが、未来がとても怖い、という感じがひしひしと伝わります。 一方、一織はIDOLISH7の仕事が順調でにんまりしながら分析している場面が。 影ながらプロデューサーとしてIDOLISH7を支えている彼ですが、何となく次に闇堕ちしそうなフラグが立っています。 九条鷹匡おじさんみたいな。 Re:valeの2人の思い出 百は『 未完成な僕ら』を万里と千ではなく、千と2人で歌いたいとアレンジを千に依頼していましたが、いまいちしっくりこなかった理由に気づき千に打ち明けます。 百は万里と千の2人のRe:valeの大好きな曲を歌いたかったけど、百にとっても、千にとっても、万里にとっても大事な思い出で百が歌うことで思い出を上書きしたくないと明かしました。 千に「 一緒に歌ってもいいよ」って言って相方として認めてもらうことで十分だったと気づいたのでした。 本当に欲しいものがわからないまま、『 未完成な僕ら』を歌いたいと言ってごめんと謝ります。 百は千と2人だけの未来の歌いたいと千に歌詞を渡しました。 気合の入ったブラホワの曲になりそうです! 陸の影響力 IDOLISH7の中でも飛びぬけて陸の人気が出てきて、来ている服や一言一句が世間に影響するようになってきました。 とある番組収録ではしつこい司会に 嫌いな人はいるか?と聞かれ、うまく返答することができずになぜか一織と不仲なのではとSNSなどで噂されるようになりました。 Re:valeは陰で反ツクモ勢力を作り、JIMAとブラホワで不正のないフェアな戦いになるよう水面下で動いていました。 天はYAOTOME. Fesにシークレットゲストとして参加しようと提案します。 世間にTRIGGERは八乙女事務所とわだかまりがないことを示して借りを返そうと考えます。 記事はJIMAの日に出るため、そこが最後のライブになるかもしれないとレッスンに励みました。 そして、JIMAに出る直前にTRIGGERに謝罪しに行きました。 楽は記者が話の裏を取りにこっちに来ているから話は知っていると切り出します。 巳波が楽に記者になんと言ったのか聞くと、「 何も知らないと言った」と淡々と告げます。 一生許さないから肝に銘じておけ。 そして、天は「 正直、今のボクたちは君たちのことを見てない。 ボクたちの視界に入りたいなら、ブラホワでIDOLISH7に勝ってみなよ。 できないことはないでしょ?じゃあね。 」と稽古のために颯爽と切り上げました。 次のブラホワもみんなで勝とう!と意気投合し、気が引き締まったり場が和んだりえIDOLISH7らしいほっこりした軽快なトークもあったり…久々の癒し場面がやっと来ました。 IDOLISH7はやっぱり7人一緒じゃないと…!!というのを再確認。 一方、八乙女事務所はTRIGGERが抜けた後の違約金や売り上げの減少、さらにはYAOTOME. Fesのチケットが売れず倒産の危機にありました。 楽の父親である八乙女社長は出演してくれるアーティストとファンのためにもFesの中止はできないと頑なに踏む留まろうとします。 TRIGGERはYAOTOME. Fesに出演しようとするも、楽は父親のプライドや意地のためにも出る必要はないと言い張りますが、天はきっぱりと「 ボクは行きます。 」と言い、龍之介も同意します。 ここで楽は折れて、姉鷺は「 ビジネスチャンスのためよ!」と出演を売り込みに行きました。 客席は驚きと喜びの歓声で賑やかな光景になりました。 TRIGGERの出演はSNSで広まり、八乙女事務所との不仲説を打ち消すこととなりました。 以上、4部18~19章のネタバレです。 本当にストーリーがすごくて、細かいニュアンスまで堪能してほしいので、ぜひゲームの方で泣いてください。

次の

アイナナ4部16~17章について(ネタバレ注意)

アイナナ ブロードウェイ

春樹との別れ 冒頭はなんと、約3分ほどの長い アニメーション! 春樹の棺の前で、春樹と親しかったナギと巳波のピアノの演奏で始まりました。 壮五がナギの隣に連弾で加わり、3人のピアノの美しく激しさや切なさを感じる透き通った優しい音色を奏でました。 ふと春樹を想うみんなの気持ちや出で立ちが思い浮かび開始数分で涙が出てしまいます。 春樹と親しかったナギと巳波は、春樹との思い出を共有し次のブラホワ(音楽祭)で勝つと宣言しました。 ありのままの実力で事務所の力なしで勝負したいと打ち明け、4人とも同じ気持ちであることを確認しました。 日本に帰国して… Re:valeの元メンバーである大神万里について暴かれた記事でRe:valeは苦しい状況にいました。 万里は小鳥遊事務所に迷惑が掛かるため辞意を社長に伝えようと話す機会を持ちかけようとします。 万里が何か言うのを察した社長は、対策を講じて辞めてもらうのは困ると先手を打ちました。 百から相談を受けていたことを打ち明け、万里を引き留めるのでした。 了はレッフェス(デンマークのロックフェス)で成功を収めたことを喜びご馳走を用意して待っていました。 Re:valeの打開策 Re:valeは過去暴露の記事で炎上し、業界の改革仲間に手を切られとても苦しい立場にいました。 さらに昨年ブラホワ総合優勝したのに月雲の仕業で出場できなくなりそうになりました。 千は口下手で仲間を引き入れたりするのが不得手のため、作戦変更して千の曲で想いを世間に伝えようと決意するのでした。 新曲の『 Forever Note』はロックテイストでテンポが速くウケが良さそうな曲ですが、今までの優しい曲調路線と真逆のイメージでファンの反応にドキドキと緊張しながら発表するのでした。 評判は賛否両論のようでした。 IDOLISH7のピタゴラ3人は雑誌の「 抱かれたい男ランキング」を見て一喜一憂していました。 (やっとかわいい和みシーンが…) そこにマネージャーから仕事の依頼があり、卒業をテーマにしたCMを請け負うことになりました。 ナギは卒業(別れ・旅立ち)という言葉に心が少し痛むようですが、この3人の卒業ソングがとても楽しみです。 TRIGGERの状況は? 姉鷺姉さんからTRIGGER脱退以降八乙女事務所の経営状況が芳しくないという報告がありましたが、「年末にTRIGGERのカウントダウンライブを開催をするわよ!新曲は『 Treasure! 』」とワクワクするような年末になりそうです。 しかし、悠は了がレッフェスの成功を喜んでくれたことを思い出し、事務所移籍ではなく再交渉しようと一同で決意します。 そんな決意直後に了が登場し、言葉巧みに尋問して引き抜きの話があることが直ぐにバレてしまいます。 一発逆転!? 追加でRe:valeの百の過去の記事で炎上していましたが、Re:valeはIDOLISH7と共にあるライブをしようと企てていました。 マスコミが押しかけ、Re:valeは記者に囲まれ千に「 以前組んでいた相方を見捨てて百さんと組まれたそうですが…」と鋭利な質問を投げかけます。 千は「 あるに決まってる。 」と肯定し、記者に質問します。 「これは僕に聞かなきゃ想像がつかないことだった?君の周りには、夢破れて傷ついた人は誰もいなかった?本当に辛いんだよ。 ある日突然、自分の全てだったものが消えるんだ。 どこに向かえばいいかわからないし、真っ暗になる。 やましいことがあって黙ってるんじゃない。 口にするだけで苦しい過去があるんだ。 お互い仕事だし聞くなとは言わない。 せめて、僕たちをズタズタにしている自覚をして聞いてよ。 」 と、ついにカメラの前で辛い本音を語り、記者たちを黙らせました。 百は「みんなのことが好きだよ!だから厳しいアイドルしてる。 もし、みんなに嫌われてもしょうがない。 無理矢理オレたちのこと好きになってなんて言えないから、オレたちを楽しめる時だけ、オレたちの傍にいてくれればいい。 オレたちは変わらずここにいる。 オレたちは楽しいことが好き!みんなだってそうでしょう?」 とカメラの向こうのファンやRe:valeに興味がある人たちに語りかけました。 そして、記者を引き連れて屋上でIDOLISH7がブラスバンドで演奏したRe:valeの新曲『 Re-raise』を披露しました。 その楽しそうでカッコイイ様子を見た人が勇気づけられ、Re:valeは業界内の仲間を増やすことができました。 今まで月雲事務所によってRe:valeは苦境にいましたが、逆転しそうな、追い風を吹かすことになりました。 (爽やかでアップテンポで楽しい曲です) 以上、4部16~17章の内容です。 ずっと4部は胸が苦しくなるような涙ばかり流していましたが、これから明るい状況になるのか…?という場面でした。 IDOLISH7のノースメイア滞在は1週間でしたが、信じられないくらい重く長く感じました。 日本に帰国してからも波乱万丈そうですね。

次の