ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り。 玉ねぎの冷凍保存美味しい解凍方法や活用レシピ

誰でもできる、簡単な玉ねぎのみじん切りのやり方:白ごはん.com

ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り

ハンバーグは、夕ご飯のおかずの一品として人気が高いです。 子供は特におかずにハンバーグが出てくると、とても喜びますよね。 お弁当のおかずにもよく登場します。 自分で作らなくても、冷凍食品なども活用できるところも便利です。 そんな美味しくて頼りになるハンバーグを、自宅でもつくりたいという方もいらっしゃるでしょう。 ハンバーグのつなぎには、どんなものがあるでしょうか。 卵や牛乳、パン粉など、じつにさまざまです。 つなぎに野菜の材料を使うなら、玉ねぎは欠かせない存在です。 ところで、タネのつなぎに入れる玉ねぎですが、もし玉ねぎなしでハンバーグを作ると、どんな味になるのか想像できますか。 肉そのものだけでも、美味しく仕上がりそうなイメージですね。 玉ねぎを抜いてしまうと、味は悪く仕上がるのでしょうか。 野菜の食感が減ってしまうぶん、歯ごたえは変化するでしょう。 つなぎに玉ねぎを入れる意味について、また、玉ねぎなしでも美味しく作る調理方法など、ご紹介していきます。 玉ねぎ抜きの、ハンバーグのつなぎは、どのような味に変化してしまうのでしょうか。 以下に玉ねぎがない場合の味の特徴をまとめました。 ・味がさっぱり仕上がる …肉料理との組み合わせに、野菜を付け足した場合、肉の旨味が野菜に溶け込んで、味が濃厚になります。 焼き肉でも、野菜と一緒に食べることで、肉がさらに美味しく感じられ、食も進みますよね。 玉ねぎをタネと混ぜ込むことで、肉の旨味が野菜と混ぜ込まれて、ハンバーグの味が濃厚に美味しくなります。 これは、肉の旨味を引き出してくれる、さまざまな野菜たちと比べても、玉ねぎが一番の効果を発揮するのです。 肉の味をあっさり仕上げたい方なら、玉ねぎなしでも十分に美味しく召し上がれます。 濃いめの味がお好みな方なら、味に少し物足りなさを感じるでしょう。 タネに混ぜこむ玉ねぎ以外の野菜には、キャベツやネギなど入れてもおすすめです。 どの野菜でも、細かくみじん切りするのを、忘れないようにしましょう。 そのほうがタネに馴染みやすいです。 また、タネの形成も楽に行うことができるでしょう。 焼き肉でもそうですが、野菜とともに食べると味も一層美味しく感じますね。 玉ねぎは、ハンバーグに旨味を与えてくれていました。 玉ねぎを入れることで肉の旨味を、最大限に引き出してくれていたのです。 どのようにして、その効果を発揮しているのでしょうか。 それには、火を通したときの、玉ねぎのもつ成分変化が関係していました。 以下に、成分変化後の玉ねぎの効果をまとめています。 ・ハンバーグに甘みを与える …じっくりと火を通した玉ねぎは、やがてアメ色へと変化します。 このとき 、玉ねぎからは、野菜独特の甘みが生まれています。 その甘さは、砂糖とは比べ物にならないほど甘いです。 通常の砂糖には依存性があるとされています。 砂糖などの甘味は、体内に取り入れると、血糖値を急上昇させたり、取りすぎると、人体に悪影響を与えてしまう可能性があります。 ですが、野菜の持つ甘みは砂糖とは違うものです。 特に依存性などないため、摂取しすぎる心配もありません。 野菜から出た甘みなら、砂糖よりも健康的ですね。 玉ねぎの甘味成分が、ハンバーグに甘みを加えて、焼き上がりをさらに、美味しく仕上げる効果を発揮していたのです。 健康的で美味しいハンバーグなんて、嬉しいですね。 玉ねぎを炒める時間が長いほど、甘みをさらに増すことができます。 甘い風味がお好みの方は、玉ねぎをアメ色になるまで、じっくりと炒めるようにしましょう。 玉ねぎをタネに混ぜ込むまえに、細かくみじん切りするようにしましょう。 粒が大きいまま、玉ねぎを混ぜ込んでしまうと、タネがまとまりにくくなってしまいます。 また、火を通す際に、ぽろぽろと型くずれする原因になります。 タネに欠かさず混ぜたいですよね。 ですが、玉ねぎを切らしていたり、たまたま玉ねぎを買い忘れたりすることも、よくあることです。 野菜が嫌いな人なら、玉ねぎをタネに忍ばせることに、抵抗を感じることもあるでしょう。 こんなとき、玉ねぎの代替品で、タネがつくれればよいですね。 ハンバーグに玉ねぎを入れなくても、美味しく作れる方法を以下にまとめました。 ・パン粉を多めに入れる …玉ねぎ抜きのハンバーグは、タネの材料が少なくなっています。 そのため、ボリュームも少なく仕上がります。 その分、他の材料を多めに入れてかさ増ししましょう。 パン粉をいつもより多めに入れてあげることで、ハンバーグもふっくらとした焼き上がりにできます。 また、パン粉の分量を多くするメリットは、ほかにもあります。 焼けた肉から、脂や肉汁を吸い取ってくれるので、切り分けたときなどに余分な汁が出てきません。 とても食べやすくなるのです。 ・その他の野菜で代用する …肉の旨味をプラスするためなら、キャベツやネギを入れてもよいです。 玉ねぎほどではありませんが、ほどよく甘い風味が香り、おすすめです。 すべての野菜は、タネに混ぜ込みやすくするするために、きちんとみじん切りなど細かくして混ぜます。

次の

みじん切り

ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り

ハンバーグの玉ねぎの炒め方 基本となるハンバーグの材料は 『合びき肉、玉ねぎ、パン粉、牛乳、おろしにんにく』で、ここに塩や胡椒といった基礎調味料を加えて作ります。 まず、 玉ねぎは事前に炒めて粗熱を取っておく必要があるので、一番はじめに取り掛かります。 玉ねぎ1個分をみじん切りにします。 フライパンにサラダ油大さじ1を入れて強めの中火で熱し、みじん切りの玉ねぎを加えて時おり混ぜながら炒めます。 色が軽くついてきたら、弱めの中火に火加減を落とし、 合計8〜9分ほどじっくり炒めて甘みを引き出します。 このくらいのキツネ色になれば火を止めて、タネに合わせるためにそのまま粗熱を取っておきます。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 ボウルを左手で押さえ、右手でしっかり材料を練り混ぜ、ハンバーグのタネを作ります。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10~20回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 残りのタネも同じように成形します。 ただ、押さえすぎると中央のボリュームがなくなって平べったくなるので、軽く押さえる程度でOKです。 まず、片面に焼き色をつけます。 火加減は弱火を少し強くしたくらいにして2〜3分ほど焼きます。 2〜3分焼いてこんがりと片面に焼き色がつけば裏返します。 すべてを裏返したら 弱火にして、蓋をして7〜9分ほどじっくり蒸し焼きにします。 状態を見ながら適宜時間の調整をしてください。 蒸し焼きが終わったら一度いちばん厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺します。 竹串を抜いた部分から透明な肉汁が出てくれば火が通っている証拠です。 焼けたハンバーグは先にお皿に取り出します。 まず、調味料を合わせる前にフライパンに残った脂の分量を確認します。 焦げが固まっていれば箸で取り除いたりキッチンペーパーで軽くふき取ったりして、脂が多いようなら(ヘルシーに仕上げたいなら)スプーンで適宜先に減らしておくとよいです(脂が多い分には特に問題はないので、気にしないのであればそのままでOKです)。 ソースに使う脂の分量が決まれば、フライパンにBの調味料をすべて合わせます。 あとはフライパンを火にかけ、混ぜながら軽く煮詰めてソースを作り、先に盛り付けたハンバーグにかけて完成です。 好みでトマトやきゅうりなどの生野菜、ブロッコリーやアスパラなどのゆで野菜など好みのものを盛り合わせてください。

次の

みじん切り玉ねぎが賞味期限+2週間長持ち!漬け保存方法

ハンバーグ 玉ねぎ みじん切り

玉ねぎが腐ってしまう原因 本来、玉ねぎは風通しの良い乾燥したところで保存すれば長期保存が可能な野菜です。 なのになぜ、すぐに腐ってしまうのでしょうか。 原因は、主に次の2つです。 湿気が多い• 収穫後の乾燥が不十分 1. 湿気の多い環境で保存してしまっている 玉ねぎは、湿気に大変弱い野菜です。 乾燥した環境で保存することが必要で、 軒下などに吊るして保存をすると良いと言われるのはそのためです。 しかし、マンションなどの住居では なかなかその様なスペースも確保できません。 寒い冬に、玉ねぎ保存のために部屋に風を通しておくわけにもいきませんよね。 また、根に付いた土やはがれた皮が散らばりやすいので、 買ったときのままビニール袋に入れて置いておくことも多く、そうすると湿気がこもって腐りやすくなります。 せっかくの長期保存向きの野菜である玉ねぎも、適した保存環境を確保できなければ腐りやすくなってしまうのです。 収穫後に十分乾燥されていない 湿気に弱い玉ねぎは、収穫後に十分乾燥させてから出荷されて店頭に並びます。 しかし、きちんと乾燥されないまま袋詰めされてしまった状態だと、腐りやすくなってしまいます。 ときどき、 中の一層だけが茶色くブヨブヨに腐っている物がありますが、乾燥が十分でないために、葉を切り落とした切り口から雑菌が入り込んでしまった層が腐っているのです。 玉ねぎみじん切りの便利な冷蔵保存法 そこでおすすめなのが みじん切り保存法です。 冷蔵庫に入れれば 湿気に関係なく保存できます。 皮を剥いて切ってしまえば、中に 腐っている層があったとしても 早めに取り除くことができます。 また、いろいろな料理に使えるみじん切りの状態にして常備しておくと重宝します。 何個かまとめて一度に切ってしまって保存しておき、分けて使うと楽に調理できます。 まずは、みじん切り玉ねぎを冷蔵保存する方法を3通り紹介します。 オイル漬け• 酢漬け• 塩漬け 2. オイル漬けにして食感キープ 1つ目はオイル漬けにする方法です。 【保存の手順】• ジッパー付き保存袋に、玉ねぎのみじん切りを必要量入れます• 全体に絡まるくらいの食用油を入れ、袋を揉んでなじませます• 冷蔵庫で保存します 食用油は酸化しにくい オリーブオイルがおすすめです。 空気や水に触れることで酸化しやすく、加熱には向かない亜麻仁油やえごま油などは避けてください。 オイル漬けの玉ねぎからは 水分が出にくいので、生玉ねぎの シャキシャキ感が残りやすくなります。 炒飯やミートソースなどの加熱調理にも使えますし、マリネやサラダなどには生の食感を活かして使うことができます。 酢に漬けて健康効果も 次に、酢漬けにする方法です。 冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。 【保存の手順】• ジッパー付き保存袋に、玉ねぎのみじん切りを必要量入れます。 全体になじむくらいの食用酢を注ぎます。 冷蔵庫で保存します。 食用酢はどんな種類でもOKです。 穀物酢、リンゴ酢、黒酢、ワインビネガーなど、お好みの物を使いましょう。 一時期、 ダイエットや健康に効果があるとして「酢玉ねぎ」がブームになりましたが、みじん切り玉ねぎの酢漬けは、体にいいだけでなく保存も効いて便利です。 ドレッシングに混ぜてサラダに使ったり、ポテトサラダに入れたりすると風味がアップします。 塩漬けにしてうま味アップ そして3つ目が塩漬け。 塩漬けにした玉ねぎは、適度に水分が抜けてうま味が凝縮されています。 味付けも兼ねて、スープや炒め物の具におすすめです。 冷蔵庫で2週間ほど保存可能です。 【保存の手順】• ジッパー付き保存袋に、玉ねぎのみじん切りを必要量入れます。 適量の塩を袋に入れ、全体になじむように揉み込みます。 冷蔵庫で保存します。 冷凍で長期保存&時短調理 もっと長持ちさせたい場合は冷凍しましょう。 みじん切りにした玉ねぎは、そのまま生で冷凍することが可能です。 冷凍すると シャキシャキ感がなくなるので、加熱調理におすすめです。 冷凍庫で1ヶ月程度保存可能です。 【保存の手順】• 冷凍保存袋に、玉ねぎのみじん切りを入れます。 平たくならし、空気を抜いて密閉します。 冷凍庫で保存します。 必要量を割って袋から取り出し、 凍ったまま調理できます。 ハンバーグやオニオングラタンスープに使う飴色玉ねぎは、もちろん炒めてからの保存も可能ですが、是非とも 生で冷凍した物を後から炒めることをおすすめします。 冷凍によって細胞が壊れることで火が通りやすくなり、 加熱調理の大幅な時短が可能になるのです。 また、人参やセロリ、ピーマンなどのみじん切りと一緒に冷凍して、オリジナルのミックスベジタブルを作っておけば、スープや炒飯、ひき肉のカレーなどにすぐに使えてとても便利ですよ。 玉ねぎをみじん切りで賢く保存し、美味しく便利で健康に 今回の内容をまとめます。 玉ねぎは湿気に弱いが、適した保存環境を確保するのは意外と難しい• 収穫後の乾燥が不十分な玉ねぎは腐りやすい• 玉ねぎはまとめてみじん切りして冷蔵・冷凍保存し、分けて使うと便利• オイル漬け保存の玉ねぎはシャキシャキ感が残りやすい• 酢漬け保存の玉ねぎは体にも良く、サラダなど生食に向いている• 塩漬け保存の玉ねぎはうま味が凝縮され、味付けにも使える• 冷凍保存した玉ねぎは細胞が壊れるので、加熱調理の時短が可能• 玉ねぎと一緒に、人参、セロリ、ピーマンなどをみじん切りにして冷凍し、オリジナルミックスベジタブルを作っておくと更に便利 玉ねぎは体にも良く、生でも加熱しても美味しく食べられる万能野菜です。 みじん切りで上手に保存して、毎日の料理にたくさん取り入れられると良いですね。 スポンサーリンク.

次の